サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      幼稚園、五輪、森保Jでまた一緒に。室屋成が南野拓実への引け目を払拭。

       幼稚園の頃から同い年の幼馴染で、地元のスタジアムで2人揃ってA代表としてピッチに立つ――。
       森保ジャパンの初陣、日本vs.コスタリカで、南野拓実と室屋成は漫画のような物語を現実にした。この運命の巡り合わせは話題となり、2人の関係性は数多く報道された。
       もちろん運命的な物語であることは間違いない。同い年でなおかつ幼い頃からサッカーをやっていたのだから。しかしこの舞台にたどり着くまで、2人の間には“優劣”が存在した。
       同い年で同じ競技に取り組めば、優劣は必ず生じてしまうもの。ましてやそれが幼少期からの幼馴染であれば、その度合いは大きくなる。そして本気で上を目指し、全力で取り組めば、それがライバル心や向上心、反骨心を生み出す。
       南野と室屋の関係性もまさにそれだった。
      幼稚園の頃に出会った2人。 2人の出会いは幼稚園の頃。近所同士で2人の兄も幼なじみだから、南野と室屋は自然と仲良くなった。兄たちが熱中するサッカーについていき、弟の2人がボールを蹴り合う。性格は真逆で、負けん気が強く自分の想いを主張する南野に対し、大人しくて一歩引いた立ち位置の室屋。プレースタイルでも異なる個性を持っていた。
       南野がずば抜けたボールコントロールとシュートセンス、そしてドリブルで何人もかわしてゴールを量産すれば、室屋は豊富な運動量でピッチを駆け回った。両者の能力は群を抜いていた。
       しかし小学校、中学校と成長するにつれ、周りの目は南野に向けられた。
       ゼッセル熊取FCに所属した小6の時、南野はエースストライカーとして攻撃の中心となり、室屋はボランチとして攻守のバランスを司った。
       南野には多くのJクラブアカデミーから声がかかり、中学進学と同時にセレッソ大阪U-15に入団。一方、室屋はゼッセルのジュニアユースに進んだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831888

      ポルトガルの次世代に世界が騒然。130億円の19歳が引っ張る若返り。

       坂の途中のレストランで、優しい調べに誘われて路上で踊り始めた老夫婦を見た印象が強いからかもしれない。ユーラシア大陸の最西端にあるポルトガルでは、柔らかい時間がゆっくりと流れているような気がする。
       しかし、フットボールの印象は正反対だ。特に今季はサイクルの早さが増した感がある。
       そのイメージを強めるのが、首都リスボンを本拠地とするベンフィカだ。いや、正確に言えばポルト、スポルティングとともにポルトガルサッカーにおいてビッグ3と呼ばれるクラブの、2人の若者だ。
       母国に負けない豊かな歴史を誇る名門は、少しずつ新たな章を書き進めている。
      ベンフィカは着実に若返っている。 長年キャプテンのアームバンドを巻いて最終ラインに君臨してきたルイゾンは、負傷を機に昨季途中から出場機会を失った。ピッチから離れた37歳のCBは、今や柔和な表情で地元メディアを飾るだけで、今季途中にも退団、シーズン後には引退するとささやかれている。
       すでにエリゼウはクラブを離れ、今季の最終ラインで三十路を越えたのは32歳のジャルデウだけだ。チーム全体を見渡しても、他の30代は中盤のリュボミル・フェイサと、最前線のジョナスだけである。
       昨季はポルトにタイトルを譲り、リーグ5連覇を逃した。その裏で、着実に若返りは進んでいた。
       ポルトも高齢化が進んでいるばかりではないが、37歳のイケル・カシージャスら守備陣にベテランが揃い、主力は30歳に近づく選手が多い。反対に、ベンフィカの若さが印象を強めるのには理由がある。
       今季台頭しつつある、2人のティーンエイジャーの存在だ。1年前のこの時期には、まだベンフィカBでプレーしていた。
      「練習が終わって、母さんと友だちと一緒にカフェにいたんだ」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831956

      堂安律も若手気分でいられない?欧州リーグの平均年齢と外国人比率。

       神童、ワンダーキッド……。新たな時代を象徴する選手を目にした時、人々はそんな言葉を口にする。
       その舞台が4年に1度の世界的祭典となれば、このフレーズのインパクトはさらに増す。今年のロシア大会でのキリアン・ムバッペが、まさにそんな存在だった。ひと昔前ならセンターサークルからのドリブルでゴールを奪ったマイケル・オーウェンだろう。
       ブラジル大会決勝戦でゴールを決めたマリオ・ゲッツェは、17歳でプロデビュー。18歳でフル代表デビューすると、勢いそのままにドルトムントのリーグ制覇に貢献している。
       彼らの元祖は、ムバッペ以前にただ一人10代のうちにワールドカップ決勝でゴールを決めた「王様」ペレになるのだろう。
      欧州では何歳まで「キッド」? こうした選手たちを思い起こすと疑問が浮かぶ。何歳まで「キッド」なのか? 欧州で日本の大卒選手のように、22歳がルーキー扱いされることはない。10代であろうと常に結果が要求され、選手は厳しい競争にさらされ続ける。
       そうした欧州の土壌が生む「育成力」を見ていく上で、平均年齢を見てみよう。
      <リーグ平均年齢・外国人比率一覧>
      平均年齢(歳)/外国人比率(%)
      リーガ・エスパニョーラ(スペイン) 27.0/40.0
      プレミアリーグ(イングランド) 26.8/67.6
      セリエA(イタリア) 26.3/57.5
      ブンデスリーガ(ドイツ) 25.3/52.9
      リーグアン(フランス) 25.3/47.4
      プリメイラ・リーガ(ポルトガル) 26.1/62.6
      ジュピラー・プロリーグ(ベルギー) 24.8/63.6
      オーストリア・ブンデスリーガ(オーストリア) 24.6/28.7
      エールディビジ(オランダ) 24.1/36.9
       ※並びは上からUEFAランキング順。数字は'18年9月1日時点のもの。
       24.1歳。こう聞くと、随分若いチームだと思うかもしれない。だが、これはオランダのエールディビジまるごとの平均年齢である。
       狭い国土から世界的名手を輩出する育成大国らしく、この平均年齢は欧州に54ある1部リーグ中3番目の若さとなる。その上はエストニアとスロバキアという小国であり、欧州トップレベルのリーグでは抜きんでた数字だと言っていい。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831954
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ