サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「決定機を決めるかどうかで人生変わる」 元日本代表FW田中順也、夢のEL&CLで痛感

       J1ヴィッセル神戸の元日本代表FW田中順也は、ポルトガルのスポルティングCP在籍時代にUEFAヨーロッパリーグ(EL)に出場した経験を持ち、その時に「1回の決定機を決めるかどうかで人生が変わってくる」と実感したという。そして、あと一歩で出場が叶わなかったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を振り返り、「あとちょっとだった……」と当時の苦い思い出を明かしている。
       特別指定選手を経て2010年に柏レイソルへ加入した田中は、J2に降格した翌年からスタメンに定着。J1復帰を果たした11年には主軸としてフル稼働し、リーグ戦30試合13ゴールの活躍で昇格即優勝に貢献した。同年9月、日本代表に初選出されると、2012年に念願の代表デビュー(通算4試合出場)。その後も柏で存在感を放っていたなか、2014年夏にポルトガル1部の名門スポルティングへ移籍を果たした。
       2014-15シーズンはリーグ戦17試合5ゴールの結果を残した一方、ELでは2試合(0得点)に出場。2015-16シーズンは冬まで在籍し、リーグ戦3試合、EL1試合でいずれもノーゴールのまま、16年2月に古巣柏へ復帰した。現在31歳の田中にとって、ELで思い出深い試合があるという。
      「ELは苦い思い出が多いかな。スポルティング1年目の時、(決勝トーナメント・ラウンド32の)ヴォルフスブルク戦の第2戦目(15年2月26日/ホーム0-0)で先発出場した。その試合でシュートを外し、GKに取られてしまった」



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/145994

      「決定機を決めるかどうかで人生変わる」 元日本代表FW田中順也、夢のEL&CLで痛感

       J1ヴィッセル神戸の元日本代表FW田中順也は、ポルトガルのスポルティングCP在籍時代にUEFAヨーロッパリーグ(EL)に出場した経験を持ち、その時に「1回の決定機を決めるかどうかで人生が変わってくる」と実感したという。そして、あと一歩で出場が叶わなかったUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を振り返り、「あとちょっとだった……」と当時の苦い思い出を明かしている。
       特別指定選手を経て2010年に柏レイソルへ加入した田中は、J2に降格した翌年からスタメンに定着。J1復帰を果たした11年には主軸としてフル稼働し、リーグ戦30試合13ゴールの活躍で昇格即優勝に貢献した。同年9月、日本代表に初選出されると、2012年に念願の代表デビュー(通算4試合出場)。その後も柏で存在感を放っていたなか、2014年夏にポルトガル1部の名門スポルティングへ移籍を果たした。
       2014-15シーズンはリーグ戦17試合5ゴールの結果を残した一方、ELでは2試合(0得点)に出場。2015-16シーズンは冬まで在籍し、リーグ戦3試合、EL1試合でいずれもノーゴールのまま、16年2月に古巣柏へ復帰した。現在31歳の田中にとって、ELで思い出深い試合があるという。
      「ELは苦い思い出が多いかな。スポルティング1年目の時、(決勝トーナメント・ラウンド32の)ヴォルフスブルク戦の第2戦目(15年2月26日/ホーム0-0)で先発出場した。その試合でシュートを外し、GKに取られてしまった」



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/145994

      レスターGK、亡くなった会長に捧げる勝利 悲痛な思い吐露「家族を失ったと感じている」

       レスター・シティの選手や監督らは現地時間4日、ヘリコプター墜落事故で亡くなったヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ会長の葬儀に参列し、最後の別れを行った。会長を敬愛していたデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは「僕の中に残り続ける」と思いを語った。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。
       スリヴァッダナプラバは先月27日の本拠地ウェストハム戦(1-1)後、自身の所有するヘリコプターが離陸直後に墜落し、炎上。他の搭乗者5人とともに帰らぬ人となった。
       現地時間3日に行われたリーグ第11節のカーディフ戦では、試合前に黙祷が捧げられた。事故後初の試合でレスターは1-0と勝利し、その後にタイへ渡って葬儀に参列した。
       事故の瞬間をスタジアムで目撃し、救出を試みるなど勇敢な行動を見せたのがGKのシュマイケルだった。2部リーグ時代からレスターでプレーし、2010年にクラブを買収したスリヴァッダナプラバ氏を慕っていた守護神は悲痛の思いを口にしている。
      「僕は何が起きたのか全て見ていた。不幸なことだが、僕の中に残り続けるだろう。決して良い思い出ではないが、必要なサポートは全て受けてきた。クラブは本当に素晴らしく、全員が必要なサポートを受けている」



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/146002
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ