サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      森保U-21のエース候補、上田綺世。「得点能力は誰にも負けたくない」

       国際舞台でマークした3ゴールという結果は、上田綺世(うえだ あやせ/法政大)の心を満たすものではなかった。
       準優勝に輝いたアジア大会を終えたとき、上田に芽生えていたのは、たしかな自信ではなく、足りないものを身につけたいという強い欲求だった。
      「力不足を感じましたね。それは優勝できなかったからとかじゃなくて、自分の中で欲が芽生えたというか。もっと速く動きたいとか、もっと強くなりたいとか、自分に物足りなさを感じました」
       鹿島学園高時代は10番を背負って高校選手権に出場し、法政大1年の昨年は関東大学リーグで12ゴールをマーク。今では“大学ナンバーワン・ストライカー”との呼び声も高いが、これまでは決して脚光を浴びる存在ではなかった。
       昨年12月、東京五輪代表の立ち上げとなったタイ遠征に招集されたが、代表と名の付くものに選ばれたのは、このときが初めて。「大学選抜はありますけど、国体のメンバーとかにも入ったことがない。(メンバーの)ほぼ全員と初対面」(上田)という状態だったのだ。
      「大学生なので、プロに負けたくない」 だが、タイ遠征で2ゴールをマークして森保一監督の評価を勝ち取ると、負傷のために選考外だった1月のU-23アジア選手権を除き、3月のパラグアイ遠征、5月のトゥーロン国際大会、そして今大会とコンスタントに招集されてきた。
      「ベンチスタートの自分が途中から出たときに何ができるか、何をしないといけないのか、考えながら試合を見ていた。グループリーグでは多くのシュートを打ったけど点を取れなかった。
       国を背負って戦う選手として、決めなきゃいけないし、結果には絶対にこだわらないといけない。自分は大学生なので、プロに負けたくないという気持ちがある。やっぱりこういった経験が大事で、絶対に何かを持ち帰ろうという強い気持ちで毎回臨んでいるので、この試合でまたひとつ成長できたと思う」
       上田がそう力強く語ったのは、今大会初ゴールを奪ったラウンド16のマレーシア戦後のことである。

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831777

      レアルの日本人社員だった男。酒井浩之「実は言うほどお金がない」

       えっ、お金がない?
       第1のギャップは、そこにあったという。レアル・マドリー(スペイン)の正社員として働いていた酒井浩之氏の言葉だ。
      「もちろん、売り上げは大きいですが、出て行く額も大きい。だから、キャッシュフロー(収入から支出を差し引いて手元に残る資金の流れ)はごくわずかなんです」
       要するに、世間一般でイメージされているような金満クラブではない、と。確かに、マドリーには莫大な損失を出した場合、それを補填しうる大企業や大富豪が存在しない。そもそもクラブのオーナーはソシオと呼ばれる約9万人のクラブ会員だ。
       下手を打てば、大変な負債を抱え込んでしまう。サッカー界随一のブランド力を持つとはいえ、その上にあぐらをかいては経営破綻へ一直線。そんなシビアな環境にある、というのが、酒井氏の実感らしい。
       酒井氏は2015年3月、日本人としては初めて、レアル・マドリー大学院のスポーツマネジメントMBAコースに合格。そして、卒業と同時に同コースからただ1人マドリーへの入社が認められ、デジタル領域を中心としたコミュニティ・マネジャーとして、日本市場とのリレーションに従事していた。
      「スペインには本当にお金がない」 現在は独立し、株式会社『Hiro Sakai』の代表取締役。マドリーの正社員時代に築いた人脈を活かし、スポーツマーケティング関連のビジネス・コンサルティングや代理人業務など幅広い活動を行なっている。その酒井氏が、しみじみと語っていた。
      「スペインには本当にお金がない。だからこそ、いい加減な経営戦略では、とてもやっていけないんです」
       例えば、スタジアムツアーも資産を生かす施策の1つだ。日本代表が2002年にスペイン遠征でレアル・マドリーとフレンドリーマッチを行なったが、その際に日本の報道陣がスタジアムツアーに招待されたのを覚えている。ちょうど会長のフロンティーノ・ペレスの改革が始まった頃だ。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831799

      W杯もEUROもない年に真剣勝負を。フランスとドイツが新リーグで激突!

       ロシアW杯からふた月と経たないのに、欧州では今週、代表チームの黄金カードが予定されている。2014年と2018年の世界王者、ドイツとフランスが激突するのだ。しかも真剣勝負である。
       これは今季から隔シーズンで開催される『UEFAネーションズリーグ』の一戦だ。代表戦の価値を高めるために新設されたコンペティションである。
       かねてより欧州では、代表チームのフレンドリーマッチの意義が疑問視されていた。どれほどの好カードであろうと、そこに何も懸かっていなければ、意味を見出しにくい。それがマイナー国同士であれば関心はより薄くなり、観客を集めるのにもひと苦労するような状況にあった。
       また近年はチャンピオンズリーグやプレミアリーグの隆盛により、人々のフットボールへの欲求は、白熱するクラブレベルでほぼ満たされるようになっていた。ビッグクラブの方がクオリティーに優れ、移籍動向は常に大きな興味を引く。
       そして多くのクラブの監督は、代表の親善試合に所属選手が呼ばれることを好まない。大事な選手が実りの少ない試合で怪我でもされたら困るからだ。選手たちも覇気のない姿を見せることがままあり、ファンの足も次第に遠のいていった。
       W杯やEUROのような主要大会が近づかない限り、代表戦線に興味が湧かない。当然といえば、当然の反応かもしれない。
      EUROとW杯のない年も本気の勝負を。 UEFAはこの状況を深刻に受け止め、7年ほど前から議論を重ねてきた。そして2014年3月の総会で、ネーションズリーグの発足が満場一致で可決された。その記念すべき第1回大会が、今週のインターナショナルマッチウィークから始まるのだ。
       主旨はW杯とEUROのないシーズンにも本当の勝負を重ねて、欧州最強国を決めること。大会のフォーマットは次の通りだ。
       まずUEFAに加盟する55協会の代表チームが、UEFAランキングによってA~Dの4レベルのリーグに分けられ、各リーグのなかでさらに4つのグループに振り分けられる。最上位のリーグAと次点のBには12チーム、リーグCには15チーム、リーグDには16チームが属し、それぞれに3、4チームで構成される4グループが出来上がる。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831808
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ