サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      バルサ、“安定感”欠く守備陣をスペイン紙が指摘 久保建英のマジョルカ戦で2失点

       バルセロナは現地時間7日に行われたリーガ・エスパニョーラ第16節マジョルカ戦で5-2の大勝を飾った。エースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのハットトリック、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの曲芸のようなヒールショットなど攻撃力が爆発した印象が強いが、スペイン紙「マルカ」は2失点した守備陣に懸念を示している。
       マジョルカ戦、バルサはドイツ代表GKマルク・テア=シュテーゲンのロングフィードがそのままフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに届き、グリーズマンが先制ゴールを挙げ、ゴールラッシュの幕開けとなった。足元の技術にも長けた守護神がアシストを記録するのはバルサらしいといえるが、守備全体で見るとやや心もとない数字が残っている。
       バルサは今季15試合で18失点。ボールポゼッションを高めながらも失点数が少ないのもチームの持ち味だったが、今季はすでに5試合で2失点以上を喫している。またリーガでのクリーンシートはヘタフェ戦、セビージャ戦、アトレチコ・マドリード戦の3度しかなく、守備の安定感が保てていない。
       この日も序盤に日本代表MF久保建英の際どいクロスで肝を冷やすと、FWアンテ・プディミルに2得点を許した。今季ビッグセーブを何度も見せてきたテア=シュテーゲンも2失点目の場面ではクロスボールの目測を一瞬誤るシーンもあった。
       攻撃に目を移すとリーガ最多の41ゴールと、バルサは相変わらずの破壊力を見せている。ただし、18日に控える宿敵レアル・マドリードとのエル・クラシコまでに守備を整備できるかどうかは、大一番に向けての大きな課題となりそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/233343

      「少しムカついている」 久保を見たバルサファンの本音、ブーイングに混じる憎しみと口惜しさ

       2011年から15年まで、バルセロナの下部組織“ラ・マシア”に所属したマジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間7日のリーガ・エスパニョーラ第16節で初めて古巣と対戦した。カンプ・ノウに詰めかけたバルサのサポーターは、久保がボールに触るたびにブーイングを浴びせたが、彼らが18歳の日本人アタッカーに抱いているのは憎しみの感情だけではないようだ。
       5-2と大勝したマジョルカ戦を、恋人と観戦していた生粋のバルセロナファンであるアレクシスさんは、「久保がバルセロナで育ったことは知っているよ。だから、彼がプロになったことは嬉しいよね」と、ラ・マシアで育った選手がプロとして活躍することは喜ばしいと話した。
       だが、自身が応援するクラブの下部組織で才能を育んだ選手が、今年6月に宿敵であるレアル・マドリードへ完全移籍したことについては不満が大きいという。かつてバルセロナからレアルへの“禁断の移籍”によって物議を醸した選手の名前を出し、不満を露わにした。
      「今の彼はマジョルカに期限付き移籍しているけれど、レアル・マドリードの選手になってしまった。そのことについては、少しムカついているよ。今日もカンプ・ノウに集まったファンはブーイングをしたけれど、彼の決断は快く思っていない。お金でレアルに行ったんだろ? フィーゴと一緒だよ」
       元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴは、2000年7月にバルセロナからレアルへ移籍。バルサのファンから愛され、チームの象徴的な選手だったにもかかわらず、高額オファーに釣られたとして「守銭奴」と罵られ、クラシコの際はブーイングに加えて様々なものがピッチに投げ込まれる事態になった。この日の久保はブーイングを浴び続けたが、来季以降にレアルの一員として戻ってきた場合、バルサファンの反発はさらに強いものとなりそうだ。
       この日、マジョルカの久保を見たアレクシスさんは、最後に残念そうに話してくれた。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/233300

      ドルトムント、19歳FWの放出を完全否定。SD「去るというシナリオは全くない」

      ボルシア・ドルトムントのジェイドン・サンチョ【写真:Getty Images】
       ボルシア・ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)がザルツブルク所属のノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ハーランとドイングランド代表FWジェイドン・サンチョについて発言している。
       今季公式戦21試合で28得点を挙げる19歳のハーランドに対してはドルトムントが興味を示しているとされている。その件に関しツォルクSDは現地時間7日に行われたデュッセルドルフ戦の前に独メディア『スカイ』の取材に対し「彼はザルツブルクの選手だ。他のクラブの選手について話す事は敬意に欠ける」と答えた。
       また冬の移籍市場でストライカーを獲得するのかという質問に対しては「まだ時間はある」とのみ語り明言を避けた。
       一方、練習に遅刻するなどピッチ外での問題が取り上げられ今冬での放出も噂されているサンチョに関しては「我々は今後も彼を計算している。これははっきりした事だ。彼は攻撃陣で重要な役割を担っており、彼が我々のもとから去るというシナリオは全くない」とこちらは完全否定した。
       なお週末の試合で両選手ともチームを勝利に導く得点を挙げている。チームの主力選手として活躍する2人の移籍は今冬にあるのだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2019/12/09/post351959/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ