サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      なでしこジャパン初陣はアイスランドに完敗 長谷川唯「勝たなければいけない試合だった」

       なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間11月25日に欧州遠征中のアイスランド戦に臨み、池田太新監督の初陣は0-2で完敗となった。
       東京五輪で準々決勝敗退に終わった日本は、高倉麻子監督から2018年のU-20女子ワールドカップ(W杯)優勝に導いた池田監督に交代。先月には約1週間の国内合宿を行い、オランダでの欧州遠征初戦に臨んだ。
       ドイツでプレーするDF熊谷紗希やイングランドでプレーするFW岩渕真奈をベンチスタートにした日本は、ストライカーでもプレー可能なDF宝田沙織を左サイドバックに起用。東京五輪で選考外になったMF猶本光やMF長野風花がスタメン起用され、MF成宮唯は代表デビュー戦になった。
       その日本だが、序盤から攻守にバランスの悪さが見られる展開になった。左サイドからMF長谷川唯が中央の低い位置に入ってゲームメイクするものの、前半14分に中盤で中途半端なボールロストが発生。高い位置を取っていた宝田の戻り切れないスペースに展開され、猶本の対応も遅れてそのままペナルティーエリア内へ持ち込まれ、先制ゴールを許してしまった。
       その後は日本が敵陣に入る場面も増えたが、攻撃の最終局面ではボールの周囲に人が多すぎることで、かえってスペースがなくゴチャついてシュートまで持ち込めない状態に陥った。日本は決定的なチャンスを作れないまま、0-1で前半を終えた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/353065

      元日本代表MF細貝萌が語る北京世代の“素顔” 本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司…「成長できる」と焚きつけられる盟友たち

       今年9月にJ2ザスパクサツ群馬に加入したMF細貝萌は、1986年生まれの北京五輪世代だ。奇しくも同い年のDF長友佑都(FC東京)が長い海外生活からJリーグに復帰し、MF本田圭佑(スドゥバ)は自身9か国目となるリトアニアに移籍。35歳となって今なお成長を追い求める同級生たちを、細貝はどのように見ているのか。(取材・文=Football ZONE web編集部・小田智史/全4回の4回目)
         ◇   ◇   ◇
       2010年12月に浦和レッズからドイツのアウクスブルク(当時2部)へ移籍以降、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ブルサスポル(トルコ)、シュツットガルトとヨーロッパでプレーしてきた細貝。17年3月に柏レイソルへ加入して2シーズンプレーしたのち、タイのブリーラム・ユナイテッドとバンコク・ユナイテッドで主力として活躍した。
       21年5月にバンコク・ユナイテッドとの契約満了による退団が決まってから、ザスパクサツ群馬加入が発表されるまで約4か月間、細貝はじっくりと時間を置き、チームの決断を下した。一時的ながら無所属となったことにも、「焦りはなかった」という。それは、苦しい状況でも自分と向き合い、次の道に進もうとする同世代の存在があったからだった。
      「(同世代は)素晴らしい選手ばかりなので、自分を同列に並べるのは恐縮ですけど、チームが決まっていないなかで、(本田)圭佑も、(長友)佑都も、岡ちゃん(岡崎慎司)も決まっていない時期がありました。岡ちゃんとはよく電話をしていて、持っている選択肢や目指している場所に関しては聞いていました。お互いに所属先が決まった時には発表の数日前に連絡を取ったのを覚えているし、僕も地元に戻ってザスパクサツ群馬でプレーするんだと報告した際は、圭佑とか岡ちゃん、香川真司、普段から連絡を取っている選手たちが『すごくいい選択じゃん』と言ってくれて、嬉しかったです。彼らが厳しかった時期、悩んでいる時期も知っているので、僕もそこまで焦りはなかったと思います」


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/353013

      リバプール南野、3トップ中央で“好印象” 英メディア「良い効果あった」…CL初先発を高評価

       リバプールの日本代表MF南野拓実は、現地時間11月24日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節FCポルト戦(2-0)で今大会初先発を果たし、フル出場した。ゴールに絡めなかったものの、随所で鋭い動きを見せたパフォーマンスに現地メディアは及第点の評価を与えている。
       今季の南野は、リーグカップ2試合(ノリッジ戦/3-0、プレストン戦/2-0)で3ゴールを奪い、直近のプレミアリーグ第12節アーセナル戦(4-0)では、途中出場から48秒後に今季初ゴールをマーク。CLでは2試合の途中出場に止まっていたなか、結果を残した活躍もあってか、初スタメンを飾った。
       前線で不動の地位を築くFWモハメド・サラー、FWサディオ・マネと3トップを形成した南野は試合序盤、相手が攻勢に出た中で思うようにボールへ絡めなかったが、相手の背後を突く持ち味を発揮。前半19分には、DFコスタス・ツィミカスからのスルーパスに抜け出しゴール中央へ折り返すプレーを見せたものの、これはDFに阻まれチャンスメイクには至らなかった。
       さらに後半18分、マネのシュートのディフレクションに反応し右足ボレーでゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。公式戦2戦連発とはならなかったが、MFチアゴ・アルカンタラとサラーのゴールで2-0と快勝したこの試合の最後までピッチに立ち続けている。
       ポルト戦での南野のパフォーマンスに対し現地メディアは及第点を与え、地元紙「リバプール・エコー」は選手採点で「6点」をつけ「前半は力を発揮できなかったが、90分間フルにプレーすることで、より良い効果があった」と評価。リバプール専門メディア「THIS IS ANFIELD」も「6点」の評価で「クロップ監督は南野にもっと自分の力を発揮してほしいと思っているだろうが、南野の動きは特に印象的だった」とし、ゴールでの貢献は果たせなかったものの、ピッチ上での動きに注目が注がれた。
       リバプールはこの日の勝利で、グループ5戦5勝。すでに決勝トーナメント進出を決めており、グループ最終節のACミラン戦(アウェー/12月7日)は消化試合となる。前線では主力のブラジル代表FWロベルト・フィルミーノが負傷離脱中という状況もあり、南野に再び出番が回る可能性もありそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/352928
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ