サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ファーガソン監督とベッカムの流血騒動、フォルランが舞台裏告白「互いに侮辱し始めた」

       8月に現役を引退した元ウルグアイ代表FWのディエゴ・フォルラン氏は、かつてマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた際、当時の指揮官であるサー・アレックス・ファーガソン監督と元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏の間で起きた事件を回顧。当時のロッカールームで何が起きていたのかを振り返っている。英紙「デイリー・ミラー」が報じた。
       その事件は2003年のFAカップ後に起きた。オールド・トラフォードにアーセナルを迎えた一戦でユナイテッドは0-2の完敗を喫すると、試合後のロッカールームでファーガソン監督が激怒。近くに落ちていたスパイクを蹴り、それがベッカムの瞼に当たって流血騒ぎとなった。この一件以来、互いの距離が離れ、わずか数ヶ月後にはベッカムがレアル・マドリードへと移籍することになった。
       フォルラン氏は「FAカップのアーセナル戦の後、ファーガソン監督は不満を溜めていた。なぜなら、相手の(元フランス代表MF)ロベール・ピレスに左サイドを突破されていたから。(元イングランド代表DF)ギャリー・ネビルが前に出過ぎて、ベッカムもカバーしていなかったんだ」と語り、当時の状況を振り返っている。
      「ロッカールームでフォーガソン監督とベッカムは互いを侮辱し始めた。すべての侮辱よりも最後の侮辱の言葉が悪かったために、2人は決断を下すことになったと思う。ファーガソン監督が去ろうとして議論は終わったように思えたけど、ベッカムが別の言葉を発した。そうしたらファーガソン監督が振り返って、そばに落ちていたスパイクを見て彼に向かって蹴ったんだ。その結果、スタッズが彼の瞼に当たって切れてしまったんだ」
       その後、フォルラン氏は「我々は血を見て『それをなかったことにしたい』と思ったけど、すでに2人が争う準備をしていた。そうなった時に、(元アイルランド代表MF)ロイ・キーンと(元オランダ代表FWルート・)ファン・ニステルローイが彼らを引き離したんだ」と主張。彼ら2人のおかげで事態が収まったことを明かしている。
       ロッカー室での一件をフォルラン氏は今でも鮮明に覚えているようだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/211352

      レアル久保、3人翻弄の絶妙パスでゴール起点 現地紙称賛「スペシャルであることを証明」

       レアル・マドリードの日本代表MF久保建英は、カスティージャ(レアルB)の一員として現地時間18日にスペイン3部ブルゴスCFとのテストマッチに先発フル出場した。試合は2-3と惜敗したが、久保は前半終了間際に相手3人を翻弄するパスからゴールの起点となり、スペイン紙「AS」は「彼がスペシャルであることを再び証明した」と称賛している。
       今夏、FC東京からレアルに移籍した久保はトップチームでプレシーズンマッチ4試合に途中出場。その後はトップの練習に参加しつつ、カスティージャの試合で連続出場している。14日の3部クルトゥラル・レオネサ戦(0-3)に続いて、ブルゴス戦でもスタメンに名を連ねた久保は、4-3-3の右ウイングで送り込まれた。
       試合は前半11分に先制点を献上したが、前半終了間際にカスティージャの同点ゴールが生まれる。右サイドから久保に縦パスを入ったなか、相手3人が囲い込む。ここで起点を利かせた久保は左足ダイレクトで前方へボールを流し、クロスから同点ゴールが生まれている。久保の状況判断能力が光った場面と言えるだろう。
       後半17分にカスティージャが勝ち越すも、同25分にオウンゴールで2-2となり、終了間際に痛恨のPKを献上して2-3で敗れた。
       スペイン紙「AS」は「白い巨人(レアルの愛称)が試合を支配し、不運が勝利を奪った」と報道。カスティージャにとって厳しい判定も見られ、“不運”と指摘している。また久保について「彼はスペシャルであることを再び証明した」と触れ、「この日本人は欠点も露呈したが、ドリブル、攻撃志向、リズムの変化などを見せた」と称えている。
       惜しいシュートも放った久保はノーゴールに終わったが、スペイン紙は日本人アタッカーに高い評価を与えていた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/211407

      10人の磐田がラストプレーで同点PK。最下位からの反撃へ意地見せる

      ガンバ大阪とジュビロ磐田はドロー【写真:Getty Images】
      【ガンバ大阪 1-1 ジュビロ磐田 J1第23節】
       明治安田生命J1リーグ第23節のガンバ大阪対ジュビロ磐田戦が18日に行われ、1-1の引き分けに終わった。
       最下位に沈む磐田は、鈴木秀人前監督が就任わずか1ヶ月半で15日に退任。小林稔ヘッドコーチが暫定的に指揮を執り、3連敗のストップと最下位脱出を目指す。新加入のDFファビオは先発で古巣相手のデビューとなった。
       だが開始15分、磐田はいきなり窮地に追い込まれてしまう。新戦力のFWルキアンが1枚イエローカードを受けた直後のプレーでDFと交錯したあと、観客席へ大きくボールを蹴り出して2枚目のイエロー。磐田は残り約75分を10人で戦わなければならなくなった。
       数的優位に立ったG大阪は前半終了間際の44分に先制。小野瀬康介がエリア手前右側から左足で曲げたボールをゴール前に入れると、飛び込んだ宇佐美貴史は届かなかったが、ボールはそのままゴールに収まった。
       磐田も後半に諦めない反撃の姿勢を見せ、交代出場のアダイウトンらがゴールに迫る形もあったが同点はならず。G大阪は81分、相手エリア内での細かいパスワークから最後は宇佐美が決定的なシュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いて追加点は奪えなかった。
       そのままG大阪が勝利を収めるかに見えた94分、最後の攻撃を仕掛ける磐田は中山仁斗がエリア中央で倒されてPKを獲得。これを中山が自ら成功させ、ラストプレーとなったキックで追いついてドローに持ち込んだ。
       G大阪はこれで4試合連続のドロー。磐田は連敗を3でストップし、依然として状況は厳しいが浮上に向けた意地を見せた形となった。
      【得点者】44分 1-0 小野瀬康介(G大阪)90+5分 1-1 中山仁斗(磐田)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/08/18/post334819/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ