サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      内田篤人が体現する「鹿島らしさ」。ACLでも輝いた巨大な存在感。

       遠藤康から受けたパスを足元に置くと、スルスルとスピードに乗ったドリブルで、右サイドを駆け抜け、クロスボールをゴール前へ蹴りこんだ。
       それを受けた安部裕葵のシュートは相手DFに当たったものの、ゴールイン。ファーストレグを2-0で勝利していた鹿島は、27分のゴールで2戦目も2-0とリードし、準決勝進出を引き寄せた。
       ACL準々決勝セカンドレグ天津権健戦。鹿島アントラーズの2点目を演出したのは、内田篤人だった。
       天津権健のキープレーヤーである、ACミランなどで活躍したパトについて内田はこう語る。
      「一番前でボールを持てなくても、2列目や1.5列目でパッと前を向いたら、ドリブルでのスピードが違う。技術はもちろん高いし、彼が中心だった。今回はあんまり左、こっちには流れてこなかったですけど、ああいう仕事ができる選手はチームみんなでしっかり受け渡しながら守るというのを意識していました。
       ボールを持たせてもいいんだけど、ドリブルで突っかけられたりマークの受け渡しで1人はがされたときに、ズルズルいかれるのは危ない。遠目からズドンというのもあるし、9番とのコンビネーションもよかった」
      パトとの1対1も、守備陣の統率も。 この日のパトは、内田のいる右サイドでのプレーを回避しているようにも見えた。それはファーストレグでの経験があったからだろう。内田はパトとの1対1でも決して引くことはない。冷静に丁寧に対峙し、まったく動じる素振りもなくパトの攻撃を封じていた。
      「1度交錯して倒れこんでしまい、そのときは負傷したかと思ったけど、あれ以外はちゃんと抑えられた。ヨーロッパでもああいう選手がいっぱいいたし、なんか思い出した感覚がある。向こうは1対1がはっきりしているから、タイマンになる。
       久しぶりにそういう選手だなって思いました。雰囲気とかポジショニングとかあったけど対人に関してはやられる感じもなくて、普通にやれたかな」
       個人プレーの場面だけでなく、守備陣を統率するという面でも内田は大きな存在感を見せている。
      「ホームアンドアウェイって絶対にホームで失点しちゃいけないんだけど、それができたというのがひとつ。試合中もDFラインを集めて『絶対にホームで失点しちゃいけない』って話をした。
      最後シュートを打って終わるとか、当り前のことをやっていかないと勝てない。そこらへんは散々ホームアンドアウェイをやってきたんで。わかっているつもりではいます」
       シャルケ在籍時代の7シーズン、欧州チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに出場(15-16シーズンは負傷のため未出場)してきたキャリアが内田にはあるのだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831917

      “派手な今野泰幸”はガンバを救うか。復帰後は奪う、走る、そして吠える。

       宮本ガンバにとって、8月は悪夢のような試合の連続だった。
       昨年までの指揮官、長谷川健太監督が率いるFC東京には後半アディショナルタイムの決勝点で勝ちきったものの8月のリーグ戦6試合は終わってみれば1勝2分け3敗。一向にトンネルを抜け出す気配がない、低調なチーム状態の原因はその失点データが雄弁すぎるほどに語っていた。
       6試合で許したのは計11失点。
      「前半はいい試合ができていることも多いが、後半の戦い方が課題」(三浦弦太)
       11失点の全てが後半に喫したもので、1-0でリードしながら勝ちきれなかった磐田戦や札幌戦は、いずれも後半のアディショナルタイムに同点ゴールを献上。貴重な勝ち点3を逃してきたのである。
       クラブ史上初の降格に泣いた6年前は、リーグ最強の攻撃力を誇りながらも、勝負どころで守備陣が崩壊。だが、今季の足取りを振り返ると得点数もリーグワースト2位で、失点もワースト5位。点も取れず、守りきれずという典型的な降格チームの「顔」になりつつあった。そんなチームが、「待ち人」の戦線復帰で蘇った。
      川崎戦のスタメンに今野の姿が。 やはり残留争いの渦中にある鳥栖に完敗を喫し、いよいよ崖っぷちに追い詰められつつあったガンバ大阪が9月1日、ホームで迎え撃ったのが川崎だった。
       リーグ最少得点の鳥栖相手に、後半だけで3失点。「現実的に戦わざるを得ない」と若き指揮官は、5バックに近い3バックを採用して前年王者に挑んだが、ピッチ上には6日前のJ3で53分間の試運転を終えていた今野泰幸の姿があった。
      「(終盤に失点した)磐田戦とか名古屋戦とか、ああいう守備を締めるべき時間帯の役割を果たしてくれるのが今野。チームにとっての足りないピースというか、足りないものを補ってくれることを期待している」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831919

      幼稚園、五輪、森保Jでまた一緒に。室屋成が南野拓実への引け目を払拭。

       幼稚園の頃から同い年の幼馴染で、地元のスタジアムで2人揃ってA代表としてピッチに立つ――。
       森保ジャパンの初陣、日本vs.コスタリカで、南野拓実と室屋成は漫画のような物語を現実にした。この運命の巡り合わせは話題となり、2人の関係性は数多く報道された。
       もちろん運命的な物語であることは間違いない。同い年でなおかつ幼い頃からサッカーをやっていたのだから。しかしこの舞台にたどり着くまで、2人の間には“優劣”が存在した。
       同い年で同じ競技に取り組めば、優劣は必ず生じてしまうもの。ましてやそれが幼少期からの幼馴染であれば、その度合いは大きくなる。そして本気で上を目指し、全力で取り組めば、それがライバル心や向上心、反骨心を生み出す。
       南野と室屋の関係性もまさにそれだった。
      幼稚園の頃に出会った2人。 2人の出会いは幼稚園の頃。近所同士で2人の兄も幼なじみだから、南野と室屋は自然と仲良くなった。兄たちが熱中するサッカーについていき、弟の2人がボールを蹴り合う。性格は真逆で、負けん気が強く自分の想いを主張する南野に対し、大人しくて一歩引いた立ち位置の室屋。プレースタイルでも異なる個性を持っていた。
       南野がずば抜けたボールコントロールとシュートセンス、そしてドリブルで何人もかわしてゴールを量産すれば、室屋は豊富な運動量でピッチを駆け回った。両者の能力は群を抜いていた。
       しかし小学校、中学校と成長するにつれ、周りの目は南野に向けられた。
       ゼッセル熊取FCに所属した小6の時、南野はエースストライカーとして攻撃の中心となり、室屋はボランチとして攻守のバランスを司った。
       南野には多くのJクラブアカデミーから声がかかり、中学進学と同時にセレッソ大阪U-15に入団。一方、室屋はゼッセルのジュニアユースに進んだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831888
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ