サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      原口元気の「強みが最も生かされる場所」 新天地での“トップ下起用”を恩師が提言

       ハノーファーからウニオン・ベルリンへの移籍が決まった日本代表MF原口元気について、同選手が来季どのポジションで起用されるのかに注目が集まっている。そうしたなか、昨季までハノーファーで同選手を指導していたケナン・コジャック氏は、トップ下こそが原口にとって最適のポジションであると、ドイツ紙「ビルト」に語っている。
       日本代表でもサイドハーフとしてプレーすることの多い原口だが、センターフォワードの一列後ろのポジションである「トップ下」が主戦場となっていて、今季も主にこの位置でブンデスリーガ2部全34試合に先発出場し、9ゴール7アシストをマーク。チームは1部昇格を逃したものの、エースナンバーである背番号10を背負う選手として期待通りの活躍を見せチームの攻撃を牽引した。
       2019年11月にハノーファーの監督に就任し、原口をサイドハーフからトップ下にコンバートしたコジャック氏は、原口をサイドよりもセンターに配するべきとの持論を今も変えていないようだ。同氏はドイツ紙「ビルト」の取材で、新天地での原口のポジションについて問われると、「ピッチ中央のエリアこそ個のクオリティーや勝利へのこだわりといった彼の強みが最も生かされる場所だ。ゲンキはテクニックと洞察力によって、たとえ80分間は試合に参加していなくても、たった1回のアクションでチームを窮地から救い出すことのできる存在だ」と、ウニオンでも引き続きトップ下として起用されるべきとの考えを述べた。
       一方、昨季は主に3-4-1-2システムを採用していたウニオンでは、FWペタル・ムサとチームの絶対的支柱である元ドイツ代表MFマックス・クルーゼの後ろに、MFマルクス・イングバルトゼンが配置されていた。そのため原口がトップ下でプレーするのであれば、デンマークの年代別代表への選出歴もあって昨季ブンデスリーガ28試合出場5ゴールのイングバルトゼンからポジションを奪わなければならないが、コジャック氏は「ゲンキはもはや若手ではなく経験豊かな選手だ。ブンデスリーガについても詳しいし、日本代表でもプレーしている。彼に助走期間は必要ないよ」と語り、原口には即戦力としてチームに貢献できる実力が備わっていると強調した。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/325730

      鎌田大地、市場価値“33億円”で日本人1位 去就は「売却前提の可能性」と独紙指摘

       サッカー選手の市場価値を独自に算出しているドイツの移籍情報サイト「Transfermarkt」が9日、ブンデスリーガに所属する選手423人の最新の市場価値を公開した。日本人選手では、フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が前回更新から900万ユーロ(約12億円)増の2500万ユーロ(約33億円)となり、これまで2000万ユーロ(約26億5000万円)で首位だったボローニャDF冨安健洋を抜いて日本人トップとなった。
       レンタル先のシント=トロイデン(ベルギー)から戻って2シーズン目となる今季の鎌田は、リーグ戦32試合に出場し、アシスト数ではFWトーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)、MFフィリップ・コスティッチ(フランクフルト)に次いでリーグ3位となる12アシストを記録。5位でシーズンを終えたフランクフルトの攻撃を牽引する活躍を見せたことが、今回の市場価値の増加につながったようだ。
       一方、今季の活躍によってトッテナムやセビージャが鎌田の獲得に関心を持っているとの報道が、ドイツを中心とした海外メディアで報じられるようにもなっていることから、鎌田の今夏の去就はフランクフルトを巡る話題の一つとなっている。そうしたなか、フランクフルトの地元紙「Usinger Anzeiger」は、「ダイチ・カマダは本当にフランクフルトから出て行くつもりなのか?」と題した記事を掲載している。
       同紙は記事内で、「ポルトガル人ストライカーのFWアンドレ・シウバ、セルビア出身のアシスト王MFフィリップ・コスティッチは、他のクラブが関心を持つフランクフルトの主力として最初に名前が出てくる選手たちだ。しかし、ダイチ・カマダに関する評価は、彼らとは全く異なる。シウバやコスティッチはクラブが守ったり引き止めたりしようとする存在であり、2人はスポーツディレクターからチームの核心部分として評価されるだろう。その一方で鎌田の場合は多くのことが売却を前提として進む可能性がある。彼がいなくなることによるサポーターの痛みはそれほど大きくはなく、多額の移籍金によって十分に釣り合いの取れる程度の痛みとなるだろう」と条件次第でフランクフルトも鎌田の移籍を容認する可能性があると指摘している。
       そして鎌田がシウバやコスティッチほどの評価を得られていない理由として、以前から言われている鎌田の好不調の波を挙げている。また、同紙は「フランクフルトと鎌田との契約には、契約解除が可能になる金額が設定されていない」と、同選手を巡る契約の詳細についても触れている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/325752

      “本命”コンテ招聘断念のトッテナム、ローマ前監督と3年契約へ 伊メディア報道

       新監督選びが難航していたトッテナムが、前ローマ指揮官のパウロ・フォンセカ氏と交渉中であることが分かった。「スカイ・イタリア」によれば3年契約を結ぶと見込まれている。
       今季途中にジョゼ・モウリーニョ元監督を解任したトッテナム。シーズン終盤には29歳のライアン・メイソン氏が暫定監督として指揮を執った。来季に向けて新監督の選定を行っているが、第1候補だった前インテルのアントニオ・コンテ氏とは条件面で合意できずに破談となっていた。
       2019年11月までチームを率いていたマウリシオ・ポチェッティーノ監督(現パリ・サンジェルマン)も候補に挙がるなど新監督選びが難航していたなかで、新たに浮上したのが前ローマ監督のフォンセカ氏だ。「スカイ」によれば、正式合意はまだだが3年契約を結ぶことで交渉が進んでいるという。フォンセカ氏は19年から2シーズンにわたってローマを率い、19-20シーズンはセリエAで5位、昨季は7位だった。
       トッテナムは今夏、元ユベントスの強化担当者だったファビオ・パラティッチ氏を招聘。同氏がフォンセカ氏を高く評価しているようだ。プレミアリーグの“トップ6”から陥落したスパーズは、48歳のポルトガル人指揮官に再建を託すことになりそうだ。
      【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/325623
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ