サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「恥ずべき結果」C・ロナがUEFA欧州最優秀選手賞を逃し代理人が非難

       ユベントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドの代理人は、同選手がUEFA(欧州サッカー連盟)欧州最優秀選手賞を受賞できなかったことへ苦言を呈した。
       2016年から2年連続でUEFA欧州最優秀選手賞を手にしたC・ロナウド。昨シーズン、Rマドリードの一員として史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に大きく貢献した同選手は、ルカ・モドリッチ、モハメド・サラーとともに最終候補の3名に選出された。
       しかし、監督やジャーナリストによる投票により、モドリッチが2018年のUEFA欧州最優秀選手賞に輝く。C・ロナウドとともにRマドリードのCL3連覇に貢献し、ワールドカップでは決勝に進出したクロアチア代表としても躍動した同選手が初めて受賞し、ユベントスFWは2位に甘んじた。
       この結果を受け、黙っていられないのは代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏。スタッツで他の選手を凌駕するC・ロナウドが欧州最高の選手であることに議論の余地はないとポルトガル『レコード』で不満を漏らした。
       「ロナウドは15ゴールを挙げて、Rマドリードに3年連続でチャンピオンズリーグのトロフィーをもたらした。この決断は馬鹿げているし、恥を知るべきだ。疑うまでもなく、勝者はこのポジションで最高のプレーを見せたロナウドだ」
       また、ユベントスのディレクターを務めるジュゼッペ・マロッタ氏も代理人の発言に同調した。同氏は『スカイスポーツ』で「この結果をリスペクトする。しかし、この賞はワールドカップではなく、チャンピオンズリーグの結果を考慮して与えられるものだ。だから、素晴らしいゴールや感動を与えたロナウドが受賞するものだと信じていた」と言及。
       「ジャーナリストやコーチの決定に何も言うつもりはないが、フットボールファンとして、私ならクリスティアーノ・ロナウドに票を投じる」(Goal.com)

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180831/sci18083111370006-n1.html

      名古屋の強みはジョーだけではない 7連勝達成へ総力結集で臨む磐田戦

       明治安田生命J1リーグ第25節が8月31日から9月2日にかけて開催。6連勝中の名古屋グランパスは1日にアウェイでジュビロ磐田と対戦する。
       ■名古屋の強みはジョーだけではない
       名古屋は前節、ホームで浦和レッズに4-1と大勝。W杯中断明けの再開初戦で敗れた借りをきっちり返した。その浦和戦ではエースのジョーが累積警告の出場停止から復帰。1-1で迎えた44分に逆転ゴールを奪うと、後半にも2ゴールを加点。今季2度目のハットトリックを達成し、チームの6連勝と8月全勝に大きく貢献した。これでジョーは連勝した6試合で10ゴールと大爆発。ゴール総数も16に伸ばし、得点ランキングでもトップのパトリックに1点差に詰め寄っている。
       しかし、今の名古屋はジョーだけではない。浦和戦で途中出場ながら高精度のキックで後半のジョーの2ゴールをアシストした若武者・相馬勇紀や、黒子に徹する小林裕紀の献身性、ピカイチの反応を見せる守護神・ランゲラックの好守も光る。それぞれがそれぞれの特徴をいかんなく発揮。毎度危険な位置に顔を出し続けるナンバー10のガブリエル・シャビエルも流石としか言いようがない。
       この巻き返しは、夏の補強で新戦力5人を迎えてパワーアップしたことが最大の要因に挙げられるが、指揮2年目となる風間八宏監督の下、シーズン開幕から在籍する既存戦力の成長も著しい。「交代で出た選手もみんながチームのなかに、強みとして入ってくれている」と指揮官が語るように、今の名古屋はスタメンだけでなく、ベンチメンバーも違いを生み出せる選手が揃っている。
       ■対磐田戦は12試合連続無敗中
       名古屋は磐田戦で現在12試合連続無敗を貫いている(9勝3分)。同カードで磐田に敗れたのは2009年5月の対戦が最後(1-2)。さらにアウェイでは現在5連勝中だ。前回対戦は第2節。序盤に決めたシャビエルの1点を守りきった名古屋が開幕2連勝を達成している。
       名古屋は磐田戦に勝利すれば7連勝となるが、これは2011年7月~8月以来で延長制度が廃止されて以降ではクラブベストの記録に。一方の磐田は現在2戦無敗中。前々節は柏レイソルに2-1で勝利し、前節は鹿島アントラーズと1-1で引き分けている。その2試合で新加入の大久保嘉人がゴールを記録。
       シーズン前半は川崎フロンターレに在籍していたベテランストライカーは、名古屋と対戦した第4節で決勝ゴールを挙げており、名古屋にとって厄介なストライカーをどう封じ込めるかが勝敗を分かつファクターとなりそう。最終ラインを統率する丸山祐市と、今節出場停止明けの中谷進之介との対決にも注目が集まる。
       名古屋はW杯による中断前の15試合で勝ち点9の最下位だったが、中断明けは川崎Fと並んでリーグトップタイの勝ち点19を獲得(6勝1分1敗)。この勢いが続けば早い段階で残留を手にできるはず。今はがむしゃらに、ただひたむきに勝ち点を取り続けていくしかない。降格圏との差は7ポイントと、まだ安全圏とは言えない。連勝街道をどこまで築けるか。ヤマハスタジアム(磐田)で迎える磐田戦は、新たなステージへつながる重要な戦いとなる。(Goal.com)

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180831/jle18083111580003-n1.html

      トーレス、まさに師匠の貫禄…DAZN新CMで抜群の決定力

      30日、UEFAチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選会と開幕に向け、DAZNが新たなCMをリリースした。
      お笑い芸人のロバートがチャンピオンズリーグ・アンセムをアレンジ。さらに多くの選手が出演した映像がこちら。

      まじで観たい〜まじで観たい〜🎵
      はよ観たい〜の〜🎵


      名勝負を彩った #UEFAチャンピオンズリーグ アンセムを、#ロバート が熱唱!?

      📅9/18(火)
      ⚽#UCLグループステージ 開幕!
      #UCLの新しい本拠地#時代を変えろ#吉田麻也#槙野智章#中村憲剛#三浦知良#内田篤人#フェルナンド・トーレス pic.twitter.com/Ym3Gwqaskn
      — DAZN ダゾーン (@DAZN_JPN) 2018年8月30日そしてCMクライマックスに出演しているのがあのフェルナンド・トーレス!しかも、なんとも天外魔境感(平成生まれにわかるのか)ある風貌で…。
      Antes o después me tenía que vestir de Samurái. Lo hice con mis amigos de Dazn. Sigo adaptándome a la cultura japonesa / Sooner or later I had to dress up like a Samurai. I’ve done it with my friends of Dazn. Keep on adapting to Japanese culture @DAZN_JPN @saganofficial17 #DAZN pic.twitter.com/D0ObhRxFSX
      — Fernando Torres (@Torres) 2018年8月30日さすがにこの存在感には吉田麻也もびっくり。
      🤣🤣🤣🤣
      全部トーレス先輩にもってかれてると言っても過言ではない。 https://t.co/tV70mB0cTf
      — MAYA YOSHIDA (@MayaYoshida3) 2018年8月30日チャンピオンズリーグのグループリーグは9月18日に開幕する予定だ。

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/08/31/dazn-champions-league-new-cm-kgn-1
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ