サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      ロナウド、ユヴェントスでのCL初戦はなんと一発退場!その場面は…

      20日に行われたバレンシアとユヴェントスのチャンピオンズリーグGS第1節では、予想されていないような場面が発生した。
      先発出場したクリスティアーノ・ロナウドが、ペナルティエリア内での接触を巡って相手選手と衝突をし、レフェリーからレッドカードを受けることになったのだ。
      まさかのロナウド退場📕

      レッドカードは厳しい判定❗❓#ユヴェントス #ロナウド #ロナウド退場 #UCL #チャンピオンズリーグ pic.twitter.com/rBzaSl0CE0
      — Goal Japan (@GoalJP_Official) 2018年9月19日クリスティアーノ・ロナウドはチャンピオンズリーグで154回の出場を果たしているが、実はレッドカードを受けたのは初めてのことだ。
      ただ、ユヴェントスはミラレム・ピャニッチのPK2本などでとバレンシアを3-0とリードし、初戦を勝利で終えることに成功した。

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/09/20/cristiano-ronaldo-sent-off-against-valencia-kgn-1

      スゴすぎる罰だ…中国の代表選手、無断外出で「1年の出場停止」に

      『South China Morning Post』は18日、「中国サッカー協会は、U-19代表のキャンプから無断で外出した選手を1年の出場停止にした」と報じた。
      処分を受けたのは上海申花に所属している18歳のチョウ・チュンチェンだという。
      すでにトップチームにもデビューしている期待の選手であるが、このタイミングでなんと1年もの間に中国サッカー協会管轄下の試合に出られなくなった。
      その理由は、U-19代表チームのキャンプ中にチームメイトとともに外出し、レストランで夕食をとったからだとのこと。
      「負の態度、ずさんな振る舞い」とコーチの指導を無視したことが問題視されたという。ただ、同行したという同僚の名前は明かされていないようだ。
      チョウ・チュンチェンは来年の9月8日まで出場停止処分となり、この重要な時期に多くの出場機会を失うことになる。
      記事によれば、中国にはまだ選手組合が存在しておらず、サッカー協会の力があまりにも強すぎるとの批判があるとのこと。

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/09/20/chinese-u-19-player-banned-for-12-months-kgn-1

      小野伸二と稲本潤一が語る黄金世代。「同級生の一番に」「すげえな、と」

       8月下旬、北海道・札幌に足を運んだ。
       地下鉄・東西線の北西端、宮の沢駅で下車し、「白い恋人パーク」に向かう。コンサドーレ札幌の練習場には平日にもかかわらず多くのファンやメディアが駆けつけていた。Jリーグで好調を維持するコンサドーレに、北海道のサポーターは大きな期待を寄せているのだろう。ピッチを見下ろすテラスでジンギスカンを食べながら見学をしている家族連れもいる。
       ハーフコートで試合形式の練習が行われていたが、時折、2人のベテランプレーヤーのトラップや動きに目を奪われた。小野伸二と稲本潤一だ。
       小野の「それを見るためにお金を払う価値がある」(byカメラマン近藤篤氏)トラップに思わずため息が漏れ、稲本のチーム全体にスイッチを入れるようなドリブルでの持ち上がりを見ると2002年の記憶が蘇ってきた。
      チャンピオンズリーグを知らずに海外移籍。 2人には発売中のNumber961号の取材で「海外クラブへの挑戦の意味」について話を聞いた。移籍決断の背景や現地で言葉の壁をどう乗り越えたのか、そしてジダンやアンリら実際に対戦したレジェンドたちの巧さなどについて楽しそうに語ってくれた。
       話の中で意外だったのは、2人が小さい頃から海外でのプレーに憧れたり、強く意識することはなく、ほとんど知識もないまま(チャンピオンズリーグさえ知らなかったとか!)オランダのフェイエノールトとイングランドのアーセナルに移籍したということ。
      「当時は今みたいにスカパーやダゾーンがなくて、携帯もガラケーやし」(稲本)
       海外リーグの情報や試合動画が溢れている2018年現在とは、まったく違う環境で彼らはヨーロッパへの移籍を決断していったのだ。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831877
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ