サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      堂安の“指数本分”のループシュートに海外注目 「王冠を授けられる寸前だったが…」

       フローニンゲンの日本代表MF堂安律は11日の国際親善試合コスタリカ戦に先発出場し、A代表デビュー戦で好パフォーマンスを披露するも初ゴールにはあと一歩届かなかった。海外メディアも、デビュー弾まで「指数本分」に迫ったと報じている。
       森保一監督の初陣となった日本代表が、3-0と快勝を収めたこの試合。攻撃的なポジションには堂安に加えてMF南野拓実(ザルツブルク)、MF中島翔哉(ポルティモネンセ)ら若きアタッカー陣が並び、フレッシュな顔ぶれが躍動した。前半にオウンゴールから1点を先制すると、後半21分に南野がペナルティーエリア内での反転シュートから追加点。さらに同アディショナルタイムには、途中出場のMF伊東純也(柏レイソル)がドリブル突破からシュートを叩き込んだ。
       堂安にも決定的なチャンスは訪れていた。後半14分、FW小林悠のスルーパスに反応してボックス内に侵入すると、相手GKのタイミングをずらすループシュートでゴールを狙うも、相手GKに当たったボールはゴールラインの手前で相手DFにクリアされた。さらにその5分後には、右サイドからペナルティーエリア内に侵入。こぼれ球を拾うとキレのあるドリブルで相手DFをかわし、利き足とは逆の右足でシュートを放ったがゴール左へわずかに外れた。
       オランダ地元テレビ局「RTV Noord」は、「堂安、デビュー戦でゴールならず」と見出しを打って紹介すると、「堂安はほとんど王冠を授けられる寸前だったが、ゴールラインまで指数本分届かなかった」と、あと一歩の際どいシュートであったことを強調していた。
       古巣ガンバ大阪の本拠地パナソニックスタジアム吹田での開催だったこともあり、ゴールを奪うことに執念を燃やしていた堂安。デビュー戦での初得点こそ奪えなかったものの、観る者に強烈なインパクトを与えたようだ。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/135187

      英代表DFマグワイア、レスターと新契約で感謝 「このクラブとどこまで行けるか楽しみ」

       レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイアは先日、同クラブと新たに5年契約を締結した。新契約締結についてマグワイアは、クラブと代表で素晴らしい1年を送ったことが報われたと主張した。
       25歳のマグワイアはロシア・ワールドカップ(W杯)でイングランド代表として出場。CBとして7試合でプレーし、1ゴール1アシストをマークするなど印象的なパフォーマンスを見せた。その働きが多くのクラブの目に止まり、今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドへの移籍も噂されていた。
       しかし、マグワイアは最終的にレスター残留を決め、先日5年契約を締結。英スポーツ放送局「スカイスポーツ」の取材に応じたマグワイアは、レスターへの感謝を口にしている。
      「明らかなのはW杯が終わって帰国した後、会長と対面して彼らが何をしたいのかを再確認したんだ。レスターは、イングランド代表としてのW杯の成功と素晴らしい1年に報いたいと思ってくれた。僕は将来的なことを考え、このクラブとどこまでいけるかを楽しみにしているんだ」
       加えて、マグワイアは自身の近年の戦いを振り返っている。
      「過去2年間は僕にとって目覚ましいものだった。ハル・シティは降格してしまったが、その後、昨シーズンにレスターという偉大なクラブに加わることができた。そして僕はプレミアリーグの全試合に出場し、W杯に挑むイングランド代表の一員となり、準決勝に進出した。これらは僕が本当に誇りに思っていることなんだ」
       スターダムを一気にのし上がったマグワイア。今後はどんな成長曲線を描いていくのだろうか。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/135084

      アンリ氏のボルドー監督就任が消滅した理由は? クラブ会長が真相を明かす

      ティエリ・アンリ氏【写真:Getty Images】
       アーセナルのレジェンドである元フランス代表のティエリ・アンリ氏は、リーグアンのボルドー指揮官に就任する直前まで交渉が進んでいた。しかし、実現はせず。破談した理由についてボルドーのジョー・ダグローサ会長が明かしたと、12日にイタリアの『スカイスポーツ』が報じている。
       事の発端は、ボルドーを率いるグスタボ・ポジェ監督に無断でクラブがFWガエタン・ラボルドをモンペリエに放出したことにある。不満を持ったポジェ監督はマリウポリ戦後の記者会見でボルドーを痛烈批判。それが理由で1週間の職務停止となり、その期間にボルドーは新監督探しに動いた。そして、アンリ氏と交渉を開始し、監督就任のところまで話が進んでいた。
       しかし、最終的に破談。その理由についてダグローサ会長は「我々はアンリ氏と合意することを望んでいた。しかし、合意までいかなかった。我々は彼の決断を尊重しているよ。彼は素晴らしい選手で、非常に興味深いキャリアプランも持っていた。しかし、財政的な理由により交渉は終わったんだ。決して感情的な理由によるものではない」とコメントしている。

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/13/post289283/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ