サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      デ・ブライネ代理人、レアルとPSGへの移籍の噂を否定 「90%以上の記事は…」

       マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは、クラブがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の出場権をはく奪される可能性があるため、移籍の噂が絶えない。しかし、デ・ブライネの代理人は現時点で出ている噂をはっきりと否定した。英紙「デイリー・スター」が報じている。
       シティに2年間のCL出場権はく奪の話題が出てから、クラブに在籍している選手たちには移籍の噂が飛び交っている。デ・ブライネはレアル・マドリードやパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が噂されてきた。
       エティハド・スタジアムを本拠地とするシティに移籍してから、スターになったデ・ブライネだが、クラブとの契約は3年間残っている。代理人を務めるパトリック・デ・コスター氏は、世界中のメガ・クラブから関心を持たれていても、選手にクラブを離れる予定はないという。
      「彼はまだトップにいるチームと、3年間の契約を残している。クラブにも、街にも、ケビンは居心地良く感じており、感謝もしている。もちろん、デ・ブライネには常に他のクラブからオファーがあるが、現時点で移籍については何も考えていないよ。彼はトップのクラブと3年間の契約があり、街とクラブに価値を感じているんだ。そうした類の記事の90%は、クソだよ」と言い切った。
       そして、「サッカーの世界では、良い選手には常に非公式な関心が届く。デ・ブライネやリオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、アントワーヌ・グリーズマンといった選手にね」と、再び退団について否定的だった。
       7月のはじめ、ジョゼップ・グアルディオラ監督は、デ・ブライネを「彼は本当に良い選手だ。本当に、本当に良い選手で、特別なものを持っている。現時点で彼はMFでベストの選手だ。もちろん、さらに上達するだろう。どうやって? それは彼が分かっているよ」と高く評価し、今も成長を続けていると語った。
       こう話す指揮官の下でプレーできることも、デ・ブライネにとってシティでプレーし続ける魅力なのかもしれない。
      【登録初月無料!】ついに再開のJ1リーグ戦はDAZNで配信中!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/271458

      デ・ブライネ代理人、レアルとPSGへの移籍の噂を否定 「90%以上の記事は…」

       マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは、クラブがUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の出場権をはく奪される可能性があるため、移籍の噂が絶えない。しかし、デ・ブライネの代理人は現時点で出ている噂をはっきりと否定した。英紙「デイリー・スター」が報じている。
       シティに2年間のCL出場権はく奪の話題が出てから、クラブに在籍している選手たちには移籍の噂が飛び交っている。デ・ブライネはレアル・マドリードやパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が噂されてきた。
       エティハド・スタジアムを本拠地とするシティに移籍してから、スターになったデ・ブライネだが、クラブとの契約は3年間残っている。代理人を務めるパトリック・デ・コスター氏は、世界中のメガ・クラブから関心を持たれていても、選手にクラブを離れる予定はないという。
      「彼はまだトップにいるチームと、3年間の契約を残している。クラブにも、街にも、ケビンは居心地良く感じており、感謝もしている。もちろん、デ・ブライネには常に他のクラブからオファーがあるが、現時点で移籍については何も考えていないよ。彼はトップのクラブと3年間の契約があり、街とクラブに価値を感じているんだ。そうした類の記事の90%は、クソだよ」と言い切った。
       そして、「サッカーの世界では、良い選手には常に非公式な関心が届く。デ・ブライネやリオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、アントワーヌ・グリーズマンといった選手にね」と、再び退団について否定的だった。
       7月のはじめ、ジョゼップ・グアルディオラ監督は、デ・ブライネを「彼は本当に良い選手だ。本当に、本当に良い選手で、特別なものを持っている。現時点で彼はMFでベストの選手だ。もちろん、さらに上達するだろう。どうやって? それは彼が分かっているよ」と高く評価し、今も成長を続けていると語った。
       こう話す指揮官の下でプレーできることも、デ・ブライネにとってシティでプレーし続ける魅力なのかもしれない。
      【登録初月無料!】ついに再開のJ1リーグ戦はDAZNで配信中!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/271458

      バルサ指揮官、降格決定のライバルに言及 「1年を通して、何かが間違っていた時に…」

       バルセロナは現地時間8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節でエスパニョールと対戦し、1-0で勝利を収めた。首位のレアル・マドリードとの勝ち点差を暫定ながら「1」に縮めたバルサだが、キケ・セティエン監督はダービーマッチの辛勝に満足していないようだ。試合後のコメントをスペイン紙「マルカ」が報じており、そのなかではエスパニョールの降格についても触れている。
       この試合、唯一のゴールが決まったのは後半11分のこと。フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシとつながったボールを、最後はウルグアイ代表FWルイス・スアレスがゴールに決めた。看板トリオが活躍を見せたが、セティエン監督は「素晴らしい試合をすることはできなかった。エスパニョールの守備に苦しめられた」と、全体的に引いた戦い方を選択してきた相手に苦しめられたと話している。
       特に前半はエスパニョールの守備に苦しめられ、枠内へのシュートがほとんどなかった。そうした指摘を受けたセティエン監督は「とても難しかった。守備面で、彼らは素晴らしい仕事をしていたよ。多くの選手が密集しているなかで、簡単ではなかった」と繰り返した。ただ、この試合の結果を受けて、同じ町のライバルであるエスパニョールは2部降格が決定。次のように所感を語っている。
      「今日の試合だけを見れば、降格に値しないチームだったが、リーグ戦は試合の積み重ねだ。1試合、あるいは2試合、4試合、良くない試合をしても、それだけで降格することはない。私も現役時代に苦しんだ。降格というのは1年を通して、何かが間違っていた時に起こるんだ」
       エスパニョールの降格に伴い、来季はリーグ戦での“バルセロナ・ダービー”が見られなくなる。ライバルの現状には、セティエン監督も思うところがあったようだ。
      【登録初月無料!】ついに再開のJ1リーグはDAZNで配信中!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/271406
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ