サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「カガワは重要な役割を担う!」現地メディアがドルトムントと香川真司の近未来を予測

       ドルトムントに所属する日本代表MF、香川真司に光明が差し込んでいる。

       今シーズン、香川はブンデスリーガで開幕から3試合連続でベンチ外となり、一時は構想外とも見られていた。しかし、代表ウィーク中のテストマッチで結果を出し、チャンピオンズ・リーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦で交代出場から好プレーを披露。続く9月22日のブンデスリーガ4節のホッフェンハイム戦では初先発の機会を得るなど、徐々に評価を高めている。

       そんな日本代表MFは今後さらに出場機会が増える可能性が出てきている。というのも、トップ下のポジションを香川と争うドイツ代表MFのマリオ・ゲッツェがコンディションを落とし、指揮官リュシアン・ファーブルによる評価が急落しているからだ。 プレミア、リーガ、セリエAに加え、
      世界最高峰のCL&ELを独占放映!
      DAZN「1か月無料体験」はこちら

       ドイツ・メディア『SPOX.com』によれば、今シーズンからドルトムントに就任したファーブルは、プレシーズン中にロシア・ワールドカップに参加したメンバーを除く全員を見定めようとしたものの、ゲッツェは自身のハネムーンを理由に長期休暇を申請し、チームのアメリカ遠征に帯同しなかったという。

       これにファーブルは不満を抱いてしまったと伝える『SPOX.com』は、「ゲッツェがドルトムントで、ブンデスリーガの開幕から4試合で1分もプレーできていないのは初めての経験だろう」と綴っている。

       こうした報道に対してファーブルはドイツ衛星放送「Sky Sports」で、「ゲッツェに何ができるかは誰もが分かっている。だが、これは私の決断だ。彼をいま出していないのは、純粋に競技上の理由なんだ」と、あくまでチーム内の競争による起用法であることを示唆した。

       今後もゲッツェがこうした状況に置かれることになれば、必然的に香川の出場機会は増えてくるはずだ。イングランドのサッカー専門メディア『90MiN』は、かつてマンチェスター・ユナイテッドに在籍したサムライ戦士へ次のような期待を寄せている。

      「香川はファーブルの下で重要な役割を果たすことになるだろう。昨シーズンの後半戦はケガで離脱していたが、チーム最高の選手の1人であることに変わりはなかった。今、この日本人には忍耐が必要だ。そうすれば、必ずチャンスは訪れる」

       ゲッツェ以外にも中盤の攻撃的なポジションには、マフムード・ダフートやジェイドン・サンチョなど、豊富に駒を揃えるドルトムント。それだけに、香川が今後も厳しい競争を強いられることは間違いないが、そのなかで彼は、以前のように定位置を勝ち取ることができるだろうか?

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47718

      【札幌】「北海道とともに、世界へ」は実現できるのか? アジアを戦うチームとの違いを検証する

      [J1リーグ27節]札幌0-2鹿島/9月23日/札幌ドーム
       
       今季からミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任し、躍進を見せている札幌。後半戦に入ってからは、指揮官はもちろん選手たちも「ACL出場権を獲得したい」と積極的に発するようになり、かつては“エレベータークラブ”とも揶揄された札幌が間違いなく新しい歴史を作り出している。
       
       だが、26節で川崎に0-7のスコアで大敗すると、27節は鹿島に0-2で敗戦。今季二度目の2連敗を喫し、順位は7位に。「北海道とともに、世界へ」というスローガンを掲げる北国クラブは果たして、アジアへの船出を果たすことができるのか。この2連敗を踏まえ、あらためて検証をしてみたい。
       
       ACL出場を夢見るクラブにとって、今季のACLに出場している川崎、鹿島との対戦はひとつの試金石になる場面だった。だが、終わってみれば「川崎には力負け。鹿島には試合運びの部分で差を見せつけられた」(都倉)2試合になってしまった。
       
       そうしたなかで、ここでは鹿島戦にフォーカスして考えてみたい。残念ながら7点差で敗れた試合から課題を探し出したところでキリがない。やはり「内容的には悪いものではなかった」(福森)という鹿島戦のほうがヒントがありそうだからだ。
       
       この試合、全体を俯瞰する限りでは確かに互いにボールを持ち合い、五分に近い内容にも見えた。だが、内実としてはディテールを徹底し続けたことによって鹿島が完勝してしまったわけである。
        イニエスタ&F・トーレスを見逃すな!
      DAZNはJリーグを全試合LIVE配信
      「1か月無料体験」はこちら
       例えば24分に生まれた先制点は左利きの遠藤康が右足のワンタッチで、それも身長195センチの韓国人GKク・ソンユンの手が届かないところにしっかりと流し込んで得た得点である。また、リードして迎えた後半は意図してジェイへのパスコースを提供し、そこにパスが入ったところで一気にサンドする守備でボールを回収している。これについて33歳のDF石川直樹は「もっと全体を客観的に見ながら試合を進めなければいけない」と提言した。
       
       加えて札幌は後半、攻撃時に宮澤裕樹と深井一希を最終ラインに落とす形にして両翼を高く保つ布陣にしたが、結果的にその両翼に固執した戦いをしてしまっただけに、柔軟性も欠いていた印象がある。
       

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47720

      「リアルキャプテン翼くん!」 元日本代表MFも驚愕 中島翔哉の漫画級“超絶タッチ弾”

       ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉が、現地時間23日のリーグ第5節ギマラエス戦(3-2)で2得点1アシストの活躍を見せ、チームに今季初の勝ち点3をもたらした。ポルトガルで2年目を戦うアタッカーの華麗なプレーに、元日本代表MF石川直宏氏も「リアルキャプテン翼くん!」と驚愕している。
       森保一体制の新生日本代表で10番を背負った中島が、前半5分にいきなり魅せた。背後からのロングボールに反応すると、右足でピタリと正確なトラップを披露。巧みに足下に収めてキープすると、相手DFに囲まれながらも左足でシュートを放ち、ネットを揺らした。
       1-1で迎えた後半24分には、左サイドからパウリーニョへパスを通し、勝ち越しゴールをお膳立てした中島。2-2に追いつかれて迎えた同41分には相手DFのクリアミスを拾って独走し、GKとの1対1の場面でシャペウ(ポルトガルで帽子の意。浮き球で相手の頭上を抜くプレー)を見せ、勝ち越しゴールを決めた。
       海外メディアも日本人アタッカーの働きを称賛したなか、元日本代表MFの石川氏も反応。公式ツイッターで「ボールは友達」と綴り、「リアルキャプテン翼くんだな!!」と絶賛した。現役時代、横浜F・マリノスとFC東京で快足アタッカーとして名を馳せた石川氏だが、漫画の世界のような中島のボールタッチに惚れ込んだようだ。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/137355
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ