サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      宮本恒靖監督でガンバはどう変化?大激戦の残留争い、3つの光明。

       宮本恒靖監督の力の入ったガッツポーズが、その勝利の重要さを表していた。
       ガンバ大阪はJ1第27節の清水エスパルス戦に2-1で勝利し、今季初のリーグ戦3連勝。このまま勢いに乗っていきそうな気配である。
       この日は前半26分までに2点を取るなど、攻守ともにいい流れで運んでいた。「3点目を早く取りたかった」と宮本監督が言うように、早く3点目を取れていれば試合は簡単に終わっていただろう。だがそこで追加点を取り切れず、後半にパワーダウン。相手が3バックにしてガンバのサイドを封じると防戦一方に。終了間際は自陣に張りつけにされた。
       以前までならここから同点にされ、最悪はひっくり返されていただろう。
       しかし、この日のガンバは違った。
       2度ポストに助けられる幸運もあったが、宮本監督は選手交代や3バック変更などでロングボールに対応。1点こそ奪われたが2-1で逃げ切って勝ち点3を獲得した。
      若手、システムを試し続けて。 3連勝の大きな要因は、2つある。
       まず、メンバーが固まってきたこと。簡単に言えば、役者が揃ってきたということだ。
       宮本監督になってからベストの戦い方を見極めるために、高宇洋らを筆頭とした若手の抜擢。多くのポジションで起用し、様々なシステムを試してきた。
       そこで結果が出ないと、外野からはどうしてもチームをイジり過ぎているように見えてしまう。実際、ガンバにも“主力メンバーを固定して戦うべき”という声もあった。だが、宮本監督はその風潮にも動じなかった。得点源であるファン・ウィジョがアジア大会に出場し、今野泰幸が故障するなどベストメンバーを組めない中でのやりくりという事情もあったが、そこを逆手に選手を見極め、システムを試す作業を続けた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831964

      鳥取・須藤大輔監督が貫く「俺流」。初の師弟対決と終わらぬ“感想戦”。

       J3降格から5年目の今シーズン、ガイナーレ鳥取は開幕から6戦負けなしと好スタートを切った。その後3連敗はあったものの、J2昇格圏である2位との勝ち点差はわずかに2。
       昇格が充分狙える位置にいながらにして、まだシーズンの3分の1が終わったばかりの6月初旬、監督交代に踏み切った。
       しかも新監督に指名されたのが、現役生活の大半をJ2でプレーして、日本代表の経験もない、引退後の指導歴も山梨学院大学サッカー部のコーチを4年間務めただけで、プロチームを指揮するのは初めての新米監督だったから、驚きは二重だった。
       誰よりも驚いたのはオファーを受けた須藤大輔その人だったかもしれない。湘南ベルマーレ在籍時にチームメイトだった吉野智行強化育成部長からオファーを聞き、返答までの時間の猶予は1週間ちょっと。それでも、躊躇はなかったという。
      「周囲の人からは、めちゃくちゃ難しい仕事になるぞって。監督経験のある先輩たちからは、よくオファー受けたなって。みんなに言われました。でも、実績のある人なら断ってもおかしくないこういったタイミングじゃなければ、きっと僕のような人間には声が掛からないんじゃないか。
       引退後ずっと夢見ていたJリーグの監督に向かって歩みを進めたかったなか、ここを逃したらチャンスはないと感じたので。自分のなかでは即決でした」
      及第点ではダメ、明確な結果が必要。 これがたとえば、成績が低迷して前任者が完全に求心力を失ったような状態のチームを立て直すのであれば、多少の成果をあげるだけでも認めてもらえるのかもしれない。
       けれど、前シーズンの最下位から反転、相応の積み重ねが見られたチームをさらに引き上げるのが、後任者に課せられたミッションなのだ。及第点ではダメ。明らかな結果を残さなければ、納得してはもらえない。
      「たしかに難しかったですね。今までこのチームが培ってきた哲学がありますから。それを上手く引き出しながら、ちょっとずつ、ちょっとずつ自分の色を出したかったんですけど。
       最初はなかなか自分の色が出せずに、試合も勝ったり勝てなかったりでした。でも、J3には8月に約1カ月の中断期間があったんです。ここでまとまったトレーニングの時間がとれたのは大きかった。
       もともとこのチームには攻撃力、カウンターには鋭いモノがありました。それを最大限に活かしながら、相手がブロックを組んできたときに、どう崩すのか。どうやって敵陣までボールを運んでいくのか。守備も引いて守るのではなく、まずは前から行くことに取り組んできました。そこが自分の一番やりたかった部分なので。いまのところ中断明けは負けなし(2勝3分)ですけど、取り組んできたことが結果につながっているのならうれしいですね」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831982

      U-17W杯出場をかけた運命の一戦!“02ジャパン”と森山監督の正念場。

       9月20日にマレーシアで開幕したAFC U-16選手権。出場しているU-16日本代表は、このままチームとして活動が継続できるかできないかの、文字通り「命運を左右する一戦」を、いよいよ迎えることとなった。
       グループAを首位通過し、準々決勝進出を果たした森山佳郎監督率いる“02ジャパン”(2002年生まれ以降の世代で構成される代表)は、来年ペルーで開催されるU-17W杯出場権を懸けて、オマーン代表と一発勝負の戦いを迎えるのだ。
       このU-16選手権で4位以内(準決勝以上)に入ればU-17W杯出場が決まる。だから、準々決勝はたった一戦でチーム存続か消滅かが決まる残酷な一戦とも言える。
      「決勝8チームで2グループに分けてリーグ戦をしたら、上位2チームに入れる力を日本は持っている。絶対に入れると思う。でも一発勝負は必ず勝ちきれるとは限らない。不確定要素が多すぎるからこそ、難しい」
       こう森山監督が語ったように、前回のチームは森山監督が率いて久保建英(横浜F・マリノス)、中村敬斗(ガンバ大阪)、菅原由勢(名古屋グランパス)ら錚々たるメンバーを擁し、アジアチャンピオンも余裕で狙える実力を持っていたにもかかわらず……苦戦したのである。
      イ・スンウにズタズタにされた誇り。 前回は特に、準々決勝のUAE戦では大苦戦を強いられ、瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)のゴールを守り切る形での1-0という辛勝だった。
       前々回のチーム(森山監督はコーチとして参加)は、堂安律(フローニンゲン)、冨安健洋(シント・トロイデン)という2人の現A代表選手を擁していたが、準々決勝で韓国を相手に0-2の敗戦。韓国のA代表としてロシアW杯に出場したイ・スンウ(べローナ)1人に守備網をズタズタにされて敗れ、U-17W杯の出場権を逃している。
       それほど実力以上の何かが働く、非常に厳しい戦いであることは間違いない。
       今回のオマーン代表との一戦で、02ジャパンは早くもこれまでの日本代表と同じ展開に身を置く形となったのだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832012
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ