サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ドルトムントで苦境のゲッツェに盟友が移籍の勧め 「リバプールならフィットするかも」

       ドルトムントで今季なかなか出場機会をつかめず。苦戦しているドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに、クラブOBの元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツ(ユルディンゲン)が移籍を勧めている。ドイツメディア「sport.de」が報じた。
       ゲッツェは今季公式戦初戦となったDFBポカールのグロイター・フュルト戦(2-1)では先発したが、ブンデスリーガでは開幕から3試合連続でメンバー入りするものの、出場機会がなかった。現地時間18日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のクラブ・ブルージュ戦(1-0)では、4-2-3-1システムのトップ下としてに先発するも、ほとんど見せ場を作ることができず、後半17分に日本代表MF香川真司と交代。続く22日、リーグ第4節のホッフェンハイム戦(1-1)ではついにメンバー外となってしまった。
       苦境に立たされているゲッツェについて、かつてともに中盤でプレーしたグロスクロイツは「もしかしたら、今冬に国外に出て、もっと落ち着いてキャリアを立て直せるようにした方が、彼にとってはいいかもしれない」と、ドイツ衛星放送「スカイ・スポーツ」に対してコメント。「(ユルゲン・)クロップは彼をよく知っている。リバプールならフィットするかもしれない」と、恩師が指揮するリバプール行きを勧めた。
       グロスクロイツは2009年から13年までクロップ元監督の下、ゲッツェとともにドルトムントでプレー。10-11シーズンにリーグ優勝を果たすと、翌年にはリーグとDFBポカールの二冠を経験している。現在は3部のクラブに所属する同選手だが、かつて共闘した仲間のことが気にかかる様子で、「今のマリオはとても気の毒だと思う。毎日のように自分について書き立てられているんだから。それも自分のことばかり。ブルージュ戦だって、チーム全体の出来が良かったわけではないのに」とゲッツェをかばい、盟友に対する現在の報道は行き過ぎているとの見解を示していた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/137304

      なぜ神戸は浦和に4失点と大敗したのか? 悪循環を生んだ“イニエスタ不在”と選手起用

       ヴィッセル神戸は23日のJ1 第27節、浦和レッズとのアウェー戦で0-4と大敗。前節終了後の監督交代による“ショック療法”も、即効性はなく4連敗を喫した。この日に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが欠場し、悪循環をピッチに生み出してしまった。
       神戸は新監督にフアン・マヌエル・リージョ氏を任命しているが、「就労環境が整うまでは、暫定体制で指揮」というクラブからの発表があったとおり、林健太郎暫定監督が指揮を執った。イニエスタは前節のガンバ大阪戦で負傷し、「今日まで様子を見て、無理する必要はないと。いないなかでの準備はしてきた」と、林監督が話した状況での欠場となった。
       3バックの浦和に対して、神戸も3バックをぶつけた。その狙いを林監督は「三田はサイドが不慣れだが、高橋と二人が重要という位置づけで送り出した。目指すものはボールを持つサッカーで、どうすれば浦和を相手にそうできるか。中盤で優位を取りたかった。右の高橋が縦に行くタイプなので、左の三田で落ち着かせたかった」と話した。
       しかし、そうしたサイドの狙い以上にイニエスタの不在が中央で響いた。その穴を埋めるかのように元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキをインサイドハーフで起用したが、最終ラインからのビルドアップに効果性がなく、仕方がないとばかりにポドルスキが最終ラインの手前まで下がって組み立てに力を割くばかりだった。時に「こうやってボールを動かすんだ」とレクチャーするかのように後方でのパス交換に入り、前線の迫力を著しく低下させた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/137303

      なぜ神戸は浦和に4失点と大敗したのか? 悪循環を生んだ“イニエスタ不在”と選手起用

       ヴィッセル神戸は23日のJ1 第27節、浦和レッズとのアウェー戦で0-4と大敗。前節終了後の監督交代による“ショック療法”も、即効性はなく4連敗を喫した。この日に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが欠場し、悪循環をピッチに生み出してしまった。
       神戸は新監督にフアン・マヌエル・リージョ氏を任命しているが、「就労環境が整うまでは、暫定体制で指揮」というクラブからの発表があったとおり、林健太郎暫定監督が指揮を執った。イニエスタは前節のガンバ大阪戦で負傷し、「今日まで様子を見て、無理する必要はないと。いないなかでの準備はしてきた」と、林監督が話した状況での欠場となった。
       3バックの浦和に対して、神戸も3バックをぶつけた。その狙いを林監督は「三田はサイドが不慣れだが、高橋と二人が重要という位置づけで送り出した。目指すものはボールを持つサッカーで、どうすれば浦和を相手にそうできるか。中盤で優位を取りたかった。右の高橋が縦に行くタイプなので、左の三田で落ち着かせたかった」と話した。
       しかし、そうしたサイドの狙い以上にイニエスタの不在が中央で響いた。その穴を埋めるかのように元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキをインサイドハーフで起用したが、最終ラインからのビルドアップに効果性がなく、仕方がないとばかりにポドルスキが最終ラインの手前まで下がって組み立てに力を割くばかりだった。時に「こうやってボールを動かすんだ」とレクチャーするかのように後方でのパス交換に入り、前線の迫力を著しく低下させた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/137303
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ