サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      メッシ「シャビを思い出すよ」。バルサの新しい王様アルトゥール。

       グレミオ時代のあだ名は「レイ・アルトゥール」。
       つまり、「アーサー王」だ。
       トップチームでレギュラーになったばかりの弱冠20歳に授けるものとしてはいささか大仰と思われるかもしれないが、ピッチ上のアルトゥールは当時から「支配する者」だった。堂々としたプレーには年齢に見合わぬ威厳もあった。
       代理人ジョルジ・マシャドはいう。
      「グレミオの育成部門では飛び級することなく全カテゴリーで鍛えられてきた。だから大舞台に立ってもプレッシャーを感じないんだ」
       なるほど、10月3日のCLトッテナム戦を観た人なら納得するだろう。
      荒れた試合を落ち着かせる18歳。“ウェンブリー・スタジアム”にも“バルサでのCL初先発”にも全く怯まなかった彼は、圧巻のパフォーマンスで当夜のバルサの快勝に貢献している。
       13歳のとき地元のゴイアスからグレミオに移ったアルトゥールは、名将ルイス・フェリペ・スコラーリに抜擢され、リオ・グランジ・ド・スウ州1部リーグのアイモレ戦で18歳にしてトップチームデビューを果たした。
       そして翌'16年9月、レナト・ガウショがグレミオの監督に就くと、彼の前に王位への道が開けた。Bチームにいたところをレナトに目を付けられ、'16年のブラジル・セリエA最終節でチャンスを与えられたのだ。
      「テクニックだけでなく戦術的にも優れている。パスの巧さが秀でているけれど、最も重要なのは荒れ始めた試合を落ち着かせることができる点だ」
       アルトゥールのポテンシャルを認めたレナトは、'17年1月に新シーズンが始まると、彼をレギュラーメンバーの1人とした。念願のポジションを得たアルトゥールはまもなくグレミオの試合をコントロールするようになり、やがて戴冠した。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832194

      ナポリが強い。打倒ユーベにかける美食家アンチェロッティのレシピ。

       ナポリの監督アンチェロッティは舌の肥えた美食家として知られている。
       バイエルン時代にはクラブハウスの厨房に入り、大量のパルミジャーノ・チーズを手ずから擦りおろしながら「パスタ・アッラ・カルボナーラはこうやって作ってほしい」とシェフに指南したほどのこだわりぶりだ。
       ただ、どんなに美味しい一皿でもずっと同じ料理だけを食べ続けるわけにはいかない。食卓もサッカーも、多彩な材料とレシピが必要だ。
       セリエAは開幕から2カ月、首位を走る王者ユベントスを2位ナポリが追う、昨季までと同じレース展開が固まりつつある。
       耳目を集めるのはクリスティアーノ・ロナウド効果と8連勝快進撃のユーベだが、その陰で追う立場のナポリは静かに、だが着々と変革を進めている。今季のナポリはグルメの名将を迎え、明らかに昨季とは一味ちがう戦い方を始めているのだ。
      予想記者泣かせのスタメン。「我々はさまざまな変化を試している。今のところ、上手くいっていると思うがね」
       アンチェロッティは開幕からの国内リーグ戦8試合とチャンピオンズリーグ2試合で、10通りのスタメンを組んだ。
       4節フィオレンティーナ戦(○1-0)で5人、5節トリノ戦(○3-1)では5人、6節パルマ戦(○3-0)に至っては実に9人も前カードから先発を入れ替えながら3連勝を上げた。地元紙の予想記者が嘆くのも無理はないだろう。
       何しろ昨季までサッリ監督(現チェルシー)が率いたナポリのスタメンは、下町の子供が鼻歌混じりで諳んじることができるほど同じ顔ぶれが並んでいた。
       先発がどれだけ固定されていたかというと、昨季8節までのスタメン延べ88人分のうち、守護神レイナからFWインシーニェまでのレギュラー組11人による“先発占有率”は86%強にも上っていた。故障や出場停止処分でもない限り、サッリ体制下でのベンチ組の先発登用はあくまで例外扱いだった。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832201

      中島翔哉はアジアカップに参加できない!? ポルトガル紙が冬の移籍期間での代表招集は困難と推測

       ポルトガルの全国スポーツ紙『Record』は、10月16日に行なわれた日本対ウルグアイ戦での中島翔哉について、「日本代表のためにまたひとつ殻を破り、敵を倒した」と報じた。

      「ポルティモネンセの中島は、10月7日に国内リーグのスポルティング戦を4-2で制した後、絶好調をキープしたまま16日、埼玉のピッチでは日本代表としてプレーし、ウルグアイ代表を4-3で下した。

       左ウイングでプレーし、エリアの端から南野へパスを通して先制点を演出し、日本を活気づけた。87分にピッチを後にするまで、確かな存在感を残していた」

       また、ポルトガルの全国スポーツ紙『A BOLA』は「日本代表に対して、ウルグアイ代表は敗北を回避できなかった」と日本の健闘を驚きつつも称え、中島についてはこのように評している。

      「得点こそなかったものの、試合開始10分で南野への的確なパスで先制点を演出。ドリブルや華麗なダイレクトプレーで、チームにリズムをもたらした。

       勢いに乗った日本は、カバーニらの再三の追撃ゴールにも屈せず、大迫勇也、堂安律、そして再度の南野のゴールで4-3の勝利を飾っている」 日本代表選手の”日常”をDAZNでチェック!
      欧州各国リーグやJリーグに加え
      CL&ELも見放題の「1か月無料体験」はこちら

       しかし『Record』は同時に、気になるニュースをもう1本報じた。それは、「ナカジマはアジアカップのためにリーグを離脱する」というものだ。

      「ウルグアイを4-3で破った試合で、中島は日本での立場を確立しつつあった。ポルティモネンセでも欠かせない存在の彼だが、来年1月から2月にかけてUAEで開催されるアジアカップのため、おそらく代表に招集されるだろう。

       しかし、懸念がある。招集された場合、同時期に予定されているポルトガルリーグの試合など、クラブでの6試合に、中島は出場できないことになる。

       日本はアジアカップではグループFに振り分けられ、1月9日にトルクメニスタン、13日にオマーン、17日にウズベキスタンと対戦する。ほぼ確実に、日本はこのグループを通過するだろう。少なくとも、準決勝までは進むのではないだろうか。そうなれば、クラブでの不参加期間が伸びる。

       欧州の冬の移籍市場は、1月に再開する。もちろん、クラブや中島がどう判断するかということも現時点では分からないが、移籍を考えた場合、中島のアジアカップ出場を渋る可能性もあるのだ。何せ、2000万ユーロ(約26億円)ともいわれる移籍金がかかっているのだ」

       もちろん、現時点で日本代表への招集や移籍に関しては何も確定していない。ただし、セビージャやレバークーゼン、シャフタール・ドネツクなど、中島の獲得に本気で動いているというクラブの噂は絶えない状態にある。離れる期間が伸びた場合は、クラブ側と代表で調整が必要になる可能性はある。

       日本代表でもクラブでも欠かせない存在だからこそのジレンマ。どのような判断が下るとしても、中島にとってより良い選択であることを祈りたい。

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカーダイジェストWebの更新情報
      URL:http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=48920
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ