サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      磐田FWアダイウトン、J1残留へ執念のゴラッソ! 華麗な“オーバーヘッド弾”に称賛

       J1リーグ最下位に沈むジュビロ磐田は19日、本拠地ヤマハスタジアムでの第29節で残留争いを演じるサガン鳥栖との直接対決に臨んだ。試合は2-2のドローに終わったが、終盤に豪快なオーバーヘッドキックから生まれた同点ゴールが話題を呼んでいる。
       前節終了時点で16位鳥栖との勝ち点差は「10」と開いており、逆転残留を果たすためには勝利が欲しかった磐田。開始早々の前半12分に鳥栖のMFイサック・クエンカに先制点を許す苦しい立ち上がりとなったが、前半アディショナルタイムにFWルキアンが同点ゴールを決めて、ゲームを折り返す。
       後半も22分に鳥栖FW金崎夢生に勝ち越し点を許してしまい、1点を追う苦しい展開に。それでも終盤に入り猛攻を仕掛けると、後半39分に歓喜の瞬間が訪れる。左サイドからのクロスにDF大南拓磨がペナルティーエリア内に飛び込むも合わず、相手DFがクリアしたボールが空中に高く飛んだ。落下地点に素早く入ったアダイウトンは、ゴールに背を向けた状態から迷うことなくオーバーヘッドキックを選択。右足で正確に捉えたボールは、ワンバウンドしながらゴール左隅に吸い込まれた。
       この執念の同点ゴールが決まったことを磐田公式ツイッターが速報すると、返信欄には「どやばい」「ナイスバイシクル!!」「凄いっす」「いまのオーバーヘッドはうまい!」「今節ベストゴール確定」など、称賛の声が届いていた。
       逆転勝利を目指し、その後も猛攻を仕掛けた磐田だったが、勝ち越しゴールは奪えず2-2で終了。残留圏内の15位に浮上した鳥栖との勝ち点差「10」は縮まらず苦しい状況が続くものの、残り5試合での“奇跡”へ向けて、希望をつなぐスーパーゴールになったことは間違いない。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/224259

      ミラン前監督がリベリー獲得熱望も… “クラブ側拒否”の舞台裏をイタリア人DF告白

       かつてトリノやパレルモなどでプレーしたイタリア人DFマッシモ・ブランバティ氏は、昨年までACミランの指揮を執っていたジェンナーロ・ガットゥーゾ前監督が元フランス代表MFフランク・リベリー獲得を要望していた一方、クラブ側がそれを拒否したことでフィオレンティーナに移籍したと明かした。イタリアメディア「フットボール・イタリア」が報じている。
       今季、セリエAの序盤戦で大きなインパクトを残しているのが、バイエルン・ミュンヘンからフィオレンティーナに加入したリベリーだ。36歳のウィンガーは、ここまで7試合で2ゴール1アシストと上々の活躍を披露。セリエA、そしてフィオレンティーナに大きな影響を与えている。
       そんなリベリーに関して、昨年までミランを指揮していたガットゥーゾ前監督が獲得を望んでいたことを明かしたのがブランバティ氏だ。イタリアラジオ「TMWラジオ」のインタビューに応じたブランバティ氏は「ミランがマルコ・ジャンパオロ監督と一緒に長い道のりをたどるはずだったのに、ステファノ・ピオリを招聘したのはなぜなのかまだ分からない」と主張。そのうえで、昨季にガットゥーゾ前監督がリベリーを狙っていたことを吐露している。
      「ガットゥーゾ前監督に執着し、彼のアイデアに従うほうが良かった。チームとの会議で彼は3人の経験豊富な選手と契約するように要望していた。その中でガットゥーゾ前監督はリベリーを要求していたんだ。リベリーは(元イタリア代表FW)ルカ・トニによってフィオレンティーナに行き、そこで素晴らしい仕事をしている。ミランは代わりに、ガットゥーゾ前監督のすべての提案を拒否したんだ」
       ガットゥーゾ前監督が退任して難しい状況に追い込まれているミラン。今後どのようにチームを上昇させていくのだろうか。
      【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/224265

      堂安律は途中交代。2人退場のPSVが今季初黒星

      堂安律【写真:Getty Images】
      【ユトレヒト 3-0 PSV エールディビジ第10節】
       オランダ・エールディビジ第10節のユトレヒト対PSVが現地時間19日に行われた。試合は0-3でアウェイのPSVが敗れている。PSVの堂安律は先発出場で72分までプレーした。
       アヤックスとの首位争いが続くPSVは、ユトレヒトとの上位対決。しかし、先発した堂安はやや精細を欠き、チーム全体とともに低調。リードを奪えないまま折り返した。
       後半の立ち上がりに不運な形で失点したPSVは、トラブルが続発。68分、フィールヘーフェルが相手の足を削って一発退場となると、72分に堂安が交代となる。その2分後にはヘンドリクスも危険なプレーで退場を命じられ、PSVは9人となった。
       すると終盤、PSVはユトレヒトにさらに2点を奪われて0-3で敗戦。ここまで7勝2分けの無敗だったPSVに、今季初黒星がついている。
      【得点者】49分 1-0 ファン・デ・ストレーク(ユトレヒト)82分 2-0 マヘル(ユトレヒト)90+3分 3-0 クライベル(ユトレヒト)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/10/20/post343689/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ