サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      パナマ代表監督、日本協会との“約束”明かす 「W杯メンバー15人以上の合意があった」

       日本代表と12日に国際親善試合で対戦するパナマ代表のガリー・ステンペル監督は、試合前日の記者会見でこの試合のメンバー選考にあたり、日本サッカー協会(JFA)とパナマサッカー連盟の間に取り決めがあったことを明かした。
       パナマは今年のロシア・ワールドカップ(W杯)に初出場を果たしたが、結果はグループリーグ敗退だった。日本が6大会連続出場を果たし、決勝トーナメント進出も手にしたことを念頭に置いてか、ステンペル監督は「明日の日本との対戦は、私たちにとって大きな挑戦。日本は経験値も知名度もある。私たちのW杯に出場したメンバーだけでなく、良い対戦機会になると思っている」と話した。
       一方で、4年に1回の大舞台を終えて「私たちはU-20や五輪世代の選手を多く起用して試している」段階にあることを明かした。日本代表も同様に、若手にチャンスを積極的に与えている段階にある。しかし、今回のパナマ代表の来日メンバーには15人のW杯出場選手が含まれた。その理由は、監督がそうしたかったわけではないことを明かしている。
      「(9月の)ベネズエラ戦と明日のメンバーは違っている。今回の日本との対戦は、JFAとパナマ連盟の間で少なくともW杯のメンバーを15人以上という合意が取り交わされていたため、前回とは違っている。ベネズエラ戦では、新しい選手たちを試して、W杯の期間中や今後引退する選手の代わりになり得る選手を発掘している」
       今回のマッチメークにあたり、来日メンバーについてJFAとの間で水面下の交渉があったことを明らかにした。そのため、パナマとしては若手を試す場にするというプランは頓挫して、実績のあるメンバーを最低限の人数組み込んだことになっている。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/140643

      長友佑都、35歳でカタールW杯出場に意欲満々「4年後は終着点でなく通過点」

      長友佑都は4年後のカタールワールドカップを目指す【写真:Getty Images】
       日本代表は11日、翌日のキリンチャレンジカップ・パナマ戦に向けて試合会場となるデンカビッグスワンスタジアムで最終調整を行った。
       今回は9月に外れていたロシアワールドカップ出場歴を持つ海外組が多くメンバー入りしている。長友佑都もその1人だ。しかし、長年ともに戦ってきた長谷部誠ら数人のベテランはこの夏に代表引退を表明。
       もちろん31歳の長友にも「4年後」を目指すのか、というテーマに否が応でも注目が集まる。ワールドカップ後の初招集となった今回、やはりそれについて記者から質問が出た。すると長友は「ロシア以降ですか」と今後について語り始めた。
      「まあ自分自身、やるからにはカタールは終着点ではなくて通過点だと思ってやろうと思ってるので、そこは自分の中では覚悟は芽生えてますし、通過点ですね、4年後は、はい」
       4年後、カタールワールドカップを迎える頃に長友は35歳になっている。だが、「本当に今ちょうど僕も(ハビエル・)サネッティのこととか、(ディエゴ・)ミリートだったりとやった時のことを思い出しましたけど、彼らは全盛期が30(歳を過ぎてからで)、サネッティなんか36歳でチャンピオンズリーグ優勝して、38歳までアルゼンチン代表で、そういう選手がいるってことはね、同じ人間なんで(自分も)できないことはないと思うんですよ。僕はそれを信じてやりたい」と、自身4度目のワールドカップ出場を目指す考えを示した。
      「30歳を超えたらね、おじさんと言われて(苦笑)、アスリートとしてコンディション落ちるんじゃないかとみんなに言われますけど、実際に30歳を超えて、35歳を超えてね、キャリアのピークを迎えた選手を僕は間近で見てきたんで、僕もそういう選手になりたいなと。まだまだこれからだと思います」
       歳を重ねてもモチベーションに溢れる左サイドバックは、12日のパナマ戦、そして16日のウルグアイ戦で健在ぶりを示せるか。「カタール、4年後は通過点なんだっていう気持ち、その向上心が自分自身を支えてくれてるんで、それがプレーにもつながってるんじゃないか」と語る長友は「目標は大きく長く」の精神で走り続ける。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/11/post292681/

      大迫勇也、W杯後の切り替えの難しさ痛感。2大会連続でも「何か目に見えないものがある」

      大迫勇也はロシアワールドカップ後の難しさを語った【写真:Getty Images】
       日本代表は11日、翌日のキリンチャレンジカップ・パナマ戦に向けて試合会場となるデンカビッグスワンスタジアムで最終調整を行った。
       ロシアワールドカップ以来となる日本代表招集となった大迫勇也は、森保一監督が率いるようになったチームに合流して「かなりスタッフも違いますし、また新しく始まるなって感じですね」と新鮮さを感じている。
       自身も4シーズン過ごしたケルンのドイツ2部降格にともない、1部のブレーメンへ国内移籍。すでに主力の座をつかみ、1ゴールを挙げている。とはいえロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3で敗れてから、クラブでの新しい挑戦に頭を切り替えていくには困難も伴ったという。
      「僕も難しい時期がありましたね。最初の2週間はすごく自分でも苦労しましたし。やっぱりワールドカップ後っていうのは何か目に見えないものがあるなと。それはもうバイエルンを見ればわかるし」
       ロシアワールドカップ後に移籍した選手、所属クラブの合流が遅れた選手の多くが、新シーズン開幕から負傷や出場機会の少なさに悩んでいる。大迫の言う「バイエルン」もドイツの絶対王者でありながら、直近の公式戦4試合で勝利がない。うち2試合は、普段なら苦労しないはずのリーグ戦での敗戦だった。
       だが、いわゆる「燃え尽き症候群」ではないと大迫は強調する。困難の正体は「何か自然な」もの。「全選手が感じていることだと思う」とも述べた。そして、日本のエースストライカーは「もう乗り越えて、うまく切り替えることができた」。
       9月のコスタリカ戦では攻撃陣で若い力が躍動し、次世代の台頭も進んでいる。大迫とてうかうかしていられない。「これからですね。もっともっと、目に見える結果を出していかないといけない」と気を引き締めるストライカーは、パナマ戦とウルグアイ戦の2連戦で自らの力を改めて証明する。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/11/post292683/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ