サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      鎌田大地、セルビア代表FWとの“9番ユニ交換”写真投稿に元同僚反応 「兄弟」

       森保一監督率いる日本代表(FIFAランク28位)は、11日に行われたキリンチャレンジカップでセルビア代表(同25位)に1-0で勝利した。トップ下としてフル出場したMF鎌田大地(フランクフルト)は、対戦相手の“元同僚”とユニフォーム交換した様子を公式インスタグラムにアップしている。
       立ち上がりから全体的には日本がボールを保持する時間が長いものの、前半は両者ともビッグチャンスを作れず膠着状態に。試合が動いたのは、後半3分だった。鎌田の右コーナーキックをニアサイドでDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)がコースを変えてファーサイドに流すと、MF伊東純也(ヘンク)がフリーで走り込み押し込んだ。3日のU-24日本代表戦の先制ゴールと同じようなパターンでゴールを奪い、その1点を最後まで守り切った。
       データ分析会社「オプタ」によれば、鎌田はパス成功率91.1%(45本中41本成功)、敵陣パス成功率91.2%(34本中31本成功)と国際Aマッチで先発出場した試合では自己ベストの数値を叩き出した。
       試合後には自身のインスタグラムで、セルビア代表FWデヤン・ヨベリッチとお互いに「9番」のユニフォームを交換した2ショットを投稿。この日、シャドーでフル出場したヨベリッチは、2019-20シーズン途中まで鎌田と同じフランクフルトに在籍し、その後ベルギーのアンデルレヒト、今季はオーストリアのヴォルフスベルガーACに期限付き移籍していた。
       ヨベリッチは「いつだって兄弟に会えるのは素晴らしい」と投稿に対してコメント。今回は不在だったが、昨季までフランクフルトに所属し、今季からホッフェンハイムに完全移籍したMFミヤト・ガチノヴィッチも「兄弟」と返信し、ほっこりムードが漂っていた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/325882

      EURO開幕戦は記録ずくめ…イタリア代表の3得点、オウンゴールでの幕開けは史上初

       欧州の頂点を決める伝統の欧州選手権(EURO)が現地時間11日に開幕。オープニングマッチではイタリアがトルコに3-0で快勝したが、データ会社「OPTA」によると、史上初の事例もあったという。
       2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)への出場権を逃し、そこからロベルト・マンチーニ監督を就任させて復活を期すイタリア。予選を全勝突破して臨むことでも注目を集めた試合だが、前半こそ0-0だったものの試合の主導権は圧倒的にイタリアだった。シュート数14対0という数値は、前半の差としては2004年大会におけるオランダ対ラトビアで16対1の15本差が記録されたものに次ぐという。
       そして、後半8分の先制点はMFドメニコ・ベラルディのラストパスがトルコDFメリフ・デミラルに当たってゴールへ。オウンゴールと記録されたが、「EUROの歴史上で、大会初ゴールがオウンゴールだったのはこれが初めて」だという。また、同大会でこれが通算39試合目だったイタリアにとって、3得点したのが史上初だとされた。
       そして、トルコはこれがEUROとW杯を合わせて主要大会7回目の出場になったが、初戦の成績が7戦全敗に。主要大会に3回以上出場している国で、大会の立ち上がりが全敗の国はトルコのみであり、不名誉な記録が継続してしまったようだ。
       イタリアの強さが際立った試合になったが、これでイタリアは国際Aマッチで9試合連続無失点。1989年11月から1990年6月までの10試合連続無失点に次ぐ記録に伸ばしたとされた。
       史上初めて欧州各地での横断開催となる今回のEUROだが、1カ月後に頂点に立つのはどの国になるのか。熱戦の数々が期待される。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/325911

      モントリーボが語る“EURO2012と今のイタリアの共通点”、そして指導者の夢「ザックが日本でやったようにね」

       元イタリア代表MF、"賢人"ことリッカルド・モントリーボ独占インタビューの3回目。自身が活躍し、準優勝を遂げたEURO2012ウクライナ・ポーランド大会での甘苦の思い出を回想した前回に続く最終回は、群雄割拠のEURO2020に臨むアズーリの戦力分析、さらには自身の将来についても語ってくれた。(翻訳&構成 弓削高志)
      2012年と今のチームが似通っているワケ――9年前の大会で、智将プランデッリはイタリアに68年大会以来となる欧州制覇の夢を見せてくれました。彼が率いた2012年当時の代表チームと、ロベルト・マンチーニ監督による現代表チームに共通点があるとしたら、どんな点でしょう。
      ©GettyImages

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/848377
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ