サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ポチェッティーノ、バルサ”次期監督候補”の噂に言及 会長との”秘話”も告白「軽視したくはない」

       バルセロナは2019-20シーズンのラ・リーガの優勝を逃したことによって、今季途中から指揮官に就任したキケ・セティエン監督に逆風が吹いている。その中で次期監督候補としてうわさされるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が地元紙「エル・パイス」の取材に応じる一方で、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が噂を打ち消すコメントを「スポルト」紙に語ったともされている。
       バルサの監督人事は2020年に二転三転した。1月に行なわれたスペインスーパー杯の結果を受けてエルネスト・バルベルデ前監督の解任とセティエン監督の招聘を決めたものの、新型コロナウイルス禍によって3カ月の中断期間を余儀なくされた。リーグ再開後もセティエン監督が標榜するポゼッションスタイルが完成の域にまで至らず、宿敵レアル・マドリードに優勝を譲る結末となった。
       この結果を受けてバルサはまた新たに指揮官を探すのではと言われている中で、トッテナムを退団して現在はフリーのポチェッティーノ氏が、かつてエスパニョールを指揮した頃の出来事について、このように話している。
      「物事をちゃんと説明する必要がある。バルセロナにいた時、バルトメウ会長とバーで会ったことがある」「我々は同じ学校に子供を通わせていたので、お互いに挨拶し、5分ほど話したこともある」「(バルサの指揮官についてのうわさが出て)それを解決したかったし、バルサを軽視したくはなかったんだ。今何が起こるかわからないので、私は発言しないよ」
       ポチェッティーノ待望論が起きる中で「マルカ」紙は「いつかバルサを指導することにこれまで以上にオープンなように見える」と報じている。一方でバルトメウ会長は「セティエン監督とは契約を結んでいる。パンデミックが真っただ中にある状況で、たった数カ月で評価することは困難だ」と監督人事に踏み出すことはないとしている。風当たりの強まるセティエン監督だが、様々な監督候補の名前が上がる中、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で結果を残して周囲の声を黙らせるほかない。
      【登録初月無料!】6月17日再開のプレミアリーグはDAZNで配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/275488

      なでしこ浦和L、徹底”秘策”で女王ベレーザを撃破 猶本トップ下先発「ラインで守るのではなく…」

       なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)の第3節で、今季の優勝争いを占う“3強”の直接対決ファーストラウンドとなった浦和レッズレディースと日テレ・東京ヴェルディベレーザの一戦は、ホームの浦和Lが1-0で勝利した。互いに真っ向勝負を繰り広げる好勝負になった。
       浦和Lは今季にドイツから復帰したなでしこジャパン(日本女子代表)MF猶本光がトップ下でスタメン出場するなど、昨季に優勝を争いながら一歩届かなかったところからコンセプトをそのままに実力者が加わった形になった。一方のベレーザは2年連続得点王のエースだったFW田中美南が3強のもう一角であるINAC神戸レオネッサに移籍し、MF籾木結花は海外移籍。主力の穴を埋めつつ2トップの導入も模索している立ち上がりになった。
       仕掛けたのは浦和Lで、ベレーザのゴールキックの局面ではほぼオールコートのマンツーマン状態でプレスを敢行。ボール際のプレッシャーが非常に激しく、奪い取ったボールをそのままの勢いで攻撃につなげる形を取った。浦和Lの森栄次監督は「ラインで守るのではなくて、パーツ、パーツで守ろうと。ベレーザの場合は、選手一人ひとりがうまいので、やっぱりある程度厳しいプレスを掛けないとなかなか取れない」と、その狙いを話した。
       一方で、受けてしまったのはベレーザだった。前半はプレスを嫌がってのロングボールが増えて浦和Lのセンターバックに潰された。後半はショートパスでのつなぎにこだわったが、同10分にゴールキックからつないで前進しようとしたところで奪われ、浦和LのFW高橋はなにゴールを許し、これが決勝点になった。それでも、プレスをかいくぐって決定機を作り出す場面もあり、逆に複数得点をして勝利をしてもおかしくなかった。
       ベレーザの永田雅人監督は「前半からレッズの前からのプレッシャーにやや気持ち的にも押された」と話し、「あと一つ二つ上手く剥がせれば完全に相手の最終ラインの前にフリーで侵入できて、より数的優位で最終ラインを割るような、全体を押し込みながら攻めることができたと思う。そこが上手くいきかけているところでの私たちのミスでの失点というのが悔しさ」と振り返った。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/275492

      新米ランパード監督が証明した手腕。「失せろ!」と吠える強気さも魅力。

       新型コロナウイルスによる中断を経て6月に再開された今季のプレミアリーグは、去る7月26日に完結の日を迎えることができた。
       最終節で最も注目を集めたのは、トップ4の残り2枠を巡る三つ巴の争いだ。
       結果は、敵地での5位レスターとの直接対決に勝利した3位マンチェスター・ユナイテッドと得失点差で4位に終わったチェルシーが、リバプールとマンチェスター・シティの「2強」とともにCL出場権を手にした。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/844519
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ