サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      絶対プロになると中1で決断した男。青森山田→札幌で夢実現の檀崎竜孔。

       9月18日火曜の午後。青森山田高のMF檀崎竜孔(だんざき・りく)の北海道コンサドーレ札幌への来季加入が正式に発表された。
      「絶対に高卒でプロになる。それ以外は考えていなかった」
       もとよりプロになるべく強い決意を持って高校サッカーに打ち込んできた檀崎だが、彼にとってこの内定は、苦悩の末になりふり構わず掴みとった夢への階段だった――。
       高校のサッカー部に所属していて、なおかつ実力のある選手であれば、3年生になって次々とクラスメイトの進路が決まり始める頃に「プロか? 大学か?」の2択を迫られることになる。
       人生を左右するとてつもなく大きな決断を、18歳にして強いられるのだ。競争も激しく安定した職業とは言えない業界に進むのか。並大抵の決断ではないし、当然ながら多くの選手が悩み、苦しんでいる。
       一方で、こうした2択で悩めること自体、サッカー選手として恵まれている証拠でもある。
       プロになりたくてもなれない選手や、大学にも家庭の事情などで進学できない選手も数多い。とにかく地域リーグでも、どこでも良いからサッカーを続けたい……という18歳だって大勢いるのだ。
       18歳のサッカー選手の選択肢は立場によって千差万別だが、中には最後まで「プロ」にこだわり続け、自分を売り込み続ける選手もいる。
       その1人が青森山田高校の檀崎だった。
      青森山田の栄光を担いつつも……。 彼は全国トップレベルにある青森山田のサッカー部において、高校1年からレギュラーを獲得した。檀崎は1年時に、高円宮杯U-18サッカーリーグ・チャンピオンシップと高校サッカー選手権制覇の2冠を経験。高2ではチームの「ダブルエースナンバー」の1つである7番を託され、高3では栄光の10番とキャプテンを任されたほどだ。
       青森山田にあって、檀崎は間違いなく「ハイスペックな選手」だった。実際、高校1年の頃から「プロ入りはほぼ確定」と噂されていたほどだった。
       しかし……なぜか彼の周辺で、今年に入ってから一向にプロの話が出てこなかったのだ。あらゆるJスカウトに聞いても、リストには上がっているが、彼に対して具体的な動きを見せるチームがなかった。
      「檀崎、進路どうなっているの?」
       筆者が逆にスカウトから質問されるほどだった。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831893

      内田篤人が体現する「鹿島らしさ」。ACLでも輝いた巨大な存在感。

       遠藤康から受けたパスを足元に置くと、スルスルとスピードに乗ったドリブルで、右サイドを駆け抜け、クロスボールをゴール前へ蹴りこんだ。
       それを受けた安部裕葵のシュートは相手DFに当たったものの、ゴールイン。ファーストレグを2-0で勝利していた鹿島は、27分のゴールで2戦目も2-0とリードし、準決勝進出を引き寄せた。
       ACL準々決勝セカンドレグ天津権健戦。鹿島アントラーズの2点目を演出したのは、内田篤人だった。
       天津権健のキープレーヤーである、ACミランなどで活躍したパトについて内田はこう語る。
      「一番前でボールを持てなくても、2列目や1.5列目でパッと前を向いたら、ドリブルでのスピードが違う。技術はもちろん高いし、彼が中心だった。今回はあんまり左、こっちには流れてこなかったですけど、ああいう仕事ができる選手はチームみんなでしっかり受け渡しながら守るというのを意識していました。
       ボールを持たせてもいいんだけど、ドリブルで突っかけられたりマークの受け渡しで1人はがされたときに、ズルズルいかれるのは危ない。遠目からズドンというのもあるし、9番とのコンビネーションもよかった」
      パトとの1対1も、守備陣の統率も。 この日のパトは、内田のいる右サイドでのプレーを回避しているようにも見えた。それはファーストレグでの経験があったからだろう。内田はパトとの1対1でも決して引くことはない。冷静に丁寧に対峙し、まったく動じる素振りもなくパトの攻撃を封じていた。
      「1度交錯して倒れこんでしまい、そのときは負傷したかと思ったけど、あれ以外はちゃんと抑えられた。ヨーロッパでもああいう選手がいっぱいいたし、なんか思い出した感覚がある。向こうは1対1がはっきりしているから、タイマンになる。
       久しぶりにそういう選手だなって思いました。雰囲気とかポジショニングとかあったけど対人に関してはやられる感じもなくて、普通にやれたかな」
       個人プレーの場面だけでなく、守備陣を統率するという面でも内田は大きな存在感を見せている。
      「ホームアンドアウェイって絶対にホームで失点しちゃいけないんだけど、それができたというのがひとつ。試合中もDFラインを集めて『絶対にホームで失点しちゃいけない』って話をした。
      最後シュートを打って終わるとか、当り前のことをやっていかないと勝てない。そこらへんは散々ホームアンドアウェイをやってきたんで。わかっているつもりではいます」
       シャルケ在籍時代の7シーズン、欧州チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグに出場(15-16シーズンは負傷のため未出場)してきたキャリアが内田にはあるのだ。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831917

      原口元気には“アニキ力”がある?宇佐美の次は浅野拓磨を刺激中。

       もしかしたら、原口元気には“アニキ力”があるのではないか。
       そんな思いが浮かび上がったのは昨季のことだった。
       今年1月、原口がフォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍するやいなや、宇佐美貴史は調子を上げた。後日になって「元気くんが来たから、調子良くなったって書かんといてくださいよー」と宇佐美本人から言われたが、実際にリスペクトの言葉が口をついてきたことは以前のコラムでも書いた。
       4戦連続得点を決めるなど結果もついてきたことで、宇佐美の表情も一気に明るくなった。そして2人そろってロシアW杯にも出場した。
      浅野が口にした原口の存在感。 それから数カ月、原口元気に“アニキ力”があると確信したのは、8月11日のことだ。ハノーファー対アスレティック・ビルバオの親善試合後、今季からチームメイトとなった浅野拓磨が、こちらが尋ねていないのに原口から受けている影響について話し出したからだ。
       原口は仲間の中でアニキ的なリスペクトを集める選手なのだ。「“アニキ力”って何、そんな表現はないでしょう」と言われたらその通りだが、そうとしか表現できないパワーを持っているのだ。
       ただおそらく、古くから原口を知っている人ほど意外に思うのではないか。浦和時代は練習で激昂したこともあったし、その一方で感情的で涙もろいことでも知られた。血気盛んでやんちゃな男の子だったのだ。
       それが年月を経て、今やアニキ的な役割を自然とこなす。成長、大人になったといえばそれまでだが、なんだかこちらも涙が出てきそうだ。

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831896
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ