サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      “天才少女”からベレーザの新エースへ 飛躍の1年にFIFA公式が注目「今季最大の発見」

       今季のなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)で13ゴールをマークした日テレ・東京ヴェルディベレーザのなでしこジャパン(日本女子代表)FW小林里歌子について、国際サッカー連盟(FIFA)が公式サイト上に「10代の天才少女だった小林が自国開催の五輪へ」と題した特集記事を掲載し、来年の東京五輪で注目すべき女子サッカー選手の1人として取り上げている。
       小林は、2014年にコスタリカで行なわれたU-17女子ワールドカップ(W杯)にU-17日本女子代表の一員として参加し、初優勝に貢献。その後、度重なる怪我によって調子を落としていたが、昨年2月にA代表に初招集されて以降は代表戦でもここまで4ゴールをマークするなど、以前の輝きを取り戻しつつある。
       今季も開幕前にINAC神戸レオネッサへ移籍したFW田中美南の代わりとして、従来のセカンドストライカーの位置からセンターフォワードにコンバートされ、その得点感覚が開花。得点ランクではトップの菅澤優衣香(浦和レッズレディース)に4ゴール及ばなかったものの、3位となる13ゴールをあげる活躍を見せた。こうした小林の活躍について、同サイトでも「先週土曜日に2020年のなでしこリーグが終わった。日テレ・東京ヴェルディベレーザのヤングスター小林里歌子は、今季最大の発見とも言える選手の1人だった」と紹介したうえで、「ゴールを決めるというタスクを背負い、チームのトップスコアラーとなって周囲の期待に十分に応えた」と称賛している。
       また、小林も自身の成長に手応えを感じているようだ。同サイトの取材に対して、「今年はフィニッシュの部分での精度を改善できた。フォワードとして自分の仕事は点を取ることだと思っている。私が点を取らないとチームも勝てないから、ハードワークを続けて来年は最多得点のタイトルにもチャレンジしたい」とコメント。さらに来年に延期となった東京五輪についても、「自分にとってすごく重要な大会になる。今はキャリアのなかで最も良い時期にあるし、しっかりとした目標を持つべきだと思う。トレーニングを積んで、チームが良い結果を出すための役に立ちたい」と語り、自身にとって大舞台となるであろう東京五輪への意欲も口にしている。
       なでしこジャパンのキーマンとして、小林にさらに注目が集まるのは間違いなさそうだ。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295165

      マルセイユ監督、マラドーナ追悼でFIFAへ“壮大な提案” 「すべてのチームの10番を永久欠番に」

       元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が現地時間25日に亡くなり、世界中のサッカーファンや関係者が大きなショックを受けている。そんななか、日本代表DF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユのアンドレ・ビラス=ボアス監督が、追悼の意を示すために驚きの提案をした。英紙「メトロ」が報じている。
       ポルトガルのポルト、イングランドのチェルシーやトッテナムでも指揮を執ったビラス=ボアス監督。アルゼンチンは、国をあげて3日に渡って喪に服すことを発表し、マラドーナ氏がかつて所属したナポリでは、本拠地であるサン・パオロのスタジアム名を「ディエゴ・マラドーナ・スタジアム」に変更するプランが挙がっている。
       だが、ビラス=ボアス監督は世界中で哀悼の意を示すべきだとして、世界中の「10番」を永久欠番にする提案をした。
      「マラドーナ? タフなニュースだよ。私はFIFA(国際サッカー連盟)にすべての大会、すべてのチームの10番を永久欠番にすることを求めたい。それが私たちの彼に示せる最大の敬意だ。世界のサッカー界にとって、とてつもない損失だよ」
       60歳と若くして、亡くなったマラドーナ氏。世界中が彼の死を惜しんでいる。
      【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295279

      ルーニー、バルサ移籍“希望”の過去を告白 共演を願っていたのは?「一日中考えていた」

       イングランド2部ダービー・カウンティの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーがマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていた2010年にバルセロナへの移籍を希望していたと明かした。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシや元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)らとの“共演”を思い描いていたという。
       ルーニーは2004年から2017年までプレーしたユナイテッドでクラブ歴代最多得点記録(250得点)を更新し、クラブのレジェンドとして歴史に名を刻んだ。
       しかし、2010年にはクラブの補強方針に不満を示し、移籍志願をしたことで大きな話題を呼んだ。その時にはスペインのレアル・マドリードとバルセロナ、そしてイングランドのチェルシーやマンチェスター・シティへの移籍が取り沙汰された。
       ルーニーはユナイテッドのポッドキャスト番組「UTD Podcast」で当時のことを回想し、移籍の可能性があったことを認めている。
      「チェルシーと(ジョゼ・)モウリーニョが僕と契約したがっていたというのはよく記事になっていたと思う。レアル・マドリードやバルセロナ、それからマンチェスター・シティの話が持ち上がっていた。シティに行くという選択肢はなかったけど、他の3つはより現実的な選択肢だった。
       当時、2日間ほど考えて、頭の中ではスペインへ行ってプレーする準備ができていた。理想としてはバルセロナへ行きたかったが、バルセロナよりはレアル・マドリードのほうが可能性はあった。チェルシーも常に選択肢だった」
       その後、デイビッド・ギルCEOとの交渉の末にユナイテッドと新契約を結ぶことになるのだが、当時ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いていたバルセロナには大きな魅力を感じていたようだ。
      「当時の僕はレアル・マドリードとバルセロナのようなクラブのことを考えていたと思う。正直に言うと、自分とクラブ、あるいは代理人とチームがコミュニケーションをとったのは2、3日だけだった。
       僕は一日中考えていたんだ。『バルセロナでプレーすることを想像してみろ。メッシやシャビ、イニエスタ、ブスケツがいる』とね。あの時のメッシは今のような9番ではなく、アウトサイドでプレーしていた」
       ルーニーは「自分が完璧にプレーできると考えていた」とバルセロナのスタイルに適応する自信があったとも話している。実現には至らなかったが、イングランドのレジェンドは当時のスペインで無類の強さを誇ったペップ・バルサでのプレーに思いを馳せていたようだ。
      【登録初月無料!】白熱するJリーグもDAZNで配信中!


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/295168
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ