サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      槙野が明かす日本代表“焼肉会”の舞台裏 森保監督の支払いは「丁重にお断り」の真相

       10月シリーズに招集された日本代表の全選手が参加し、焼肉の決起集会が開かれたなか、DF槙野智章(浦和レッズ)が「無理を言って監督にお願いした」と選手主導で実現したことを明かした。チームを率いる森保一監督が食事代の支払いを申し出たなか、「丁重にお断りした」という。
       DF長友佑都(ガラタサライ)が13日に自身のSNSを更新し、「みんなで焼肉」という一枚の写真を投稿。10月シリーズに招集された全23選手が集まった食事会ショットを公開すると大きな反響を呼んだ。
       14日のトレーニング後に槙野が取材に応じ、食事会について言及。発端は槙野とFW大迫勇也(ブレーメン)だったという。
      「大迫選手と僕のところで何かできればと…。海外組は若い選手たちと初めてだったし、一回みんなでご飯を食べることが必要なんじゃないかということで、無理を言って監督にお願いしました。選手だけです。監督は『行って来い』と」
       12日に新潟でパナマと国際親善試合を行い、3-0と快勝。翌日の午前に現地でトレーニングし、同日午後に16日ウルグアイ戦の会場となる埼玉県までチームは移動した。その日、選手たちが集まり、親睦を深めるべく食事会が実現したようだ。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/141311

      日本代表も要警戒! 韓国戦黒星のウルグアイで奮闘する若き“レジスタ”を海外称賛

       FIFAランキング5位のウルグアイ代表は16日にキリンチャレンジカップで日本代表と対戦する。12日の国際親善試合では韓国に1-2と敗れたなか、今夏に名門アーセナルへ加入した22歳のMFルーカス・トレイラは孤軍奮闘していたと母国メディアが報じている。
       ウルグアイはFWルイス・スアレス(バルセロナ)やDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)は10月の連戦に招集されなかったものの、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やDFディエゴ・ゴディン(アトレチコ)ら主力を韓国戦のピッチに送り込んだ。しかし、試合は思わぬ展開を迎えた。
       0-0で迎えた後半21分、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)をペナルティーエリア内で倒してしまい、韓国にPKを献上。エースFWソン・フンミン(トットナム)のシュートはGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)がセーブするも、こぼれ球をファン・ウィジョに押し込まれ、先制点を許した。
       失点から6分後、ボックス内に侵入したトレイラの折り返しをMFマティアス・ベシーノ(インテル)が右足で合わせ同点に追いつく。しかし後半34分、CKからMFチョン・ウヨン(アル・サッド)に決勝点を奪われて1-2で敗れた。
       FIFAランキング55位の韓国に足をすくわれる結末に、ウルグアイメディア「テンフィールド」は「ウルグアイは敗者にふさわしい。完全なゼロだ。サッカーの生成と仕上げ方が欠落していた」と酷評していた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/141330

      日本代表も要警戒! 韓国戦黒星のウルグアイで奮闘する若き“レジスタ”を海外称賛

       FIFAランキング5位のウルグアイ代表は16日にキリンチャレンジカップで日本代表と対戦する。12日の国際親善試合では韓国に1-2と敗れたなか、今夏に名門アーセナルへ加入した22歳のMFルーカス・トレイラは孤軍奮闘していたと母国メディアが報じている。
       ウルグアイはFWルイス・スアレス(バルセロナ)やDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)は10月の連戦に招集されなかったものの、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やDFディエゴ・ゴディン(アトレチコ)ら主力を韓国戦のピッチに送り込んだ。しかし、試合は思わぬ展開を迎えた。
       0-0で迎えた後半21分、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)をペナルティーエリア内で倒してしまい、韓国にPKを献上。エースFWソン・フンミン(トットナム)のシュートはGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)がセーブするも、こぼれ球をファン・ウィジョに押し込まれ、先制点を許した。
       失点から6分後、ボックス内に侵入したトレイラの折り返しをMFマティアス・ベシーノ(インテル)が右足で合わせ同点に追いつく。しかし後半34分、CKからMFチョン・ウヨン(アル・サッド)に決勝点を奪われて1-2で敗れた。
       FIFAランキング55位の韓国に足をすくわれる結末に、ウルグアイメディア「テンフィールド」は「ウルグアイは敗者にふさわしい。完全なゼロだ。サッカーの生成と仕上げ方が欠落していた」と酷評していた。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/141330
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ