サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      観客の願望を叶えるC大阪ソウザ。名手は敵もファンも見事に「騙す」。

       週末が来るたび、いそいそとスタジアムに出かける私には、サッカー観戦にいつも期待しているものがある。それは「だまされたい」ということ。
       もちろんサッカーなので、いつも思い通りにはいかない。期待してスタジアムに行ったのに裏切られたと思うことはよくある。
       しかし、それでも試合に通い続けると、ご褒美なのか気持ちよくだましてもらえることがある。予想を超えるいいプレー、いいゲームに出会って、テンションが上がるのだ。
       先日、雷鳴がとどろく埼玉スタジアムで、久々に気持ちよくだまされた。
       悪天候のため、キックオフが30分順延された浦和レッズとセレッソ大阪の一戦、その主役となったのはアウェーチームのブラジル人ボランチ、ソウザである。
       ソウザは豪快なミドルシュートで、この試合の決勝点を決めた。
       1-1で迎えた53分、杉本、木本とつながったボールがペナルティエリア外にいるソウザのもとへ。ここでソウザは左にいる清武にパスを出す素振りをして、一気に右へボールを持ち出す。対面の青木とマウリシオを揺さぶって、右足一閃。ここしかない、という対角線上のネットを撃ち抜いた。
      ブラジルでは「血管シュート」と呼ぶ。 試合後、ソウザは次のようにゴールを振り返った。
      「キヨ(清武)に出すふりをして、自分の得意の右足に持っていって、シュートを打ちました。しっかりと足に当たったし、キーパーには厳しいコースだったと思います」
       ブラジルではボールの真芯を捉えた強烈なシュートを、「chute na veia」と表現する。
       直訳すると「血管シュート」。名医が一発で血管に注射針を刺すように、名手はボールの芯を捉えた強烈なシュートを放つ。浦和戦の決勝ゴールは、まさにそれだった。
       血管シュートの名手ソウザは、ワンステップで狙ったところに強いボールを蹴ることができる。今季序盤戦の柏レイソル戦でも豪快なミドルシュートを決め、それは2・3月の「Jリーグベストゴール」に選出された。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831813

      「スポーツで子供達に夢を」って?湘南・梅崎司が見つけた、その答え。

       真のプロフェッショナルとは何か。
       子供達に夢を与えるということはどういうことなのか。
       31歳にしてその真髄に達しようとしている男がいる。それが湘南ベルマーレのMF梅崎司だ。
       今季、10年間所属した浦和レッズから湘南に完全移籍した彼は、若手主体のチームにあって、ベテランらしからぬ溌剌としたプレーと、ベテランらしい落ちついたプレーを織り交ぜ、中心選手として活躍している。
       1人のベテランプレーヤーとして、梅崎は今年「本当の自分を取り戻し、新たな自分と遭遇する年」と決めて、不退転の覚悟で湘南の地を踏みしめた。一昨年、昨年は怪我の影響もあり、選手層の厚い浦和において控えに回ることが多くなり、試合に投入されるのはいつも後半途中から。
       しかも、その交代にしてもファーストチョイスではなかった。起用されるポジションは得意とするトップ下ではなく、ウィングバックでの起用が多かった。
      「気持ちとしては試合に飢えていた。でも、もう勢いだけで突っ走ってはいけないし、逆に勢いを失い過ぎてもいけない。
       ベテランと呼ばれる年齢になってきて、監督の考えや全体のバランスも意識するようにはなった。プレーの幅は広がっていったけど、それはそれで、本当の自分を解放できていないというもどかしさに繋がっていった。そう考えれば考えるほど『もっともっと勝負したい!』という思いがどんどん膨らんでいって……。
       やっぱり俺はもっとギラギラしたいし、輝きたいし、ヒーローになりたい。そういう想いが強くなっていったんです」
      「昔を知っているから、物足りなさを」 ベテランとしての立ち振る舞いを意識してしまう自分と、ルーキーの頃のようにあるがままの姿を見せたいという自分。
       相反する2つの思いが入り交じり、もがき苦しむ梅崎を湘南の曹貴裁監督はずっと気にかけていた。
      「司は大分トリニータのユース時代からトップ下で自由にプレーして、裏に飛び出したり、間で受けて仕掛けるのが本来のプレーだった。でも、浦和でのあいつを見ていて、昔のプレーを知っているからこそ、物足りなさを感じていました。
       プロになってから良くあるじゃないですか、『あいつ昔はドリブラーだったのに、ドリブルをあまりしなくなったな』とか。彼もそういった印象でした。特に昨年はクローザーと言うか、守備に重きを置かれていたので、俺は『もったいないな』と思っていた。まだ十分できると思ったし、ウチならもっと輝けると思ったのでね」
       曹監督は、その思いをすぐに実行に移し、梅崎に熱烈なラブコールを送った。
      「俺ならお前をもう一度輝かせられる」
       実は彼のもとには他にも魅力的なオファーが来ていたというが、曹監督の鋭い眼力とこの一言で、梅崎はすぐに決断を下したのだという。そして、溜まりに溜まった自らの思いを、曹監督にぶちまけた。
       梅崎が吐露した熱い言葉の数々――指揮官は涙し、その時に梅崎はこの男の下で「本当の自分」を発揮してチームに貢献することを誓ったのだった。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831827

      南野拓実は3年前と何が変わったか。「僕らがW杯に出た人を脅かす」

       本田圭佑がカンボジア代表を指揮することが話題になる今だからこそ、日本代表のカンボジアでの出来事に思いを馳せる。あの試合を最後に、代表から遠ざかっていた選手の記憶とともに――。
       2015年11月、日本代表はシンガポールとカンボジアでロシアW杯2次予選を戦った。この連戦は格下との対戦だったが、2010年代で最悪の合宿でもあった。環境があまりに過酷だったからだ。特にカンボジアでは、人工芝グラウンドでの練習や試合を余儀なくされた。
       この時期のヨーロッパは寒波に覆われており、ドイツでは氷点下が当たり前。アルプスに近いオーストリアのザルツブルクは、マイナス10度を下回ることもあった。ヨーロッパでプレーする選手は、飛行機で10時間ほどかけて移動して、気温30度以上に加えて高湿度での試合を強いられた。
       その結果、多くの選手が身体にダメージを負った。例えば当時ハノーファーに所属していた清武弘嗣は硬いピッチの影響で右足の第五中足骨を骨折。同じく酒井宏樹はドイツへ戻ってから、コンディション不良で計3試合を欠場した。
       とりわけ過酷な移動、試合日程だった香川真司も調子を落とした。ドイツに戻って2日後のハンブルガーSV戦では、このシーズン初めてハーフタイムでの交代を命じられた。その後もコンディションが上がらずスタメンから外れ、レギュラーに返り咲くにはそこから4カ月近くを要した。
      ザルツブルクから一転高温多湿。 そして、南野拓実も苦しんでいた。
       合宿中に練習が公開されたのは3回だけだったが、スタンドから様子を見ていても、明らかに動きが重かった。合宿参加当時は20歳で飛びぬけて若かったものの、若々しい動きを見せられていなかった。ザルツブルクという寒さの厳しい地域から来た南野にとって、高温多湿気象のダメージは大きかった。
       合宿参加前まで、所属するザルツブルクでは公式戦19試合出場10ゴール、4アシストを記録するなど活躍していた。しかしこの合宿以降、最初のゴール、アシストを記録するのは翌年2月まで待たなければならなかった。
       そして、この東南アジア遠征以降、ロシアW杯まで代表には呼ばれていない。彼の代表キャップは、カンボジア戦で出場したわずか4分の記録とともに止まったままである。

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831834
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ