サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      もはや超ゴールマシン!堂安律、あれこそ「自信あるシュート」だそう

      11日に行われたオランダ・エールディビジ第12節、フローニンゲン対ヘーレンフェーンのダービーマッチ。
      この試合にはフローニンゲンの堂安律、ヘーレンフェーンの小林祐希が両者先発。そしてインパクトを残したのは堂安の方だった。
      1-0で迎えた前半38分、ペナルティエリア右わずかに外で溜め、サイドの追い越しを囮にカットイン。すかさず左足を振り抜き、ゴール左上に叩き込んだ!
      38' BAM! DIE ZIT!

      Wat een schot van DOAN!! 2-0

      (2-0)#grohee pic.twitter.com/6oGtVynxPj
      — FC Groningen (@fcgroningen) 2018年11月11日マン・オブ・ザ・マッチ‼️#堂安律 pic.twitter.com/LS18pWTAR1
      — FCフローニンゲン (@FCGroningen_JP) 2018年11月11日『NOS』によれば、マン・オブ・ザ・マッチにも輝いた堂安は以下のように話し、あれが自信を持って蹴り込めるシュートだったと明かした。
      堂安律

      「まずはダービーというのは置いておいて、ホーム戦で勝ちたかったですし、その相手がヘーレンフェーンだったということは大きいと思います。

      PSV戦からチームが良くなっているのを個人的にも感じていますし…。PSV戦は結果としてはあまり良くはなかったですけど、エクセルシオールに勝って、この試合も勝てているというのは、あの試合がきっかけとしていい意味があったのだと思います」

      「(シュートについて)あのコースはトレーニングの後に練習していますし、自信を持って蹴り込めると思っているシュートですから、打ちました」

      「外国でプレーしているのにわざわざ足を運んでもらっている以上、恥ずかしいプレーはできないですし、その中で素晴らしいゴールを見せることができて…。

      まあ祐希くん(小林祐希)との対戦もあったので、それに勝つことができてよかったです」



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/11/12/doan-ritsu-super-goal-against-heerenveen-kgn-1

      レアル・マドリー敗訴…「ユニフォームの独自フォント」は却下

      昨季からラ・リーガでは全チーム共通のフォント(タイポグラフィ)を導入している。
      ただ、レアル・マドリーはこれを不服として、提訴していた。『Cadena SER』によれば、このほどこの係争についての判決が出たようだ。
      #CarruselConfidencial Te lo cuenta @antonmeana

      "Esta es la sentencia: La Liga le gana el juicio al Madrid sobre la tipografía de las camisetas" pic.twitter.com/RG2V4b3R8k
      — Carrusel Deportivo (@carrusel) 2018年11月10日それによると、レアルの訴えは棄却され、リーガ側が勝訴したとのこと。また、レアルは裁判費用の負担も科せられた模様。
      レアル側は「Z」などが強調される書体を希望していたというが、第一審では敗訴となってしまった。

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/11/12/la-liga-wins-real-madrid-traial-on-rypography-iks-1

      川崎優勝から1年。岡山一成がついに見つけた夢は選手兼監督。

       川崎フロンターレの2連覇王手に、ソワソワする奈良在住、レジェンドOBの姿が頭に浮かんだ。
       昨年は初優勝を信じて当時の背番号「32」のユニホームを着込んで川崎まで襲来し、サポーター席の最前列で甲高い声を張り上げながら応援していた、あの人。
       優勝が懸かる大一番、フロンターレは10日にアウェーでセレッソ大阪と対戦する。奈良からも近いし、鼻息荒くして乗り込んでくるはずだと思って電話を掛けてみた。試合前に会って、お茶でもしようよ、と。どうせコーヒー3杯おかわりして話も長くなるだろうから、試合の5時間前ぐらいでどうですか、と。
       すると、「行けないんすよ~」とつれない返事。その人、岡山一成は何度も「ごめんなさい」を繰り返した。
      1000%で川崎愛を語った男が。 聞けばダゾーンのJ2京都vs.千葉戦の解説が入っているとのこと。それにセレッソ大阪は、2001年シーズンにプレーした思い入れのあるクラブ。どっちかに肩入れすることもできないとか。
      「というより解説のお仕事とかやらせてもらって、いろいろとフラットにJリーグを見ようとしているんですよ~。京都のホーム最終節を解説させていただけるのは光栄。お仕事、しっかりやってきます」
       どうした、オカ。
       勢い1000%でフロンターレ愛を昨年末に語っていた人とは別人のようだ。
       でもストンと胸に落ちた。昨季はシーズンを終え、長年にわたって在籍したJFLの奈良クラブと契約満了になり、「次の夢を見つけられないまま」でいた。“岡山劇場”発祥の等々力で優勝をつかもうとする古巣からエネルギーを得るために、力いっぱいの声援をぶつけた。
       今年7月に放送され、中村憲剛が登場したNHKのスポーツエンターテインメント番組「グッと!スポーツ」では優勝を決めてスタンドで弾けていたレジェンドが発見できる。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832471
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ