サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      大迫勇也、新戦力との連係向上に自信「どう噛み合わせるかが肝になる」

      大迫勇也【写真:Getty Images】
      【日本 3-0 パナマ キリンチャレンジカップ2018】
      日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し3-0と勝利した。
       ロシアワールドカップで活躍した大迫勇也は、森保一監督体制では初めての代表戦となった。要所でボールを収めるなど質の高さは示したものの、自身は無得点に終わった。フィニッシュの局面でもシュートはうまくミートできず。「なかなか今日はうまく足がついてなかったのが事実」と振り返った。
       周囲との連係についても「メンバーも結構違いましたし、やっぱり練習と試合の中では距離感も違うし、そこは今までやってきたメンバーと少なからずの違いはありました」と、手探りの部分が多かったことを明かした。
       とはいえ「半数以上選手が変わっているので、そこは合わないのが普通」とも話しており、その点については今後のノビシロとも言えるだろう。大迫も「やっていく中で絶対に良くなると思うし、また次の試合が楽しみ」と前を向いた。
       大迫自身、日本代表の一員として新たなスタートとなった。森保ジャパンにとって最初の公式戦となるアジアカップは来年1月に開幕。「10月と11月、あと3試合ある」と話す大迫は、「1月に向けていい準備というか、チーム全体としていいゲームができればと考えています」と続けた。
       この日のパナマ戦では修正すべき点も見られたが、大迫が言うようにアジアカップに向けた準備と捉えれば、課題が出たことを悲観する必要はない。
      「もちろん個人的な自信もあるし、噛み合えばうまく行くのは確実なので。あとはそこをどう噛み合わせるか、どう合わせていくかが肝になってくると思いますね」
       次のウルグアイ戦で、日本屈指のストライカーはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/13/post292865/

      伊東純也、森保Jで2戦連発も「もっと自分の持ち味を」と満足せず。怪我の状態は…

      伊東純也【写真:田中伸弥】
      【日本 3-0 パナマ キリンチャレンジカップ2018】
       日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し、3-0で勝利を収めている。
       先月のコスタリカ戦で嬉しい代表初ゴールを決めた伊東純也はこの日、右サイドハーフとして先発出場を果たした。前半から自身の持ち味であるスピードを前面に押し出してサイドを疾走し、多くのチャンスに絡むなど存在感をアピール。そして迎えた65分には、南野拓実が放ったシュートのこぼれ球を押し込むなど、森保ジャパンで2試合連続ゴールを記録した。
       原口元気からのパスを南野へダイレクトで渡すと、そこで動きを止めることなく自らもゴール前に駆け寄ったことで生まれた得点である。伊東はこのシーンについて「拓実の動きも見えてて、元気君から来た時にもうワンタッチで出そうと思って出して、シュートのこぼれに詰めてたら、こぼれてきた。まあ一発で決めたかったですけど、結構コースなかったんで、ラッキーな形でしたけどゴールできてよかったかなと思います」と振り返っている。
       コスタリカ戦に続いてのゴールは、森保一監督へ向け大きなアピールとなったことは間違いない。ただ、背番号14は「結果を出せたのはよかったですけど、それ以外の部分でもっと自分の持ち味を出せるところもあったと思うし、前半難しかったですけど、後半うまく受けて仕掛ける場面とかもっと出せればよかったかなと思います」と満足はしていない様子だ。
       また、大迫勇也との連係面については「一緒にやる日数が少なかったので、コンビネーション作るのは難しいと思います」としたが、それでも「大迫君に入った時にみんながサポートしたり、その後の2列目からの動きとか、そういう部分とかはチャンスにはならなかったですけど、やろうっていう意思はあったかなと思います」とコメントしている。
       この日は82分に負傷交代を余儀なくされている伊東。足の状態については「明日検査してって感じです」と詳細を明らかにはしなかったが、日本代表で2戦連続弾中ということもあり、早めの回復を祈るばかりだ。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/13/post292875/

      伊東純也、森保Jで2戦連発も「もっと自分の持ち味を」と満足せず。怪我の状態は…

      伊東純也【写真:田中伸弥】
      【日本 3-0 パナマ キリンチャレンジカップ2018】
       日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し、3-0で勝利を収めている。
       先月のコスタリカ戦で嬉しい代表初ゴールを決めた伊東純也はこの日、右サイドハーフとして先発出場を果たした。前半から自身の持ち味であるスピードを前面に押し出してサイドを疾走し、多くのチャンスに絡むなど存在感をアピール。そして迎えた65分には、南野拓実が放ったシュートのこぼれ球を押し込むなど、森保ジャパンで2試合連続ゴールを記録した。
       原口元気からのパスを南野へダイレクトで渡すと、そこで動きを止めることなく自らもゴール前に駆け寄ったことで生まれた得点である。伊東はこのシーンについて「拓実の動きも見えてて、元気君から来た時にもうワンタッチで出そうと思って出して、シュートのこぼれに詰めてたら、こぼれてきた。まあ一発で決めたかったですけど、結構コースなかったんで、ラッキーな形でしたけどゴールできてよかったかなと思います」と振り返っている。
       コスタリカ戦に続いてのゴールは、森保一監督へ向け大きなアピールとなったことは間違いない。ただ、背番号14は「結果を出せたのはよかったですけど、それ以外の部分でもっと自分の持ち味を出せるところもあったと思うし、前半難しかったですけど、後半うまく受けて仕掛ける場面とかもっと出せればよかったかなと思います」と満足はしていない様子だ。
       また、大迫勇也との連係面については「一緒にやる日数が少なかったので、コンビネーション作るのは難しいと思います」としたが、それでも「大迫君に入った時にみんながサポートしたり、その後の2列目からの動きとか、そういう部分とかはチャンスにはならなかったですけど、やろうっていう意思はあったかなと思います」とコメントしている。
       この日は82分に負傷交代を余儀なくされている伊東。足の状態については「明日検査してって感じです」と詳細を明らかにはしなかったが、日本代表で2戦連続弾中ということもあり、早めの回復を祈るばかりだ。
      (取材:元川悦子、文・構成:編集部)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/13/post292875/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ