サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      CL3季ぶりゴールのアザール、“完全復活”に向けてのヒント語る 「ピッチでもっと多くの…」

       レアル・マドリードは現地時間25日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)1次リーグの第4節でイタリアのインテルと対戦し、2-0で勝利した。この試合では、前半7分にベルギー代表FWエデン・アザールがCLで3年ぶりとなるゴールをPKで決めている。完全復活が期待されるアタッカーの試合後のコメントをレアル・マドリード専門メディア「DefensaCentral」が報じている。
       2019年夏に1億ユーロ(約122億円)の移籍金でチェルシーからレアルに加入したアザールだが、昨季は負傷が続き、稼働率は50%以下。今季も体重超過でチームに合流し、負傷もあって出遅れていた。
       この日、PKで先制点を挙げて2-0の勝利に貢献したアザールは、試合後の会見でスペイン語を披露。昨季までレアルに在籍していたウェールズ代表FWギャレス・ベイルは公の場でスペイン語を使わずに批判を浴びたが、チームに溶け込む姿勢を見せている。
       この試合を勝利したレアルは、グループ2位に浮上。アザールは「チームにとって良い試合だった。勝ち点3が最も重要だったが、残り2試合でもっと勝ち点が必要だ」と、語った。そして、自身の完全復活へ向けてのヒントも口にしている。
      「得点を挙げることは、僕にとって重要なんだ。でも、それ以上に大事なのが勝利だ。試合に勝ち続けたいと思うし、それが僕の頭のなかにあることだよ。(100%になるために必要なことは)ピッチでもっと多くの時間をプレーし、試合をすることだ。それともう少しの自信だね。とにかくピッチに立って、プレーすることだ」
       昨季は起用したい時にも、アザールが負傷していて起用できなかったジネディーヌ・ジダン監督にとっても、この発言は朗報のはず。レアル加入2年目で、いよいよアザールが本領を発揮することになるだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295193

      鬼木監督が明かす川崎の強さの“秘訣” 工夫重ねた先発11人「ベストというのはまだ全然ない」

       首位を独走する川崎フロンターレが25日、J1リーグ第29節ガンバ大阪戦で5-0の勝利を収め、4試合を残しての史上最速優勝が決まった。2位G大阪との直接対決で完勝。3試合を残して優勝した名古屋グランパス(2010年)、ヴェルディ川崎(ステージ優勝/1995年NICOS)を抜いて最速Vとなり、2年ぶり3度目の頂点に輝いた。圧倒的な強さを見せたシーズンとなったが、鬼木達監督は先発11人について「ベストというのはまだない」と明かした。
       2位G大阪との直接対決で引き分け以上なら優勝が決まる一戦。90分間、川崎が攻守に置いて圧倒した。前半22分、G大阪のカウンターを阻止してからの展開で、左サイドバックのDF登里享平がグラウンダーのクロスを入れると、飛び出したFWレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて先制。さらに、前半終了間際に魅せたのがMF家長昭博だった。CKからL・ダミアンが頭でつないだボールを家長が左足で押し込んで追加点を奪った。
       後半開始からも川崎は攻撃の手を緩めない。同4分、三笘のパスに再び家長が合わせてゴール。同28分には家長がハットトリック達成となるチーム4点目を叩き込んだ。後半45分には、途中出場のMF齋藤学が決めて5-0とし、直接対決で文句なしの強さを見せた。
       4節残して史上最速V、さらにこの日で勝ち点3を積んで同75とし、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズ(勝ち点74)を抜いて、最多記録を更新。24勝で最多勝利となる記録ずくめの優勝となった。
       圧倒的なシーズンとなった今季。負傷者や過密日程によるコンディション調整などでスタメン11人を固定することなく、毎節のようにメンバーを入れ替えながら臨んだ。川崎の強さの秘訣はここにあった。指揮官は日々の練習からベンチワークの工夫を想像し、ベストメンバーを選択していた。
      「コンディションのところを頭に入れながらやっている。あとは自分たちのチームのストロングをどの選手同士で組み合わせればいいのか。その試合に対して、時間帯も含めてスタートからガンガンいけるのか、後半でパワーを使うのか。自分が選手を毎日見ているので、信じながらやっている。1試合に対してはどこでいつパワーを使うのか意識してやっている」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295032

      鬼木監督が明かす川崎の強さの“秘訣” 工夫重ねた先発11人「ベストというのはまだ全然ない」

       首位を独走する川崎フロンターレが25日、J1リーグ第29節ガンバ大阪戦で5-0の勝利を収め、4試合を残しての史上最速優勝が決まった。2位G大阪との直接対決で完勝。3試合を残して優勝した名古屋グランパス(2010年)、ヴェルディ川崎(ステージ優勝/1995年NICOS)を抜いて最速Vとなり、2年ぶり3度目の頂点に輝いた。圧倒的な強さを見せたシーズンとなったが、鬼木達監督は先発11人について「ベストというのはまだない」と明かした。
       2位G大阪との直接対決で引き分け以上なら優勝が決まる一戦。90分間、川崎が攻守に置いて圧倒した。前半22分、G大阪のカウンターを阻止してからの展開で、左サイドバックのDF登里享平がグラウンダーのクロスを入れると、飛び出したFWレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせて先制。さらに、前半終了間際に魅せたのがMF家長昭博だった。CKからL・ダミアンが頭でつないだボールを家長が左足で押し込んで追加点を奪った。
       後半開始からも川崎は攻撃の手を緩めない。同4分、三笘のパスに再び家長が合わせてゴール。同28分には家長がハットトリック達成となるチーム4点目を叩き込んだ。後半45分には、途中出場のMF齋藤学が決めて5-0とし、直接対決で文句なしの強さを見せた。
       4節残して史上最速V、さらにこの日で勝ち点3を積んで同75とし、2015年のサンフレッチェ広島と2016年の浦和レッズ(勝ち点74)を抜いて、最多記録を更新。24勝で最多勝利となる記録ずくめの優勝となった。
       圧倒的なシーズンとなった今季。負傷者や過密日程によるコンディション調整などでスタメン11人を固定することなく、毎節のようにメンバーを入れ替えながら臨んだ。川崎の強さの秘訣はここにあった。指揮官は日々の練習からベンチワークの工夫を想像し、ベストメンバーを選択していた。
      「コンディションのところを頭に入れながらやっている。あとは自分たちのチームのストロングをどの選手同士で組み合わせればいいのか。その試合に対して、時間帯も含めてスタートからガンガンいけるのか、後半でパワーを使うのか。自分が選手を毎日見ているので、信じながらやっている。1試合に対してはどこでいつパワーを使うのか意識してやっている」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295032
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ