サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「プロジェクトを傷つける」 レアル、ウーデゴール移籍での“危機”をスペイン紙指摘「損害」

       レアル・マドリードのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールは出場機会を求めて期限付き移籍を志願。現在はアーセナル加入に向けた交渉中だと伝えられている。そうしたなかでスペイン紙「AS」は、ウーデゴールの移籍はレアルの“世代交代プロジェクト”の一歩後退だと伝えている。
       レアルは数年前から移籍方針を転換し、若手選手の獲得を入れてきた。ウーデゴールをはじめ、ブラジル代表FWロドリゴや日本代表MF久保建英(現ヘタフェ)など10代で台頭した才能を多く確保してきた。
       しかし、ジネディーヌ・ジダン監督率いる現在のチームの中で、実際に出番を手にしている若手選手はウルグアイ代表MFフェデ・バルベルデら一握りで、結果を残せず、すでにクラブを去った選手も少なくない。
       3度のローン移籍を繰り返し、今季からついにトップチーム合流を果たしたウーデゴールも、ジダン監督の信頼をつかめず、今度はアーセナルへのローン移籍が確実視されている。「AS」紙はこうした現状について「ウーデゴールのアーセナルへのローン移籍は、レアル・マドリードのプロジェクトを傷つける」との見出しを打って報じている。
      「昨夏にレアル・ソシエダからの復帰し、スター選手の補強と称されたウーデゴールには大きな期待が寄せられていた。しかし、彼が再びローン移籍を希望したことは一歩後退であり、チームを若返らせたいというクラブのアイディアに損害を与える」
       16歳でレアルのトップチームデビューを飾り、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者とも目されていたウーデゴール。レアルの世代交代を象徴する選手の1人だけに、AS紙は「(アーセナルの)ミケル・アルテタの下では彼の運が良い方向へと変化し、来シーズンに向けて復帰する前に彼が成長を続けられることを願っている」とエールを送った。現地メディアも22歳の動向に、大きな関心を寄せているようだ。
      【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/304980

      「プロジェクトを傷つける」 レアル、ウーデゴール移籍での“危機”をスペイン紙指摘「損害」

       レアル・マドリードのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールは出場機会を求めて期限付き移籍を志願。現在はアーセナル加入に向けた交渉中だと伝えられている。そうしたなかでスペイン紙「AS」は、ウーデゴールの移籍はレアルの“世代交代プロジェクト”の一歩後退だと伝えている。
       レアルは数年前から移籍方針を転換し、若手選手の獲得を入れてきた。ウーデゴールをはじめ、ブラジル代表FWロドリゴや日本代表MF久保建英(現ヘタフェ)など10代で台頭した才能を多く確保してきた。
       しかし、ジネディーヌ・ジダン監督率いる現在のチームの中で、実際に出番を手にしている若手選手はウルグアイ代表MFフェデ・バルベルデら一握りで、結果を残せず、すでにクラブを去った選手も少なくない。
       3度のローン移籍を繰り返し、今季からついにトップチーム合流を果たしたウーデゴールも、ジダン監督の信頼をつかめず、今度はアーセナルへのローン移籍が確実視されている。「AS」紙はこうした現状について「ウーデゴールのアーセナルへのローン移籍は、レアル・マドリードのプロジェクトを傷つける」との見出しを打って報じている。
      「昨夏にレアル・ソシエダからの復帰し、スター選手の補強と称されたウーデゴールには大きな期待が寄せられていた。しかし、彼が再びローン移籍を希望したことは一歩後退であり、チームを若返らせたいというクラブのアイディアに損害を与える」
       16歳でレアルのトップチームデビューを飾り、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者とも目されていたウーデゴール。レアルの世代交代を象徴する選手の1人だけに、AS紙は「(アーセナルの)ミケル・アルテタの下では彼の運が良い方向へと変化し、来シーズンに向けて復帰する前に彼が成長を続けられることを願っている」とエールを送った。現地メディアも22歳の動向に、大きな関心を寄せているようだ。
      【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/304980

      「ぼろきれからスターへ」 吉田麻也、“危険ミス”もセリエA初得点で“挽回”!伊メディア高評価

       イタリア・セリエAのサンプドリアに所属の日本代表DF吉田麻也が、現地時間24日の第19節パルマ戦でセリエAでの初ゴールをマークした。チームも2-0で勝利。イタリアメディアでは、立ち上がりに危険なミスもあったことから「ぼろきれからスターへ」と報じた。
       吉田は立ち上がり、右サイドからのクロスに対応しようとしたところで空振り。パルマに決定機をプレゼントする形になったが、GK含む味方の守備陣も踏ん張り、失点は免れた。すると前半25分、攻撃参加していたセットプレーの二次攻撃で右サイドからのクロスがゴール前の吉田の前へこぼれ、これを蹴り込んだ。
       このゴールが、昨年1月にイングランド・プレミアリーグのサウサンプトンからサンプドリアへ加入して以来、セリエAでの初ゴールになった。
       その後、サンプドリアは同34分にFWケイタ・バルデが追加点を奪って、2-0で勝利。吉田の評価は立ち上がりのミスがあまりにも印象的なものであったようだ。
       イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、吉田を「7点」として、「ぼろきれからスターへ。パルマに先制点を与えそうになったが、逆に決めたのは自分だった。個人を見れば、セリエAでの嬉しい初ゴール」とした。
       また、サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」は吉田に「6.5点」と「立ち上がりのミスはかなり大きなものだったが、パルマがそれを生かさなかった。ゴール前で押し込んで先制点を決めた」との評価を与えている。
       ひやりとした場面から一転して歓喜の瞬間を迎えた吉田にとって、運も味方につけたゲームになったようだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/305104
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ