サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ベッカムは“金食い虫”? 「イタリアに殴り込んだ12人の英国スター」を海外紙が選出

       インテルは現地時間17日、マンチェスター・ユナイテッドからイングランド代表MFアシュリー・ヤングを獲得した。英紙「ザ・サン」は、英国からイタリアに渡る珍しい移籍となったヤングにかけて、「イタリアサッカーに殴り込んだ12人の英国スター」と題して特集。元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムや同代表FWポール・ガスコインらが取り上げられている。
       英国系の選手が活躍している姿を見かける機会が少ないのが、イタリアのサッカー界だ。昨夏にはユナイテッドのイングランド代表DFクリス・スモーリングがローマへ、アーセナルに所属していたウェールズ代表MFアーロン・ラムジーがユベントスへ移籍。互いに出場機会を徐々に増やしているが、まだまだ大きなインパクトを与えているとは言えない。
       過去を見ても英国系の選手が活躍できていない。例えば、トットナムからラツィオに移籍し、イタリア挑戦を目指したガスコインもその1人だ。彼が移籍したことで「数百万人のイギリス人がイタリアのサッカーを見るようになった」と言われるほどの話題を呼んだが、言語の取得に時間がかかったこと、負傷に苦しんだこともあって、結果3シーズンで47試合6ゴールという結果しか残せず、スコットランドに渡ることになってしまった。
       リバプールで圧倒的なパフォーマンスを見せた元ウェールズ代表FWイアン・ラッシュはユベントスへと移籍したが、大きな成果を残すことができずに古巣に帰還。元イングランド代表FWポール・インスも海外クラブ初挑戦としてインテルへ移籍したものの、イタリアの生活に馴染めずに帰国の途につくことになったと取り上げられている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/241752

      まさに炎のランナー!? リバプール守護神、“9人抜き”の90m超ダッシュに反響「すごく好き」

       リバプールは現地時間19日、本拠地アンフィールドでのプレミアリーグ第23節で、マンチェスター・ユナイテッド相手に2-0と勝利を収めた。最少得点差で迎えた後半アディショナルタイム・ブラジル代表GKアリソンのロングフィードからエースのエジプト代表FWモハメド・サラーがダメ押しゴールを決めたが、海外メディアはその後アリソンが見せた“仲間9人抜き”の猛ダッシュに注目している。
       日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなったなか、リバプールとユナイテッドのナショナル・ダービーは白熱の展開となる。前半14分にセットプレーからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがヘディング弾を決めて先制。その後、ネットを2度揺らすもオフサイドとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入で得点は認められず最少得点差のまま、試合は後半アディショナルタイムに突入した。
       ユナイテッドのセットプレー崩れのボールをキャッチしたアリソンは、すかさず最前線のサラー目掛けてロングフィードを供給。自陣センターサークル手前から抜け出したサラーは、そのままドリブルで持ち込み、マーカーにチェックを受けながらもスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩してダメ押しの2点目を奪った。
       アリソンは得点が決まった瞬間に猛ダッシュ。ピッチを駆け上って次々と味方選手を抜き、敵陣のゴールライン際で喜ぶサラーの元へ一番乗りでたどり着くと、膝ダイブを見せてエースとともに歓喜に浸った。
       リバプール公式ツイッターは、「相手のゴール裏へ10秒以内。アリソンとサラーが拍手に応える(お辞儀)」と動画付きでレポートした。また、英紙「デイリー・スター」は約90メートルを疾走したダッシュに対するツイッター上の反応を紹介しており、あるユーザーはアリソンの走る姿に英映画「炎のランナー」の曲を乗せて投稿。他にも「シーズンのハイライトになる」「まさに私が見つけたいと思っていたものだ」「これはすごく好きだ」といったコメントが寄せられている。
       渾身のアシストとともに、アリソンの猛ダッシュはしばらく注目を集めそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/242038

      まさに炎のランナー!? リバプール守護神、“9人抜き”の90m超ダッシュに反響「すごく好き」

       リバプールは現地時間19日、本拠地アンフィールドでのプレミアリーグ第23節で、マンチェスター・ユナイテッド相手に2-0と勝利を収めた。最少得点差で迎えた後半アディショナルタイム・ブラジル代表GKアリソンのロングフィードからエースのエジプト代表FWモハメド・サラーがダメ押しゴールを決めたが、海外メディアはその後アリソンが見せた“仲間9人抜き”の猛ダッシュに注目している。
       日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなったなか、リバプールとユナイテッドのナショナル・ダービーは白熱の展開となる。前半14分にセットプレーからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクがヘディング弾を決めて先制。その後、ネットを2度揺らすもオフサイドとVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入で得点は認められず最少得点差のまま、試合は後半アディショナルタイムに突入した。
       ユナイテッドのセットプレー崩れのボールをキャッチしたアリソンは、すかさず最前線のサラー目掛けてロングフィードを供給。自陣センターサークル手前から抜け出したサラーは、そのままドリブルで持ち込み、マーカーにチェックを受けながらもスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの牙城を崩してダメ押しの2点目を奪った。
       アリソンは得点が決まった瞬間に猛ダッシュ。ピッチを駆け上って次々と味方選手を抜き、敵陣のゴールライン際で喜ぶサラーの元へ一番乗りでたどり着くと、膝ダイブを見せてエースとともに歓喜に浸った。
       リバプール公式ツイッターは、「相手のゴール裏へ10秒以内。アリソンとサラーが拍手に応える(お辞儀)」と動画付きでレポートした。また、英紙「デイリー・スター」は約90メートルを疾走したダッシュに対するツイッター上の反応を紹介しており、あるユーザーはアリソンの走る姿に英映画「炎のランナー」の曲を乗せて投稿。他にも「シーズンのハイライトになる」「まさに私が見つけたいと思っていたものだ」「これはすごく好きだ」といったコメントが寄せられている。
       渾身のアシストとともに、アリソンの猛ダッシュはしばらく注目を集めそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/242038
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ