サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      川崎が獲得した2人の大学3年生。伊藤宏樹スカウトが語る「逆算」。

       獲得するなら今でしょ。
       川崎フロンターレは今年7月、2人の「大学3年生」の獲得を発表した。フロンターレ育成組織出身の筑波大MF三笘薫と、順天堂大FW旗手怜央。彼らはU-21代表に選出される東京五輪代表候補であり、大学サッカー界において高く評価されている。それぞれのポジションで「大学ナンバーワン」という表現もよく目にする。
       フロンターレに入団するのは、大学を卒業する再来年の2020年。なのに「今でしょ」にどんな意味があるのか。
       他クラブとの獲得レースが熾烈になるため、早めに決着をつけようとした結果なの? 
       もっと深い理由があるような気がして、向島建スカウトとコンビを組むクラブのレジェンドでもある伊藤宏樹スカウトに疑問をぶつけることにした。
      東京五輪の年に入団することに。――単刀直入にお伺いしますけど、入団するのは再来年。3年生の2人を今のタイミングで発表したのが気になって。
      「はい。“今”が良かったんです」
      ――そこを知りたいんですよ。
      「再来年は、何の年になります?」
      ――今が2018年なんで、2020年です。
      「そうなんです。東京オリンピックの年じゃないですか。三笘も旗手も、東京オリンピック出場を目指しています。つまりフロンターレに入団する年になります。今のチームはポジション争いが熾烈だし、1年目となれば絶対壁にぶつかるはず。入団が決まっていなければ、大学の監督さんや本人に対してクラブに誘うための声かけになりますけど、決まってしまえばこれからは1年目から試合に出るための声かけができるようになりますから」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832104

      宮本ガンバ残留へのラストピース、アデミウソンを蘇らせた名医とは。

       必ずしも恵まれているとは言い難い戦力の中で、宮本恒靖監督は難解なパズルに取り組むように理想のフォーメーションとその顔ぶれを模索し続けてきた。
      「選手も本来持っているコンビネーションとか、距離感を思い出し、いいボールの動かし方もあった」と指揮官が手応えを口にした9月15日の神戸戦の後半以降、一貫して4-4-2のフォーメーションで戦い続けているガンバ大阪。
      「最高の11人」を見出した宮本監督にとっての悩みは、攻撃でギアを上げられる選手の不在だった。
       チームは現在、5連勝と勢いに乗っているが、逆転勝ちは神戸戦のみ。宮本監督は先手を取った際に試合をクローズするカードをいくつか持つ一方、点を取りに行く際のオプションは、脆弱と言わざるを得ないのが現状だ。
      広島戦では交代を引っ張ることに。「(先発メンバーを)引っ張らざるを得なかったところはある」
       若き知将の苦しい胸の内が透けて見えたのは4連勝を懸けた広島との一戦である。
       当時首位を走っていた広島に対して、がっぷり四つの展開で試合は推移。「こちらのボール支配率も高まり、どこで一刺しするか」と交代のタイミングを見据えていた宮本監督ではあったが、スコアレスで推移していた後半38分まで1枚もカードを切ることがなかった。
       いや、正確に言うならば守備のバランスが崩れるのを恐れて、軽々に動けなかったのだ。
       最初の選手交代からわずか1分後、ファン・ウィジョの決勝ゴールが飛び出し、ガンバ大阪は辛うじて広島を振り切った。
       しかし、3試合連続で決勝ゴールを叩き出した韓国人エースは、この試合で受けた警告により、大阪ダービーは出場停止。絶対的エースを欠いて挑む大一番で、宮本監督がファンの代役として白羽の矢を立てたのがアデミウソンだった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832113

      川又堅碁の「やってやる感」の源。俺は俺で終わらせない、学ぶ男。

      「オウンゴールゥーッ」
      「分かっとるって!」
       3-0で勝利したパナマ戦後の取材エリア。槙野智章が川又堅碁を通り越すところでニタッと笑ってささやくと、丸刈り頭のストライカーは苦笑いで返す。
       3点目はゴール前の混戦から「相手の足を蹴ってしまって」押し込んだ川又のゴールとアナウンスされていたが、公式記録は相手のオウンゴールに訂正されていた。
       新潟は、アルビレックス時代にプレーした思い出の地。ひとしきり残念がったものの、ポジティブな人はすぐに前を向く。
      「点に絡めたことは事実やしね。俺はうまい選手じゃないけど、もっと絡めるようにやるだけ。でもおもろいよ、おもろい」
       おもろい。
       この言葉にはいろんな意味が含まれている。
       3年半ぶりの代表戦ゴールが消えた今回のトピックも、10カ月ぶりの代表活動も、そしてもうひとつ――。
      末席からの“下剋上”。 川又は今回、ケガを抱える浅野拓磨の代表辞退によって追加招集された。
      「追加」は毎度のこと。
       代表初招集となった2015年3月のチュニジア戦、ウズベキスタン戦もそうだった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の初陣として注目を集めたこの2連戦。小林悠のケガによって、バックアップメンバーから繰り上がったのだ。チュニジア戦は先発し、続くウズベキスタン戦は途中出場で代表初ゴールを挙げた。
       昨年末の東アジアE-1選手権も追加で招集されてノーゴールに終わったものの、2試合連続でゴールに絡んで存在感を示した。常に代表入りを目指してきた。追加で呼ばれようとも、末席からの下剋上は、むしろ彼にとって“望むところ”。今回も気合いにネジを巻いてきたことは伝わってくる。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832158
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ