サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      川崎・守田英正と浦和・柴戸海。代表デビューとライバル関係の今後。

       以前に2人から話は聞いていて、どのタイミングで記事にするべきかを探っていた。そんな折、川崎フロンターレの守田英正が日本代表に追加招集され、森保ジャパンの初陣となった9月11日のコスタリカ戦で、デビューを果たした。
       日本がリードして迎えた82分、「しっかり試合を締めてこい!」と森保監督から一言だけ声を掛けられて、守田は右サイドバックで登場。素早いチェックで相手に自由を与えず、その指示通りに無失点に抑えることに成功した。
       一躍脚光を浴びた守田とある天才肌のボランチ、今季Jリーグで戦う2人の大卒ルーキーを巡る物語だ。
       今季、流通経済大から川崎に加入したルーキーの守田は、クラブの公式ホームページのアンケート欄にある「永遠のライバル」、「影響を受けた選手」の2項目に次のように答えている。
      「柴戸海(浦和)」
      守田は川崎へ、柴戸は浦和へ。 大学時代、守田は流経大、柴戸は明治大に在籍。関東大学リーグとユニバーシアード代表で切磋琢磨してきた同い年のボランチである。
       柴戸は2年時からデンソーカップに臨む大学選抜チームに選ばれ、4年に進級してすぐのタイミングで浦和への加入を発表していた。先を読む力と球際の強さが最大の武器で、阿部勇樹の後継者として嘱望されている。
       今季は開幕直後に公式戦出場のチャンスを掴んだものの負傷により離脱。オズワルド・オリヴェイラの就任後は、なかなか出場機会を得られずにいる。
       一方、アタッカーとして流経大に進学した守田は1年生チームからスタート。「守備ができなければ一軍には行けない」と痛感してディフェンスの強化に力を注いだ。
       そして3年時、サイドバックで起用されたことが転機になる。いつしか「気付いたら守備のほうが得意になっていた」。やがてボランチを主戦場にディフェンスのポリバレントな選手として重宝され、4年時にユニバーシアード代表へと選出。日本代表のユニフォームを着て、柴戸ともチームメイトになった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831867

      絶対プロになると中1で決断した男。青森山田→札幌で夢実現の檀崎竜孔。

       9月18日火曜の午後。青森山田高のMF檀崎竜孔(だんざき・りく)の北海道コンサドーレ札幌への来季加入が正式に発表された。
      「絶対に高卒でプロになる。それ以外は考えていなかった」
       もとよりプロになるべく強い決意を持って高校サッカーに打ち込んできた檀崎だが、彼にとってこの内定は、苦悩の末になりふり構わず掴みとった夢への階段だった――。
       高校のサッカー部に所属していて、なおかつ実力のある選手であれば、3年生になって次々とクラスメイトの進路が決まり始める頃に「プロか? 大学か?」の2択を迫られることになる。
       人生を左右するとてつもなく大きな決断を、18歳にして強いられるのだ。競争も激しく安定した職業とは言えない業界に進むのか。並大抵の決断ではないし、当然ながら多くの選手が悩み、苦しんでいる。
       一方で、こうした2択で悩めること自体、サッカー選手として恵まれている証拠でもある。
       プロになりたくてもなれない選手や、大学にも家庭の事情などで進学できない選手も数多い。とにかく地域リーグでも、どこでも良いからサッカーを続けたい……という18歳だって大勢いるのだ。
       18歳のサッカー選手の選択肢は立場によって千差万別だが、中には最後まで「プロ」にこだわり続け、自分を売り込み続ける選手もいる。
       その1人が青森山田高校の檀崎だった。
      青森山田の栄光を担いつつも……。 彼は全国トップレベルにある青森山田のサッカー部において、高校1年からレギュラーを獲得した。檀崎は1年時に、高円宮杯U-18サッカーリーグ・チャンピオンシップと高校サッカー選手権制覇の2冠を経験。高2ではチームの「ダブルエースナンバー」の1つである7番を託され、高3では栄光の10番とキャプテンを任されたほどだ。
       青森山田にあって、檀崎は間違いなく「ハイスペックな選手」だった。実際、高校1年の頃から「プロ入りはほぼ確定」と噂されていたほどだった。
       しかし……なぜか彼の周辺で、今年に入ってから一向にプロの話が出てこなかったのだ。あらゆるJスカウトに聞いても、リストには上がっているが、彼に対して具体的な動きを見せるチームがなかった。
      「檀崎、進路どうなっているの?」
       筆者が逆にスカウトから質問されるほどだった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831893

      北京五輪の落選ショックから10年。青山敏弘が森保Jで巻いた赤い腕章。

       開口一番、青山敏弘は「なにもできなかったね」と試合を振り返った。しかし、ネガティブな言葉とは裏腹に、その表情は充実感に満ちていた。
       確かに立ち上がりの青山は、何かがおかしかった。普段は味方の足下にぴたりとたどり着くはずのインサイドパスが、まるで精度を欠いてしまう。
       スピードが足りず、あるいは角度を狂わせ、ビルドアップもままならない。そんなシーンが、2度、3度。らしくないプレーが続いた。
      「緊張しましたね。久しぶりに代表でやって、慣れるのに時間がかかっちゃいました」
       冗談めかして答えたが、ポーカーフェイスの新たなキャプテンが、ひそかに重圧を感じていたのは間違いない。恩師の大事な初陣で、偉大なる前任者から腕章を引き継いでピッチに立つ。
       キャリア充分のベテランであり、チームでも主将の大役を長く務めるが、やはり日本代表という場所は別格なのだろう。思い通りにプレーができなかったことで、冒頭の言葉を発したのだ。
      日本代表と縁遠かった10年間。 それでも後半には立て直し、持ち味であるサイドチェンジやダイレクトの展開、試合終盤には得意のロングフィードで、かつての同僚、浅野拓磨とのホットラインを開通させている。
       もっとも充実の表情の背景は、決して自身のプレーにあるわけではない。「後ろから見ていて頼もしかった」という若きアタッカー陣の躍動に、チームとしての手応えを得られたからだろう。若手の活躍に目を細めるその表情からは、ベテランの貫禄がにじみ出た。
       今年で32歳。このチームでは最年長となる。しかし、Jリーグで3度の優勝を成し遂げ、2015年にはJリーグMVPを獲得した青山も、日本代表でのキャップ数はこのコスタリカ戦を含めても、2桁には達していない。
       日本代表とは縁遠い男の負の歴史は、2008年までさかのぼる。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831866
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ