サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      バルサには“疲労回復用のピザ”が…選手寿命を伸ばしパフォーマンスを最大化するフットボーラーのための《最高の食事》とは

       身体を作りあげていくうえで、また体調を維持し長く現役生活を続けるためにどんな食生活を送ればいいのか。食事への配慮、食事の比重の増大は、今日のスポーツ界ではますます顕著になっている。『フランス・フットボール』誌7月10日発売号では、ジェレミー・ドクトゥール記者が、サッカー選手と食事の関係をレポートしている。
       思い起こせばティム・ブレッドバリー(香港代表)は、試合のあとパブでビールを飲みながら私の取材に応じた。日本代表のある主力選手たちは、やはり試合のあと広島のお好み村で栄養補給の夜食を摂っていた。いずれも1990年代のことである。いったい何がどう変わったのか。ドクトゥール記者が伝える。(肩書や年齢などは『フランス・フットボール』誌掲載当時のままです)
      (田村修一)
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/850786

      米女子FWモーガンが華麗にドレスアップ 夫との“セレブ風2ショット”に反響「驚くほどゴージャス」

       米女子サッカーリーグNWSLのオーランド・プライドに所属するアメリカ女子代表FWアレックス・モーガンが、公式インスタグラムを更新。ドレスアップし、愛する夫たちとリフレッシュした様子をアップしている。
       2012年のロンドン五輪優勝、15年の女子ワールドカップ優勝を経験するなど、アメリカ女子サッカー界を牽引してきたモーガンは、2020年5月7日に第一子となる長女の「チャーリー・エレナ・カラスコ」ちゃんを出産した。
       新型コロナウイルスによる東京五輪の1年延期により、結果的に4年に一度の祭典に母親としてピッチに立つことが叶った。家族をアメリカに残し、東京五輪に臨んだモーガンは大会で6試合1得点を挙げ、銅メダルを獲得した。
       大会後にアメリカに戻り、今季もリーグ戦13試合に出場してチーム2位の5ゴールを記録しているモーガンはインスタグラムを更新。ドレスアップし、米MLS(メジャーリーグサッカー)のLAギャラクシーなどでプレーしたサッカー選手の夫セルヴァンド・カラスコさんとの“セレブ風”2ショット、米MLSのインテル・マイアミに所属する元アメリカ代表FWブレク・シェイ夫妻との4ショットを披露した。
       これには、海外ファンから「驚くほどゴージャス」「モーガン、美しい!」「常に超一流」「素敵なカップル」といった声が上がっていた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/352674

      カンボジアの日系サッカークラブ、コロナ禍でホテル・レストラン事業を展開するワケ

       カンボジアのプロ1部リーグで集客1位の人気を誇る日系クラブのアンコールタイガーFC(オーナー:加藤明拓)が、ホームタウンのシェムリアップ州で新たにホテル事業として「Angkor Tiger Resort」、レストラン事業として火鍋屋の「Tiger Lucky Hotpot」を2022年1月1日に開業する。新たなサッカークラブの形として注目を浴びている。
       人気サッカークラブのブランド資産を活用した財閥作りを目指しているアンコールタイガーFCは、そのスタートとして2年前から金融事業「Tiger Cash」を展開。開業準備中に70万ドル(約8000万円)を横領されるという事件があったものの、山あり谷ありで現在は黒字化し、順調に成長しているという。
       さらに、今回はホテル事業とレストラン事業の展開を開始。シェムリアップ市はコロナ禍で観光事業が壊滅的な状況となっており、失業率も上がっているが、そのなかでなぜ大きな打撃を受けているホテル、レストランという業種に手を出すのだろうか。
      「現在、シェムリアップの観光業はストップしているが、数年以内に必ず観光が再開して、トラベルバブルが来ると読んでいる。確かにリスクもあるかもしれないが、サッカーと一緒で時にはリスクをおかして攻めていくことが必要。そう思って意思決定をした。その1週間後に政府から現在止まっているシェムリアップ空港の再開と1月1日からワクチン接種者の入国隔離ゼロの方針が示された。タイガーはサッカークラブを超えたクラブになるべくシェムリアップのGDP向上をビジョンに掲げている。1人でも多くの観光客を呼び、滞在日数が増えるように、サッカーとホテル、レストランで貢献していきたい」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/352655
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ