サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      森保U-21、UAE撃破し「金」王手! 9・1決勝は韓国と/アジア大会

       ジャカルタ・アジア大会第12日(29日、インドネシア・チビノンほか)サッカー男子の準決勝で、2020年東京五輪世代のU-21(21歳以下)で臨む日本はアラブ首長国連邦(UAE)を1-0で退け、9月1日の決勝に進んだ。2大会ぶりの優勝を狙い、2連覇を目指す韓国と対戦する。フル代表と兼任の森保一監督(50)が率いる日本は、後半33分に途中出場のFW上田綺世(あやせ、20)=法大=が得点し、逃げ切った。韓国はベトナムに3-1で勝った。
       粘りが身上のUAEを精神力で上回り、日本が終盤に決勝へのゴールをこじ開けた。
       「自分の仕事は理解しているつもり。それを成し遂げられてよかった」
       値千金の決勝点を決めたFW上田は派手にガッツポーズし、仲間と抱き合った。
       待望の得点は執念を感じさせるプレーから生まれた。後半33分。ゴール前でいったん相手にボールが渡ったが、これをMF渡辺がスライディングで奪い返す。すぐさま左前方の上田にパスを通すと、思い切りよく打った一撃がクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。
       MF岩崎やFW旗手、FW前田が次々と決定機を逃し、流れは悪かった。それでも「タフさや、気持ちの面で上回っている方が勝つ」と意気込んでいたDF立田らが集中を切らさず、無失点で引き締めていたことが効いた。
       「選手たちが集中力を切らさずタフに戦った。韓国戦は自分たちの力を全部ぶつけて、金メダルを獲得できればと思う」
      【続きを読む】

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180830/jpn18083005020003-n1.html

      「まる子の清水」6戦ぶり勝った!天国のさくらももこさんに捧ぐ

       明治安田J1第18節第3日(29日、横浜M1-2清水、日産ス)清水が横浜Mに2-1で逆転勝ちした。6試合ぶりの勝利で勝ち点31とし、11位に上がった。横浜Mは同26で15位。7月28日に台風の影響で中止となり、代替開催された。清水は、27日に53歳で死去した静岡・清水市(現静岡市清水区)出身の漫画家・さくらももこさんを追悼する喪章を巻いて試合に臨み、白星をささげた。
       「まる子」が力をくれた。「さくらさん」が勇気をくれた-。
       清水が右腕の喪章に思いを込め、6試合ぶりの勝利を呼び込んだ。
       「自分もテレビで見ていたし、あの曲を聞いて勝たなければと思った」
       試合後、1得点1アシストのMF金子がアニメ「ちびまる子ちゃん」の思い出に浸った。
       前半2分に先制を許したものの同27分、MF松原の左からの低いクロスに走り込んだ金子が右足で押し込んだ。後半4分には、金子の絶妙クロスを胸トラップしたFWドウグラスが、左足で強烈な逆転ボレー弾。まる子から「やるねえ~」とお褒めの言葉をもらえそうな見事な逆転劇だ。
      【続きを読む】

      掲載元:「サッカー」の最新ニュース - SANSPO.COM(サンスポ・コム)
      URL:https://www.sanspo.com/soccer/news/20180830/jle18083005030003-n1.html

      FW不足レアル・マドリー、マリアーノを買い戻し決定!額は昨年の3倍ほど

      リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは、「リヨンからドミニカ共和国代表FWマリアーノ・ディアスを買い戻した」と公式発表した。
      マリアーノ・ディアス・メヒア、通称「マリアーノ」は1993年生まれの25歳。
      2011年にバダロナからレアル・マドリーの下部組織に加入し、CチームとBチームで得点を量産。2016年の夏にベンゼマが負傷した際、ジネディーヌ・ジダン監督がトップチームへと引き上げた。
      そのシーズンにはプロとしての初ゴールも決め、チャンピオンズリーグ優勝も経験。クラブワールドカップでも日本行きに帯同している。
      昨年夏にはフランス・リーグアンのリヨンに800万ユーロ(およそ10.4億円)で移籍(正確には保有権の一部を売却)し、34試合で18ゴールを決める活躍を見せていた。
      そして今回レアル・マドリーは彼の契約に含まれていた買い戻し条項を活性化させた。
      その額は3300万ユーロ(およそ42.9億円)となっていたが、レアル・マドリーがまだ35%の保有権を所有していたため、実際に支払うのは2200万ユーロ(およそ28.6億円)になるとのことだ。
      レアル・マドリーは今夏クリスティアーノ・ロナウドをユヴェントスに放出しているが、前線に目立った補強はなく、ベンゼマのバックアップがボルハ・マジョラルだけという状況となっていた。

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/08/30/real-madrid-activated-buy-back-option-for-mariano-kgn-1
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ