サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ビビるほど凄い同世代の敵サウジ。森保U-21はなぜ自信を漂わせるか。

       森保一監督がアジア大会の目標として掲げるベスト4まであとひとつ――。
       しかし、21歳以下の若き日本代表の前には、決して低くない壁がそびえ立つ。
      「映像を見てビビるというか、凄いなと思ったので、だいぶリスペクトしている部分はあります」
       8月27日の準々決勝の相手、サウジアラビアの印象についてそう語ったのは、3バックの中央を務める立田悠悟(清水エスパルス)である。
       立田が恐れを抱くのも無理はない。サウジアラビアはラウンド16で中国を4-3で下している。スコアを見れば大接戦だが、実際には後半半ばまでサウジアラビアが4-0とリードし、油断したゲーム終盤に追い上げられたゲーム。全体を通してみれば、サウジアラビアの攻撃力が際立っていた。
       なかでも強烈な存在感を放つのが、ワントップを張る9番、ムサ・カマラである。
      前戦ではハットトリックのFWカマラ。 カマラの公式記録にはなぜか身長が記されていないのだが、おそらく190センチ近い本格派のストライカーで、ラウンド16では中国の屈強なDFをモノともせずにハットトリックを達成している。
      「打開能力があって、スピードもテクニックも身体の強さもある」とは森保監督のカマラ評だ。指揮官は警戒心を強めたうえで、カマラ対策について明かした。
      「彼に気持ち良く仕事をさせないようにしないといけない。中盤には彼にパスを出せる選手、時間とスペースがない中でボールを受けてボールを動かし、配球できる選手がいるので、9番に出る前にしっかり止められるように。球際のバトル、しつこくやりながら、勇気をもって攻撃に関わってゴールに向かっていってほしい」

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831721

      森保U-21はサウジ戦で二兎を得た。中2日で最高の内容、サブにも火が。

       二兎を追って二兎を得る――。
       アジア大会準々決勝のサウジアラビア戦は、U-21日本代表と森保一監督にとってそんなゲームだったと言える。二兎とは、結果と成長のことだ。
       難敵サウジアラビアを2-1で振り切り、当初の目標であるベスト4進出を決めたあと、森保監督はこんなふうに語った。
      「試合に勝つという結果にこだわってやっていますけど、選手がちょっときつい状態でもプレーさせることも状況によって考えています。結果と個の成長、チームの成長という部分をいろいろと考えながら、選択していきたいと考えています」
       きつい状態でもプレーさせる――それこそ、個人の、チームの成長のためだろう。
       サウジアラビア戦はラウンド16のマレーシア戦から中2日のゲーム。そのため、メンバーを入れ替えることも予想されたが、蓋を開けてみれば、負傷したDF原輝綺(アルビレックス新潟)に代わってDF大南拓磨(ジュビロ磐田)が入っただけ。それ以外はマレーシア戦と同じメンバーだった。
      疲れはあるけどやるしかないな。「疲れはあります。けっこう来てます」とFW岩崎悠人(京都サンガ)は明かした。
      「前日練習でもフレッシュな選手が勢いを持ってやってプレーしていたので、代わるかなと思ったんですけど代わらなくて、やるしかないなって」
       疲労を抱える選手たちは、しかし、序盤からハイプレスを仕掛けたり、裏に飛び出したりと、指揮官の期待に応え、マレーシア戦で得た成功体験をさらに確かなものとするパフォーマンスを見せるのだ。
       また、サウジアラビアのシステムは4-2-3-1ないし4-3-3であるのに対し、日本は3-4-2-1だから、ピッチのあらゆる箇所でミスマッチが起こる状態だった。加えて相手のセンターフォワードのムサ・カマラは身長が190センチ近くあり、スピードと強さとうまさを備えた強力なストライカーである。
       その対策としてチャレンジ&カバーをはっきりさせるため、4バックに変更して2センターバックで対応することも考えられたが、指揮官はそうしなかった。それも選手の成長を考えてのことだろう。

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831738

      唯一無二の人、アブラモビッチは愛するチェルシーを売却するのか?

       イングランドにおける8月最後の週末は、クリスマス前の最後の祝日を含んで3連休。ショッピング目当ての地方からの旅行者でも賑わうロンドンでは、「サマー・セール」が最後の盛り上がりを見せる。
       今年、バーゲンを狙う必要などない世界的富豪の中にも、連休まっただ中の26日、『サンデー・タイムズ』紙のスポーツ1面で目にした「チェルシー・セール」の文字に、購買意欲をそそられた者がいたのではないだろうか。
       2003年からロシア人富豪のロマン・アブラモビッチが所有するチェルシーが、買い手を募るために、アメリカ系の投資銀行『レイン・グループ』と手を組んだと報じられたのだ。
       売り手の希望額は、推定20億ポンド(約2900億円)超。「夏の大売り出し」とは言えない額である。売却が実現すれば、13年前にマンチェスター・ユナイテッドが買収された際の約1150億円を軽く上回り、世界最高額でのクラブ買収となる。
      リバプールにも同等の買収話が。 しかし、世界で「最も観られているリーグ」として露出度抜群のプレミア勢は、投資対象としての商品価値もすこぶる高い。今回の報道は同紙による「2018年リッチリスト(国内長者番付)」で1位にランクされている英国人実業家が20億ポンドで出した買収オファーを、アブラモビッチが拒否していた事実にも改めて触れていた。時を前後して、リバプールもアブダビから同規模の買収話を持ちかけられていたことが公の知るところとなったばかりだ。
       リバプールは、強豪としての伝統でチェルシーをはるかに凌ぐ。昨季リーグでも、5位チェルシーの1つ上の順位でCL出場権を獲得した。だが、21世紀のステータスでは、チェルシーは勝るとも劣らない。
       リバプールは、過去18年間で通算5度目のCL優勝と計5回の国内カップ優勝を達成した。ただチェルシーは過去15年間でクラブ史上初のCL優勝と5回のプレミア優勝を含む「15」を数えるのだ。
       一昨季の収益に基づいた「マネーリーグ」(デロイト社編集)でも、チェルシーは約5億8000万円弱の差でリバプールよりも1つ上の世界8位につけている。クラブの収益力はスタンフォード・ブリッジの建て替えが実行されて収容人数が4万人強から6万人規模に拡大されれば、さらに高まる。加えて、在ロンドンという不変の魅力を備えているのが、チェルシーの実像なのである。

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831759
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ