サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      リバプール、パス30本の“チームゴール”に反響 「戦術的に完璧」「そうそう見られない」

       リバプールは現地時間22日、プレミアリーグ第9節レスター・シティ戦で3-0の完勝を収めた。上位対決で見事な勝利を手にしたなか、クラブ公式SNSはポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタのゴールに注目。「30本のパスで奪った信じられないチームゴール」と綴って動画を紹介し、反響を呼んでいる。
       昨季は30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールだが、今季は負傷者が続出して厳しい状況に置かれている。それでも首位戦線に踏みとどまり、上位対決となったレスター戦では3得点を奪っての完勝。首位トッテナムと同勝ち点、得失点差での2位につけている。
       連覇に向けて着実に調子を上げてきたことを示すのが、レスター戦の2点目だ。右サイドのスローインからスタートすると、一度はセンターバックまでボールを戻して攻撃を作り直す。その後、ゆったりとしたボール回しでレスターの隙をうかがっていたが、大きなサイドチェンジを左サイドバックのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが受けたところで一気にスピードアップ。寄せてきた相手DFを振り切り、左足でピンポイントのクロスを送ると、走り込んだジョッタが頭で合わせて攻撃を完結させた。
       リバプール公式ツイッターは「30本のパスで奪った信じられないチームゴール」と綴り、このゴールをスローインのところからパス数をカウントした動画を公開。返信欄では「今季も優勝だね」「戦術的に完璧なチーム」「なんてすごい選手たちだ」「そうそう見られないゴール」とファンからの称賛が相次いでいた。
       破壊力の高いウインガーが多く、スピーディーな攻撃の印象的なリバプールだが、後方のパスワークによる揺さぶりも高いレベルにある。新戦力のジョッタも完全にフィットしているだけに、今後のリーグ戦でも安定したパフォーマンスを見せてくれそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/294904

      リベリア英雄FWウェア、PSG時代の“歴史的”ゴールに再脚光 「彼こそがキング」

       今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)もグループステージ第4節を迎え、決勝トーナメント進出に向けた戦いも佳境に入るなか、大会公式インスタグラムは過去の名シーンを動画で投稿。元リベリア代表で、現在は同国の大統領を務めるFWジョージ・ウェアによる伝説的な“3人抜きゴール”に脚光を当てている。
       ウェアは現役時代、モナコやパリ・サンジェルマン(PSG)、ACミランなどで活躍。1995年にはアフリカ人選手初となるバロンドールも受賞し、“リベリアの怪人”の異名をとった。引退後は政治家に転身すると、2018年から母国の大統領に就任している。
       まさにリベリアの英雄であるウェア。本格的に世界に名を知らしめたのはミラン時代の活躍によるものだが、PSG時代にはCL史に残る名ゴールを決めている。CL公式インスタグラムは23日、「#OnThisDay」として26年前の1994年11月23日に行われたグループステージ第5節バイエルン・ミュンヘン戦(1-0)での一撃にスポットライトを当てている。
       ピッチ中央をドリブルで進んでいったウェアは、一度チームメートにボールを預け、リターンを受ける。軽やかなステップで1人目のスライディングをかわすと、柔らかいタッチで2人目も無力化。飛び込めなくなった3人目のDFを簡単にいなしてシュートコースを作り、最後は右足でニアサイドを射抜く豪快なシュートでネットを揺らした。
       常に世界最強の一角を担い続けるバイエルン相手の“ゴラッソ”にファンも反応。コメント欄では「リベリアの伝説」「PSGにとって歴史的なゴール」「アフリカ史上最高の選手」「彼こそがキング」と称賛の言葉が並んでいた。
       アフリカ人選手への評価を高めるきっかけになり、引退後も精力的な活動で社会に影響を与え続けているウェア。その“伝説”の一つは今も人々の記憶に残り続けている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/294856

      「インチ単位の完璧なクロス」 リバプール主力DF、レスター守備打開の精密アシストに英注目

       リバプールは現地時間22日、プレミアリーグ第9節レスター戦で3-0と勝利を収めた。この圧勝劇のなかでスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンがマン・オブ・ザ・マッチに選出されたが、英メディアはレスター守備陣を攻略する華麗なアシストを「インチ単位の完璧なクロスが素晴らしかった」と取り上げている。
       昨季30年ぶりのリーグ優勝を達成したリバプールだが、現在は離脱者続出の野戦病院となっている。オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメス、同DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、同MFジョーダン・ヘンダーソンが負傷離脱しており、エースのエジプト代表FWモハメド・サラーは新型コロナウイルス感染で隔離状態にある。
       主力の大半を欠いたなか、前節終了時点で首位に立っていたレスターをホームに迎え撃ったが、この試合で圧倒的な輝きを放ったのが左サイドバックだった。相手のオウンゴールで先制し、1-0で迎えた前半41分、右サイドからのサイドチェンジを受けたロバートソンが相手マークを切り返しで振り切ると、左足のクロスを供給。走り込んだポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタの頭にピタリと合わせ、アシストを記録した。
       英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「誰かしらの頭に合わせるスピードで、インチ単位の完璧なクロスが素晴らしかった。必要だったのはゴールへのわずかな押し込みだけで、残りはクロスの持つパワーだった」と取り上げていた。
       ロバートソンは先週、負傷により代表を欠場していたが、フィットネスの問題を一切感じさせない圧巻のパフォーマンスで存在感を示した。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/294695
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ