サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      “森保イズム”を知るキャプテン青山が宣言 「みんなで強い日本代表を作っていきたい」

       森保ジャパンの初陣で主将を務めたMF青山敏弘は、11日の国際親善試合コスタリカ戦で3-0の快勝を収めると「森保さんの初戦だったので、絶対に勝ちたいと思って入りました」と、その思いを明かした。
       森保一監督が指導者として最大の実績を残したのは、サンフレッチェ広島でJリーグを3回にわたって頂点に導いたことだった。そして、そのチームの中央にはいつも青山が君臨。まさに“森保イズム”を1から10まで知る男は、A代表指揮官として初陣となった森保監督から主将を託された。それを意気に感じないわけがなかった。
      「森保さんの初戦だったので、絶対に勝ちたいと思って入りました」という青山は、MF遠藤航とダブルボランチを組むと、ボール奪取や攻撃参加で前方に進出する役割を担った遠藤の後方でバランスを取った。前線では若手アタッカーが躍動して3得点を挙げ、無失点に抑えた試合に「良いゲームだったのではないですかね」と、手応えがあった。
       このコスタリカ戦が初陣となったのは、7日に札幌で予定されていた国際親善試合のチリ戦が中止になったからだった。札幌入りしていた日本とチリの両チームも被災することになったが、青山は「札幌で地震にあって試合もできなかったですし、札幌のみんなを元気にするという思いで戦いました」と、その思いを話している。
       ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いを終え、当面の目標は来年1月のアジアカップとなる。森保ジャパンの心臓部を担う青山は「これから新しい日本代表が始まっていくと思います。みんなでまた強い日本代表を作っていきたいと思います」と、チームの進化を力強い言葉で誓った。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/134900

      元日本代表、なでしこ、Jリーガー… 森保ジャパン初陣を絶賛「面白すぎ」「ワクワク」

       森保一監督率いる日本代表は、11日の国際親善試合コスタリカ戦で3-0と完勝し、新体制の初陣で白星スタートを切った。20歳のMF堂安律(フローニンゲン)が代表デビューを飾り、FW南野拓実(ザルツブルク)やMF伊東純也(柏レイソル)が代表初ゴールを挙げたなか、元日本代表アタッカーをはじめ、なでしこリーグやJリーグで活躍する選手から森保ジャパンを称賛する声が上がった。
       日本代表は4-4-2を採用し、堂安やDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)が代表デビュー。さらに後半途中からはMF守田英正(川崎フロンターレ)、MF天野純(横浜F・マリノス)もA代表初出場を飾るなどフレッシュな顔ぶれとなった。試合は10番を背負ったMF中島翔哉(ポルティモネンセ)が存在感を放ち、オウンゴールで日本が先制。後半には南野、伊東が追加点を奪って3-0と快勝した。
       元日本代表MF石川直宏は自身の公式ツイッターを更新し、「終始ワクワクしながらコスタリカ戦を観ていました!短期間でチームをまとめる森保監督はじめスタッフの手腕も気になります。選手たちも堂々と持ち味を発揮!成や翔哉も活き活きしてた」と言及。FC東京で共闘したDF室屋成や中島の名前を挙げた。その一方で「地元横須賀の星、柏の伊東選手も短時間の中で結果に!日本代表を目指す全ての選手たちの士気も更に高まったはず!」と称えた。
       また、元なでしこジャパンでノジマステラ神奈川相模原MF田中陽子も「日本代表面白すぎた」とツイッターでつぶやくと、「今日が初陣ってこれからどうなるんやろ 楽しみすぎる!」と期待感を滲ませている。さらにファジアーノ岡山のGK金山隼樹も「森保ジャパンおもろいな~!!」と絶賛した。
       7日のチリ戦は北海道地震の影響により中止となる不測の事態に見舞われた森保ジャパンだが、仕切り直しの一戦で今後につながるパフォーマンスを披露し観る者を魅了したようだ。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/134904

      “森保イズム”を知るキャプテン青山が宣言 「みんなで強い日本代表を作っていきたい」

       森保ジャパンの初陣で主将を務めたMF青山敏弘は、11日の国際親善試合コスタリカ戦で3-0の快勝を収めると「森保さんの初戦だったので、絶対に勝ちたいと思って入りました」と、その思いを明かした。
       森保一監督が指導者として最大の実績を残したのは、サンフレッチェ広島でJリーグを3回にわたって頂点に導いたことだった。そして、そのチームの中央にはいつも青山が君臨。まさに“森保イズム”を1から10まで知る男は、A代表指揮官として初陣となった森保監督から主将を託された。それを意気に感じないわけがなかった。
      「森保さんの初戦だったので、絶対に勝ちたいと思って入りました」という青山は、MF遠藤航とダブルボランチを組むと、ボール奪取や攻撃参加で前方に進出する役割を担った遠藤の後方でバランスを取った。前線では若手アタッカーが躍動して3得点を挙げ、無失点に抑えた試合に「良いゲームだったのではないですかね」と、手応えがあった。
       このコスタリカ戦が初陣となったのは、7日に札幌で予定されていた国際親善試合のチリ戦が中止になったからだった。札幌入りしていた日本とチリの両チームも被災することになったが、青山は「札幌で地震にあって試合もできなかったですし、札幌のみんなを元気にするという思いで戦いました」と、その思いを話している。
       ロシア・ワールドカップ(W杯)の戦いを終え、当面の目標は来年1月のアジアカップとなる。森保ジャパンの心臓部を担う青山は「これから新しい日本代表が始まっていくと思います。みんなでまた強い日本代表を作っていきたいと思います」と、チームの進化を力強い言葉で誓った。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/134900
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ