サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ベッカム氏の新クラブ、メッシ獲得も? MLS参戦へ大物スター補強を計画

      インテル・マイアミの共同オーナーを務めるデイビッド・ベッカム氏【写真:Getty Images】
       元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるMLS(メジャーリーグサッカー)の新クラブ「インテル・マイアミ」は、目玉選手としてバルセロナのFWリオネル・メッシの獲得を試みることも考えているという。15日付英紙『デイリー・メール』が伝えた。
       ベッカム氏がオーナーの一人として設立準備を進めてきたマイアミの新クラブは、クラブの名称をインテル・マイアミとすることを今月5日に発表。2020シーズンからのMLS参戦に向けて本格的に動き出している。
       MLS参戦初年度の目玉として、欧州などから世界的なスター選手をチームに加えることも計画されているようだ。候補としてはユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドやバルサのDFジェラール・ピケの名前も挙げられていた。
       メッシを迎え入れることも検討されているという。現在31歳のメッシはバルサとの契約を2021年まで残しているが、「インテル・マイアミから大きなオファーが届いたとすれば本人もクラブも興味を惹かれるのではないか」との見通しが伝えられている。
       インテル・マイアミに近い筋からの情報によれば、現時点ではメッシとも他の選手とも具体的な接触は行われていないとのこと。2年後の始動に向け、ベッカム氏のクラブがどのようなメンバーを集めるかに今後も注目が集まりそうだ。

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/16/post289637/

      第1042回toto 飯塚健司の儲カルチョ

       川崎-札幌の上位対決は「1」とした。川崎は最近の公式戦3試合(J1&ルヴァン杯)で勝利していないが、札幌には過去17勝4分け1敗(天皇杯除く)と圧倒的に勝ち越している。しかも、川崎のホームゲームでは10戦全勝だ。札幌は好調だが、川崎にとっては“お得意さま”だ。日本代表に選出されていた車屋、守田、小林も戻ってくる。川崎に分がある。
       柏-清水は両チームとも残留争いに関わるが、どちらも不安定な戦いを続けている。とくに、柏は中村や中山が負傷しているため、守備に大きな不安がある。対する清水は鄭大世とクリスランが負傷していて、ドウグラスが出場停止。攻撃の駒不足が懸念されるが、ここまで9得点の金子、7得点の北川がいる。柏の守備と清水の攻撃を考えた場合、清水が有利だと判断した。

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180914/jle18091405000004-n1.html

      トレーニング費用制度を変更 契約する選手の小、中の所属先まで対象に

       日本協会は13日、東京都内で理事会を開き、クラブが新たにプロ契約するアマチュア選手の出身チームに支払うトレーニング費用の制度を変更し、中学、小学年代の所属先も対象に広げることを決議した。J1、J2などのカテゴリーに応じて金額に傾斜をつけたが、支払いは必須となる。
       小学年代にはJ1は10万円、J2は5万円を支払い、中学年代にはJ1は30万円、J2は15万円を支払うことになった。また、大学年代はこれまで全カテゴリー120万円で統一されていたものが、J1は120万円、J2は80万円、J3およびJFLは20万円に変更された。日本協会は「これまでは払ってない事例もあったが、今回は例外なくすべての対象者に支払ってもらう」と説明した。
       そのほか、47都道府県協会代表としての副会長に鳥取県協会の池田洋二会長(62)の選任が決議された。村井満Jリーグチェアマン(59)と岩上和道氏(66)に追加され、3人目の副会長となる。

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180914/jle18091405020003-n1.html
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ