サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      鹿島DF内田篤人、ACL初制覇へ「説教ですね」 8年半ぶり劇的ゴールも序盤2失点に苦言

       鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人は、3日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝、水原三星をホームに迎えた第1戦で試合終了間際に劇的な決勝ゴールを決めた。
       右サイドバックで先発した内田にも、チームにとっても悪夢の立ち上がりだった。まずは前半2分にコーナーキックをニアサイドで触ってコースを変えられると、ゴール前で守っていた内田が肩に当てたボールがオウンゴールになった。同6分には左サイドでのボールロストから、相手FWデヤン・ダムヤノビッチに角度のないところから決められた。わずか6分でアウェーゴール2点を含むビハインドを背負った。
       それもあり、内田は自身の決勝ゴールによる3-2の劇的な逆転勝利にも「早い時間帯に2失点したので、説教ですね」と厳しい言葉を残した。
       鹿島は前半にオウンゴールで1点を返すと、後半38分にはMFセルジーニョが同点ゴール。そして、最大のドラマが後半アディショナルタイム3分に訪れた。ほぼラストプレーと目された右サイド浅い位置からのFKをセルジーニョがゴール前に蹴り込むと、相手GKがパンチングしたボールを内田がシュート。一度は相手DFに当たって跳ね返ったが、再び内田がシュートを放つと相手に当たってコースが変わりながらゴールへと吸い込まれた。これが劇的な決勝ゴールとなった。
       内田は「自分たちで蒔いた種なので、ズルズルこうやって前半戦に勝てずに勝ち点を落としていた。今日は全員で勝利できた」と話し、さらに「運とかチャンスは簡単に転がってこないが、来た時にはそれを逃さないこと」と、経験から来る深みのある言葉を残した。
       ドイツで長年プレーして今季鹿島に復帰した内田の日本でのゴールは、2010年3月のACLグループステージのペルシプラ・ジャヤプラ(インドネシア)戦以来。約8年半ぶりの一撃が、クラブ史上初のアジア制覇を狙う鹿島に貴重な初戦の勝利をもたらした。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/138995

      鹿島の韓国人GK、主審の前で相手に蹴り&頭突き 決定的瞬間に韓国衝撃「理解できない」

       鹿島アントラーズは3日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の第1戦、水原三星(韓国)とのホームゲームで、立ち上がりに2失点するも終了間際に元日本代表DF内田篤人が劇的ゴールを決めて3-2と逆転勝利を収めた。この試合で鹿島の元韓国代表GKクォン・スンテが同胞の水原三星FWイム・サンヒョプと揉み合いとなる場面があり、韓国紙「スポーツ東亜」は「蹴り、頭突きと興奮でイエローカード」と報じている。
       試合は前半2分、CKからオウンゴールで鹿島が失点。さらに同6分、左サイドでDF山本脩斗のキックがブロックされると、FWデヤン・ダムヤノビッチに突破されて追加点を許した。反撃に出た鹿島は同21分、MFセルジーニョのクロスにFW鈴木優磨が飛び込み、相手の豪快なオウンゴールを誘発。そして鹿島が1-2と劣勢で迎えた前半44分に、その場面は起きた。
       水原三星が右サイドからクロスを入れると、鹿島ゴール前で競り合いとなった。相手MFヨム・ギフンのシュートをDF内田とGKクォン・スンテがゴールライン上で阻止し、こぼれ球を巡って混戦が生まれる。
       その際にクォン・スンテへのファウルで鹿島ボールの判定となったが、守護神が激高。同じく韓国出身の水原三星FWイム・サンヒョプに対して左足で蹴りを入れると、審判が仲裁に入った瞬間にクォン・スンテが頭突きをお見舞いしている。軽く当たった程度だったが、イム・サンヒョプがピッチに倒れ、両軍一触即発の状況に発展した。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/139000

      香川真司、今季初のCLベンチ外。ドルトムントはモナコに快勝し2連勝

      ボルシア・ドルトムント対モナコ【写真:Getty Images】
      【ボルシア・ドルトムント 3-0 モナコ CLグループA第2節】   現地時間2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節、ボルシア・ドルトムント対モナコはホームのドルトムントが3-0で勝利した。ドルトムントに所属するMF香川真司はベンチ外だった。
       ホームの大歓声を背にしてCLホーム開幕戦を迎えたドルトムントは試合を優位に運ぶが33分と39分のチャンスをものに出来ず。一方のモナコも17分にティーレマンスがフリーでミドルシュートを打つもドルトムントGKビュルキの好セーブもありこちらも得点を挙げられない。
       無得点が続く中で迎えた51分、後半から出場したブルン・ラーセンがサンチョのスルーパスをペナルティーエリア内で受けワントラップから右足でシュート、これが決まりドルトムントが先制する。勢いに乗ったドルトムントは69分にロイスが得たPKのチャンスをアルカセルが外してしまうが、直後の72分にゴール前でロイスのパスを受けたアルカセルがGKを交わし落ち着いて決めリードを広げる。
       リードを広げたドルトムントは終了間際にロイスがダメ押し点を挙げる一方でモナコ攻撃陣を無失点に抑え3-0で快勝した。
      【得点者】51分 1-0 ブルン・ラーセン(ドルトムント)72分 2-0 アルカセル(ドルトムント)90分+2分 2-0 アルカセル(ドルトムント)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/04/post291696/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ