サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「欧州3大カップ」が復活!? UEFA“第3の大会”の新設を計画と英メディア報道

       UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ“第3のカップ戦”を始める計画が着々と進んでいるようだ。欧州クラブ協会(ECA)のアンドレア・アニェッリ会長が計画を認めたと、英公共放送「BBC」が報じている。
       UEFA(欧州サッカー連盟)によるクラブの主催大会には、その最高峰にCL、それに次ぐ大会としてELが存在している。
       ユベントスの会長でもあり、ECA会長も兼任するアニェッリ氏は、この2大大会に次ぐ第3のカップ戦を2021-22シーズンから新設する構想があることを認めた。大会レギュレーションなど詳細については明らかにされてないが、同氏は「現在のモデルをよりモダンに変えていく必要がある」と主張している。
       現在はCLに32クラブ、ELに48クラブが出場している。アニェッリ氏によれば、計画している第3のカップ戦が新設されれば、欧州カップ戦の出場クラブは80チームから96チームまで増加するという。
       過去にはCLとELのそれぞれ前身であるチャンピオンズカップとUEFAカップに並び立つ形でカップウィナーズ・カップが存在していた。同大会は1998-99シーズンをもって終了したが、新たな大会がスタートすることになるのだろうか。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/134914

      「まじで楽しそう」 元日本代表MF、躍動の新10番・中島翔哉を称賛「ワクワクする」

       森保一監督率いる日本代表は、11日の国際親善試合コスタリカ戦で3-0と勝利し、新体制初陣を白星で飾った。オウンゴールで先制した日本は、FW南野拓実(ザルツブルク)とMF伊東純也(柏レイソル)が代表初ゴールと存在感を放ったなか、元日本代表MF梅崎司(湘南ベルマーレ)は「まじで楽しそう。見ていてワクワクする」と新10番のMF中島翔哉(ポルティモネンセ)を絶賛した。
       森保体制の初陣で4-4-2を採用。2トップにFW小林悠(川崎フロンターレ)とFW南野拓実(ザルツブルク)が入り、2列目左に中島、右に20歳MF堂安律(フローニンゲン)が起用された。前半16分にオウンゴールで先制した日本だが、攻撃面で存在感を示したのが9月シリーズで10番を与えられた中島だった。
       ロシア・ワールドカップでMF香川真司(ドルトムント)が背負い、近年は「日本代表10番=香川」の印象が強いなか、新10番は積極果敢なドリブルで局面を何度も打開。相手を翻弄する突破で会場を沸かせるなど攻撃を牽引し、後半30分にお役御免で途中交代した。
       そんな10番に魅了された一人が、元日本代表の梅崎だ。公式ツイッターで「中島翔哉のプレーが好き。まじで楽しそう。見ていてワクワクするし、楽しいね」と賛辞を送っている。さらに梅崎は南野、堂安の名前を挙げ、「中島、南野、堂安から学ぶことが沢山あった。簡単に下げないし、常に矢印がゴールに向かってる。リズム、タイミングが良い」と言及。20歳の堂安、23歳の南野、24歳の中島のプレーを分析した31歳のアタッカーは、年下からも貪欲に学ぶ姿勢を見せている。
       梅崎は「明日もトレーニング楽しもう」とつぶやいており、新生日本代表のプレーは現役選手にも大きな刺激を与えたようだ。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/134920

      「欧州3大カップ」が復活!? UEFA“第3の大会”の新設を計画と英メディア報道

       UEFAチャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ“第3のカップ戦”を始める計画が着々と進んでいるようだ。欧州クラブ協会(ECA)のアンドレア・アニェッリ会長が計画を認めたと、英公共放送「BBC」が報じている。
       UEFA(欧州サッカー連盟)によるクラブの主催大会には、その最高峰にCL、それに次ぐ大会としてELが存在している。
       ユベントスの会長でもあり、ECA会長も兼任するアニェッリ氏は、この2大大会に次ぐ第3のカップ戦を2021-22シーズンから新設する構想があることを認めた。大会レギュレーションなど詳細については明らかにされてないが、同氏は「現在のモデルをよりモダンに変えていく必要がある」と主張している。
       現在はCLに32クラブ、ELに48クラブが出場している。アニェッリ氏によれば、計画している第3のカップ戦が新設されれば、欧州カップ戦の出場クラブは80チームから96チームまで増加するという。
       過去にはCLとELのそれぞれ前身であるチャンピオンズカップとUEFAカップに並び立つ形でカップウィナーズ・カップが存在していた。同大会は1998-99シーズンをもって終了したが、新たな大会がスタートすることになるのだろうか。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/134914
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ