サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      エトーさんカッコイイ…ホームレスになった元代表主将に「家」を買う

      『BBC』は30日、「サミュエル・エトーは、元カメルーン代表キャプテンのノルベール・オウォナに家を買うことを約束した」と報じた。
      ノルベール・オウォナは今年67歳。1970年ワールドカップの予選に出場したカメルーン代表MFで、1972年のアフリカネイションズカップでキャプテンを務めた選手だ。
      しかし彼は引退後厳しい生活を余儀なくされ、家族とも死別。現在はドゥアラの街でホームレスとして生活しつつ、鼠径ヘルニアに苦しんでいる。
      それが先日ドキュメンタリーで放映されたことで話題を集めたところ、サミュエル・エトーはなんと50万CFAフラン(10万円)を寄付するとともに、家を提供することを申し出たとのことだ。

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/08/31/samuel-etoo-promises-house-to-former-cameroon-captain-who-is-homeless-kgn-1

      父親の死、そして酒と友人…元「皇帝」アドリアーノ、転落の原因を激白

      『Gazzetta dello Sport』など各メディアは、「元ブラジル代表FWアドリアーノは、自身のアルコール中毒について話した」と報じた。
      2001年に19歳でインテルと契約し、後に中田英寿やアドリアン・ムトゥとともにパルマで大活躍を見せたアドリアーノ。2004年にはインテルに復帰し、強烈な左足のシュートでゴールを量産した。
      しかし2006年のワールドカップを終えたあとは徐々にパフォーマンスが低下し、トラブルも頻発。サンパウロに貸し出されたあと、フラメンゴへと放出されていた。
      ブラジルでは復活を見せるも、その後2010年にローマへ移籍した時には出場すらままならず、1年経たずに契約を解除されていた。
      36歳になったアドリアーノは『R7』のインタビューに応え、イタリアで酒に溺れたエピソードを明かしたとのこと。
      アドリアーノ

      「どれだけ苦しんだか、それは私だけが知っている。

      父親の死は私を虚無にした。とても孤独を感じていた。彼の死は全てを悪いものにしたんだ。ひとりぼっちになった。

      イタリアで孤独だった。悲しかったし、落ち込んだ。そして、酒を飲み始めた。
      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/08/31/adriano-talked-about-his-boozing-and-depression-issues-kgn-1

      選手は蚊帳の外? リーガエスパニョーラ、米国だけでなくメキシコでも開催予定か

      リーガエスパニョーラの試合をメキシコでも開催【写真:Getty Images】
       ラ・リーガが16日、アメリカとカナダでサッカーを推進するために、欧州で初めてリーグ戦の公式試合を他国で開催すると発表した。アメリカでの実施を予定しているが、メキシコでも開催する予定であると、30日に英紙『サン・ニュース・オンライン』が報じている。
       ラ・リーガとリレベント・スポーツが協力し、「ラ・リーガ・ノース・アメリカ」という新組織を設立。15年間の契約を結び、その一環としてリーガエスパニョーラの試合をアメリカで開催する運びとなった。これに対し、当事者である選手たちは猛反対。スペインサッカー選手協会(AFE)の下で各クラブのキャプテンが集まって会談を実施し、ストライキを行う可能性があることを表明した。
       そんな中、来年1月27日に行われる第21節のジローナ対バルセロナの試合が欧州初の他国開催としてアメリカで実施する案が浮上した。ただ、その試合だけにとどまらない。
       同紙によると、メキシコでもリーガエスパニョーラの試合を行う計画が進んでいるという。スペインとメキシコは文化的な繋がりがあり、多くのメキシコ人選手がリーガエスパニョーラでプレーしてきた。ファンを増やすため、メキシコでの試合開催を予定しているようだ。

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/08/31/post287528/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ