サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      あの“名将”ベンゲルは今なにを?注目の次の就職先はどこが有力か。

      『フランス・フットボール』誌8月14日発売号は、その前週末に開幕を迎えたプレミアリーグを大々的に特集している。新シーズンの焦点になる20のトピックスやユルゲン・クロップのロングインタビュー、グアルディオラとモウリーニョのライバル関係などに加え、アーセン・ベンゲルが去りウナイ・エメリのもと不安を抱えながらも新たなスタートを切ったアーセナルにも誌面を割いている。
       同時に同誌は、22年間の長きにわたりアーセナルを指揮したベンゲルの今も取り上げている。今後の身の振り方についてまだ何も言及していないベンゲルは、これからの人生をどう過ごそうとしているのか。フィリップ・オクレール記者がレポートする。
      監修:田村修一
      穏やかな時を過ごすベンゲル。 アーセン・ベンゲルが今年のような夏を過ごすのは初めての経験である。
       リーグ・アンのナンシーで監督の仕事をはじめた1984年以来、彼にとって夏のバカンスは次のシーズンの準備に他ならなかった。
       アーセナルに来てからは、それはほとんど儀式化していると言っても過言ではなかった。イタリアでの休養の後、オーストリアの合宿を経て各地を回る。だが、それも今は昔の出来事である。
       今も、68歳という年齢をほとんど感じさせない。
       気持ちは常に溌剌として細身の体形を保ち、サッカーへの情熱はいささかの衰えもない。
       監督としての生活に別れを告げることなど、まったく考えたことがないのだった。
       とはいえ仕事をいつ再開するのかわからないままに、時間は容赦なく過ぎていく。その過ぎゆく時間、これまでの人生とはまったく異なるリズムでゆったりと流れる時間に浸れることに、彼は喜びを感じている。
       それは修道士のような禁欲的なイメージを身に纏ったベンゲルが、はじめて経験する人生の異なる側面の真実であった。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831751

      森保ジャパン、初陣コスタリカ戦に3-0快勝!! 南野が代表初ゴール、中島は充実のパフォーマンス!

       国際親善試合の日本代表対コスタリカ代表が9月11日、パナソニックスタジアム吹田で19時20分のキックオフで行なわれ、日本が3対0で勝利を収めた。

       森保一監督が就任後、初の公式戦となる新生日本代表はのスタメンは、GKに東口順昭、DFは右から室屋成、三浦弦太、槙野智章、佐々木翔の顔ぶれ。中盤はボランチに青山敏弘と遠藤航が入り、右サイドに堂安律、左サイドに中島翔哉。2トップは南野拓実と小林悠が起用された。佐々木と堂安がA代表デビューを飾った。


       日本はキックオフ直後から、アグレッシブなディフェンスとショートパスを主体としたコンビネーションで主導権を握る。青山、遠藤のボランチコンビを軸にスムーズなパス回しと連動した動きでコスタリカゴールに迫った。

       16分には、南野の突破でCKを得ると、中島のキックに佐々木がヘッドで合わせ、相手のオビエドのオウンゴールを誘発し、先制点を奪う。日本が森保ジャパン第1号となるゴールで、1対0とリードする。

       その後、試合は一進一退の攻防を見せ、コスタリカに際どいシーンも作られるが、GK東口の好守もあり、ゴールを許さない。一方の日本も中島、堂安が個人技で打開、コスタリカ守備陣に脅威を与える。

       39分、日本は遠藤の縦パスに対して、小林が絶妙な落としを見せると、タイミング良く走り込んだ南野が強烈なミドルシュート。ボールは枠を捉えていたが、相手GKのファインセーブに阻まれた。

       前半はこのまま1対0でタイムアップ。日本の1点リードでハーフタイムに入った。 ワールドカップのスターがDAZNに集結
      来季からはCL・ELも独占放映
      1か月無料トライアルはこちら!
       後半、日本はメンバー交代なくスタート。前半同様、立ち上がりから高い連動性を見せつける日本はコスタリカ陣内へ押し込む。

       56分には、中島のクロスに走り込んだ南野が決定的なヘディングシュート。しかし、これはうまくヒットせずボールは枠を外れてしまう。さらに60分、中島の突破からチャンスを広げると、小林のスルーパスに堂安が反応。左足でループシュートを狙うが、惜しくも相手の好守に阻まれた。

       日本の攻勢は途切れず、64分には佐々木のドリブルでの持ち上がりから、中盤のパス交換を経て抜け出した堂安が、再び決定的な右足のシュート。しかし、これも枠を外してしまった。

       再三の好機を外した日本だが、66分、ついに待望の追加点を奪う。右サイドでボールをキープし、タメを作った中島からのスルーパスに遠藤が反応。その折り返しを受けた南野が左足を振り抜くと、GKモレイラの右を破りゴールネットを揺らした。日本が南野の代表初ゴールで2対0とリードを広げる。

       日本は68分、小林に代えて浅野拓磨を投入。浅野は投入直後からスピードを活かしたスペースへの飛び出しで、日本の攻勢を継続。一方の守備でもコスタリカに付け入る隙を許さない。

       日本は75分、充実のパフォーマンスを見せた中島に代えて天野純を投入。79分には佐々木に代えて車屋紳太郎を投入した。

       その後も安定した試合運びを見せた日本代表は、コスタリカに得点を許さず、後半アディショナルタイムには途中出場の伊東純也がダメ押しの3点目をゲット。試合はこのまま3対0でタイムアップし、新生日本代表はリオ五輪世代の躍動で初陣を勝利で飾った。

      日本 3-0 コスタリカ|南野、伊東の代表初ゴールなど、3ゴールで森保監督初陣を勝利で飾る!守備陣は無失点!

      日本×コスタリカの美女サポーターたち!!
      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47098

      【日本代表】コスタリカ戦の堂安律は“和製イニエスタ”。なにより素晴らしかったのは…

       2018年9月11日にパナソニック・スタジアム吹田で行なわれた日本対コスタリカ戦で強さと巧さを示したのが、右サイドハーフとして先発出場した堂安律だった。
       
       相手に当たられても動じず、持ち前のテクニックでマーカーをひらりと交わす。もちろん細かいミスはあったが、A代表デビュー戦にしては落ち着いており、とりわけ守→攻への切り替えの局面でのトラップのクオリティが素晴らしかった。
       
       敵陣に身体の正面を向けたまま後方からのパスを受ける技術がなにより素晴らしく、まさに淀みなく前方にボールを運んでいた。またドリブルにこだわるのではなく、簡単に叩けるところは味方に預けるなどあまり無駄がなかった。
        ワールドカップのスターがDAZNに集結
      来季からはCL・ELも独占放映
      1か月無料トライアルはこちら!
       59分のループ気味のシュートは惜しくもGKとDFに防がれ、続く61のビッグチャンス(エリア内右からのシュート)も枠外だったが、ネガティブな印象はない。
       
       堂安のようにボールをキープできて、パスの出し手にも受け手にもなれる選手がいると、チームはだいぶ落ち着く。言ってみれば、コスタリカ戦の堂安は“和製イニエスタ”だった。
       
      取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)
       
      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47082
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ