サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「CR7不在でも問題なし?再起を図るポルトガル代表で評価を急上昇させている5人」

      欧州王者として臨んだロシアW杯でベスト16に終わったポルトガル代表。ウルグアイの堅守の前に頼みの綱であるクリスティアーノ・ロナウドは完全に封じ込まれ、チームとしての“一種の限界”を感じさせられる敗戦となった。
      W杯大会終了後、上述のエースは代表ユニフォームを身に着けることに距離を置いているが、その一方でチームが好調を維持していることはご存じだろうか。
      W杯準優勝国であるクロアチアを含めた、イタリア、ポーランド、スコットランドとの4戦で3勝1分の成績を残し、ここまで「CR7依存」を微塵も感じさせない再スタートに成功している。
      そこでここでは、クリスティアーノ・ロナウドが不在の現ポルトガル代表において、その評価を飛躍的に上昇させているプレーヤーを筆者なりの見解で選出してみたい。
      アンドレ・シウヴァAndre Silva
      1995年11月6日生まれ(23歳)
      ポジション:CF

      ゴンサロ・グエデスと共に「クリスティアーノ・ロナウドに代われる存在」として期待されたW杯では、屈辱の結果に終わってしまったが、名誉挽回とばかりに気を吐いている。
      イタリアとスコットランドとの試合で共に1ゴールずつを記録し、再スタート後の代表では3試合に出場して2得点と、まさにエース級の働き。
      現在、チームは基本フォーメーションをこれまでの2トップから3トップに変更しているが、そのシステムチェンジも功を奏し、最前線で確かな存在感を放っている。
      また、鳴かず飛ばずであったミランから移籍したセビージャで大爆発している点も代表チームにとって嬉しい材料と言えるだろう。
      フランス代表FW、ウィサム・ベン・イェデルと破壊力抜群のコンビを組み、ラ・リーガでは既に7得点を上げているが、これはあのリオネル・メッシと並び「ゴールランキング4位」という成績である。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/11/09/portugal-national-team-column-cullen-1

      ウルグアイ代表メンバー発表!日本戦からの変更点は?(2018/11/8)

      ウルグアイ代表は8日、今月の国際親善試合に向けた22人の招集メンバーを発表した。
      先月のアジア遠征で韓国、日本に連敗を喫したウルグアイ。今回は欧州へ遠征し、ロンドンでブラジル代表、パリでフランス代表と対戦する。
      ワシントン・タバレス監督は、先月のアジア遠征を負傷で見送ったルイス・スアレス、カルロス・サンチェスを呼び戻し、エリック・カバコ、マティアス・スアレスの2名を初招集した。
      一方、ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー)は先月に続いて負傷で外れ、来日メンバーからはナイタン・ナンデス(ボカ)、カミロ・マジャダ(リーベル)が今週末に行われるコパ・リベルタドーレス決勝のために選出外となっている。
      GK:
      フェルナンド・ムスレラ / Nestor Fernando Muslera Micol
      (ガラタサライ/TUR)
      マルティン・カンパーニャ / Martín Nicolás Campaña Delgado
      (インデペンディエンテ/ARG)
      DF:
      ディエゴ・ゴディン / Diego Roberto Godín Lea
      (アトレティコ・マドリー/ESP)
      セバスティアン・コアテス / Sebastián Coates Nión
      (スポルティング・リスボン/POR)
      エリック・カバコ / Erick Cathriel Cabaco Almada
      (レバンテ/ESP)
      マルティン・カセレス / José Martín Cáceres Silva
      (ラツィオ/ITA)
      マティアス・スアレス / Mathías Sebastián Suárez Suárez)
      (デフェンソール)
      マルセロ・サラッチ/ Marcelo Saracchi
      (RBライプツィヒ/GER)
      ディエゴ・ラクサール / Diego Sebastián Laxalt Suárez
      (ミラン/ITA)
      MF:
      ルーカス・トレイラ / Lucas Sebastian Di Pascua Torreira
      (アーセナル/ENG)
      マティアス・ベシノ / Matías Vecino Falero
      (インテル/ITA)
      ロドリゴ・ベンタンクール / Rodrigo Bentancur Colmán
      (ユヴェントス/ITA)
      ニコラス・ロデイロ/ Nicolás Lodeiro
      (シアトル・サウンダース/USA)
      フェデリコ・バルベルデ/ Federico Valverde
      (レアル・マドリー/ESP)
      カルロス・サンチェス / Carlos Andrés Sánchez Arcosa
      (サントス/BRA)
      ジョルジアン・デ・アラスカエタ / Giorgian Daniel de Arrascaeta Benedetti
      (クルゼイロ/BRA)
      FW:
      ジョナタン・ロドリゲス/ Jonathan Javier Rodríguez Portillo
      (サントス・ラグーナ/MEX)
      ガストン・ペレイロ/Gastón Rodrigo Pereiro López
      (PSV/END)
      マクシ・ゴメス / Maximiliano (Maxi) Gómez González
      (セルタ/ESP)
      クリスティアン・ストゥアーニ / Christian Ricardo Stuani Curbelo
      (ジローナ/ESP)
      エディンソン・カバーニ / Édinson Roberto Cavani Gómez
      (PSG/FRA)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/11/09/uruguay-national-team-20181108-hys-1

      酒井宏樹を開花させた“レドミ”。横浜FCでも光るブラジル式の思考。

       11月4日、雨の三ツ沢で行なわれたJ2、横浜FCと大分トリニータの一戦。J1昇格を争う上位陣の直接対決を制したのは、ホームの横浜だった。
       後半に先制されながら、3点を取り返して逆転。大分を首位の座から引きずり下ろすとともに、自らは昇格プレーオフ進出はもちろん、自動昇格となる2位以上にも望みをつないだ。
       横浜FCの3ゴール、そのすべてはレアンドロ・ドミンゲスの右足から生まれた。
       67分の同点弾は、彼の放ったミドルシュートがバーを直撃、そのはね返りを永田拓也が頭で押し込んだ。73分、カルフィン・ヨンアピンの逆転弾、そして79分の田代真一のダメ押し弾は、どちらもレアンドロの左サイドのフリーキックから。
       特筆すべきは、3ゴールがいずれも異なる球種から生まれたということだ。
       1点目のミドルは横っ跳びするキーパーを巻くようなアウトサイド、2点目はキーパーと守備陣の間に落とすようなキックで、3点目はニアに走り込む田代にぴたりと合わせるストレート。
       キックの多彩さと精度の高さには舌を巻くしかない。
      圧倒的な技術と視野の確保。 レアンドロは柏レイソル在籍時の2011年、J1昇格即優勝の快挙の立役者となったが、このときチームメイトだった工藤壮人は彼のキックを次のように評した。
      「彼はどんなタイミングでも、どんな角度にでもパスを出すことができるから、ストライカーは自分の好きな形で動き出せばいい。そうすると、絶妙なラストパスが出てきますから」
       つまり、どんなタイプのストライカーにも合わせられるということ。これほど頼りになる存在もいない。
       当然、敵はレアンドロを抑えることに神経を使うが、それでもなかなか抑えられない。それは圧倒的な技術に加えて、頻繁に首を振って視野を確保しているからだ。だから素早く前を向くことができるし、次のプレーの選択にも迷いがない。彼のプレーを見ていると、いつも敵の背後を突くことを最優先に考えていることがよくわかる。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832450
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ