サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      なぜ神戸は浦和に4失点と大敗したのか? 悪循環を生んだ“イニエスタ不在”と選手起用

       ヴィッセル神戸は23日のJ1 第27節、浦和レッズとのアウェー戦で0-4と大敗。前節終了後の監督交代による“ショック療法”も、即効性はなく4連敗を喫した。この日に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが欠場し、悪循環をピッチに生み出してしまった。
       神戸は新監督にフアン・マヌエル・リージョ氏を任命しているが、「就労環境が整うまでは、暫定体制で指揮」というクラブからの発表があったとおり、林健太郎暫定監督が指揮を執った。イニエスタは前節のガンバ大阪戦で負傷し、「今日まで様子を見て、無理する必要はないと。いないなかでの準備はしてきた」と、林監督が話した状況での欠場となった。
       3バックの浦和に対して、神戸も3バックをぶつけた。その狙いを林監督は「三田はサイドが不慣れだが、高橋と二人が重要という位置づけで送り出した。目指すものはボールを持つサッカーで、どうすれば浦和を相手にそうできるか。中盤で優位を取りたかった。右の高橋が縦に行くタイプなので、左の三田で落ち着かせたかった」と話した。
       しかし、そうしたサイドの狙い以上にイニエスタの不在が中央で響いた。その穴を埋めるかのように元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキをインサイドハーフで起用したが、最終ラインからのビルドアップに効果性がなく、仕方がないとばかりにポドルスキが最終ラインの手前まで下がって組み立てに力を割くばかりだった。時に「こうやってボールを動かすんだ」とレクチャーするかのように後方でのパス交換に入り、前線の迫力を著しく低下させた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/137303

      なぜ神戸は浦和に4失点と大敗したのか? 悪循環を生んだ“イニエスタ不在”と選手起用

       ヴィッセル神戸は23日のJ1 第27節、浦和レッズとのアウェー戦で0-4と大敗。前節終了後の監督交代による“ショック療法”も、即効性はなく4連敗を喫した。この日に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが欠場し、悪循環をピッチに生み出してしまった。
       神戸は新監督にフアン・マヌエル・リージョ氏を任命しているが、「就労環境が整うまでは、暫定体制で指揮」というクラブからの発表があったとおり、林健太郎暫定監督が指揮を執った。イニエスタは前節のガンバ大阪戦で負傷し、「今日まで様子を見て、無理する必要はないと。いないなかでの準備はしてきた」と、林監督が話した状況での欠場となった。
       3バックの浦和に対して、神戸も3バックをぶつけた。その狙いを林監督は「三田はサイドが不慣れだが、高橋と二人が重要という位置づけで送り出した。目指すものはボールを持つサッカーで、どうすれば浦和を相手にそうできるか。中盤で優位を取りたかった。右の高橋が縦に行くタイプなので、左の三田で落ち着かせたかった」と話した。
       しかし、そうしたサイドの狙い以上にイニエスタの不在が中央で響いた。その穴を埋めるかのように元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキをインサイドハーフで起用したが、最終ラインからのビルドアップに効果性がなく、仕方がないとばかりにポドルスキが最終ラインの手前まで下がって組み立てに力を割くばかりだった。時に「こうやってボールを動かすんだ」とレクチャーするかのように後方でのパス交換に入り、前線の迫力を著しく低下させた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/137303

      バルサDFの一発レッドに疑問噴出 “肘打ち”受けた相手も「誰のファウルでもない」

       バルセロナは現地時間23日、リーガ・エスパニョーラ第5節でジローナとの“カタルーニャ・ダービー”に臨み、2-2のドローに終わった。新加入DFクレマン・ラングレーのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による退場が響く形となったが、バルサのエルネスト・バルベルデ監督がこの判定に「理解できない」と述べれば、ファウルを受けたジローナMFもファウルではなかったと明かしたと、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。

       試合は前半19分にMFアルトゥーロ・ビダルのパスを受けたFWリオネル・メッシが冷静に決めて、バルサが幸先良く先制。しかし、試合の流れが大きく変わったのは同35分のこと。ラングレーが相手MFペレ・ポンスに肘打ちしたとしてVARが適用され、レッドカードが提示された。
       バルベルデ監督は試合後、報道陣に対し「試合を見ていて、レフェリーがVARを求めたのはラングレーの退場のためではなく、例えば相手選手への警告など、私たちに何か(有利なものを)与えてくれるためかと思った。だから、レフェリーの最後の判定には本当に驚いたね。ラングレーのファウルだとは思えない。自分を守ろうとしてはいたかもしれないが、肘打ちでは絶対になかった。彼と衝突したジローナのペレ・ポンスでさえ謝ろうとしてたんだ。退場では絶対にない」と疑問を呈した。
       そのうえでVARについては、「あのクレマンの件でVARを使うなんて思いもしなかったよ。少し驚いた。VARはレフェリーが誤審でメディアから責められる可能性があるような、大きな問題の時に使われるものだと考えていた。私が思うに、このシステムは形になってきてはいるが、VAR使用の条件について折り合いをつけようとしているところだね」との見解を示した。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/137350
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ