サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      コスタリカ代表MFが日本戦惨敗の批判に対抗 “大阪城集合ショット”反響「美しい写真」

       コスタリカ代表は11日の国際親善試合で日本代表に0-3と惨敗し、母国メディアから批判を浴びた。日本戦にフル出場したMFダビド・グスマンが公式インスタグラムを更新し、大阪城をバックに撮影した集合ショットを公開。「否定的なコメントに対して戦い続ける」と綴り、「美しい写真。グスマンが批判に対して戦うと宣言」とコスタリカ紙「ディアリオ・エクストラ」が伝えている。
       コスタリカは7日の韓国戦で0-2と敗れ、11日の日本戦でも0-3と完敗。大阪で行われた一戦では、オウンゴールで日本に先制点を献上すると、後半にMF南野拓実(ザルツブルク)、MF伊東純也(柏レイソル)のゴールを許して敗れた。
       コスタリカ紙「ナシオン」は見せ場なく敗れた母国チームを酷評し、「無害なチーム」「攻撃の機会を見いだせなかった。新しい世代の可能性を探るためのツアーは目標から程遠いものになった」と指摘。今夏のロシア・ワールドカップに出場したコスタリカだが、レアル・マドリードのGKケイラー・ナバスら主力が不在とあってアジアツアーで連敗し、国内から厳しい声が噴出していた。
       だが、そんな見解に反発する姿勢を見せたのが、日本戦でフル出場したMFグスマンだ。試合後、自身の公式インスタグラムを更新すると、大阪城をバックに同僚らと撮影した集合ショットをアップ。「全ての否定的なコメントに対して戦い続ける」と決意を表明していた。
       コスタリカ紙「ディアリオ・エクストラ」は「美しい写真。グスマンが批判に対して戦うと宣言」と記し、「有名な大阪城でスナップショットを撮影。彼らは全てに対して対抗すると語った」と続けている。
       森保一体制の初陣で完勝した日本とは対照的な立場に立たされているコスタリカ代表だが、“大阪城ショット”は巻き返しを期した誓いの一枚となったようだ。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/135193

      ネイマールが自身に警告を出した主審を批判 「リスペクトに欠けている」「不必要」

       パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールは、現地時間11日にエルサルバドルとの国際親善試合に出場。1得点3アシストで5-0大勝に貢献したが、この試合の前半44分に受けたイエローカードは不必要だったと主審を批判した。英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。
       キャプテンマークを巻いて試合に臨んだネイマールは、前半4分にPKを沈めてチームに先制点をもたらし、その後も3つのアシストを記録してチームの大勝劇をもたらした。
       問題となったシーンが起きたのは、3-0で迎えた前半44分のことだった。ネイマールがペナルティーエリア内で倒れ、アメリカ人のジェア・マルフォ主審にファウルを受けたと主張したが、逆にシミュレーション行為と見なされイエローカードが提示された。
       ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」によると、その時は不満を口にしなかったネイマールだが、試合後に映像を確認。ファウルを取らなかったことよりも、イエローカードを出したのは誤った判断だったと述べている。
       今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)でも過剰な演技をしたと非難されていたネイマールは、「このような状況で生きなければならないなんて、どうしていいのか分からない。耐えられない。こんなことは終わらなければならないと思う。だが僕が決められることではない。僕は何も言わずにサッカーを続けたいんだ。僕だけではなく、チームに対してもリスペクトに欠けている」とコメント。さらに「ブラジル代表の試合という、とてもビッグな試合の審判に選ばれた人があんなことをするなんて……。間違えていると思う。PKを与えたくないならそれで問題ないけど、イエローカードは不必要だった」と苦言を呈した。
       卓越したテクニックを誇るアタッカーとして、常に敵陣で勝負を仕掛けにいく一方、相手DFからの激しいタックルを浴び続けているネイマール。ベスト8敗退に終わったロシアW杯で、すっかり“ダイブ癖”のある選手との認識が根付いてしまったが、レフェリーとの“駆け引き”は今後も続いていきそうだ。


      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/135238

      大迫勇也を地元メディアは高評価。「コーフェルト監督のサッカーに完璧にマッチ」

      ブレーメンの大迫勇也【写真:Getty Images】
       日本代表のFW大迫勇也が所属するブレーメンの地元メディア『ヴェーザー・クリエル』は大迫に高評価を与えている。
       現在、ブレーメンは攻撃陣に10人もの選手を抱えている。そのような状況でフロリアン・コーフェルト監督はキャプテンのFWマックス・クルーゼ以外の9選手を戦術や相性によって変えていく方針を示している。
       そんななか、同メディアは大迫を「攻撃的なサッカーを標榜するコーフェルト監督のサッカーに完璧にマッチしている」と称賛している。理由について「この日本人は全ての攻撃的なポジションをこなすことができ、バイタルエリアでボールを受ける事が出来る。これは他の選手にはない特徴だ」と説明している。
       またコーフェルト監督も大迫については「素晴らしい技術と狭いエリアで正確な判断を下せることが出来る選手だ。彼は攻撃で必要な全てを兼ね備えている」とコメントしている。
       今季の大迫はこれまで公式戦3試合に出場し2ゴールと開幕から好調を維持する。同メディアでは最後に「全ての対戦相手にとってオオサコは難しい選手だ」と論評している。

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/13/post289249/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ