サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ルヴァン杯準決勝は湘南対柏と横浜FM対鹿島に。湘南は22年ぶり4強進出

      YBCルヴァンカップ【写真:Getty Images for DAZN】
       JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の4試合が9日に行われた。
       セレッソ大阪に対して第1戦で3-0の勝利を収めていた湘南ベルマーレは、前半に2回のリードを奪われながらもすぐに追いつく。後半は2-2のままスコアが動かず、2試合合計5-2で湘南が22年ぶりのリーグ杯4強進出を決めた。
       ヴァンフォーレ甲府と柏レイソルは第1戦で2-2のドロー。柏ホームの第2戦はアウェイの甲府が前半にフェフージンのゴールで先制したが、後半には柏が瀬川祐輔のゴールで追いつく。2試合ともドローに終わったが、アウェイゴール数で上回る柏が準決勝へ進んだ。
       横浜F・マリノスは第1戦の時点でガンバ大阪に4-0と大きな差をつけていた。ホームでの第2戦にも伊藤翔の2ゴールなどで3-1の勝利を収め、2試合合計7-1で勝ち上がっている。
       第1戦を1-1で終えていた川崎フロンターレと鹿島アントラーズの対戦は、DFの山本脩斗が前半に2点を奪って鹿島がリード。後半には両チームが1点ずつを取り合い、2試合合計4-2で鹿島が準決勝へ駒を進めた。
       この結果、準決勝のカードは湘南対柏、横浜FM対鹿島に決定。準決勝はホーム&アウェイ方式で10月10日および14日に行われる。
       9日に行われた準々決勝第2戦の4試合の結果は以下の通り。
      C大阪 2-2 湘南柏 1-1 甲府横浜FM 3-1 G大阪川崎F 1-3 鹿島

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/09/post288720/

      フランス、エムバペ&ジルー弾でW杯後初勝利。オランダ相手に2-1

      先制ゴールを挙げたキリアン・エムバペ(中央)【写真:Getty Images】
      【フランス 2-1 オランダ UEFAネーションズリーグ リーグAグループ1第1節】  現地時間9日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4第1節のフランス対オランダは、ホームのフランスが2-1で勝利した。
       ロシアワールドカップで5大会ぶりの2度目の優勝を果たしたフランスが同大会出場を逃したオランダ相手に苦しみながらも勝利した。
       試合は14分にペナルティーエリア内でオランダDFのクリアミスを拾ったマテュイディが折り返すとファーサイドでフリーのエムバペが押し込みフランスが先制点を挙げる。その後は11人が自軍で守備ブロックを敷くオランダ相手にフランスはなかなかチャンスを作りだせないがDF陣もオランダ攻撃を抑え1点リードで折り返す。
       後半は運動量の落ちたフランスに対しオランダがボールを支配する時間が増える。すると67分、右サイドを崩しセンタリグ上げると中央でバベルがDFと競り合いながらも押し込みオランダが同点に追いつく。しかしフランスもW杯王者の意地を見せる。75分、左サイドからのセンタリングにジルーが左足のボレーシュートを決め逆転に成功する。
       結局これが決勝点となりフランスがオランダを2-1で下した。
      【得点者】14分 1-0 エムバペ(フランス)67分 1-1 バベル(オランダ)75分 2-1 ジルー(フランス)

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/10/post288772/

      ルヴァン杯準決勝は湘南対柏と横浜FM対鹿島に。湘南は22年ぶり4強進出

      YBCルヴァンカップ【写真:Getty Images for DAZN】
       JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の4試合が9日に行われた。
       セレッソ大阪に対して第1戦で3-0の勝利を収めていた湘南ベルマーレは、前半に2回のリードを奪われながらもすぐに追いつく。後半は2-2のままスコアが動かず、2試合合計5-2で湘南が22年ぶりのリーグ杯4強進出を決めた。
       ヴァンフォーレ甲府と柏レイソルは第1戦で2-2のドロー。柏ホームの第2戦はアウェイの甲府が前半にフェフージンのゴールで先制したが、後半には柏が瀬川祐輔のゴールで追いつく。2試合ともドローに終わったが、アウェイゴール数で上回る柏が準決勝へ進んだ。
       横浜F・マリノスは第1戦の時点でガンバ大阪に4-0と大きな差をつけていた。ホームでの第2戦にも伊藤翔の2ゴールなどで3-1の勝利を収め、2試合合計7-1で勝ち上がっている。
       第1戦を1-1で終えていた川崎フロンターレと鹿島アントラーズの対戦は、DFの山本脩斗が前半に2点を奪って鹿島がリード。後半には両チームが1点ずつを取り合い、2試合合計4-2で鹿島が準決勝へ駒を進めた。
       この結果、準決勝のカードは湘南対柏、横浜FM対鹿島に決定。準決勝はホーム&アウェイ方式で10月10日および14日に行われる。
       9日に行われた準々決勝第2戦の4試合の結果は以下の通り。
      C大阪 2-2 湘南柏 1-1 甲府横浜FM 3-1 G大阪川崎F 1-3 鹿島

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/09/09/post288720/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ