サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「まじで楽しそう」 元日本代表MF、躍動の新10番・中島翔哉を称賛「ワクワクする」

       森保一監督率いる日本代表は、11日の国際親善試合コスタリカ戦で3-0と勝利し、新体制初陣を白星で飾った。オウンゴールで先制した日本は、FW南野拓実(ザルツブルク)とMF伊東純也(柏レイソル)が代表初ゴールと存在感を放ったなか、元日本代表MF梅崎司(湘南ベルマーレ)は「まじで楽しそう。見ていてワクワクする」と新10番のMF中島翔哉(ポルティモネンセ)を絶賛した。
       森保体制の初陣で4-4-2を採用。2トップにFW小林悠(川崎フロンターレ)とFW南野拓実(ザルツブルク)が入り、2列目左に中島、右に20歳MF堂安律(フローニンゲン)が起用された。前半16分にオウンゴールで先制した日本だが、攻撃面で存在感を示したのが9月シリーズで10番を与えられた中島だった。
       ロシア・ワールドカップでMF香川真司(ドルトムント)が背負い、近年は「日本代表10番=香川」の印象が強いなか、新10番は積極果敢なドリブルで局面を何度も打開。相手を翻弄する突破で会場を沸かせるなど攻撃を牽引し、後半30分にお役御免で途中交代した。
       そんな10番に魅了された一人が、元日本代表の梅崎だ。公式ツイッターで「中島翔哉のプレーが好き。まじで楽しそう。見ていてワクワクするし、楽しいね」と賛辞を送っている。さらに梅崎は南野、堂安の名前を挙げ、「中島、南野、堂安から学ぶことが沢山あった。簡単に下げないし、常に矢印がゴールに向かってる。リズム、タイミングが良い」と言及。20歳の堂安、23歳の南野、24歳の中島のプレーを分析した31歳のアタッカーは、年下からも貪欲に学ぶ姿勢を見せている。
       梅崎は「明日もトレーニング楽しもう」とつぶやいており、新生日本代表のプレーは現役選手にも大きな刺激を与えたようだ。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/134920

      日本代表、香川や柴崎の立場危うし? 欧州クラブで活躍する若手選手がコスタリカ戦で躍動

      コスタリカ戦で活躍した南野(左)、堂安(中央)、中島(右)といった若手選手たち【写真:Getty Images】
      【日本 3-0 コスタリカ キリンチャレンジカップ2018】
       日本代表は11日、パナソニックスタジアム吹田でコスタリカ代表と対戦し、3-0で勝利を収めた。
       森保ジャパンとしての初陣となった同試合では、代表初招集を受けた堂安律や、ロシアワールドカップ出場を逃した中島翔哉、久々のA代表選出となった南野拓実などといった若手選手がスタメンに名を連ねた。  右サイドハーフで先発出場を果たした堂安は積極的な仕掛けとフィジカルの強さを生かし、何度もチャンスを作り出すなどコスタリカDFの脅威となった。中島も左サイドで果敢にドリブル突破を試みては自らシュートまで持ち込む場面も多く、時には効果的なクロスを味方に供給するなどMVP級の活躍を見せた。南野は2トップのコンビを組んだ小林悠との連係もよく、何度かゴールへ迫った。そして61分には遠藤航からのパスを受けると左足を振り抜き、嬉しい代表初ゴールを達成。いずれの3選手も、森保一監督の先発起用に応える活躍ぶりで、チームの完勝に大きく貢献した。
       同選手らに加え、途中出場ながら1得点を挙げた伊東純也、今回は出場機会がなかったがハンブルガーSVでポジションを確保している伊藤達哉などがいる森保Jの攻撃陣は今後、より一層白熱したポジション争いが繰り広げられるだろう。森保監督を良い意味で悩ませることができそうだ。
       また、今季よりベルギーリーグへ移籍した遠藤もボランチの位置で躍動し、ロシアワールドカップ不出場に終わった悔しさを晴らす形となった。
       欧州の舞台で活躍する若手選手が軒並み結果を残した今回のコスタリカ戦。こうなると、香川真司や柴崎岳といったロシアワールドカップメンバーの立場も安泰ではない。前者はルシアン・ファブレ新監督を迎えたドルトムントにおいて構想外となっており、今季ブンデスリーガでの出場はない。後者もリーガ・エスパニョーラ開幕戦こそ先発フル出場を果たしたものの、以降は出番を失っている。ヘタフェからの移籍も噂された。
       森保新監督のもと躍動した堂安や中島は所属クラブでも出番を得ており、所属クラブで立場を失っている香川らよりも序列を上げていく可能性は十分に高い。ロシアワールドカップ前にも代表選出が危ぶまれた香川だったが、いざ本大会が始まると1ゴールをマークするなど存在感を示した。が、今回ばかりはそうはいかないだろう。
       乾貴士などといった選手は所属クラブで出場機会を得ているが、今回のコスタリカ戦でみせた堂安らの活躍を受けると、それらの選手ですら立場が危ういと感じる。ロシアワールドカップメンバーから外れ、再起を図る久保裕也も然りだ。
       森保監督が掲げた「世代交代」の実現は確実に近づいていると言えるかもしれない。

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/11/post289069/

      「リオ組が引っ張っていければ」。世代のリーダー・遠藤航、日本代表を背負う覚悟

      遠藤航【写真:Getty Images】
      【日本 3-0 コスタリカ キリンチャレンジカップ2018】
       日本代表は11日、キリンチャレンジカップ2018でコスタリカ代表と対戦し3-0で勝利した。
       ボランチの一角でフル出場した遠藤航。安定したプレーを見せただけでなく、南野拓実のゴールをアシストするなど攻撃面でも存在感を示した。
      「セカンドをたとえばワンタッチで縦に入れるとか、奪ったボールをワンタッチで縦に入れるというのは自分の良さとしてありながらも、ボールを持って、少しタメを作って展開していくとか、そういうプレーは中盤に求められるので、両方の選択肢を持てるようにっていうのは最近イメージしていて。あのシーンはそういう、ボールを自分のものにして、ドリブルで運びながら展開していく、あとは空いたスペースに出ていけたので。シュートは拓実がうまかったですけど、関わることができてよかったです」
       様々なポジションで力を発揮できる遠藤だが、今夏に移籍したシントトロイデンでは中盤で継続的にプレー。「向こうでまだ1ヶ月ですけど、中盤でずっとやり続けているのは自分にとって大きい」と言う。背番号6はさらに「たかが1ヶ月ですけど、僕にとっては1ヶ月続けて中盤でやること自体が初めてなので、すごく充実しているし、中盤でやれるという自信はメンタル的な部分で大きくなっている感じはあります。でも、まだまだこれからよくしていかないといけない」と手応えと課題を口にした。
       海外に出たことで発見もあったようで、「縦に速いので、守備は常に人に行くし、ゾーンというよりはマンツー気味。そこも一対一の強さを意識しないといけない」と述べる。そして、「今日は攻撃に関わってアシストしましたが、そういう形はベルギーでもよくある形。出して、スペースに出ていくとか、縦につけていく感じは求められる」と続けた。
       ロシアワールドカップでは23人のメンバーに名を連ねたものの、本大会での出場機会はなかった。それでも、「行くのと行かないのでは全然違うというのは100%ある」と捉え、さらなる成長を求めてベルギーに移籍した。そして今回、自身の力を証明してみせた。
       遠藤だけでなく、中島翔哉、南野といったリオ五輪組がコスタリカ戦で躍動した。「オリンピックが終わったあとにA代表で再会しようと話していたので、実際にそういう風になってきたのは非常に嬉しい」と遠藤は言う。ただ、「みんな満足なんてしていないし、他にもリオ組はいっぱいいるので、これからの代表はリオ組が引っ張っていくくらいの気持ちでやらないといけないし、そうなっていけばいいなと思います」と、ここがゴールではなくスタートであることを強調していた。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/12/post289101/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ