サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      和製ロナウド矢野隼人の引退後10年。自らの挫折を伝えるS級指導者に。

       矢野隼人の名を記憶に留めている人はどれほどいるだろうか。
       1998年、帝京の超高校級ストライカーとして注目を集め、全国高校サッカー選手権大会で準優勝。1999年、高3で日本サッカー協会強化指定選手(現JFA・Jリーグ特別指定選手)となり、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)でJリーグデビュー。2000年、V川崎に加入し、いきなり9番のユニフォームを渡された。
       海外サッカーがいまよりずっと強い憧れとロマンをもって語られていた時代、そこかしこに何人もの和製〇〇が生まれた。矢野はその風貌とプレースタイルからブラジル代表の怪物ストライカーであるロナウドに喩えられ、盛んにメディアで取り上げられた。
       ほとんどはうたかたの夢と消え、矢野もまたそのひとりとなる。
       Jリーグ通算11試合0得点。2002年、東京Vで現役引退を決めた矢野が残した足跡のすべてだった。
      「刈谷から全国で通用する選手を」 以降、矢野の歩みは紆余曲折あった。サッカー界から完全に離れて中古車のセールスマンとなり、2007年JFLのFC刈谷で現役復帰、しかし腰を痛めて2年後に2度目の引退。ほぼ同時に立ち上げられた中学生年代の街クラブ、ホペイロ刈谷(現刈谷JY)で指導者の道に入った。
      「一度はサッカーを嫌いになって辞めたんです。だから、未練はありませんでした。刈谷で現役復帰し、残念ながらいい結果を残せませんでしたが、この選択に後悔はないですね。それまで大人の言葉に従ってサッカー人生を歩んできた僕が、初めて自分で決めたことでしたから。
       己の力で這い上がり、Jリーグの舞台に戻りたかった。今後は育成年代のスペシャリストになるのが目標です。刈谷から全国で通用する選手を育てたい」
       そう語っていた冬の日から、およそ10年の歳月が流れている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832019

      サッカーU-17W杯出場決定の先へ……。森山佳郎監督はアジア王者にこだわる。

      「勝てばW杯、負けたら解散という、『天と地』のような……。ここまで『絶対に勝たないといけない試合』を経験したことはなかった。でも、その中できっちりと勝ち切って、なおかつ自分も結果を残すことができて良かった。この経験ができたことは一番大きかった……本当にこの勝利は凄くでかいです」。
       試合後、U-16日本代表のエースストライカーである西川潤(桐光学園高)の表情は、安堵と抑えきれない興奮とが入り交じっていた。
       AFC U-16選手権準々決勝、U-16日本代表vs.U-16オマーン代表。
       この試合で勝てばU-17W杯出場が決まり、負けたらチーム解散という、まさに「天国と地獄」のどちらか1つが待ち構える決戦において、日本は2-1の勝利を収めて、2大会連続となるU-17W杯出場権を手にした。
       やはり、世界を決める決戦は非常にタフなものだった。
       立ち上がりから日本の選手の動きが固く、ミスも目立った。だが日本はそんな状況下で、相手の一瞬の隙を突いて先制点を奪った。
      「前は絶対に決めてくれると信じていたので」 14分、日本はMF成岡輝瑠(なるおか ひかる/清水エスパルスユース)がヘッドでボールを前に送り込むと、素早く落下地点にFW荒木遼太郎(東福岡高)が走り込み、裏のスペースに飛び出した西川へダイレクトでパスを送る。胸でコントロールした西川が、GKと1対1となりシュート。シュートはGKのファインセーブに阻まれたが、こぼれ球がDFに当たってそのままゴールラインを割った。
       しかし、22分に左サイドを崩されると、折り返しをヘッドで合わされ、すぐさま同点に追いつかれると、その後は攻め込みながらもオマーンの鋭いカウンターを受けるという展開が続き、接戦となった。
      「1点獲ってから失点するのが時間的に早くて、チームとしてもちょっと嫌な雰囲気がしていたので、ハーフタイムで全員に声をかけた」と西川が語ると、キャプテンのCB半田陸(モンテディオ山形ユース)も「前は絶対に決めてくれると信じていたので、自分達はとにかく失点をしないことを意識しました。1失点はしましたが、それ以上はないように集中し直しました」と教えてくれた。
       彼らは、ハーフタイムの時間にネガティブな雰囲気を一掃していたのだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832020

      本田圭佑のようなギラつきを見たい。U-16日本に森山監督が求める野心。

       AFC U-16選手権準々決勝のオマーン戦を勝利し“最低目標”だったU-17W杯の出場権を手にしたU-16日本代表。次なる目的である「アジアチャンピオンでのU-17W杯出場」を目指し、10月4日木曜日にオーストラリアとの準決勝を迎える。
      「(W杯は)世界相手に本気で戦って、本物の世界を垣間見られる唯一の場所。なので、そこに出続けるのは日本サッカーの未来にとって凄く重要で有意義なこと。今ここに来ている子達に負けたくない、W杯を目指したいというムードがこの年代全体に生まれること自体が、大きな意義なのだと思います」(森山佳郎監督)
       そんな「大きな意義」をつかんだ後だからこそ、そのまま燃え尽きるのではなく、さらなる闘争心と高い目標意識を持って戦い続けられるか――そこで今大会のメンバーの“真価”が問われるわけだ。
      準決勝のメンバーは大きく変える。 森山監督も準決勝のオーストラリア戦が持つ意義を深く理解している。
       単なる“決勝進出を目指す一戦”ではなく、チーム全体に奮起を促しつつ、選手個々のポテンシャルを測るための一戦と位置づけている。
      「準決勝のメンバーは(準々決勝のスタメンから)7、8人代えるつもりです。もしこれで負けたら叩かれるかもしれませんが、でもその中で1、2人は“こいつ使えるじゃん”っていう選手が出てくれば、これから先に大きな戦力になる。
       そのまま試合に使わないで所属チームに返したら、その選手が伸びるチャンスを失ってしまうかもしれない。やっぱり育成年代でもあるので、“もうひと伸び”のことを考えないといけない。グループリーグ第2戦のタジキスタン戦も(初戦のタイ戦からスタメンを)7人を代えて、かなり厳しい結果だったけど、“もう1回やってみろよ!”と言いたい」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832042
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ