サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ミラン、ペップとアヤックスSDのW獲り目指す。最後のリーグ優勝は10シーズン前

      マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】
       ミランはマンチェスター・シティで指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督の招聘を狙っているようだ。
       19日付けの伊紙『フットボール・イタリア』はスペインメディア『ムンドデポルティーボ』の報道としたうえで、グアルディオラ監督とアヤックスでSD(スポーツディレクター)を務めるマルク・オーフェルマルス氏の獲得を計画していると伝えている。
       今季のミランはリールからFWラファエル・レオン、フランクフルトからクロアチア代表FWアンテ・レビッチなど積極補強を行うもリーグ戦8試合が消化した時点で12位と低迷している。そんな状況もありクラブは指揮官と編成トップの入れ替えを検討している模様だ。
       しかしグアルディオラ監督はシティと2021年、オーフェルマルス氏はアヤックスと2024年まで契約を結んでいることから、2人を招くためには資金が必要になってくるだろう。
       リーグ18回の優勝を誇るミランが最後にセリエAで優勝したのは2010/11シーズンまで遡ることになる。チャンピオンズリーグ(CL)にも2013/14シーズンを最後に出場から遠ざかる名門は大物2人を獲得することが出来るのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/10/21/post343804/

      オランダ代表監督、バルセロナからのオファー来れば退任も。SD「いつか望んでいる」

      オランダ代表を指揮するロナルド・クーマン監督【写真:Getty Images】
       オランダ代表監督を務めるロナルド・クーマン氏にはバルセロナからのオファーがあった場合には同代表監督を退任出来る契約になっているようだ。
       この契約の存在を明らかにしたのは同代表でSD(スポーツディレクター)を務めるニコ・ヤン・ホーフマ氏だ。同氏は20日付けのオランダメディア『フォックス・スポーツ』のインタビューでバルセロナからのオファーがあった場合、クーマン監督が望めば代表チームを去ることも可能だと明かした。
       続けて「カタールワールドカップまでは一緒に仕事をすることを願っている」と2022年まである契約を全うしてもらう事を望む一方で「ロナルドはいつの日かバルセロナの監督になることを望んでいる」とも語っている。
       クーマン監督は1989年から1995年までバルセロナでプレーしていた。通算252試合に出場しリーグ優勝4度、チャンピオンズリーグも1度制するなど一時代を築いた人物だ。
       指導者としてはアヤックスやPSV、バレンシアなどでタイトル獲得経験を持ち、2018年2月からオランダ代表に就任した。6月に行われたUEFAネーションズリーグでは準優勝に終わったものの、EURO2020予選ではグループ首位を走っており2大会ぶりの本大会出場が迫っている。
       そんな56歳には今年5月、現在バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督の後任候補としても名前が挙がっていただけに両者のタイミングが合えば古巣復帰の可能性も十分あるかもしれない。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/10/21/post343806/

      オランダ代表監督、バルセロナからのオファー来れば退任も。SD「いつか望んでいる」

      オランダ代表を指揮するロナルド・クーマン監督【写真:Getty Images】
       オランダ代表監督を務めるロナルド・クーマン氏にはバルセロナからのオファーがあった場合には同代表監督を退任出来る契約になっているようだ。
       この契約の存在を明らかにしたのは同代表でSD(スポーツディレクター)を務めるニコ・ヤン・ホーフマ氏だ。同氏は20日付けのオランダメディア『フォックス・スポーツ』のインタビューでバルセロナからのオファーがあった場合、クーマン監督が望めば代表チームを去ることも可能だと明かした。
       続けて「カタールワールドカップまでは一緒に仕事をすることを願っている」と2022年まである契約を全うしてもらう事を望む一方で「ロナルドはいつの日かバルセロナの監督になることを望んでいる」とも語っている。
       クーマン監督は1989年から1995年までバルセロナでプレーしていた。通算252試合に出場しリーグ優勝4度、チャンピオンズリーグも1度制するなど一時代を築いた人物だ。
       指導者としてはアヤックスやPSV、バレンシアなどでタイトル獲得経験を持ち、2018年2月からオランダ代表に就任した。6月に行われたUEFAネーションズリーグでは準優勝に終わったものの、EURO2020予選ではグループ首位を走っており2大会ぶりの本大会出場が迫っている。
       そんな56歳には今年5月、現在バルセロナを指揮するエルネスト・バルベルデ監督の後任候補としても名前が挙がっていただけに両者のタイミングが合えば古巣復帰の可能性も十分あるかもしれない。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/10/21/post343806/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ