サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      西村拓真、CLデビューも見せ場なし。ローマFWが2得点の活躍でCSKAに勝利

      ローマ対CSKAモスクワ【写真:Getty Images】
      【ローマ 3-0 CSKAモスクワ CLグループG第3節】   現地時間23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループG第3節、ローマ対CSKAはホームのローマが3-0で勝利した。CSKAモスクワに所属するFW西村拓真は90分から途中出場した。
       開始からローマが優勢に試合をリードすると30分にペッレグリーニがエル・シャーラウィとのワンツーでペナルティーエリア内に入り込みフリーのゼコにパス、これを落ち着て決めローマが先制する。CSAKは組織だったローマの守備の前になかなかチャンスを作れない。一方のローマは43分にエル・シャーラウィのパスをペナルティーエリア内でゼコがダイレクトで合わせリードを広げハーフタイムへ。
       後半に入ってもローマの勢いは止まらない。50分にロングボールをペナルティーエリア内でゼコがポストプレーでボールを落とすと走り込んできたウンデルがダイレクトで合わせ3点目を挙げる。
       CSKAも選手交代で流れを変えようと試みるもローマの堅い守備陣の前に得点を挙げることが出来ない。結局試合はゼコの2得点などでローマが快勝した。
      【得点者】30分 1-0 ゼコ(ローマ)43分 2-0 ゼコ(ローマ)50分 3-0 ウンデル(ローマ)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/24/post294318/

      マンC・DFコンパニ、戦友ハートを称える「彼はシティのレジェンドだ」

       マンチェスターCに所属するDFヴァンサン・コンパニが、元同僚で現在はバーンリーに所属するGKジョー・ハートへ称賛の言葉を送っている。
       現在バーンリーの守護神として活躍するハートは、昨季までの12年間をシティで過ごす。その間2度のプレミアリーグ制覇(2011ー12、2013-14)、リーグカップ優勝(2013ー14、2015ー16)、1度のFAカップ(2010ー11)制覇と、古巣のタイトル獲得に大きく貢献していた。
       そんな元チームメイトについてコンパニは試合後のインタビューでこのように語っている。
       「彼はチームにとっての最重要人物だった。信じられないセーブで何度もチームを救ってきた。シティを現在の地位にまで引き上げてくれた彼の功績は決して過小評価できないことだ。ハートはシティのレジェンドだよ」
       コンパニは、ともにディフェンスラインを支えてきたかつての戦友に対して、「彼にはこれからもいい結果を残し続けてほしい、彼の幸せを願っているよ」とエールを送った。
       なお、エティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・Cとバーンリーの一戦は、シティが5-0で大勝。勝利したシティは2位リバプールと勝ち点同数で首位につけ、一方で敗れたバーンリーは13位となっている。(Goal.com)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20181024/pre18102400140001-n1.html

      鹿島・昌子、5カ月ぶりACL「どっしり構える」 24日準決勝第2戦Vs水原

       【水原(韓国)23日=一色伸裕】アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で、ホームでの準決勝第1戦に先勝したJ1鹿島は24日、アウェーで水原(韓国)との第2戦に臨む。この日は試合会場で調整し、冒頭15分以降は非公開。W杯ロシア大会後の7月に左足首を負傷した元日本代表DF昌子源(25)は、約5カ月ぶりにACLの舞台に復帰し、決勝進出を目指す。
       紅葉が深まるソウル郊外の水原の街並み。気温9度。DF昌子が寒さを吹き飛ばすように、零封勝利を宣言した。
       「守備はどっしりと構える必要がある。(無失点に抑えて)勝って決勝進出を決めたい」
       W杯後の7月に左足首を負傷した昌子にとって、ACLの舞台は5月16日の決勝トーナメント初戦・上海上港(中国)戦以来、約5カ月ぶり。国際経験豊かなDFの復帰は心強い限りだ。
       3日のホームでの第1戦を3-2と逆転で先勝した鹿島は、引き分け以上で決勝進出が決まる。熱狂的で知られる水原のファンも諦めムードで前売り券は約1万枚しか売れず、約4万4000人収容のスタジアムは空席が目立ちそう。アウェーの不利は最小限にとどまるとみられる。
       「最後、頂点に立ってなければ意味がない。ここで負けても決勝で負けても意味がない」と昌子。その視線はアジアの頂を見据えている。
      大会方式
       ホームアンドアウェー方式で対戦し、2試合の勝利数が多いチームが勝者となる。勝利数が同じ場合は(1)2試合の得失点差(2)2試合におけるアウェーゴール数(3)第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦(延長戦ではアウェーゴールルールは適用されない)(4)PK-の順によって決定する。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20181024/jle18102405010006-n1.html
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ