サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      オーバメヤン、アーセナルとの契約延長交渉打ち切りか。バルセロナやインテルが候補

      アーセナルのピエール=エメリク・オーバメヤン【写真:Getty Images】
       アーセナル所属のピエール=エメリク・オーバメヤンがクラブを退団する可能性が浮上しているようだ。6日付けの英紙『デイリー・ミラー』が報じている。  同紙では、アーセナルは2021年までとなっているオーバメヤンとの契約延長望んでいるが、オーバメヤン側は延長交渉を打ち切ったと伝えている。
       オーバメヤンは2018年に5600万ポンド(当時・約86億円)でボルシア・ドルトムントから加入した。今季リーグ戦10得点を挙げるストライカーは通算でも83試合で53ゴールを決めている。
       そんなガボン代表のエースはチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを希望しているようだ。アーセナルはリーグ戦15試合を消化した時点で10位、CL圏内の4位チェルシーとの勝ち点差は10と厳しい状況だ。
       なおインテルとバルセロナがオーバメヤンに興味を持っているとされている。特にインテルはアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの退団の可能性があり、代わりにリストアップしている模様だ。
       来年6月には31歳となるオーバメヤンがアーセナルを離れ新たなクラブでプレーするという選択をする事になるのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/12/09/post351962/

      オーバメヤン、アーセナルとの契約延長交渉打ち切りか。バルセロナやインテルが候補

      アーセナルのピエール=エメリク・オーバメヤン【写真:Getty Images】
       アーセナル所属のピエール=エメリク・オーバメヤンがクラブを退団する可能性が浮上しているようだ。6日付けの英紙『デイリー・ミラー』が報じている。  同紙では、アーセナルは2021年までとなっているオーバメヤンとの契約延長望んでいるが、オーバメヤン側は延長交渉を打ち切ったと伝えている。
       オーバメヤンは2018年に5600万ポンド(当時・約86億円)でボルシア・ドルトムントから加入した。今季リーグ戦10得点を挙げるストライカーは通算でも83試合で53ゴールを決めている。
       そんなガボン代表のエースはチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを希望しているようだ。アーセナルはリーグ戦15試合を消化した時点で10位、CL圏内の4位チェルシーとの勝ち点差は10と厳しい状況だ。
       なおインテルとバルセロナがオーバメヤンに興味を持っているとされている。特にインテルはアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの退団の可能性があり、代わりにリストアップしている模様だ。
       来年6月には31歳となるオーバメヤンがアーセナルを離れ新たなクラブでプレーするという選択をする事になるのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/12/09/post351962/

      本田圭佑、東京五輪出場への意欲は変わらず。森保監督に「連絡してほしい」

      フィテッセの本田圭佑【写真:Getty Images】
       オランダ1部のフィテッセに所属する本田圭佑は、来年夏に開催される東京五輪への出場に向けた意欲を改めて口にしている。
       ロシアワールドカップ限りで日本代表からは引退したが、オーバーエイジ(OA)枠での五輪出場を目指していることを公言してきた本田。所属クラブが決まらない状態が続いていたが、先月にはフィテッセへの入団が決まり、五輪に向けて再びプレーできる環境を取り戻している。
       東京五輪に臨むU-22日本代表を率いる森保一監督も、本田を本大会のメンバーに加える可能性を除外はしていない。先日の代表メンバー発表会見では、本田の出場している試合も全てチェックしていると話していた。
       本田は現地時間8日に行われたフェイエノールト戦の試合後に、改めて五輪への意欲を強調。「そのためにやっているので。オリンピックで、まず試合に出て勝つために、今自分が何をやらないといけないのか。トレーニングメニューも考えて、プレースタイルも変えながらやっているので、そっちのモチベーションしかないです」と語った。
      「森保さん、観ているなら観ているで、僕はもう出たいって言っているわけなので、何が必要なのか、アドバイスがあれば連絡しておいてほしいですね」と指揮官にも具体的なアクションを要請している。
       フィテッセに加入する上で大きな存在となった恩師レオニド・スルツキ監督が退任したこともあり、早くも冬の移籍市場での移籍の可能性にも言及している本田。だが今後の半年をどこで過ごすとしても五輪出場への思いは変わらないようだ。
      (取材:本田千尋【オランダ】、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/12/09/post351981/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ