サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「僕はどのポジションでも」マリノス岩田智輝24歳、“生粋のポリバレント”が大化けしそうなワケ<逆転優勝のキーマン>

      「ポリバレント」はイビチャ・オシムが日本で浸透させたサッカー用語である。
       初めて耳にした際、言葉からはまったくイメージが湧かなかったために入れ歯洗浄剤の「ポリデント」を頭に浮かべてしまったものだ。
       誰かが化学用語だと教えてくれた。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Jリーグ - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/849703

      中村憲剛に聞く“オマーン戦と中国戦の違いは?” 絶賛する大迫勇也の先制ゴール「伊東純也の突破を信じて走った」

       W杯最終予選を2度経験した中村憲剛氏は、「何はともあれ勝点3を取れて良かったです。それに尽きます」と胸を撫でおろした。日本時間9月7日深夜に行われた中国とのアウェイゲームは、1対0の勝利に終わった。
      「最終予選は勝ってナンボだと、改めて痛感しました。選手たちもそれはすごく感じたのでは」と言う。自身の経験も踏まえた選手心理の考察とともに、ゲームのポイントを整理してもらった(全2回の1回目/後編に続く)。
      ◆◆◆
      「憲剛さん、最終予選はまったくの別物なんですね」 googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/849725

      “鉄人”遠藤航すら動きが重かった…森保監督の「ラージグループ」構想はどこへ行ったのか?<日本代表の論点>

      「ラージグループ」は、日本代表の新しい形態を定義する大切なキーワードである。
       ロシアワールドカップ日本代表を率いた西野朗監督が「大きな集団」として多用した表現を、コーチとして師事した森保一現監督も引き継いだ。
       日本代表メンバーは拡大した。
      googletag.cmd.push(function() { googletag.display('div-gpt-ad-1586832492163-0'); });

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web - ナンバー
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/849795
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ