サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      長谷部誠が中田英寿に伝えたいこと。「だから、書いといてください!」

       Number961号に掲載した長谷部誠の取材が行われたのは、ブンデスリーガ2018-2019シーズン開幕直前のある日、午前と午後に行われる2部練習の合間の昼下がりだった。予定よりも少し早く待ち合わせのカフェに姿を現し、テキパキと注文をする。
      「炭酸水の大きなボトルとグラスを3つ」
       在独11年の人が発する言葉に注釈をつけるのも野暮というものだが、ドイツ語は流暢だ。テーブルに水が届くと、「飲みますよね?」と当然のようにカメラマンと筆者のグラスに注いでいき、一息つく。「ドイツも暑いですね」と、ささやかな雑談を交わしながらインタビューに入った。
       最初に聞いた質問は、こうだった。
       なぜドイツでここまで長くプレーできているのか、どういう実感を持ってやっているのか。
      いつもは冷静な長谷部が熱っぽく。 すると、長谷部はドイツ移籍当初から現在までの“思い”を、うまくまとめて話してくれた。
      「(自分のキャリアは)現在進行形なのですけど……やっぱりこうしてヨーロッパの舞台でやれてるというのは、間違いなくいろんな先輩たちが踏んで来られた段階があってのことだと思います。ヒデさん(中田英寿)もそうだし、そういう方々への感謝は絶対忘れちゃいけないなと思っていて。僕もドイツに来るときには、1人のサッカー選手という以前に“日本人代表”というか、自分への評価がこれからヨーロッパに来る若い日本人選手への評価にもつながるんだろうなと、背負ってやってきた部分もあります」
       おそらくは先輩たちが背負ってきたもの、それを感謝とともに後輩に受け継ぐ。いつも冷静沈着な長谷部が、思いのほか熱っぽく話したことに驚いた。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831891

      「圧倒的な力量差を示した!」初のアジア4強を決めた鹿島を海外メディアが絶賛!

       鮮やかなゴールラッシュで、初のアジア4強を掴み取った。
       
       現地時間9月18日に中立地マカオで開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦、天津権健(中国)vs鹿島アントラーズの一戦は、アウェーチームの3-0快勝に終わった。これで2戦合計5-0の大勝で、鹿島は優勝候補にも推された強豪を撃破。クラブ史上初のアジア4強に駒を進め、ACL初制覇に向けてまた一歩前進した。
       
       試合は立ち上がりこそ攻め込まれる場面もあったが、13分に遠藤康のCKをセルジーニョが決めて先制すると、27分には右サイドを打破した内田篤人のクロスを安部裕葵が中央で合わせて加点。後半に入っても主導権を握り続け、66分に土居聖真がダメを押した。

        イニエスタ&F・トーレスを見逃すな!
      DAZNはJリーグを全試合LIVE配信
      「1か月無料体験」はこちら
       そんな鹿島の試合巧者ぶりを称えたのが、米スポーツ専門チャンネル『Fox Sports Asia』だ。アジアサッカー通記者のガブリエル・タン氏が以下のようにゲームを伝えている。
       
      「第1戦を2-0でモノにした鹿島だったが、マカオでのリターンマッチは慎重にゲームに入った。敵のアレッシャンドレ・パトに流石の個人技を見せつけられるなど、序盤は劣勢を強いられたからだ。だが、それでも均衡を破ったのはJリーグの強豪だった。13分にセルジーニョが口火を切ると、その直後の大ピンチをしっかり回避し、27分にはウチダのお膳立てからアベが極めて重要なゴールを奪う。これで趨勢が定まった。後半もいっさい手を抜かず、ドイのゴールでリードを広げた鹿島が、堂々のベスト4進出。終わってみれば圧倒的な力量差を示しての快勝に終わった」
       
       次なる準決勝(10月3日&24日に開催予定)は、水原三星vs全北現代戦の勝者とぶつかる。ファイナルの座を懸けた日韓戦に大注目だ。
      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47467

      鹿島・遠藤康が得点者に間違えられる!? 笑顔で「僕、決めてないです」の後に語った想いは…

      [ACL準々決勝第2戦]天津権健0-3鹿島/9月18日/澳門

       鹿島にとって初のACLベスト4入りを懸けた一戦は、序盤こそ相手の攻勢に対して受けに回ったものの、13分のセルジーニョのゴールで先制するとペースを掴み、さらに2点を加えて3対0の快勝。2戦合計スコア、5対0の大勝で準決勝へ駒を進めた。


       この試合で、一気に勝負の流れを引き寄せる仕事をやってのけたのが遠藤康だ。13分のセルジーニョのゴールは、CKから彼の左足のキックが生み出したもの。精度の高いボールが、セルジーニョの頭をしっかりと捉えた。

       試合後にインタビューを求められた遠藤は、攻守両面で盤石の展開を振り返って、「アウェーで難しい試合になると思っていたが、みんなが勝つために、上に行くために走り続けた結果、こういう試合になったと思う」と、チーム全員で掴んだ勝利を強調した。

       また、先制点をCKからアシストした遠藤だったが、インタビュアーから「アウェーで勝利を引き寄せる素晴らしいゴールでしたが…」と質問を受けると、笑顔で「僕、決めてないです」と返答。それでも、「誰が決めてもチームが勝てばいいと思っているんで。みんなもそう思っているので、とりあえずチームが勝ってよかったです」と、自らのゴールは生まれなかったものの、チームの勝利を喜んだ。

       準決勝は10月3日、24日に水原三星と全北現代の勝者との対戦。初のアジア制覇へ、遠藤のさらなる活躍に期待したい。
        var opta_settings = {subscription_id: '592385250db862bc8590842699a4336e',language: 'ja_JP',timezone: 'Asia/Tokyo'}; googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_300x250_kiji1_16587', [300, 250], 'div-gpt-ad-1488957148766-0'); }); googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_300x250_kiji2_16587', [300, 250], 'div-gpt-ad-1488957179043-0'); }); 関連ワード ACL J1 鹿島 【関連記事】 「マジで汚い」「本当に最低」鹿島サポーターが天津権健のラフプレーに怒り心頭! 「圧倒的な力量差を示した!」初のアジア4強を決めた鹿島を海外メディアが絶賛! なぜプロビンチャの鹿島がタイトル数で独走するのか? 戦力強化の「勝ち組と負け組」 「頂点が少しだけ見えてきた!!」鹿島念願のACL4強でサポーターは喜びつつも試合内容に…… 鹿島、初のACL4強入り!! 敵地で3発、2戦合計スコア5-0の圧勝劇! 長友佑都が攻守に奮闘! ガラタラサイは曲者相手...
      2018年09月19日
      [CL第1節]ガラタサライ 3-0 L・モスクワ... 続きを読む
      「マジで汚い」「本当に最低」鹿島サポーターが...
      2018年09月19日
       アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は9... 続きを読む
      「笑っちゃうほどカワイイ!」韓国女子代表のビ...
      2018年09月19日
       なでしこリーグのINAC神戸レオネッサに所... 続きを読む
      「憧れて筋トレしたりしていました」長友佑都が...
      2018年09月19日
       日本格闘技界に突然の訃報がもたらされたのは... 続きを読む
      メッシがハットトリックを達成! 退場者を出しな...
      2018年09月19日
       現地時間9月18日に実施されたチャンピオン... 続きを読む
      googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_650x100_middle1st_16587', [650, 100], 'div-gpt-ad-1488956945099-0'); }); Facebookでコメント(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/all.js#xfbml=1"; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, 'script', 'facebook-jssdk')); var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; microadCompass.queue.push({ "spot": "e20fa640b619e749831291c2ab691a7c", "url": "${COMPASS_EXT_URL}", "referrer": "${COMPASS_EXT_REF}" }); var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; microadCompass.queue.push({ "spot": "a227fe68c79beafd236c9f4b63754427", "url": "${COMPASS_EXT_URL}", "referrer": "${COMPASS_EXT_REF}" }); googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_300x250_right1st_16587', [300, 250], 'div-gpt-ad-1488956795506-0'); }); 【連載企画】フロンターレの流儀② 登里享平&安藤駿介がゲストを招いて《9/16 2018多摩川エコラシコ》を紹介
      試合展開、戦術、育成・・・すべてが思うままのサッカーゲームで、編集部のメッシとモドリッチが輝く!?
      君のサッカーセンスで相手をぶち抜け! 直感操作がクセになる本格派ゲームに編集部が挑戦
      チャンピオンズ・リーグを観るならDAZN(ダゾーン)!加入方法・コンテンツ・料金をチェック
      ついにポケサカに登場した“左足の魔術師”レコバのサイン入りユニフォームをプレゼント!
      コウチーニョやデ・ブルイネが着用!ナイキの新スパイク『ファントム ビジョン』のかつてない「履き心地」を体験
      新着記事の情報を随時発信! サッカーダイジェスト公式SNSのご案内

      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47471
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ