サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「サッリ・ボール」で華麗に変身!魔法のかかったチェルシーが面白い

       ■サッリとジョルジーニョがチェルシーを変えた
       本命マンチェスターC、対抗リバプールの前評判に偽りはなかった。だが、ふたを開けてみれば、もう一頭の対抗馬が割って入ってきた。リバプールと同じく開幕4連勝を飾ったチェルシーだ。この夏、ナポリからマウリツィオ・サッリ監督を引き抜いたブルーズ(チェルシーの愛称)は、これまでとは様変わりしたパフォーマンスを披露。プレミアリーグで話題をさらっている。
       チェルシーがプレミアリーグで開幕4連勝を飾ったシーズンは以前に5度あり、うち4回は優勝している。2004-05と05-06、14-15はジョゼ・モウリーニョ、09-10はカルロ・アンチェロッティが指揮官だった。これにアントニオ・コンテが率いた16-17を含めた5回が過去の優勝歴だが、こうして見るとチェルシーの成功は基本的にポゼッションにはこだわらず効率性を追求した「堅守速攻」と同義だったことがわかる。唯一の例外がアンチェロッティ時代だったが、アーセナルに次ぐボール支配率を記録してシーズン103得点を積み重ねたが、2季目で無冠に終わり、長続きはしなかった。
       サッリ体制の新チームは、大きな枠組みで言えばアンチェロッティ時代に近い。オン・ザ・ボールで試合を掌握するポゼッション型だ。わかりやすい数字を出せば、今季開幕4試合の平均ボール支配率は「64.7%」でペップ・シティ(65.7%)に肉薄する2位、パス本数は1試合平均「749本」、通算「2996本」でリーグ最多だ(リーグ公式より)。これに対し、コンテが率いた昨季は「54.4%」、「560本」でいずれもリーグ5位だった。コンテ時代の50%台前半のボール支配率とリーグ5~6位のパス本数は、チェルシーにとってアンチェロッティ後の平均と言える数値。今季になってスタイルが大きく変化したのは明白だ。
       アンチェロッティのチームはクリスマスツリー型の4-3-2-1だったが、頼れる司令塔、つまりアンドレア・ピルロ役の不在が痛恨だった。その教訓を生かし、今回は監督とセットで愛弟子であるMFジョルジーニョを連れてきた。このブラジル生まれのイタリア代表MFが、スタンフォード・ブリッジで素晴らしいスタートを切っている。4節終了時点でパス本数「417本」はリーグ最多。パス成功率も「91.6%」とすこぶる高い。第3節ニューカッスル戦では1人で158本のパスを成功させ、これがニューカッスル全体のパス成功数(131本)よりも高かったことが大きな話題となった。
       中盤の底で巧みにボールを受け、パスワークに緩急をつけるジョルジーニョを中心に、チェルシーはユニークなスタイルを手に入れた。前線にボールを当て、ジョルジーニョに落とし、彼が裏に送るという“縦のジグザグ”が新チームの白眉。たとえば第4節ボーンマス戦の72分に決まった決勝点は、まさにペドロから落としを受けたジョルジーニョがスイッチになった場面だった。彼の縦パスが左SBマルコス・アロンソを経由して再びペドロに渡ると、最後はオリヴィエ・ジルーとのパス交換からフィニッシュ。我慢強くスコアレスを維持していたボーンマスがほんの一瞬だけ隙を見せて生まれた中盤のスペースを、見事に突いて崩した1点だった。
      【続きを読む】

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180903/pre18090312250005-n1.html

      日本代表復帰!ザルツブルク南野、合流前にリーグ戦初ゴールだ!

      日本代表への復帰を果たしたレッドブル・ザルツブルクの南野拓実。合流前最後の試合でゴールを決めてみせた。
      Unsere Startaufstellung für die heutige Partie gegen @FCAdmiraWacker // Our starting XI to face Admira #RBSADM pic.twitter.com/qWSYGlbYOk
      — FC Red Bull Salzburg (@RedBullSalzburg) 2018年9月2日リーグ第6節のアドミラ戦に先発すると前半44分に先制点を奪取。ボックス際でボールを受けると、ファーへのシュートを突き刺した。
      南野にとってこれが嬉しい今季リーグ戦初ゴール。その後90分間プレーを続け、チームも3-1で勝利している。
      90+5' Abpfiff! // Full-Time!#RBSADM 3-1 pic.twitter.com/nNRHR9rrU4
      — FC Red Bull Salzburg (@RedBullSalzburg) 2018年9月2日『sn.at』では「この日本人はマーコ・ローゼ監督のもとではジョーカーとしての役割が多いが、すでにリーグ戦通算32ゴールを決めている」などと評価していた。
      ただ、南野はリーグ戦ではここ4試合連続で先発フル出場している。

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/09/03/minamino-goal-vs-admira-iks-1

      戦慄…レアルが50億円で獲得の18歳至宝、相手選手に頭を噛まれる!

      レアル・マドリーが50億円を超える移籍金で獲得したブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール。
      18歳の至宝はプレシーズンでも印象的なパフォーマンスを披露し、今後のブレイクが期待されている。
      トップチーム登録とはならなかったが、3部リーグのレアル・マドリー・カスティージャではさすがのプレーを見せつけた。
      アトレティコ・マドリーBとのミニダービーでゴラッソを含めて2ゴールを叩き出したのだ。
      👌🎯 ¡El DOBLETE de @vini11Oficial en el derbi de filiales! ⚽⚽ #LaFabrica | #HalaMadrid pic.twitter.com/YwWRbXjqxo
      — Cantera Real Madrid (@lafabricacrm) 2018年9月2日だが、それ以上に話題になったのがこれ…。
      El mordisco que indignó a Vinícius y acabó en tangana: ¡le dan un bocado en la cabeza! Ay, ay, ay... ▶️ https://t.co/SDeojLk0G9 pic.twitter.com/DtN74Zu0dt
      — MARCA (@marca) 2018年9月2日アトレティコのキャプテンであるDFタチともつれ合って倒れ込んだ場面。なんとタチはヴィニシウスの頭に噛み付こうとしていたのだ!
      ヴィニシウスは恐怖に顔をゆがめると頭を抱え込んでしまった。この仰天の行為を発端に両チームのいざこざに発展…。だが、目の前で見ていたはずの主審は両者にイエローカードを提示するにとどまった。
      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/09/03/real-madrid-vinicius-jr-v-atletico-madrid-2-iks-1
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ