サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      マラドーナ、ボカ会長選出馬のリケルメに苦言 「タイタニックの船長より先見性が欠如」

       アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏は、かつて所属したボカ・ジュニアーズの来たるべき会長選挙、そしてそれに関与している元アルゼンチン代表MFファン・ロマン・リケルメについて言及。「彼らはタイタニックの艦長より先見性が欠けている」と自身の見解を明かした。スペイン紙「AS」が報じている。
       マラドーナ氏は9月上旬にアルゼンチン1部ヒムナシア・ラ・プラタの監督に就任したものの、わずか2カ月で辞任。その2日後に同クラブの監督に復帰することを明からにするなど、59歳になっても話題に事欠かない。
       そんなマラドーナ氏は、12月8日に予定されている古巣ボカ・ジュニアーズの会長選挙について言及。かつてアルゼンチンの天才司令塔と呼ばれたリケルメ氏も関与している選挙について、自身の公式インスタグラムで「彼らはサッカーや経営のことについて何も知らない」と批判し、彼らの計画に対して厳しい見解を示した。
      「ボカの歴史上、最悪の会長をサポートすることになる。彼らはタイタニックの艦長より先見性が欠けているよ」
       リケルメ氏は先日、「私はマラドーナと関係なく、歴史上最高の選手とプレーできたことは幸運だったとしか言えない」と語り、マラドーナ氏との関係性から問題を煽るようなことをしてほしくないと切望していた。
       今回、マラドーナ氏が噛みついたことで再び会長選挙に対する不満の声が出てくるかもしれないが、8日にはどんな結果が待ち受けているのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/233074

      久保建英、“バルサ帰還”でブーイングの洗礼 予想覆すファンの反応、“敵”として存在感

       マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間7日、敵地カンプ・ノウでのリーガ・エスパニョーラ第16節バルセロナ戦に先発フル出場。チームは2-5で敗れたものの、2ゴールに絡む活躍を見せた。
       憧れの地カンプ・ノウで待っていたのは、“裏切り者”に対するブーイングだった。バルセロナの育成組織で4年間を過ごした久保は、今夏の移籍市場で宿敵レアル・マドリードへ移籍。プレシーズンを“白い巨人”の一員として過ごしたのち、シーズン開幕前にマジョルカへとレンタル移籍していた。
       そして迎えたバルセロナ戦。試合前に現地で話を聞くと、久保に「誰もブーイングしないんじゃない?」との答えが返ってきたが、カンプ・ノウに詰めかけたファンはその予想を覆して日本人アタッカーを標的にした。前半6分、敵陣右サイドのタッチライン際でボールを受けると、カンプ・ノウに大音量のブーイングが巻き起こる。その後も久保がボールに触るたびに、スタンドからは耳を刺すような口笛と腹に響くブーイングが発生。筆者の隣に座っていた少年は最初、なぜブーイングをするのかを不思議そうに親に尋ねていたが、次のシーンからはしっかりと真似をしていた姿が印象的だった。
       そうした洗礼を浴びた久保だったが、ピッチ上では落ち着いたプレーを見せ、マジョルカの攻撃をけん引。2点を先行された前半35分には、久保のパスを受けたMFサルバ・セビージャのスルーパスからFWアンテ・ブディミルが決めて1点を返す。さらに1-4で迎えた後半19分にも久保は右サイドで攻撃の起点となり、オーバーラップしたDFフラン・ガメスにスルーパスを送る。そこから上げたクロスを、ブディミルが頭で合わせて2点目が決まった。
       その後も久保は持ち前のテクニックで、バルセロナの守備陣を破るなど、カンプ・ノウで存在感を示し、そのたびにカンプ・ノウのブーイングは大きくなっていった。果敢にゴールを目指した久保だったが、得点を挙げることはできず。試合終了間際にはユニフォームをまくり上げて、悔しさを前面に表した。
       眼前でアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにハットトリックを決められ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスにも鮮やかなヒールシュートを許し、マジョルカはバルセロナに2-5と完敗。これでリーグ戦3連敗となった。それでも、ブーイングを浴び続けながら勇敢に戦い続けた18歳の日本人がいたことも、この日のハイライトとしてバルサファンの脳裏に刻まれたはずだ。
      【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/233130

      C・ロナウド弾で先制も…ユベントス初黒星で首位浮上失敗。好調ラツィオが会心の勝利

      クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
      【ラツィオ 3-1 ユベントス セリエA第15節】
       セリエA第15節のラツィオ対ユベントスが現地時間7日に行われた。試合は3-1でホームのラツィオが勝利を収めている。
       前日の試合で首位インテルがローマと引き分け、首位再浮上のチャンスが訪れたユベントスは、リーグ戦6連勝中の好調ラツィオと対戦した。
       25分、ユベントスはディバラのパスからくさびに入ったクリスティアーノ・ロナウドが落とし、右からベンタンクールがクロス。このボールにC・ロナウドが詰め、鮮やかなゴールで先制した。
       しかし前半終了間際、ラツィオはセットプレーでルイス・フェリペが同点弾を決めて1-1で折り返す。
       試合が大きく動いたのは69分。ラツィオがカウンターを仕掛けると、裏へのパスに走ったラッザリをクアドラードがファウルで止めた。主審は即座にイエローカードを提示したが、映像で再確認してレッドカードに変更。ユベントスは残り時間を10人で戦うことになる。
       すると74分、ラツィオはルイス・アルベルトのフィードにミリンコビッチ=サビッチが走り込み、見事なコントロールからゴール。逆転に成功した。
       ラツィオは79分のPKのチャンスをインモービレが失敗してリードを広げることができない。すると、勝負に徹するラツィオは、リーグ戦9試合連続得点中のエースを下げてカタルディを入れ、逃げ切り態勢となる。
       後半アディショナルタイムにカイセドのゴールでダメ押ししたラツィオは、3-1で勝利。リーグ戦の連勝を7に伸ばした。
       ユベントスは今季初黒星で首位浮上に失敗。インテルとの勝ち点差は2となっている。
      【得点者】25分 0-1 C・ロナウド(ユベントス)45+1分 1-1 ルイス・フェリペ(ラツィオ)74分 2-1 ミリンコビッチ=サビッチ(ラツィオ)90+5分 3-1 カイセド(ラツィオ)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/12/08/post351809/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ