サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      スポーツを通じて女性に真の自由を!パキスタンの女子サッカー最前線。

       先ごろ終了したアジア大会(ジャカルタ・パレンバン)で、パキスタンは4つの銅メダルを獲得した。うちひとつは空手の女子68キロ級で、イスラム教の宗教色が強いこの国で、女子スポーツも健全に成長していることを示している。
       とはいえその内実はどうであるのか。『フランス・フットボール』誌8月21日発売号でポリーヌ・オマンビイク記者がリポートするのは、いまだヴェールに包まれたパキスタンの女子サッカー事情である(ちなみにアジア大会には、男子チームは出場したが女子は不参加)。
       女子がサッカーをプレーする。そのためにサッカークラブを作る。何の変哲もないごく一般的な行為が、それだけで社会を変える原動力となる。女子がサッカーをすることで、伝統的な因習やものの考え方が変わり、社会が男女同権の方向へと進んでいく。オマンビイク記者が伝えるのは、そうしたスポーツの枠を超えたサッカーの力であり、サッカーを媒介とした社会変革の様子である。
      監修:田村修一
      彼女の武器は、爆弾じゃなくボール。 これまでパキスタンについてはきわめて曖昧なイメージしか抱けなかった。だがそれでも少しずつ国が開かれつつある。それもサッカーのおかげで。今やサッカーは、女性解放と男女同権の確立のための最大の武器となったのだった。
       サディア・シェイキこそがパイオニアだ。
       社会を変えるべく伝統と偏見に敢然と立ち向かう、行動する女性のひとりである。
       この15年というもの、彼女は様々な政治的圧力と反動政策で反時代的なイメージの強いパキスタンで、女性の権利拡大のために戦い続けてきた。
       彼女が最大の武器として利用したのがサッカーだった。
       サッカーこそは最も非暴力的な闘争手段であり、ボールという爆弾と戦場としてのピッチが、彼女が不平等や原理主義と戦うための武器であり舞台であった。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831803

      天才数学者を魅了するローマの4-3-3、スクデットの確率は?

       ローマ出身のアレッシオ・フィガッリは数学者である。
       今年の夏、数学界のノーベル賞といわれる「フィールズ賞」を受賞した。
       34歳の彼は2年前からスイスの名門チューリッヒ工科大学で教鞭をとっているが、高校時代に通ったスタディオ・オリンピコが恋しくてたまらない。世界的頭脳を持つ彼は、「ノーベル賞にサッカー部門があればトッティの受賞は間違いありません」と大真面目に熱弁するほど、根っからのロマニスタなのだ。
       夏の間、母国イタリア・メディアのインタビューに応える中で、“スクデットへの方程式”は存在しうるか、という質問があった。若き教授は、答えに窮した。
      「それは実に難問です」
      覇気のない所帯持ちチームか! セリエA開幕3節を終えてローマは1勝1分1敗、結果と内容からやや躓いた感がある。
       トリノでの初戦は終始相手に主導権を握られた。終了間際の89分、FWジェコが往年の名手ファンバステンを彷彿とさせるスーパーゴールを決め、1-0で何とか開幕白星スタートを得たものの、本拠地オリンピコにアタランタを迎えた2節も大苦戦となり、3-3のドローに持ち込むのがやっとだった。
       前半での3失点をリカバリーし、後半に追いついたのはいいが、守備陣の相互理解不足や集中力の欠如は3節目のミラン戦でも露呈した。強い雨の中、95分にFWクトローネの決勝弾を許して1-2とされ、早くも今季初黒星を喫した。
       2年目の指揮を執る指揮官ディフランチェスコの怒り具合は凄まじい。
       不甲斐ない守備陣に激高したアタランタ戦では、憤怒のあまりベンチ横の壁を殴って左手を骨折した。熱すぎる兄貴分監督は試合後、包帯を巻いた手とイタリア独特の比喩表現でチームを叱咤した。
      「残り10分というところで、気を緩めてバランスを崩したのがどうにも腹が立った。あれではまるで(エネルギッシュな)独身貴族チームから一方的にやられる、覇気のない所帯持ちチームの試合だ!」

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831801

      「パスタが美味すぎて…」長谷部誠の同僚だった元ガーナ代表MFがフランクフルトを退団した驚きの理由

       起用法、移籍金、そしてチーム事情に人間関係…選手が新天地を求める理由は様々だ。しかし、“食”を理由に移籍を決めるのは、かなり珍しいケースと言えるだろう。ある選手の移籍理由が話題を呼んでいる。元ガーナ代表MFのケビン・プリンス・ボアテングだ。

       2017年8月から2年間、元日本代表MFの長谷部誠とともにブンデスリーガのフランクフルトに在籍したボアテングは、中心選手としてチームを牽引。昨シーズンには、決勝でバイエルンを撃破してのDFBカップ制覇にも貢献していた。

       そんな31歳のベテランは、今夏の移籍市場でセリエAの小クラブ、サッスオーロに移籍した。一体なぜ、ボアテングは安住の地を捨て、4年間プレーしたミラン時代以来となるカルチョの世界に舞い戻ったのか? その驚きの理由を本人が語った。 プレミア、リーガ、セリエAに加え、
      世界最高峰のCL&ELを独占放映!
      DAZN「1か月無料体験」はこちら

       サッスオーロの地元メディア『Canale Sassuolo』の取材に応じたボアテングが明かした移籍理由は、なんと、「そこにパスタがあるから」だったのだ。元ガーナ代表は、次のように語っている。

      「移籍を決めた理由かい? フランクフルトに比べ、サッスオーロにはミラノへ向かえるハイウェイがあるし、そして何よりここにはパスタがあるんだ。美味すぎるパスタがね。最近行ったレストランで食べたのは最高だった。厨房にまで入っていってシェフを抱きしめたほどさ」

       確かにサッスオーロがあるイタリア北東部のエミリア=ロマーニャ州は、世界でも有数の“美食処”だ。「イタリアチーズの王様」とも呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノやボローニャソーセージ、ロマーニャワイン、そして「タリアテッレ・アル・ラグー」と呼ばれるボロネーゼなど、食の誘惑は多い。

       もちろんそれだけが移籍理由ではないだろうが、ボアテングが“食”の誘惑に負けたのも無理はないか(?)。しかしながら本人は、「ここの食い物は美味すぎて普通じゃない。だから太らないように気をつけないと」と続け、グルメとしての顔を覗かせた。

       セリエAの第3節が終了した時点で2位と、好調な滑り出しを見せているサッスオーロ。今週末には、クリスチアーノ・ロナウドを擁するユベントスとの大一番を控えているが、そこでボアテングのパスタ・パワーは炸裂するだろうか?
      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47180
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ