サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      アーセナルでエメリが探す新布陣。ガードは不安でも4-3-3が最適か。

       マンチェスター・シティとチェルシーに敗れ、ウェストハムとカーディフには勝利を収めた。第4節を終えて2勝2敗。新生アーセナルはまずまずのスタートだ。よくもなければ、絶望的になるほど悪くもない。
       4試合とも守りの脆さが目立ったものの、それはアーセン・ベンゲル前監督が22年にわたって手をつけなかった懸案である。新任ウナイ・エメリ監督が、一朝一夕にして解決できる問題ではない。
       ただ、メンバーは一考する必要がある。
       バレンシア、セビージャ、パリSGと、エメリは最後方から丁寧につなぐスタイルを身上としてきた。だが、GKペトル・チェフにビルドアップのセンスはない。しかも、昨シーズンから足の運びが悪くなり、守備範囲もすっかり狭くなった。明らかに衰えている。
       なぜ、ベルント・レノを起用しないのだろうか。シュートストップでチェフを上まわり、つなぐ技術も申し分ないのだから、すぐにでも正GKを交代すべきだ。
      マブロパノスを抜擢してみては? シュコドゥラン・ムスタフィ、ソクラティス・パパスタソプーロスは、つなげるCBではない。両選手ともプレスをかけられるとおどおどし、タッチに逃げるか、マークされている味方に無責任なパスを送るかの二択である。
       せっかくの新チームなのだから、思い切った人選を試みてはどうだろうか。コンスタンティノス・マブロパノスである。21歳の有望株で、フィードに定評がある。昨シーズン第37節のレスター戦で一発退場の愚を犯しているため、今シーズンはベンチ入りさえできていないとはいえ、エメリのスタイルに適しているはずのCBだ。
       アキレス腱を負傷しているローラン・コシェルニーは、11月まで復帰できない。だからこそエメリは、やむをえずムスタフィとソクラティスを優先せざるをえなかった。
       まして後者は、強化部門の責任者であるズベン・ミズリンタットが獲得している。無益な争いはまだ避けたい。しかし、自分のスタイルにこだわるのであれば、将来性も含めてマブロパノスを抜擢すべきだ。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831824

      イタリア版グアルディオラとは?デゼルビという監督を知ってますか。

       イタリア版グアルディオラ――。そう呼ばれている青年監督をご存じだろうか。
       試合中のピッチサイドでは全身黒ずくめ風の出で立ちで、開襟シャツは胸のボタンが今にも飛び散るのではないかというほどピチピチに着こなしている。不敵にも映る面構えが、多少はジョゼップ・グアルディオラに似ていると言えなくもない。しかし、経歴上の共通点を見つけ出すのは難しい。
       監督実質1年目にしてCLを含めた3冠獲得というグアルディオラと同じように、いきなり華々しく偉業を成し遂げたわけではない。それどころか、セリエAでは負け続けてきた監督だ。
       現役時代はバルセロナの黄金時代を支えた主力で、ワールドカップの出場歴も得点歴('94年大会)もあるグアルディオラとは違い、A代表歴はなく、大きな脚光を浴びた選手でもなかった。セリエAの出場歴は3試合だけである。
       日本ではまったくの無名に近いだろう。その青年監督の名前はロベルト・デゼルビ、と言われたところで、顔が思い浮かぶだろうか。ただ、この機会に是非覚えていただきたい。デゼルビが「イタリアのグアルディオラ」と呼ばれてきたのには、理由がある。
      グアルディオラとの共通点は多くない。 デゼルビがこの世に生を受けたのは1979年6月6日。1971年1月18日生まれのグアルディオラよりも8歳年下で現在39歳だ。名門ミランの下部組織出身という育成年代のキャリアだけは、名門バルセロナの下部組織出身であるグアルディオラと重なる。
       背番号4番を背負っていた司令塔のグアルディオラに対し、デゼルビは10番。トップ下を主戦場とするいわゆるファンタジスタだった。
       現役時代のハイライトは、28歳でセリエA初出場を果たした2007-08シーズンか。当時所属していたナポリはまだ復興の途上で、その2季前にセリエC(3部)、前年にセリエB(2部)と這い上がってきたところだった。
       しかしデゼルビ自身は這い上がれず、セリエA昇格から半年後の'08年1月にはセリエBのブレシアに放出となってしまう。結局、セリエAの出場歴はナポリ時代の3試合のみ。先発したのは1試合だけだった。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831848

      「まだ勝ってない。奴等の息の根を止めろ!」鹿島ファンがACL4強王手に大興奮!!

       アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は9月18日、鹿島アントラーズ対天津権健(中国)の準々決勝第2戦がマカオの澳門奧林匹克体育中心運動場(エスタディオ・ド・マカオ)で行なわれ、前半2-0で終了し、同クラブ初のベスト4に進出に王手をかけた。

       第1戦は鹿島が2-0で勝利していたため、鹿島優位の状況で始まった第2戦。ベスト4進出には勝つしかない天津権健が果敢に攻め込むが、内田篤人らDF陣が跳ね返し、得点を許さない。

       先制点は鹿島。13分にCKからセルジーニョが頭でゴールに押し込んだ。さらに、27分には内田のアシストから安部裕葵が追加点を決めた。
       
       4点のアドバンテージを得た鹿島が試合のペースを握り始め、相手チームのラフプレーが目立つシーンも。それでも鹿島は冷静な試合運びを見せ、2-0で前半を折り返した。
        イニエスタ&F・トーレスを見逃すな!
      DAZNはJリーグを全試合LIVE配信
      「1か月無料体験」はこちら
       鹿島の優勢は、ツイッター上でも大きな反響を呼んでいる。いくつか紹介しよう。

      「パトがギンギンに切れ込んでくる。チームのコンディションも良さそう。1戦目とは別なチームと思った方が良い」
      「セルジーニョ先制キタ!でかすぎるぞこの1点!!」
      「セルジーニョ… 鹿島に来てくれて 本当にありがとう!!!」
      「しっかり時間を作って攻め込んだところにセットプレー1発でプラン崩れるのは心折るのに十分でしょ」
      「こうなると、怖いのは追い込まれた天津のカンフーサッカー」
      「ウッチーナイスクリア」
      「篤人→安部裕葵!もー最高やね!」
      「ゴール前での堅守、アシスト。 篤人が戻って来た~~」
      「まだ喜ばない…まだ…まだあと60分もある…どうか勝ち急がないで…ACLは何があるかわからない…」
      「遠藤の良いターン、内田の良いオーバーラップ、安部のバイタル狙う良い動き出し、内田の良いクロス、安部の良いシュート。素晴らしい」
      「なんか余裕で勝っちゃいそうだな」
      「前半ゼロで2得点は理想的だけど無駄なカード貰ってるのが気になる。と言うか、判例がアッチ寄り過ぎない?」
      「まだ勝ってない。奴等の息の根を止めろ!」
      「残り45分。 天津は、なりふり構わずに身体ぶつけてくると予想される。 それでも、#なにがなんでも勝つ鹿ない」

       念願のベスト4へ、後半も鹿島の戦いに注目だ。
       
      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47465
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ