サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      イニエスタへのファウルと負けん気。湘南・齊藤未月はU-19世代の闘将。

       最年長としてのプライド――その自覚を持って「戦う」こと。
       ポーランドで2019年に開催されるU-20W杯。その出場権が懸かるAFC U-19選手権は10月に開催される。U-19日本代表のMF齊藤未月(湘南ベルマーレ)は、最年長としてチームを引っ張る重要な存在になっている。
       U-19日本代表は現在メキシコで、本番前の最後となる海外での腕試しのため、合宿を敢行している。
       第1戦は地元のU-19メキシコ代表と戦って1-1のドロー。
       第2戦はU-19ブラジル代表と戦い、再び1-1の引き分けと、来たるべき本番に向けて着々と準備を進めている。
       この合宿の直前、千葉県内でU-19ベトナム代表との親善試合を戦ったのだが、そこでチームの先頭に立って戦う齊藤の姿に目が釘付けとなった。
      味方が削られると怒りをむき出し。 キャプテンマークを巻きボランチとして出場していた齊藤は、持ち前のボール奪取力を発揮するべく、イーブンボールにも激しくアタック。中盤で次々とボールを回収していた。
       徐々にベトナムのアフタープレーによるファウルが増えていくと、味方がファウルを受ける度に闘争心、怒りをむき出しにする。そしてファウルされた仲間を気遣うなど、リーダーとして堂々たる振る舞いを見せていた。
      「やっぱりこのチームの最年長でキャプテンでもありますし。チームの先頭に立ってやらないといけないという、強い思いはあります。
       ああいうシーン(味方がアフタープレーのファウルを受けた時)でも、僕が率先して闘争心を見せることで、チームのボルテージも上がるので。それで、しっかりと局面で戦える試合にしたかったんです」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831870

      北京五輪の落選ショックから10年。青山敏弘が森保Jで巻いた赤い腕章。

       開口一番、青山敏弘は「なにもできなかったね」と試合を振り返った。しかし、ネガティブな言葉とは裏腹に、その表情は充実感に満ちていた。
       確かに立ち上がりの青山は、何かがおかしかった。普段は味方の足下にぴたりとたどり着くはずのインサイドパスが、まるで精度を欠いてしまう。
       スピードが足りず、あるいは角度を狂わせ、ビルドアップもままならない。そんなシーンが、2度、3度。らしくないプレーが続いた。
      「緊張しましたね。久しぶりに代表でやって、慣れるのに時間がかかっちゃいました」
       冗談めかして答えたが、ポーカーフェイスの新たなキャプテンが、ひそかに重圧を感じていたのは間違いない。恩師の大事な初陣で、偉大なる前任者から腕章を引き継いでピッチに立つ。
       キャリア充分のベテランであり、チームでも主将の大役を長く務めるが、やはり日本代表という場所は別格なのだろう。思い通りにプレーができなかったことで、冒頭の言葉を発したのだ。
      日本代表と縁遠かった10年間。 それでも後半には立て直し、持ち味であるサイドチェンジやダイレクトの展開、試合終盤には得意のロングフィードで、かつての同僚、浅野拓磨とのホットラインを開通させている。
       もっとも充実の表情の背景は、決して自身のプレーにあるわけではない。「後ろから見ていて頼もしかった」という若きアタッカー陣の躍動に、チームとしての手応えを得られたからだろう。若手の活躍に目を細めるその表情からは、ベテランの貫禄がにじみ出た。
       今年で32歳。このチームでは最年長となる。しかし、Jリーグで3度の優勝を成し遂げ、2015年にはJリーグMVPを獲得した青山も、日本代表でのキャップ数はこのコスタリカ戦を含めても、2桁には達していない。
       日本代表とは縁遠い男の負の歴史は、2008年までさかのぼる。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831866

      Number欧州蹴球名鑑の作り方。選手キャプション「60字」の美学。

       2350名――。
       この数字は、9月12日に発売されたNumberPLUS「欧州蹴球名鑑」で紹介した、サッカープレーヤーの数だ。
       今年で刊行10年目となる「欧州蹴球名鑑」は、ヨーロッパの主要なサッカー・リーグのクラブ情報を今夏の移籍を踏まえて網羅した選手名鑑だ。イングランドのプレミア、スペインのリーガ、ドイツのブンデス、そしてイタリアのセリエAは全チームを、それ以外の国からはチャンピオンズリーグに出場する16チームをピックアップして掲載している。
       ちなみに今年は史上初めて2部に降格したドイツのハンブルガーSVが掲載されない「名鑑」となった。高原直泰も所属した名門の降格はサッカー史の事件だろう。
       巻頭に掲載された3本の記事や合計14本のコラムも他では読めない記事ばかりなので目を通していただきたいのだが、毎年「欧州蹴球名鑑」の最大の読みどころといえば、掲載した2000名以上の選手をそれぞれ60字、または80字程度で紹介した「選手キャプション」だろう。キャプションとは、写真の脇に掲載する短い文章のことだ。
       この選手キャプション、ひとことでいうと、作成するのがすごく大変である。
       まず、その膨大な数。リーグ所属のクラブを20チーム、各チームの選手を25人とすると、単純計算で1リーグあたり約500名の「紹介文」を書かなければいけない。
       レアル・マドリー、バルセロナ、ユベントス、バイエルン、マンチェスターのユナイテッド&シティといったビッグクラブに所属する選手であれば、欧州サッカー通の方々ならもしかしたら楽しんで書けるかもしれない。
       ただ、2部から昇格してきたばかりのチームやCLに出場する東欧のクラブとなると、もはやどう情報を集めていいのかすら、わからないことも多い。セルビアの「ツルベナ・ズベズダ」にいたっては、正しくクラブ名を言うことすら難しいという始末だ(英語名「レッド・スター」と聞くと、オールドファンは親近感がわくだろうか)。
      文字数制限に加えて「ハコグミ」。 次に書き手を悩ませるのが「60字、または80字」という字数制限だ。この短い文字数の中に、選手の特徴を的確に表現し、なおかつワールドカップでの活躍など今年ならではの旬な話題や、目に留まる個性的な情報を詰めこまなければいけない。そのため、ライターと編集者は「CK=コーナーキック」や「SB=サイドバック」といったアルファベット2文字の略称も駆使しながら選手情報を完成させていく。
       また「ハコグミ」というこだわりもある。ハコグミとは、文章の末尾の「。」が最下段の行の最後までピッシリ埋まり、モジが真四角に収まっている状態のこと。このほうが美しいレイアウトであるとされ、欧州蹴球名鑑ではなるべくハコグミで文章を書いてもらっている。そのための字数調整も生じるため、編集者のこだわりポイントのひとつになっている。
       60文字の短いキャプションには、フリーのライター、編集者たちの「ひと夏」の美学と努力がにじんでいるのだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831851
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ