サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      森岡隆三が語る鳥取での1年半。スタイル、予算、解任、そして今後。

      「明日、朝、クラブハウスまで来てもらえますか?」
       改まった様子の強化担当者の言葉に、森岡隆三は「ポジティブな話か? ネガティブな話か?」と問うたが「わかりません」と歯切れは悪かった。「鳥取にサッカーの土台を作ってほしい」と 森岡をクラブに招へいし、ともに戦ってきた強化担当者の態度が、その日は頑なだった。
       そして翌日、クラブハウスのある鳥取へ出向いた森岡に解任が告げられた。
       監督就任2シーズン目の今季は、開幕6試合負けなしとスタートダッシュには成功したが、徐々に勝てなくなった。1分4敗。2週間の中断期を経て、6月2日対秋田戦で約2カ月ぶりの勝利。10位だった順位も、暫定とは言え首位と勝ち点5差の7位に回復。しかしその翌日、森岡の解任が決まり、発表された。
      「開幕から数カ月後に成績が停滞するというのは、昨年の経験もあり、僕の中では想定内でした。 プレシーズンでの強化が足りないことも原因の1つと考えられました」
      冬の練習は雪かきから始まる。 ガイナーレ鳥取が活動拠点としている米子のグラウンドはここ数年雪が多く、自分たちで雪かきをして練習に使える場所を作り出してきた。
       しかし、それはトップスタッフ、トレーナー、強化部と、大人7~8人が数時間頑張っても30メートル四方を確保出来るかどうかといったところだ。避寒地での合宿も予算の関係で実施できず、練習試合を組むのもままならない。練習試合をするには、バスでの長距離移動が必要だが、その機会を多く確保することができないのだ。
      「2年契約でスタートしましたが、昨シーズンもスタートこそ良かったけれど、結果は最下位。にもかかわらず、『もう一度やってみよう』とチャンスを与えられたことには感謝している。1年目で痛感した反省点を改善する機会を得られ、実行し、それが成果に繋がったという手ごたえを掴むことができた」
       7月下旬に会った森岡はそう笑顔で話していた。しかし、クラブの自身に対する期待と信頼を強く感じていたからこそ、この解任に対しては悔しさも小さくないだろう。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831812

      遠藤航「僕らリオ世代が中心に」森保Jで念願のボランチ定着なるか。

       森保一監督の初陣となったコスタリカ戦、リオ五輪世代の選手が躍動した。
       遠藤航、室屋成、三浦弦太、中島翔哉、南野拓実の5名がスタメン。その中で南野が代表初ゴールを決めれば、中島は左サイドから何度も仕掛けて存在感を示した。
       途中出場した浅野拓磨と三竿健斗、そしてチーム3点目をマークした伊東純也もリオ世代で、計8名がプレーした。リオ世代の活躍は今後に向けて大きな収穫になったが、その中でとりわけ大きかったのは、遠藤のボランチとしての可能性が見えたことだろう。
      DFとしての起用が主だった。 遠藤はリオ五輪代表でキャプテンを務め、ボランチのポジションを務めていた。
       当時、遠藤は「センターバックとしては身長や体の大きさもあって、世界で戦うには限界がある。ボランチとして勝負したい」と言っていた。しかし、浦和では3バックや右サイドバックでの起用が主で、A代表でも同様の起用が多かった。
       複数ポジションができると言えば聞こえはいい。しかしそれは本職でプレーできず、使い勝手のいい立ち位置にとどまっていたということ。90分間フル出場することはまれで、それがロシアW杯メンバー入りしたものの、出場のチャンスを得られないまま終わった要因となった。
      「ベルギーに負けた時の悔しさは今までにないものだった。でも今考えると、W杯は中途半端に5分、10分出るよりは、まったく出ない方が自分は良かったかなと思っています。その悔しさを今後にぶつけられるんで」
       その悔しさを抱えてベルギーに移籍し、チームでは念願のボランチでプレーできている。それは遠藤にとって非常に大きかった。ロシアW杯以前は代表でいざボランチに入っても、視野や感覚を取り戻すのに時間がかかるハンディがあった。余裕を持ち切れないからかセーフティなプレーに終始し、他選手との違いを見せられなかったのだ。

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831871

      イニエスタへのファウルと負けん気。湘南・齊藤未月はU-19世代の闘将。

       最年長としてのプライド――その自覚を持って「戦う」こと。
       ポーランドで2019年に開催されるU-20W杯。その出場権が懸かるAFC U-19選手権は10月に開催される。U-19日本代表のMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)は、最年長としてチームを引っ張る重要な存在になっている。
       U-19日本代表は現在メキシコで、本番前の最後となる海外での腕試しのため、合宿を敢行している。
       第1戦は地元のU-19メキシコ代表と戦って1-1のドロー。
       第2戦はU-19ブラジル代表と戦い、再び1-1の引き分けと、来たるべき本番に向けて着々と準備を進めている。
       この合宿の直前、千葉県内でU-19ベトナム代表との親善試合を戦ったのだが、そこでチームの先頭に立って戦う齊藤の姿に目が釘付けとなった。
      味方が削られると怒りをむき出し。 キャプテンマークを巻きボランチとして出場していた齊藤は、持ち前のボール奪取力を発揮するべく、イーブンボールにも激しくアタック。中盤で次々とボールを回収していた。
       徐々にベトナムのアフタープレーによるファウルが増えていくと、味方がファウルを受ける度に闘争心、怒りをむき出しにする。そしてファウルされた仲間を気遣うなど、リーダーとして堂々たる振る舞いを見せていた。
      「やっぱりこのチームの最年長でキャプテンでもありますし。チームの先頭に立ってやらないといけないという、強い思いはあります。
       ああいうシーン(味方がアフタープレーのファウルを受けた時)でも、僕が率先して闘争心を見せることで、チームのボルテージも上がるので。それで、しっかりと局面で戦える試合にしたかったんです」

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831870
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ