サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      市立船橋と流経大柏がプレミアリーグEASTで激突!今季2度目のライバル対決を制したのは?

       市立船橋と流経大柏。言わずと知れた千葉を代表する高体連の名門校だ。
       
       ともに全国制覇を成し遂げた経験がある。市立船橋は夏のインターハイ9回、冬の選手権5回、流経大柏は同1回、同2回、U-18高円宮杯1回。この2チームは長きに渡り、しのぎを削ってきた。
       
       9月に入り、選手権の地区予選はもう目前。今年の県決勝は11月18日に予定されている。つまり、雌雄を決するまでに残された時間はあと約2か月半しかない。
       
       しかし、今季の両雄は今までとは異なる状況で予選に挑む。なぜならば、夏のインターハイで結果を残せなかったからだ。
       
       ここ数年、両者は夏の檜舞台で主役の座を争ってきた。2013年と16年は決勝で対戦(いずれも市立船橋が勝利)。昨年のインターハイも流経大柏が優勝、市立船橋はベスト4に進出した。だが、今夏は市立船橋が初戦となった2回戦で敗退。流経大柏に至っては地区予選準決勝で古豪・習志野に敗れ、全国行きすら叶わなかった。
       
       そうした状況で9月2日、選手権地区予選の前哨戦とも言える一戦が船橋市の法典公園球技場で行なわれた。U-18高円宮杯プレミアリーグEAST11節・市立船橋対流経大柏だ。
       
       今季2度目となるライバル対決は序盤からヒートアップ。そこかしこで激しい攻防が繰り広げられ、球際では闘志溢れるせめぎ合いが見られた。
       
       互角の展開で進んだ一戦はスコアレスで前半を終了。迎えた後半もなかなか均衡が崩れない。市立船橋はU-18日本代表の岸本駿朔(3年)、流経大柏は鹿島アントラーズ入団内定の関川郁万(3年)を軸に手堅いディフェンスを見せ、互いにゴールを許さなかった。
       
       しかし、後半の中盤を過ぎたあたりから、流経大柏がペースを掴む。関川らがロングボールを放り込むと、味方がこぼれ球を拾えるようになったのだ。

       そこからサイドに広げ、最前線から左サイドハーフにポジションを移した熊澤和希(3年)などが決定機に絡んでいった。 var opta_settings = {subscription_id: '592385250db862bc8590842699a4336e',language: 'ja_JP',timezone: 'Asia/Tokyo'}; 次ページ流経大柏の本田裕一郎監督が明かす勝因は?
      1 2 次へ > 最後へ >> googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_300x250_kiji1_16587', [300, 250], 'div-gpt-ad-1488957148766-0'); }); googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_300x250_kiji2_16587', [300, 250], 'div-gpt-ad-1488957179043-0'); }); 関連ワード 全国高校選手権 高円宮杯U-18サッカー 【関連記事】 【総体】編集部が厳選!今夏のインターハイを彩ったベストイレブン! ロシアへ飛び立つ西村拓真の知られざる高校時代。今夏インターハイ得点王の後輩が見た練習場での風景 編集部が厳選! 夏のインターハイを熱くするネクストヒーローズ~DF・GK編 編集部が厳選! インターハイを熱くするネクストヒーローズ~MF編 編集部が厳選! インターハイを熱くするネクストヒーローズ~FW編 鹿島内定の超高校級CB関川郁万が選手権で主役...
      2018年09月02日
       関川郁万(3年)は夏のインターハイで主役を... 続きを読む
      戦列復帰を果たした中村俊輔とついに共演。衝撃...
      2018年09月02日
      [J1リーグ25節]磐田1-6名古屋/9月1... 続きを読む
      【J1採点&寸評】磐田1-6名古屋|中村俊輔...
      2018年09月02日
      [J1リーグ25節]磐田 1-6 名古屋/9月1... 続きを読む
      6戦12発、名古屋のジョーが止まらない!自身...
      2018年09月01日
      [J1リーグ25節]磐田1-6名古屋/9月1... 続きを読む
      Jリーグ10クラブが争奪戦!! 脚光浴びる桐光...
      2018年09月01日
       プリンスリーグ関東10節・桐光学園vs.前... 続きを読む
      googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_650x100_middle1st_16587', [650, 100], 'div-gpt-ad-1488956945099-0'); }); Facebookでコメント(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, 'script', 'facebook-jssdk')); var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; microadCompass.queue.push({ "spot": "e20fa640b619e749831291c2ab691a7c", "url": "${COMPASS_EXT_URL}", "referrer": "${COMPASS_EXT_REF}" }); var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; microadCompass.queue.push({ "spot": "a227fe68c79beafd236c9f4b63754427", "url": "${COMPASS_EXT_URL}", "referrer": "${COMPASS_EXT_REF}" }); googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_300x250_right1st_16587', [300, 250], 'div-gpt-ad-1488956795506-0'); }); 理想のプレーが思いのままに!サッカー新作アプリ『モバサカUFC』が待望のリリース
      育成の現場から/サッカースクール紹介 第3回 三郷スポーツクラブアスリート produced by スポキャリ&プレグラ
      【参加受付中!】 サッカー界のレジェンド、釜本邦茂氏が、愛知で小学生向けのサッカー教室を開催!
      大人気サッカーシミュレーションゲーム「ポケサカ」に“フライング・ダッチマン” ヨハン・クライフが再登場!
      コウチーニョやデ・ブルイネが着用!ナイキの新スパイク『ファントム ビジョン』のかつてない「履き心地」を体験
      かんたんステップでスポーツグッズの額装がオーダーメイドできる! 専門サイト『SPORTS FRAME』のHPがリニューアル
      「DAZNチケット」がコンビニで販売中!クレカ登録なしで「DAZN」の利用が可能に
      新着記事の情報を随時発信! サッカーダイジェスト公式SNSのご案内

      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=46676

      「銀メダルは称賛に値する」 U-21日本代表を“変貌させた”森保采配に英記者が賛辞

       アジア大会男子サッカー決勝が1日に行われ、U-21日本代表はU-23韓国代表に延長戦にもつれ込む死闘の末に1-2で敗れ、銀メダルに終わった。
       インドネシアの地で勇敢な戦いを見せた東京五輪世代の戦いぶりを、ワールドカップを6大会取材し、“アジアサッカー通”としても知られる英国人ジャーナリストのマイケル・チャーチ氏が総括。招集からの約3週間で、寄せ集めチームを戦える集団にまとめ上げた森保一監督の手腕を称賛している。
      ◇    ◇    ◇
       アジアサッカーで伝統の一戦と言える日韓対決の決勝戦で、日本は延長戦の末に惜しくも敗れてしまった。120分の死闘を演じた末の無念の敗戦となったが、森保監督は敗戦直後の悔しさが消えた後は、勝利者のような感慨を抱くのではないだろうか。
       銀メダルに終わったが、森保監督がインドネシアで成し遂げたことは称賛に値すると思う。なぜなら、この若いチームを3週間足らずの活動期間で一つにまとめ上げたのだから。
       森保監督には制約があった。招集できるのは、Jリーグ各クラブから最大一人のみという条件のなかでメンバーを選んだが、チームは大会序盤、連動性を欠いていた。
       それに引き換え、U-21世代の日本よりも年代が一つ上のU-23韓国代表は、ロシア・ワールドカップ(W杯)メンバーを4人も擁していた。オーバーエイジ枠として参戦したA代表エースのFWソン・フンミン(トットナム)と守護神のGKチョ・ヒョヌ(大邱FC)、そしてU-23世代のイ・スンウ(ヴェローナ)とファン・ヒチャン(ザルツブルク→ハンブルガーSV)だ。さらに負傷によりロシアW杯直前に離脱したDFキム・ミンジェ(全北現代)もいた。
       そんな大会屈指の“タレント軍団”は、兵役免除という特権を獲得したいという情熱に突き動かされており、開幕前から金メダル最有力候補と目されていた。
       一方の森保監督は、今大会の約3週間にわたる指導によって、選手の著しい成長を促すことに成功した。ディフェンス面の組織作りは素晴らしかったが、個人的に名前を挙げたいのは上田綺世(法政大)だ。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/132986

      ユベントス英雄デル・ピエロ、“不振”のC・ロナウドに言及 復活の契機に挙げたのは?

       元イタリア代表のファンタジスタであり、王者ユベントスで長年10番を背負ったアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、衛星放送「スカイ・スポーツ」のサッカー番組「スカイ・カルチョクラブ」に出演。今夏に電撃加入したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語っている。
       ロナウドはUEFA欧州最優秀選手賞がレアル・マドリード時代の同僚で、ロシア・ワールドカップ(W杯)で準優勝に貢献したクロアチア代表MFルカ・モドリッチの受賞になったことで、8月30日にモナコで行われた表彰式を欠席。代理人のジョルジュ・メンデス氏は「馬鹿げた話」などと発言した。
       デル・ピエロ氏はこの行動について、「可哀そうだなという思いはあるが、それと欠席は別のことだ」とロナウドに苦言。そのうえで「モドリッチのような最高の選手が受賞するのは正しい」と自身の見解を表明した。
       ロナウドは今季セリエAの開幕から3試合フル出場を続けながら、ノーゴールに終わっている。イタリアサッカーの難しさに直面しているという意見に、デル・ピエロ氏は「UEFAチャンピオンズリーグ(CL)が始まれば別のことが起こる」と予想している。
      「CLはセリエAとは違う性質のある大会だ。ヨーロッパの戦いでは、より大きなスペースがある。多くのチームがボールを保持することを志向し、カウンターを仕掛けるためのスペースを空けてくれるんだ。レアル・マドリードで、ロナウドがどれだけカウンターから得点してきたと思う? ユベントスとの決勝戦だってそうやって彼はゴールを奪ったんだ」


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/133070
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ