サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      アルゼンチン暫定監督、“メッシ依存”から脱却のチーム作りに着手「それができれば…」

       アルゼンチン代表はFWリオネル・メッシ(バルセロナ)というスーパースターを擁しながら、この10数年間で国際大会のタイトル獲得を逃し続けている。失意のロシア・ワールドカップ(W杯)を終えてリオネル・スカローニ暫定監督が就任したなか、“メッシ依存”からの脱却を目指しているようだ。スペイン紙「AS」が報じている。
       アルゼンチンはホルヘ・サンパオリ前監督体制下、ロシアW杯南米予選最終戦でメッシがハットトリックの活躍を見せて苦しみながらも突破。本番のグループステージでは、大会準優勝のクロアチアに0-3と完敗を喫したが、2位通過を果たした。しかし16強で大会を制したフランスに3-4と敗れ、世界一を逃した。
       4度目のW杯挑戦も悔しさにまみれたメッシは、9月と10月のアルゼンチン代表招集を見送られた。そのなかでスカローニ監督率いる新生アルゼンチンはグアテマラに3-0、コロンビアに0-0。そして現地時間11日に行われたイラク戦では4-0と一定の結果を残している。
      「メッシが将来的にいてくれれば嬉しいよ。彼は世界最高の選手だからね」
       試合終了後の会見で指揮官はこのように話した。今回の試合では、メッシだけでなくFWゴンサロ・イグアイン(ACミラン)、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)も不在で、スカローニ氏は暫定監督ながらチーム再建を託されている。それだけに「もし彼がいなければ我々はチームとしてプレーしなければいけないし、それができるようになれば、打ち破るのが難しいチームとなれるはずだ」と語っている。
       スカローニ暫定監督は「現状は11月まで任期があり、その後は分からない。選手たちは代表でプレーを続けられれば幸いだし、他の選手と融合できれば」と展望している。自身の去就は不透明ながら、メッシ抜きでも戦えるチーム作りを推し進めようとしているようだ。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/141071

      ベンゼマに中国から65億円オファー? レアルは乗り気も本人が難色か

      レアル・マドリーのカリム・ベンゼマ【写真:Getty Images】
       レアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマに対し、中国のクラブから巨額のオファーが届いているという。スペインメディア『ドン・バロン』が12日付で伝えている。
       2009年からマドリーに所属し、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐ得点源として多くのタイトル獲得に貢献してきたベンゼマ。だが昨季はリーガエスパニョーラでわずか5得点に終わり、批判の対象となることも多かった。
       ベンゼマを支持していたジネディーヌ・ジダン前監督が去ったこともあり、マドリーはベンゼマを売却することを望んでいるとみられている。買い手を見つける上では高額の年俸がネックとなるが、金銭的に十分なオファーが中国から届いたという。
       具体的な中国のクラブ名は明らかにされていないが、高額年俸に加えて移籍金5000万ユーロ(約65億円)を提示するクラブが現れたとのこと。マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は1月にもオファーに応じる姿勢だとされている。
       だが中国行きが実現するかどうかは、ベンゼマ自身の意志次第となるかもしれない。ベンゼマはマドリーを離れるとしても1月ではなくシーズン後に、アジアではなく欧州のトップクラブへ移籍することを望んでいるという。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/14/post293031/

      ルヴァン杯決勝は白熱の“神奈川ダービー”! 湘南、PK戦制し柏破り初ファイナルへ

      湘南ベルマーレ【写真:Getty Images for DAZN】
      【湘南 2-2(PK:5-4) 柏 ルヴァンカップ準決勝第2戦】
       YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の試合が14日に行われ、湘南ベルマーレと柏レイソルが対戦した。
       10日に行われた第1戦では、開始早々の1分に柏の瀬川祐輔が先制点を決めるが、9分に湘南の菊地俊介が同点ゴールを決めて1-1の引き分けに終わっている。ただ、湘南がアウェイゴール1点を奪う形となった。
       そして迎えた第2戦。試合開始して28分、柏の選手がクリアしたボールを石川俊輝がダイレクトで流し込み湘南に先制点が入る。しかし70分、柏の大谷秀和が同点ゴールを決めて振り出しに。そのまま決着がつかず、試合は延長戦に突入した。
       93分に湘南の坂圭祐が先に勝ち越しゴールを奪うが、113分に柏の山崎亮平が同点弾。2-2のままで120分が終わり、試合の行方はPK戦に委ねられた。先行は湘南となり、最初のキッカーである杉岡大暉は冷静に決める。後攻の柏FWクリスティアーノもしっかりとボールをネットに突き刺した。
       2番手は両者成功させたが、3番手の湘南FW梅崎司は失敗。対する柏の手塚康平は成功。しかし、4番手で柏の江坂任が失敗しイーブンに。5番手は両者成功するが、6番手で柏の山崎亮平が失敗。結局、PK5-4で湘南が初の決勝進出を果たしている。湘南は決勝戦で横浜F・マリノスとの“神奈川ダービー”に挑む。
      【得点者】28分 1-0 石川(湘南)70分 1-1 大谷(柏)93分 2-1 坂(湘南)113分 2-2 山崎(柏)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/14/post293033/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ