サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ナポリのインシーニェ、何が狙い?あのライオラ代理人と契約へ

      『Corriere dello Sport』は23日、「ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは、ミーノ・ライオラ代理人と契約することに合意した」と報じた。
      ロレンツォ・インシーニェは1991年生まれの27歳。2010年からナポリに所属していた小柄なアタッカーで、OBや評論家から高く評価されるセリエAのスター選手だ。
      これまで彼の代理人はDOAマネージメントが務めてきたとされているが、今回それを変更することを決めたという。
      契約するのはあの敏腕代理人として有名なミーノ・ライオラ氏。ポール・ポグバやズラタン・イブラヒモヴィッチ、マリオ・バロテッリ、ジャンルイージ・ドンナルンマなどを扱ってきた人物だ。
      彼は選手を移籍させることに長けているため批判を受けることが多いものの、一方でクライアントの意見を尊重する顔を見せることも。
      記事によれば、今後ライオラ代理人は彼の価格を2億ユーロに設定するようクラブと交渉をしていくという。
      表面上を見ればナポリに残すための工作と取れるが、価格をつけるということで移籍に向けた準備なのか…。何にせよ今後の動きを見守りたいところだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/09/24/lorenzo-insigne-going-to-sign-with-mino-raiola-kgn-1

      J1首位・広島をお尻から支える池田誠剛コーチと「座らない椅子」。

       サンフレッチェ広島の練習場、吉田サッカー公園の天然芝グラウンドには、全体練習が終わると「椅子」が持ち込まれる。
       よく見ると、普通の椅子ではない。車輪はついているが、背もたれ、ひじ置きはなく、座面は小さな長方形で、地面に対して斜めになっている。
       実はこの椅子、座るためのものではない。
       選手は椅子の上で腹ばいになると、両足で踏ん張って蹴り出し、椅子の車輪を転がして前に進む動作を繰り返す。つま先を外側に向け、足の裏全体をつけた状態から蹴り出しているので、見た目はジャンプしながら進むカエルのよう。ちょっとユーモラスだが、苦悶する選手の表情を見れば、かなりの負荷がかかっていることが分かる。
      黄金期ミランの練習に受けた衝撃。 傍らには常に、池田誠剛フィジカルコーチの姿がある。市原(現千葉)や横浜M(横浜FM)、浦和、FC東京などのJクラブだけでなく、韓国のA代表や年代別代表のフィジカルコーチも務めた、日本の第一人者。今季、広島のフィジカルコーチに就任し、J1で首位を走るクラブのコンディショニングを支えている。
      「座らない椅子」を使って、池田フィジカルコーチは選手のどこを鍛えているのか。その原点は、20年以上前に遡る。
       池田フィジカルコーチは1994年から95年にかけて、イタリア・セリエAのACミランを視察した。当時のミランはDFフランコ・バレージ、パオロ・マルディーニ、MFデヤン・サビチェビッチらを擁し、セリエA3連覇、UEFAチャンピオンズリーグでも3年連続で決勝に進出するなど、まさに黄金期。そんな名門クラブの練習を見て、目を奪われた光景があったという。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831907

      大島僚太は局面より90分で考える。「試合終了の段階で勝っていれば」

      「点」の勝負か、「線」の勝負か。
      「瞬間」か「総体」か。
       無論、「点」「瞬間」が連続すれば、それが「線」「総体」になる。だが最大出力を90分間キープするというのは難しい。目の前にある勝負すべてに全力を傾ければ、体力と集中の隙間が生じたりもする。勝負の分かれ目になることだってあるだろう。
       大島僚太はより「線」「総体」勝負に向かっているように思えてくる。個でもチームでも相手の出力を感じ取りながら、自分の出力を決めていくように。それを楽しむように。
       去年と今年、いやもっと言えば今年の前半戦とロシアワールドカップ以降の後半戦でも川崎フロンターレの背番号10は違って見える。
       彼が描こうとする試合のトータルデザイン。
       そのヒントとなる「思考と志向」の中身を覗いてことにした。
      「今は割と後ろにいる意識」 大島は前半戦よりも「今は割と後ろにいる意識」と言った。
       攻撃で相手のゴール前に迫る段階でも自ら狭いスペースに入っていくのではなく、確かに後方待機が少なくない。
      「相手がプレッシャーに来るなかで、全部はがしたいというのはもちろんあります。でも一方で、1回はがしきれなかったことが失点につながることだってあります。その可能性を残したくないなって、そういう考えにもなってきたんです。
      (ボールを持って)相手が追い掛けてくるなら、あきらめてくれるぐらい下がっちゃっていいんじゃないかって。相手があきらめてくれて、こっちがのんびりとボールを持てるならそれはそれでいい。必要ない労力を使わないポジショニングをうまく取りたいというのはあると思う」
       全部はがしたい=瞬間の勝負に向かえば、10回のうち9回勝ったとしても1回の負けが命取りになる可能性があるということ。それをゼロにする。もちろん試合状況にもよるが、90分間を常に頭に入れながら瞬間勝負に彼がはやることはない。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831931
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ