サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      森保ジャパン初陣はここを見よ! ロシアW杯“不遇”のリオ五輪世代が新たな中心となるには?

      アピールできなければ東京五輪世代がベースに? 森保監督は30日、9月に行われる2試合に向けメンバーを発表した【写真:Getty Images】  日本代表の森保一監督はA代表での初陣となる9月7日のチリ戦、11日のコスタリカ戦に向けた23人
      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/08/31/post287586/

      香川、ドルトムントで3試合連続のベンチ外へ…移籍市場閉鎖まで残りわずか

       ドルトムントのMF香川真司は、ブンデスリーガ第2節ハノーバー戦もメンバー外となりそうだ。ドイツ『ルール・ナハリヒテン』が報じた。
       同メディアは、バルセロナから加入したパコ・アルカセルがハノーバー戦でデビューする可能性が低いこと、そしてクリスチャン・プリシッチもメンバー入りしないことを報道。さらに、以前からルシアン・ファーヴル監督の下で構想外とされる香川、ヌリ・シャヒンもメンバーに入ることは考慮されていないと伝えている。
       一方で、プリシッチの代わりにジェイドン・サンチョがスタメン入り、セカンドチームで実戦経験を積んだユリアン・ヴァイグルが復帰することが濃厚であると明らかになっている。
       香川はブンデスリーガ開幕前に行われたDFBポカール1回戦でベンチ外となると、開幕戦のRBライプツィヒ戦ではベンチ入りが予想されながら、またもメンバー外。ファーヴル監督の構想から外れていることが伝えられ、スペインのセビリア行きを希望しているとも報じられている。31日に移籍市場が閉まることとなるが、それまでに新天地へ旅立つことになるのだろうか。(Goal.com)

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180831/bun18083108020002-n1.html

      日本代表初招集のDF冨安「先輩たちを超えていかないと試合には出られない」

       シント=トロイデンに所属するDF冨安健洋が日本代表に初招集され、喜びを語っている。
       日本代表は30日、森保一新監督になって初めてメンバーを発表。9月7日に札幌ドームでFIFAランク12位のチリ代表、同11日にコスタリカ代表と対戦する。初キャップを記録することが期待される冨安は「率直に言ってとても嬉しく感じましたし、気が引き締まる思いです」と話し、このように続けている。
       「先輩たちを超えていかないと試合には出られないと思っていますし、練習から積極的にアピールしていきたいと思っています。2試合ありますが、絶対に試合に出られる保証はないですし、練習でアピールできなければ次もありません。U-21日本代表もアジア大会で決勝まで行っていますし、同じ世代の選手にも負けないよう、自分の価値を証明できるように高いモチベーション持って活動できればと思っています」
       また、ロシア・ワールドカップでは招集されながら、本大会では出番の訪れなかった遠藤航もメンバー入り。改めて意気込みを口にしている。
       「日本代表に選出いただき、とても嬉しく思っています。日本を離れ海外でプレーし始めたばかりですが、チームにも徐々に慣れてきたと感じています。ベルギーでの経験を活かして、日本代表に貢献したいと思います。その前に、今週末はホームでのオーステンデ戦となります。まずはシント=トロイデンVVでの今シーズン初勝利を目指して全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします」(Goal.com)
      代表メンバーへ試合日程へ

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180831/jpn18083109220008-n1.html
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ