サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      長友佑都はなぜ走り続けられたのか?圧巻の走行距離とそのエネルギー源としてのMCT。

       ロシアW杯での長友佑都の1試合平均走行距離は、10.9km。
       大会に登録された全736選手のうち、24位タイの数字だ。しかも、このランキングには15分ハーフの延長戦を戦ったチームの選手(ロシア、スペイン、クロアチア、デンマーク、コロンビア、イングランド)が含まれており、この国の選手たちを除けば、14位タイに躍り出る。
       その上、日本代表はポーランドとのグループリーグ最終戦のラスト10分間、自陣でひたすらパスを回し続け、0-1のまま試合を終わらせることを選択した。この試合のチーム総走行距離は83kmで、セネガルとの第2戦の105kmから20km以上も減っているのだから、長友個人の数字は驚異的と言える。
       ところが、長友自身は“数字”の先を見ていた。
      「走る距離だけを競うのならば、まだまだ走れたと思います。フィジカルコンディションも、すごく良かったので。ただし、サッカーは駆け引きだったり、走るタイミングや質が大事になる。それを考えると、走る距離自体も、走りの質も、まだまだ上げていけると確信しています」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831454

      自ら率先してエコノミークラス。森保一監督が示した誠意と気遣い。

       人柄がにじみ出ていた。9月8日、札幌から大阪への移動便。日本代表の森保一監督は、20席しかない上級シートを選手に譲り、堂安律、冨安健洋、伊藤達哉ら若手と一緒にエコノミークラスに座った。
       '00年シドニー五輪と'02年W杯日韓大会を指揮したフィリップ・トルシエ氏以来2人目となるA代表と五輪代表の兼任監督。U-21代表を率いてアジア大会(8月14~9月1日、インドネシア)に出場したため、8月11日から無休で働き続けていた。
       誰よりも疲労が蓄積していたはずだが、率先して手狭な座席に体を押し込めた。
       気遣いの人だ。森保監督は親善試合について話す際、スポンサーに配慮し「キリンチャレンジカップ」と必ずと言っていいほど冠名を付ける。
       9月6日に起きた北海道胆振東部地震の影響で、翌7日のチリ戦が中止になると、札幌合宿中だったチームも被災したにもかかわらず、被災者に寄り添うメッセージを送り続けた。
      4バックは西野前監督への敬意。 迎えた初陣。9月11日のコスタリカ戦も、森保監督らしい采配を見せた。J1リーグを3度制した広島やU-21日本代表では3-6-1を基本布陣としてきたが、この試合では16強に進出したロシアW杯と同じ4-2-3-1システムを採用した。
      「W杯にコーチとして参加させてもらい、西野(朗)監督から学ばせていただいたことを先につなげたかった」
       前任者をリスペクトする意味を込めていた。
       試合前のミーティングで森保監督は「個人の特徴を思い切って出してほしい」と指示したという。ピッチでは南野拓実、中島翔哉、堂安らフレッシュな力が躍動。1対1で積極的に仕掛ける場面が多く、攻撃陣の個性が表れた内容だった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831918

      降格候補、まさかのプレミア上位。ワトフォードのキャラと癖が凄い!

       リバプール、マンチェスター・シティ、チェルシーに続く4位に、見慣れない名前がある。
       プレミアリーグ開幕前は降格候補にも挙げられていた弱小ワトフォードにとって、最初の6試合で4勝1分け1敗は堂々たる成績だ。「ホーネッツ(スズメバチ)」の愛称を体現するように、第4節では強豪トッテナムにも“ひと刺し”を食らわせた。その充実ぶりに、気が早い一部のメディアやファンは「新たなレスターか」と色めき立った。
       フォーメーションはいまどき珍しい中盤ボックス型の4-4-2。スタメンは開幕から完全固定。ここまで、ブライトンとの開幕戦を除く5試合でボール支配率が相手を下回っているが、プレッシングがよく効いていて、高い位置でボールを奪って即時発動するカウンターのキレ味もなかなかだ。
       シンプルながら規律正しく、強度の高いパフォーマンスは、なるほど2015-16シーズンに奇跡の優勝を成し遂げたレスターと通じるところがある。
      レスターにたとえるなら……。 レスターにたとえるなら、このチームには「リヤド・マフレズ」と「ジェイミー・バーディー」がいる。マフレズ役はロベルト・ペレイラ。元ユベントスのアルゼンチン人MFは、アリエル・オルテガに憧れるファンタジスタだ。それでいて、ボールリカバリーの回数がチームでトップクラスの選手でもあり、現チームの戦術にもよくフィットしている。
       バーディー役は、エースで主将のトロイ・ディーニー。ワトフォード生まれのボクシング世界ヘビー級統一王者、アンソニー・ジョシュアと親友だという彼は、自身もプレミア屈指のパワーを持つヘビー級のFWだ。
       ガッチリと前線でボールを収めることができるし、デュエルにも滅法強い。バーディーとは比較しがたい鈍足だが、アマチュアから這い上がってきたキャリア、労をいとわず前からガツガツとボールを奪いにいく姿はレスターの英雄と似通っている。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831997
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ