サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      元韓国代表MF、日本で再出発も…コロナ禍で“自宅待機” 母国注目「今は最悪の状況に…」

       JリーグのFC東京でプロキャリアをスタートさせた元韓国代表MFオ・ジャンウン氏が、下部組織コーチとして3月6日に来日したものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、自宅で待機している状況を韓国メディアに語っている。総合ニュースサイト「news1」が伝えた。
       オ・ジャンウン氏は昨年、Kリーグの大田シチズンを最後に現役を引退。その後は指導者になるため、海外で研修を積むなど活動の幅を広げていた。
       彼はプロデビューしたFC東京で、指導者として第2の人生をスタートさせると決心。同メディアは「(オ・ジャンウン氏は)FC東京のジュニアスクールのコーチとなって、下の段階から指導方法を学ぶ計画を立てていた。その後、3月6日に日本へ渡った。しかし思いもよらぬ新型コロナウイルスの感染拡大に出端を挫かれた」と報じている。
       オ・ジャンウン氏は「現在、Jリーグは中断されたままだ。選手や指導者、すべてのクラブ関係者が在宅勤務中です。私は自宅でトレーニングをしながら、待機しています」と近況を伝えている。
       さらに東京のリアルな状況についても、こう語っている。
      「今は最悪の状況になりつつあるようです。韓国の大邱・慶尚北道地域にコロナが拡散した時の雰囲気です。日本人の方々も深刻に受け止めているようです。連日、政府関係者がテレビで深刻な状況を伝えることで、みんなが慎重になり始めている」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/255378

      豪快な転倒でお尻強打! なでしこ岩渕真奈、「すってんころりん」決定的映像に反響

       なでしこジャパン(日本女子代表)のFW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)が自身の公式インスタグラムを更新し、「すってんころりん」の映像をアップした。女子金メダリストが「爆笑」と反応すれば、ファンからも「ケツ痛そー」と反響を呼んでいる。
       新型コロナウイルスの影響を受けて、なでしこリーグは開幕が延期され、4月末まですべての公式戦が見送られている。またINACは4日、感染拡大を防止するために「トップチームの活動を本日午後より4/13(月)まで休止することを決定しました」と発表した。
       兵庫県神戸市をホームタウンとするJ1ヴィッセル神戸では、元日本代表DF酒井高徳ら数人が新型コロナウイルスに感染。同じホームタウンのINACも拡大防止を強化した形で、「選手、監督・コーチなどチームスタッフ、アカデミースタッフ、フロントスタッフそしてその家族を含むすべて関係者の健康を守るために、今回の決断となりました」と説明している。
       その発表と同日、岩渕が公式インスタグラムを更新。「バランスボールの上に立とうと思ったら…すってんころりん」と記し、トレーニング中のワンシーンを公開している。動画では、バランスボールに乗ろうとした岩渕が途中でバランスを崩してあえなく転倒。お尻から豪快に倒れ込み、その場は笑いに包まれている。
      「なかなか難しい世の中ですが少しでも笑顔で過ごしましょう笑」と思いを込めた岩渕は、ハッシュタグで「#笑顔が1番 #みんなでみんなを守りましょう #stayathome」と呼びかけた。
       この投稿にチームメートのMF中島依美が泣き笑いの絵文字で反応。また、2016年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した女子レスリング選手の登坂絵莉も「爆笑 私できる」とメッセージを送っている。さらに大勢のファンからコメントが届き、「楽しい動画ありがとう」「ナイスファイト!」「ケツ痛そー」「マジでうけるやつ」など反響を呼んでいるようだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/255384

      ブンデスリーガに日本人鍼灸師が!?黒川孝一が考えるサッカー選手のケア。

       チームが好成績を残せば、メディアで取り上げられるのは選手や監督に集中する。表に立って戦う彼らの活躍こそが評価の対象になるのは当然だろう。
       しかし、いい選手が集まればいい試合ができて、いい結果を挙げられるとは限らない。チームを前へ押し出すファンの声援が持つ力は絶大だし、方向性を束ね、選手を統率する指導者がいなければ個々の力は放散されていくだけだ。
       指導サイドも、監督が1人ですべてを行える時代ではない。テクノロジーの発達は映像分析力を格段にアップさせ、日進月歩で洗練されていく戦術においては試合の間に柔軟に対処できる準備が求められている。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1568261389535-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/843062
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ