サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「偶然ではない」 育成のドルトムント、ユース責任者が”買わずに生み出す”戦略を解説

       日本代表MF香川真司も活躍したドルトムントと言えば、選手の育成に定評があるクラブとして知られ、世界各国の有望タレントが多く顔を揃えている。ユース部門の責任者を務めるラース・リッケン氏が「スーパースターを買わずに育てる」クラブの戦略について語った。英公共放送「BBC」が報じている。
       かつての香川(現サラゴサ)やドイツ代表MFマリオ・ゲッツェをはじめ、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(現アーセナル)、アメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(現チェルシー)などドルトムントからビッグクラブへ羽ばたいた選手は数知れない。
       現チームにも19歳のイングランド代表MFジェイドン・サンチョやノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド、U-17アメリカ代表MFジオバンニ・レイナなど次なるスター候補生がずらりと揃う。
       ドルトムントOBで、現在はユース部門責任者を務めるクラブOBのリッケン氏は「これらは偶然に起きていることではない」とし、クラブには「スーパースターを買うのではなく、生み出すための明確な戦略がある」と語っている。
      「ウスマン・デンベレ(現バルセロナ)もピエール=エメリク・オーバメヤンもドルトムントに来た時はスーパースターではなかった。我々が彼らをスーパースターにした。これはクラブにとって非常に重要なことだ」
       リッケン氏は、無名に近い選手を育てることがクラブのアイデンティティーとして重要だと強調した。
       また、選手をスカウトする際には「技術的なスキルはとても重要」としたうえで、「それからクイックネス(敏捷性)、アクションのスピードだ」と選手たちのスピードを特に重要視していると指摘している。
       リッケン氏によれば、「ファーストチームの選手たちはとても速い。信じられないほど」なのだという。
      「数カ月前に海外からきたある選手がU-17チームでプレーしたが、スピードが十分ではなかったために獲得しなかった」
       スピードに関しては厳しい審査基準があるようだ。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/246577

      新型肺炎への差別的投稿で矢面のデレ・アリ、モウリーニョ監督が見解「処分は必要ない」

       新型コロナウィルスによる肺炎の被害は連日、アジアを中心に世界各地で報告されている。そんななか、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリは、自身のSNSを通じてアジア人を蔑むような動画を投稿。イングランドサッカー協会(FA)が調査を行い、処分を受ける可能性を指摘されていたが、ジョゼ・モウリーニョ監督は「処分は不要だと感じている」と、見解を述べている。英紙「デイリー・スター」が報じている。
       問題の動画を投稿したアリは、その後に投稿を削除して謝罪の意を示したが、FAは調査に乗り出していた。昨年11月には、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバがSNSへの投稿が差別的と判断され、1試合の出場停止と5万ポンド(約700万円)の罰金を科された。アリの動画も人種差別的、あるいは侮辱的だと判断された場合、同様の罰則が科される可能性がある。しかし、モウリーニョ監督は「それは必要のないことだと思う」と、コメントした。
      「この件に関して、私はいかなる判断を下すことができない」と前置きしたモウリーニョ監督。「必要ないと感じるのは、選手自身が何をしてしまったかを理解しているからだ。彼は良い人間であり、チーム内にも大好きなアジア人の親友がいる」と、韓国代表FWソン・フンミンと良い関係にあり、アジア人を特別に見下しているわけではないと説明した。
      「彼は即座に学んだし、自身の行動を恥ずべきものだと理解した。それ以上、私たちが何かをする必要があるとは思わない。もちろん私は彼と話し合った。でも、その会話は簡単なものだった。なぜなら彼は自身の犯したミスを痛感していて、とても申し訳なく思っているからね。彼には誰かを蔑んだり、傷つけたりするつもりはなかった。即座に後悔して若気の至りであることに気付き、謝罪もした。若い人のなかには、自分がどんな過ちを犯したか気づかない人もいる。それに対して、彼は素晴らしかったと思う」
       サッカー界が人種差別の撲滅に取り組んでいるなかで、デレ・アリは自身の愚行により世界中から非難されている。モウリーニョ監督は擁護したが、果たしてFAは問題なしという判断を下すのだろうか。
      【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/246776

      新型肺炎への差別的投稿で矢面のデレ・アリ、モウリーニョ監督が見解「処分は必要ない」

       新型コロナウィルスによる肺炎の被害は連日、アジアを中心に世界各地で報告されている。そんななか、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリは、自身のSNSを通じてアジア人を蔑むような動画を投稿。イングランドサッカー協会(FA)が調査を行い、処分を受ける可能性を指摘されていたが、ジョゼ・モウリーニョ監督は「処分は不要だと感じている」と、見解を述べている。英紙「デイリー・スター」が報じている。
       問題の動画を投稿したアリは、その後に投稿を削除して謝罪の意を示したが、FAは調査に乗り出していた。昨年11月には、マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバがSNSへの投稿が差別的と判断され、1試合の出場停止と5万ポンド(約700万円)の罰金を科された。アリの動画も人種差別的、あるいは侮辱的だと判断された場合、同様の罰則が科される可能性がある。しかし、モウリーニョ監督は「それは必要のないことだと思う」と、コメントした。
      「この件に関して、私はいかなる判断を下すことができない」と前置きしたモウリーニョ監督。「必要ないと感じるのは、選手自身が何をしてしまったかを理解しているからだ。彼は良い人間であり、チーム内にも大好きなアジア人の親友がいる」と、韓国代表FWソン・フンミンと良い関係にあり、アジア人を特別に見下しているわけではないと説明した。
      「彼は即座に学んだし、自身の行動を恥ずべきものだと理解した。それ以上、私たちが何かをする必要があるとは思わない。もちろん私は彼と話し合った。でも、その会話は簡単なものだった。なぜなら彼は自身の犯したミスを痛感していて、とても申し訳なく思っているからね。彼には誰かを蔑んだり、傷つけたりするつもりはなかった。即座に後悔して若気の至りであることに気付き、謝罪もした。若い人のなかには、自分がどんな過ちを犯したか気づかない人もいる。それに対して、彼は素晴らしかったと思う」
       サッカー界が人種差別の撲滅に取り組んでいるなかで、デレ・アリは自身の愚行により世界中から非難されている。モウリーニョ監督は擁護したが、果たしてFAは問題なしという判断を下すのだろうか。
      【CL再開!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/246776
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ