サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      クロップ監督、南野ら“アタッカー6人衆”を主軸に指名 「現時点での攻撃のオプション」

       リバプールは現地時間24日のプレミアリーグ第6節シェフィールド・ユナイテッド戦で、2-1と勝利した。ユルゲン・クロップ監督は、決勝点を挙げたポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタを絶賛するとともに、ポジション争いの激化を示唆した。リバプール公式サイトが試合後の指揮官のコメントを報じている。
       この日のリバプールは、今シーズン未勝利のシェフィールド・ユナイテッドに前半8分にPKを与え、先制される苦しいスタートを切る。それでも、セネガル代表FWサディオ・マネ、エジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、そしてジョッタの4選手が最前線に並ぶような戦い方を見せ、同点ゴールを目指していった。
       前半41分、右サイドからのクロスをマネがヘディング。相手GKが弾いたこぼれ球をフィルミーノが詰めて、同点に追いつく。後半19分には、左サイドのマネのクロスをジョッタがヘッドで合わせて決勝ゴール。リバプールが苦しみながらも逆転勝利を収めた。
       この試合、南野は後半38分からフィルミーノとの交代でピッチに入ったが、先発した4選手、さらに南野とスイス代表MFジェルダン・シャキリを加えた6選手が、しばらくはリバプールの攻撃の選択肢となるとクロップ監督は話している。
      「今夜の試合は4人全員が最前線でプレーした。そして、アムステルダム(で行われたCLのアヤックス戦)でシャキリがどれだけ良かったかは、みんなが分かっている。彼も(4人に)近いレベルにいる。タキ(南野)も近いレベルにあり、これはチームの助けとなっている。これが現時点での攻撃陣のオプションであり、長らくこのままになるだろう」
       また、この試合で先発したジョッタについて、「彼は今も適応している最中だ。今回、私たちが取り組んだことの多くは、彼にとって当たり前のことではない。けれども、それは(昨季まで所属していた)ウルブス(ウォルバーハンプトン)が変わった戦い方をしているからだ。でも、彼がウルブスで見せていたプレーのほとんどは、私たちが彼に求めていたものだった」と賛辞を送った。
       この日は得点に絡めなかった南野だが、しっかりとクロップ監督の頭の中には、使い方のイメージができているはず。今後の起用法に注目が集まる。
      【登録初月無料!】欧州で奮闘する日本人選手はDAZNでチェック!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/289878

      「バルサのスターを目前に…」 レアルMF、メッシを翻弄する“華麗ルーレット”に現地注目

       レアル・マドリードは現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第7節でバルセロナと対戦し、3-1で勝利を収めた。伝統の一戦“エル・クラシコ”は敵地カンプ・ノウに乗り込んだレアルに軍配が上がったなか、スペイン代表MFマルコ・アセンシオが対戦相手のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを翻弄する華麗なルーレットを披露したことにスペイン紙が注目している。
       レアルは17日のリーグ第6節カディス戦(0-1)、21日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦シャフタール戦(2-3)で連敗を喫する苦境に立った一方、バルセロナもリーグ戦では直近の2試合で1分1敗と低調なパフォーマンスとなっており、互いに本調子を発揮できない状況で伝統の一戦に臨んだ。
       試合は敵地でレアルが3-1で勝利。宿敵から勢いづく勝利を収めたなか、この試合でアセンシオがメッシに対して敢行した華麗なテクニックに海外メディアが注目している。1-1で迎えた前半42分、自陣の右サイドでボールを持ったアセンシオは、バルセロナのMFペドリからプレッシングを掛けられるも細かなステップで回避。さらに、追撃してきたメッシに対しても、回転しながら足裏でパスを出して難を逃れた。
       スペイン紙「AS」は「メッシを面食らわせたアセンシオのルーレット」と見出しを打ち、「バルサのアルゼンチン人スターを目の前に、美しいボール捌きを見せ、最高のテクニックを残した」と称賛を送っていた。18歳からレアルに在籍するアセンシオが、宿敵バルサの象徴であるメッシを翻弄する華麗なルーレットはこの試合の印象的な場面となった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/289810

      「バルサのスターを目前に…」 レアルMF、メッシを翻弄する“華麗ルーレット”に現地注目

       レアル・マドリードは現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第7節でバルセロナと対戦し、3-1で勝利を収めた。伝統の一戦“エル・クラシコ”は敵地カンプ・ノウに乗り込んだレアルに軍配が上がったなか、スペイン代表MFマルコ・アセンシオが対戦相手のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを翻弄する華麗なルーレットを披露したことにスペイン紙が注目している。
       レアルは17日のリーグ第6節カディス戦(0-1)、21日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦シャフタール戦(2-3)で連敗を喫する苦境に立った一方、バルセロナもリーグ戦では直近の2試合で1分1敗と低調なパフォーマンスとなっており、互いに本調子を発揮できない状況で伝統の一戦に臨んだ。
       試合は敵地でレアルが3-1で勝利。宿敵から勢いづく勝利を収めたなか、この試合でアセンシオがメッシに対して敢行した華麗なテクニックに海外メディアが注目している。1-1で迎えた前半42分、自陣の右サイドでボールを持ったアセンシオは、バルセロナのMFペドリからプレッシングを掛けられるも細かなステップで回避。さらに、追撃してきたメッシに対しても、回転しながら足裏でパスを出して難を逃れた。
       スペイン紙「AS」は「メッシを面食らわせたアセンシオのルーレット」と見出しを打ち、「バルサのアルゼンチン人スターを目の前に、美しいボール捌きを見せ、最高のテクニックを残した」と称賛を送っていた。18歳からレアルに在籍するアセンシオが、宿敵バルサの象徴であるメッシを翻弄する華麗なルーレットはこの試合の印象的な場面となった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/289810
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ