サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      元ユーベGK、CLで痛恨ミスのPSGブッフォンに苦言 「引退すべき時期が来た」

       かつてユベントスで活躍した元イタリア代表GKステファノ・タッコーニ氏が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、マンチェスター・ユナイテッドとの第2戦でファンブルから勝ち越しゴールを献上してしまったパリ・サンジェルマン(PSG)の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンについて、「引退すべきだ」と述べている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。
       ブッフォンは現地時間6日、ホームでの第2戦に先発フル出場するも3失点を喫し、チームは1-3で敗戦。合計スコア3-3ながらアウェーゴールの差で敗退を余儀なくされた。
       PSGは敵地での第1戦を2-0で制し、有利な状況でユナイテッドをホームに迎えたが、前半2分にドイツ代表DFティロ・ケーラーのバックパスを相手FWロメル・ルカクにかっさらわれると、飛び出したブッフォンもかわされ、無人のゴールに先制点を決められてしまう。同12分にスペイン代表DFフアン・ベルナトが同点ゴールを奪うものの、1-1で迎えた同30分、手痛いミスから2失点目を許すことになる。
       左サイドから中央に切り込んだユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードに約28メートルの距離から強烈なミドルシュートを放たれると、鋭い弾道となったブレ球をブッフォンはキャッチし損ねてしまう。そこに素早く詰めたルカクに、勝ち越しゴールを奪われることになった。
       最終的に後半アディショナルタイム、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でのハンド判定により与えてしまったPKをラッシュフォードに決められ、土壇場で逆転負けという悲劇を味わったPSG。昨夏に加入したブッフォンは、その圧倒的な経験値で悲願の欧州制覇へ導くことが期待されたが、思わぬ形でそれを裏切ることになってしまったようだ。
       タッコーニ氏は、イタリアのラジオ局「ラジオ・ドゥエ」で「CLでの彼のミスは、おそらく彼が引退すべき時期が来たことを示している。41歳の選手に多くのことを期待することはできない」とコメント。代表やクラブで数々のタイトル獲得に貢献してきた名手ブッフォンだが、同じGKとしてユベントスで一時代を築いたタッコーニ氏の目には、キャリアの終焉が近づいていると映っているようだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/178048

      元ユーベGK、CLで痛恨ミスのPSGブッフォンに苦言 「引退すべき時期が来た」

       かつてユベントスで活躍した元イタリア代表GKステファノ・タッコーニ氏が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、マンチェスター・ユナイテッドとの第2戦でファンブルから勝ち越しゴールを献上してしまったパリ・サンジェルマン(PSG)の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンについて、「引退すべきだ」と述べている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。
       ブッフォンは現地時間6日、ホームでの第2戦に先発フル出場するも3失点を喫し、チームは1-3で敗戦。合計スコア3-3ながらアウェーゴールの差で敗退を余儀なくされた。
       PSGは敵地での第1戦を2-0で制し、有利な状況でユナイテッドをホームに迎えたが、前半2分にドイツ代表DFティロ・ケーラーのバックパスを相手FWロメル・ルカクにかっさらわれると、飛び出したブッフォンもかわされ、無人のゴールに先制点を決められてしまう。同12分にスペイン代表DFフアン・ベルナトが同点ゴールを奪うものの、1-1で迎えた同30分、手痛いミスから2失点目を許すことになる。
       左サイドから中央に切り込んだユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォードに約28メートルの距離から強烈なミドルシュートを放たれると、鋭い弾道となったブレ球をブッフォンはキャッチし損ねてしまう。そこに素早く詰めたルカクに、勝ち越しゴールを奪われることになった。
       最終的に後半アディショナルタイム、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でのハンド判定により与えてしまったPKをラッシュフォードに決められ、土壇場で逆転負けという悲劇を味わったPSG。昨夏に加入したブッフォンは、その圧倒的な経験値で悲願の欧州制覇へ導くことが期待されたが、思わぬ形でそれを裏切ることになってしまったようだ。
       タッコーニ氏は、イタリアのラジオ局「ラジオ・ドゥエ」で「CLでの彼のミスは、おそらく彼が引退すべき時期が来たことを示している。41歳の選手に多くのことを期待することはできない」とコメント。代表やクラブで数々のタイトル獲得に貢献してきた名手ブッフォンだが、同じGKとしてユベントスで一時代を築いたタッコーニ氏の目には、キャリアの終焉が近づいていると映っているようだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/178048

      イングランド18歳至宝、相手翻弄の股抜きテクニックに反響 「クレイジーに素晴らしい」

       イングランド代表は現地時間22日、欧州選手権(EURO)2020予選第1節でチェコ代表に5-0の快勝を収めた。MFラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)がハットトリックを達成して攻撃を牽引したが、大会公式インスタグラムはMFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)の巧みな股抜きテクニックにスポットライトを当てている。
       ホームにチェコを迎えたイングランドは前半24分、相手の裏を取ったサンチョが右サイドから絶妙なグラウンダーのクロスをゴール前に送ると、スターリングがスライディングシュートで押し込み先制。同アディショナルタイムにはFWハリー・ケイン(トットナム)がPKを決めて追加点を奪う。後半17分にはペナルティーエリア内でボールを拾ったスターリングが反転しながら左足を振り抜き、ゴール左に突き刺した。
       そして後半23分、スターリングが左サイドから切り込むと、相手に当たったシュートがネットを揺らしてハットトリックを達成。最後は相手オウンゴールで5-0の快勝を飾った。
       圧倒的な攻撃力を見せつけたイングランドだが、EURO2020公式インスタグラムはこの日先制点をアシストしたサンチョが見せたテクニックを取り上げ、「スキル・オブ・ザ・デイ」として動画を公開した。1-0で迎えた前半38分、右サイドでボールを受けたサンチョはチェコのMFダビド・パベルカ(カスムパシャSK)とDFフィリップ・ノバク(トラブゾンスポル)に行く手を阻まれるも、右足で引いたボールをそのまま右足インサイドでコントロール。直角に進路変更したボールはパベルカの股を抜けていった。
       ボールはパベルカのかかとに当たってゴールラインを割ってしまったが、サンチョはこのプレーの直前にもドリブルでノバクの股を抜いており、サンチョのアイデアは「歴代最高の選手への道を進んでいる」「彼はクレイジーに素晴らしい」「将来は史上最高へ」「彼によってはスタンダード」とファンからも反響を呼んでいる。
       凄まじいスピードで成長する18歳の若き才能は、イングランドの次世代エースとして大きな期待が寄せられている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/178504
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ