サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      魔法のような一撃!? ポルトガル人FWのジャンピングヒール弾に反響「ファンタジー」

       サウジアラビアリーグで生まれたゴラッソが、プスカシュ賞(年間最優秀ゴール)有力だと注目を集めている。海外メディアも「ファンタジーでユニーク」「魔法のようだった」と報じている。
       1月19日に行われたサウジアラビア1部リーグ第14節のアル・シャバブ対アル・ファイサリー戦で話題の一撃が決まった。
       ホームで先制を許したアル・シャバブは前半34分に反撃する。センターサークル付近でボールを奪ったポルトガル人FWファビオ・マルティンスがドリブルで運び、左サイドのサウジアラビア代表FWアブドッラー・アルハムダンへスルーパス。ダイレクトの折り返しを、ゴール前に走り込んだマルティンスが小さく飛びながら右足のバックヒールでジャストミートし、豪快に同点ゴールを突き刺した。
       英サッカー情報サイト「The 18」は、「このファンタジーでユニークなゴールはたしかにプスカシュ賞に値する」と見出しを打ち、「サウジアラビアリーグで信じられないようなゴールが生まれた。非常に壮観で、正直プスカシュ賞に値する。このゴールがそれにふさわしいか、憶測や予測は必要ない」と報じた。また、オーストラリアメディア「news.com.au」も「アクロバティックなゴールは魔法のようだった」と称賛している。
       ポルトのユースから、ブラガなどポルトガル国内のクラブを渡り歩き、今季からサウジアラビアへ活躍の場を移したマルティンス。このゴールで一躍、世界にその名を轟かせる形となった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/304907

      “銀河系軍団”レアル、コロナ禍の財政危機で夏の大型補強は非現実的とスペイン紙指摘

       レアル・マドリードはジネディーヌ・ジダン体制の限界が指摘され、ピッチ内外での問題に苦しんでいる。新型コロナウイルスの影響による財政難から、噂に挙がるスター選手獲得の実現は非現実的な状況だと、スペイン紙「マルカ」が報じた。
       スペイン・スーパーカップ、国王杯(コパ・デル・レイ)で立て続けに敗退したレアルだが、特に3部アルコヤーノ相手に1-2で敗れた国王杯での結果は現地メディアからも酷評され、ジダン監督の解任論が過熱している。
       そのほかにも、キャプテンのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの契約延長の交渉難航や、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールの移籍志願、移籍金6000万ユーロ(約76億円)を支払って獲得したセルビア代表FWルカ・ヨビッチのフランクフルト出戻り移籍など、ピッチ内外でネガティブな話題が続いている。
       さらに「マルカ」紙によれば、新型コロナウイルス禍での「財政危機」により、2021年夏の大型補強の可能性も限りなく低い状況だと指摘する。
      「ほかの多くのクラブと同様、レアル・マドリードもパンデミック以降のコロナ危機の衝撃になんとか乗り越えようとしてきた。しかしながら、(本拠地のサンティアゴ・)ベルナベウはまだ改修工事中で、観客収入も限られたままで、移籍に使うお金はほとんどない。ダビド・アラバの来季加入は決まっているが、次の夏にキリアン・ムバッペやアーリング・ブラウト・ハーランドのような人気選手と契約できる可能性は低いだろう」
       ムバッペやハーランドといった注目株をトップターゲットに定めているという報道がある一方で、厳しい財政状況を見るにスター選手の補強は現実的な話ではなくなっているようだ。
      【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/304856

      【誕生日】中田英寿44歳は未だ“唯一無二” 99年韓国戦の圧勝、01年フランス戦の大敗を再検証する

       1977年1月22日は、日本サッカー界にとって特別な一日と言っていい。日本代表がアジアで苦戦を強いられ、Jリーグ開幕など想像もつかなかったその日は、のちに日本サッカーのプレゼンスを高めていくプレーヤーの誕生日だからである。
       中田英寿だ。
       彼のキャリアを振り返れば、それこそ超大作が出来上がる。触れるべき大会や試合、あるいはトピックスは数多いが、「対アジア」と「対世界」の観点から2つの試合を取り上げたい。
      黄金世代のU-22代表として googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/846746
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ