サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      U-16日本代表が6大会ぶり史上最多3度目のアジア制覇 再戦タジキスタン撃破で来年のU-17W杯に華

       日本の若き世代が6大会ぶりのアジア王者に輝いた。マレーシアで開催されたU-16アジア選手権は7日に決勝戦を迎え、日本はタジキスタン相手に1-0で勝利。史上最多となる通算3度目の優勝を飾った。
      世代のスターを見つけろ!DAZN無料登録・見逃し配信実施中!
       日本が決勝で相まみえたのは、グループリーグでは0-0の引き分けに終わり、準々決勝では北朝鮮、準決勝は韓国をPK戦で破る勝負強さを見せてきたタジキスタンだった。序盤はその勢いに押された感もあり苦しい時間を過ごした。
       徐々にペースをつかんだ日本は前半23分、FW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)がドリブル突破に成功してGKと1対1になったが、シュートはセーブされてしまう。一方で、その1分後には逆に最終ラインをドリブルで突破されて1対1になったところをGK野澤大志ブランドン(FC東京U-18)がセーブ。さらに、そのプレーで与えたCKをニアサイドで合わせられたシュートも野澤がセーブと、両チームとも守護神が好プレーを見せた。
       互いに雨で濡れたスリッピーなピッチで、激しいプレーもミスも多くなった。両者が積極的にゴールへ迫ろうとするオープンな展開のなかで、日本は10番のFW西川潤(桐光学園高)がミドルシュートを放つチャンスもあったが先制点を奪うことはできず。前半は0-0で終えてハーフタイムを迎えた。
       後半に入ると日本がペースを握ったが、クロスの乱れも多くチャンスを逸する展開が続いた。しかし同18分、西川が放ったシュートが相手DFに弾かれると左サイドに流れたこぼれ球を拾ったMF中野瑠馬(京都サンガF.C. U-18)が中央へもう一度クロス。そこに入り直した西川が左足ボレーを決め、日本はほしかった先制点を手にした。
       その後もタジキスタンの圧力にも負けず攻撃的にゲームを進めた日本は、そのまま1-0で勝利。FW柿谷曜一朗(現セレッソ大阪)やMF山田直輝(現浦和レッズ)らを擁した2006年大会と、MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)らが中心だった1994年大会に続く史上最多となる通算3回目の優勝を飾った。アジア王者の称号を手にした若武者たちは、すでに2大会連続9回目の出場権を確保している来年ペルーで開催のU-17ワールドカップに乗り込んでいく。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/139839

      U-16日本代表が6大会ぶり史上最多3度目のアジア制覇 再戦タジキスタン撃破で来年のU-17W杯に華

       日本の若き世代が6大会ぶりのアジア王者に輝いた。マレーシアで開催されたU-16アジア選手権は7日に決勝戦を迎え、日本はタジキスタン相手に1-0で勝利。史上最多となる通算3度目の優勝を飾った。
      世代のスターを見つけろ!DAZN無料登録・見逃し配信実施中!
       日本が決勝で相まみえたのは、グループリーグでは0-0の引き分けに終わり、準々決勝では北朝鮮、準決勝は韓国をPK戦で破る勝負強さを見せてきたタジキスタンだった。序盤はその勢いに押された感もあり苦しい時間を過ごした。
       徐々にペースをつかんだ日本は前半23分、FW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)がドリブル突破に成功してGKと1対1になったが、シュートはセーブされてしまう。一方で、その1分後には逆に最終ラインをドリブルで突破されて1対1になったところをGK野澤大志ブランドン(FC東京U-18)がセーブ。さらに、そのプレーで与えたCKをニアサイドで合わせられたシュートも野澤がセーブと、両チームとも守護神が好プレーを見せた。
       互いに雨で濡れたスリッピーなピッチで、激しいプレーもミスも多くなった。両者が積極的にゴールへ迫ろうとするオープンな展開のなかで、日本は10番のFW西川潤(桐光学園高)がミドルシュートを放つチャンスもあったが先制点を奪うことはできず。前半は0-0で終えてハーフタイムを迎えた。
       後半に入ると日本がペースを握ったが、クロスの乱れも多くチャンスを逸する展開が続いた。しかし同18分、西川が放ったシュートが相手DFに弾かれると左サイドに流れたこぼれ球を拾ったMF中野瑠馬(京都サンガF.C. U-18)が中央へもう一度クロス。そこに入り直した西川が左足ボレーを決め、日本はほしかった先制点を手にした。
       その後もタジキスタンの圧力にも負けず攻撃的にゲームを進めた日本は、そのまま1-0で勝利。FW柿谷曜一朗(現セレッソ大阪)やMF山田直輝(現浦和レッズ)らを擁した2006年大会と、MF小野伸二(現北海道コンサドーレ札幌)らが中心だった1994年大会に続く史上最多となる通算3回目の優勝を飾った。アジア王者の称号を手にした若武者たちは、すでに2大会連続9回目の出場権を確保している来年ペルーで開催のU-17ワールドカップに乗り込んでいく。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/139839

      U-16日本代表の森山監督、アジア選手権3度目の挑戦で初優勝 「みんなで世界に挑戦しよう」

       日本の若き世代をアジアチャンピオンに導いた森山佳郎監督は、厳しいピッチ条件のなかでアジア王者を勝ち取った選手たちを満面の笑みで称えた。マレーシアで開催されたU-16アジア選手権は7日に決勝戦が行われ、日本はタジキスタンを1-0で破って2006年以来3回目の優勝を果たした。
      世代のスターを見つけろ!DAZN無料登録・見逃し配信実施中!
       タジキスタンはグリープリーグでは日本と同組で、その時は0-0の引き分けだった。決勝トーナメントに入ると、タジキスタンは北朝鮮と韓国をPK戦の末に破って決勝での再戦。それに加え、雨が降る厳しいコンディションだったこともあり、森山監督は選手たちが出した結果を大絶賛だった。
      「本当に相手チームは闘ってバトルをする。北朝鮮も韓国も勝てなかった相手にグラウンドも荒れたなかで頑張ってくれて素晴らしいと言いたいです」
       森山監督にとっては、自身3回目の挑戦でこの世代でのアジア王者獲得となった。その決勝点を導いたのは、「10番」を与えたFW西川潤(桐光学園高)だった。前半にも惜しいシュートがあった西川は後半18分、自身のシュートが相手DFに弾かれたところでもう一度ゴール前へ。そこに左サイドからMF中野瑠馬(京都サンガF.C. U-18)が中央に入れたクロスを、左足ボレーでゴールに沈めた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/139843
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ