サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ユベントスMF、“俺たちは女じゃない”発言で謝罪 「女性蔑視の意図はなかった」

       ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間19日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で一発退場になったことを受け、「俺たちは女じゃない」と判定に猛抗議していたチームメイトのドイツ代表MFエムレ・ジャンが、この発言を謝罪した。
       ロナウドはCLグループステージ開幕戦のバレンシア戦で、コロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと交錯。オーバーアクション気味に倒れたムリージョに怒りを露わにし、倒れ込んだムリージョの頭をつかむようなアクションを見せた。するとムリージョも激高し、両チームの選手たちがもつれる小競り合いに発展。フェリックス・ブリッヒ主審はゴール前を見ていた追加副審に助言を求めて状況を確認すると、ロナウドにレッドカードを提示した。
       ロナウドへのレッドカードは、髪の毛を引っ張ったことが理由ではないかと推測されているが、こうしたなか、ジャンは試合後のインタビューで「あれがレッドだって?」と判定に疑問を呈すと、「俺たちは女じゃないんだ。彼が言うには髪の毛のせいじゃないかということだけど、俺たちは女じゃないんだ。サッカーをしているんだ」とコメント。「あんなことでレッドカードが出るなら、どんなファウルだってレッドになってしまう」と、ブリッヒ主審の判定に憤りを示していた。
       しかし、ジャンは20日に自身の公式ツイッター上に謝罪文を掲載。「昨晩の試合後のコメントについて誤解を解きたい。クリスティアーノが退場になったビデオを見た後のコメントで騒動を起こしてしまったようだ。あのコメントには、女性や女子サッカーを蔑視し、男女平等を貶める意図はまったくなかった」とし、「僕を知る人なら僕が女性や男女平等、尊厳をリスペクトしていることを知っている」と綴った。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/136844

      ユベントスMF、“俺たちは女じゃない”発言で謝罪 「女性蔑視の意図はなかった」

       ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間19日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で一発退場になったことを受け、「俺たちは女じゃない」と判定に猛抗議していたチームメイトのドイツ代表MFエムレ・ジャンが、この発言を謝罪した。
       ロナウドはCLグループステージ開幕戦のバレンシア戦で、コロンビア代表DFジェイソン・ムリージョと交錯。オーバーアクション気味に倒れたムリージョに怒りを露わにし、倒れ込んだムリージョの頭をつかむようなアクションを見せた。するとムリージョも激高し、両チームの選手たちがもつれる小競り合いに発展。フェリックス・ブリッヒ主審はゴール前を見ていた追加副審に助言を求めて状況を確認すると、ロナウドにレッドカードを提示した。
       ロナウドへのレッドカードは、髪の毛を引っ張ったことが理由ではないかと推測されているが、こうしたなか、ジャンは試合後のインタビューで「あれがレッドだって?」と判定に疑問を呈すと、「俺たちは女じゃないんだ。彼が言うには髪の毛のせいじゃないかということだけど、俺たちは女じゃないんだ。サッカーをしているんだ」とコメント。「あんなことでレッドカードが出るなら、どんなファウルだってレッドになってしまう」と、ブリッヒ主審の判定に憤りを示していた。
       しかし、ジャンは20日に自身の公式ツイッター上に謝罪文を掲載。「昨晩の試合後のコメントについて誤解を解きたい。クリスティアーノが退場になったビデオを見た後のコメントで騒動を起こしてしまったようだ。あのコメントには、女性や女子サッカーを蔑視し、男女平等を貶める意図はまったくなかった」とし、「僕を知る人なら僕が女性や男女平等、尊厳をリスペクトしていることを知っている」と綴った。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/136844

      「美しい国」「クール」と反響! 神戸イニエスタ、日本庭園「相楽園」前で“家族ショット”

       J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、これまで家族と一緒に様々な場所を堪能している様子を伝えてきたが、今度は日本庭園に足を運んだようだ。自身の公式インスタグラムに一枚の写真をアップして反響を呼んでいる。
       今夏スペインの名門バルセロナから神戸に加入したイニエスタは、卓越したテクニックを駆使して攻撃を牽引するなど強烈な存在感を発揮。ハイレベルなプレーでファンを魅了している。
       その一方で空き時間には様々な場所に顔を出しているが、今回訪れたのは神戸市内の日本庭園「相楽園」に家族で来園したようだ。イニエスタは20日に自身の公式インスタグラムを更新し、相楽園の門前で撮影した家族ショットを投稿した。
       しかし、イニエスタが訪れた木曜日はちょうど休園日で、写真でも門の横に「本日は休園日です」の看板が掲げられている。残念ながら中には入れず、門の前で撮影という形になったようだ。それでもイニエスタ一家は満面の笑みで写真に収まっており、コメント欄には「美しい風景」「美しい国」「クール」などの声が上がった。
       15日のJ1第26節ガンバ大阪戦(1-2)では、キャプテンの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと副キャプテンのDF渡部博文がともに出場停止のため、イニエスタが初キャプテンとして出場した。天皇杯にはじまり、リーグ戦3試合で敗れるなど公式戦4連敗と調子を落としている神戸は、23日に敵地で浦和レッズと対戦する。リフレッシュを図ったイニエスタを中心に連敗をストップできるか。そのプレーに注目が集まる。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/136767
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ