サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      川崎・守田英正と浦和・柴戸海。代表デビューとライバル関係の今後。

       以前に2人から話は聞いていて、どのタイミングで記事にするべきかを探っていた。そんな折、川崎フロンターレの守田英正が日本代表に追加招集され、森保ジャパンの初陣となった9月11日のコスタリカ戦で、デビューを果たした。
       日本がリードして迎えた82分、「しっかり試合を締めてこい!」と森保監督から一言だけ声を掛けられて、守田は右サイドバックで登場。素早いチェックで相手に自由を与えず、その指示通りに無失点に抑えることに成功した。
       一躍脚光を浴びた守田とある天才肌のボランチ、今季Jリーグで戦う2人の大卒ルーキーを巡る物語だ。
       今季、流通経済大から川崎に加入したルーキーの守田は、クラブの公式ホームページのアンケート欄にある「永遠のライバル」、「影響を受けた選手」の2項目に次のように答えている。
      「柴戸海(浦和)」
      守田は川崎へ、柴戸は浦和へ。 大学時代、守田は流経大、柴戸は明治大に在籍。関東大学リーグとユニバーシアード代表で切磋琢磨してきた同い年のボランチである。
       柴戸は2年時からデンソーカップに臨む大学選抜チームに選ばれ、4年に進級してすぐのタイミングで浦和への加入を発表していた。先を読む力と球際の強さが最大の武器で、阿部勇樹の後継者として嘱望されている。
       今季は開幕直後に公式戦出場のチャンスを掴んだものの負傷により離脱。オズワルド・オリヴェイラの就任後は、なかなか出場機会を得られずにいる。
       一方、アタッカーとして流経大に進学した守田は1年生チームからスタート。「守備ができなければ一軍には行けない」と痛感してディフェンスの強化に力を注いだ。
       そして3年時、サイドバックで起用されたことが転機になる。いつしか「気付いたら守備のほうが得意になっていた」。やがてボランチを主戦場にディフェンスのポリバレントな選手として重宝され、4年時にユニバーシアード代表へと選出。日本代表のユニフォームを着て、柴戸ともチームメイトになった。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831867

      代表デビューから2年11カ月を経て。初得点寸前、南野拓実が考えたこと。

       新しい風が吹いた。そう感じさせる南野拓実のゴールだった。
       コスタリカ戦でゴールを決めた後に左胸のエンブレムを何度も叩き、喜びを爆発させた彼はしかし、試合後には冷静に振り返っていった。
      「まだまだ、足りないと思っています。僕自身も、全然満足していないです。攻撃のところでもっと起点になることもそうだし、ラストパスの本数はもっと増やせると思うし。でも初戦で大事だったのはわかりやすい結果を残すことであり、何よりもチームが勝つこと。その点に関しては良かったと思います」
       胸のすくようなゴールを決めただけで満足しないのは、当然かもしれない。
       2014年4月、ブラジルW杯のおよそ2カ月前のこと。当時のアルベルト・ザッケローニ監督から初めて代表に招集され、W杯予備登録メンバーにも19歳で選ばれている。若くして、その能力を評価されてきた選手である。
       上手いだけの選手ならいくらでもいる。でも、気持ちを前面に出してゴールにこだわれる選手は限られている。南野はその素質を持った選手である。
      チームメイトに要求を伝えるのは得意。 9月4日に札幌でチームに合流してから、9月11日のコスタリカ戦までの間に、ゴールを決めるために、チームの勝利をもたらすためにしっかりと準備をしてきた。
       だからこそコスタリカ戦の前日、練習を終えた南野は力強く話した。
      「みんなとはよく話し合えていると思います。自分としても要求するところは要求して、味方からの声もしっかり聞く。そういうコミュニケーションについては、僕は海外でやっているからすごく楽にできます。
       例えば、自分と組んだ選手の特長を生かすためにはどうしたらいいか。自分から言うのは『このタイミングでボールを出してください』とか、『ここのスペースで顔を出すので……』というような話です。攻撃での距離感などは、今までの練習のなかですごくやりやすいと感じているので、それを試合で表現できればいいかなと思っています」

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831878

      幼稚園、五輪、森保Jでまた一緒に。室屋成が南野拓実への引け目を払拭。

       幼稚園の頃から同い年の幼馴染で、地元のスタジアムで2人揃ってA代表としてピッチに立つ――。
       森保ジャパンの初陣、日本vs.コスタリカで、南野拓実と室屋成は漫画のような物語を現実にした。この運命の巡り合わせは話題となり、2人の関係性は数多く報道された。
       もちろん運命的な物語であることは間違いない。同い年でなおかつ幼い頃からサッカーをやっていたのだから。しかしこの舞台にたどり着くまで、2人の間には“優劣”が存在した。
       同い年で同じ競技に取り組めば、優劣は必ず生じてしまうもの。ましてやそれが幼少期からの幼馴染であれば、その度合いは大きくなる。そして本気で上を目指し、全力で取り組めば、それがライバル心や向上心、反骨心を生み出す。
       南野と室屋の関係性もまさにそれだった。
      幼稚園の頃に出会った2人。 2人の出会いは幼稚園の頃。近所同士で2人の兄も幼なじみだから、南野と室屋は自然と仲良くなった。兄たちが熱中するサッカーについていき、弟の2人がボールを蹴り合う。性格は真逆で、負けん気が強く自分の想いを主張する南野に対し、大人しくて一歩引いた立ち位置の室屋。プレースタイルでも異なる個性を持っていた。
       南野がずば抜けたボールコントロールとシュートセンス、そしてドリブルで何人もかわしてゴールを量産すれば、室屋は豊富な運動量でピッチを駆け回った。両者の能力は群を抜いていた。
       しかし小学校、中学校と成長するにつれ、周りの目は南野に向けられた。
       ゼッセル熊取FCに所属した小6の時、南野はエースストライカーとして攻撃の中心となり、室屋はボランチとして攻守のバランスを司った。
       南野には多くのJクラブアカデミーから声がかかり、中学進学と同時にセレッソ大阪U-15に入団。一方、室屋はゼッセルのジュニアユースに進んだ。

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831888
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ