サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      新体制初黒星のバルサ、メッシ頼みの状況を現地紙酷評 「シュートできる唯一の人物」

       バルセロナは現地時間25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節、敵地でのバレンシア戦で0-2の完敗を喫し、キケ・セティエン新監督体制で初黒星を喫した。ボール支配率は70%を超えながらも決定的なチャンスを作れなかったチームについて、スペイン紙「AS」は大半の選手を酷評している。
       試合は前半11分に元スペイン代表DFジェラール・ピケがPKを献上。ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが好セーブでしのいだものの、後半3分にウルグアイ代表FWマキシ・ゴメスの放ったシュートがスペイン代表DFジョルディ・アルバに当たってコースが変わり先制を許した。
       リードを許したバルサは後半13分に流れの中から、同28分には直接FKでアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがシュートを放ったがゴールネットを揺させず。逆に後半32分にマキシ・ゴメスにこの日2点目を許して万事休した。
       ボールを持てどもゴールを奪えない。負傷で戦線離脱したウルグアイ代表FWルイス・スアレス不在の影響を感じさせたが、「AS」紙の中盤から前線への評価は厳しい。「セティエン監督のプレースタイルにすぐハマったと思われる唯一の選手」として評価されているのはスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツのみ。中盤のオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングには「あらゆる意味で災難」、ブラジル代表MFアルトゥールには「攻撃的なパスをほぼ出さず、無害な存在」と厳しい表現を下している。
       また頼みのメッシについても「試合終了まで苦く、絶望的な姿を見せた。彼はチーム内でシュートできる唯一の人物であるようだ」と、メッシ頼みの現状が解決されていないことにも触れている。
       ポゼッション重視でバルサらしさの復権を目指す新体制にいきなり突きつけられた現実。セティエン監督はどのように状況を打開していくのだろうか。
      【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/242957

      乾貴士、久保建英が春節に“餃子作り” リーガ公開の1枚に反響「メッシは何してるの?」

       中国では24日から旧暦の正月を祝う“春節”の時期に突入したなか、中国代表FWウー・レイ(エスパニョール)がプレーするスペインのリーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムが「明けましておめでとう」とメッセージを届けるとともに、1枚の特別イラストを公開した。日本代表MF久保建英(マジョルカ)、MF乾貴士(エイバル)が揃って“餃子作り”に励んでおり、「面白い」と反響を呼んでいる。
       アジア諸国では旧暦の正月を祝う風習があり、中国では春節(24日から31日)のお祝いムードが広がっている。エスパニョールに中国代表FWウー・レイが在籍し、4日の第19節バルセロナ戦(2-2)では劇的な同点ゴールを決めるなど一躍脚光を浴びた。リーガ公式インスタグラムは24日に、「ハッピーチャイニーズ!明けましておめでとう」と祝福メッセージを記し、1枚のイラストを添えている。
       リーガの各クラブに在籍する選手が描かれているなか、ウー・レイとともに同じテーブルで登場するのが久保と乾だ。久保が餃子の下準備をしている一方、乾はウー・レイの肩に手を回して提灯を掲げている。
       コメント欄では「面白い」という声が上がった一方、イラストの中央で大はしゃぎしている様子のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)に注目が集まり、「メッシは何をしているの?」と不思議がる意見も出ていた。また、レアル・マドリードを代表してベルギー代表GKティボー・クルトワが描かれているが、「(セルヒオ・)ラモスはどこ?」「なぜレアルのフィールド選手が不在?」と疑問が浮上している。
       選ばれた人選に加え、各選手のポーズなども話題となっており、ファンの間で反響を呼んでいるようだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/242911

      リバプールMF、初優勝への大きな期待に持論 「メッシやC・ロナウドを見るといい」

       昨季プレミアリーグで王者マンチェスター・シティと最後まで熱戦を繰り広げ、クラブ史上最多の勝ち点97を記録して2位でフィニッシュしたリバプールは、今季首位を独走しており、クラブ最多勝ち点記録を更新してのタイトル獲得が期待されている。イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンは、そんなチームについてアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)やポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)のようだと語っている。英紙「リバプール・エコー」が伝えた。
       昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でヨーロッパ制覇を果たしたリバプールは、今季、悲願のプレミアリーグ優勝に向けて順調に勝ち点を重ねている。23日の第24節ウォルバーハンプトン戦で2-1と勝利し、ここまで22勝1分と無敗をキープ。昨季に記録した勝ち点「97」を上回る数字でのプレミア制覇に期待が懸かっている。
       チェンバレンはリバプール公式サイトで、「このような状況を説明するには、リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを見るといい。彼らは何年も何年もかけて高い水準を設定してきた。1シーズン、1年間に70ゴールを挙げると、次の年に45ゴールを記録しても彼らは満足しないし、世間もきっと満足しなくなるだろう」と語り、こう続けている。
      「一度、自分自身と世間に対し、自分に何が達成できるのか、どれほどのレベルに達することができるのかを証明すると、変わってくる。毎年そのレベルや近い水準を維持できた時に自分も世間も満足するんだ。だから、あの2人の選手を私は“世界最高”と呼ぶ。なぜなら、彼らはそれを何年も何年も、10年、15年と続けているからだ。信じられないほど難しいことだ」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/242486
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ