サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      U-16アジア制覇を支えたBチーム。紅白戦から本気で戦う集団だった。

       筆者は全国各地でのスポーツ関連の講演会で、必ず口にする言葉がある。
       それは「本当に強いチームは、紅白戦の“Bチーム”も強い」というものだ。
       試合だけでなく、練習という日常の中でもしびれる“戦い”が存在すれば、チームは強くなる。控え組扱いであるBチームが時に勝つほどの紅白戦なら、トップチームの人間には危機感が生まれるし、Bチームの選手も「さらに上を食ってやる」と意欲を燃やす。その相乗効果でチームが活性化する、ということだ。
      「試合には日常が出る」
       この言葉を具現化しているのが、世代別代表の“02ジャパン(2002年以降に生まれたU-16日本代表の愛称)”だ。森山佳郎監督は前述した“戦い”を植えつけることに長けている。つまり日本でもトップクラスのモチベーターであり、チームを同じ方向に導ける指導者なのだ。
      レギュラー組以外も積極起用。 今大会、手腕が発揮された象徴的な試合は、準決勝のオーストラリア戦と決勝のタジキスタン戦だ。準々決勝でオマーンに2-1で勝利し、来年ペルーで開催されるU-17W杯の出場権を掴み獲り、その後迎えた準決勝では、森山監督はレギュラー組中心だったオマーン戦から7人を入れ替えた。
       この大幅な変更は、グループリーグ第2戦のタジキスタン戦でも敢行した。ただその時のチームは拙攻を繰り返してスコアレスドローに終わった。
      「選手には『(出るのは)俺だろ!』と常にアピールしてほしい。こっちも競争を煽りながら、現時点で一番活きのいい選手と言うか、一番活躍できる選手がスタメンを勝ち取るんだよと提示した。レギュラーはこいつら、後は“そうじゃない選手”と分けて回しているのではなくて、しっかりとチャンスを与えながら“それを掴めるか、掴めないのか”とシビアに判断する」(森山監督)


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカー日本代表 - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832090

      ドイツで臥薪嘗胆、21歳の伊藤達哉。小柄なドリブラーが才能に目覚める時。

      “軽業師”、という肩書きがしっくりくる。
       ハンブルガーSVに所属する21歳の伊藤達哉。先月、初めて日本代表に招集された新星は、2017年9月にレバークーゼン戦においてブンデスリーガ・デビューを果たしている。抜擢した当時の監督マルクス・ギズドルは、ヤン・フィーテ・アルプ、バシリエ・ヤニチッチと並んで伊藤を“クラブの未来”と称した。王者バイエルンのように圧倒的な資金力に頼れない古豪は、下部組織で研鑽を積んだ有能な若手たちに期待をかけたのである。
       ギズドル監督に重宝され、徐々に出場機会を与えられた伊藤。163cmの体躯で敵のDFを軽やかに抜き去るたびに、本拠地フォルクスパルクシュタディオンの観衆を熱狂の渦に巻き込んだ。
       しかし、21歳の日本人MFが着実に試合の出場数を増やす一方、チームは降格圏に低迷。ウインターブレイクが明けて最下位のケルンに敗れると、ギズドル監督は解任の憂き目にあう。
       恩師を失った伊藤は、新任のベルント・ホラーバッハ氏の下では、ほとんど出場機会を得ることはできなかった。
       だが、後任者も成績はさっぱり振るわず3月に解任。
       そしてU-21を率いていたクリスティアン・ティッツ氏が昇格すると、伊藤に再びチャンスが巡ってくる。左サイドでレギュラーの座を掴み、史上初の降格を免れようと足掻く北の名門のために奮戦した。
      ドイツで輝く小柄なドリブラー。 しかし……それがまるで運命だったかのようにハンブルガーSVの1部残留は叶わなかった。
       だが、伊藤がインパクトを残したのは間違いない。降格が間近に迫る4月のヴォルフスブルク戦では、PK獲得を含む2アシストの活躍。小柄なドリブラーが巨躯のDFを手玉に取る様は、まるで旧約聖書の中のダビデとゴリアテのようであった。
       今季は背番号が43から11に若返った。
       依然としてクラブの期待も高い。
       1シーズンでの1部復帰を目指し、試行錯誤を重ねながら、決して華やかとは言えない2部の舞台を転戦している。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832052

      ロナウドを抑えて得点ランク首位。セリエAの“新・殺し屋”ピアテク。

       8節までを終えたセリエAで、得点ランクのトップに立っているのは、社会現象と化しているクリスティアーノ・ロナウドではない。
       歴代得点王の4人、ゴンサロ・イグアイン(2015-16シーズン得点王)でも、エディン・ジェコ(2016-17得点王)でも、マウロ・イカルディ(2014-15&2017-18得点王)でも、チロ・インモービレ(2013-14&2017-18得点王)でもない。
       8戦全勝で他を引き離すユベントスの選手でもない。2位ナポリの選手でも、3位インテルの選手でも、4位ラツィオの選手でもない。
       ラツィオのインモービレはここまで5ゴール(得点ランク3位タイ)、今夏の移籍でユベントスに加入したC・ロナウドとミランに移ったイグアインはそれぞれ4ゴールずつ(5位タイ)、インテルのイカルディは3ゴール(9位タイ)、ローマのジェコは2ゴール(19位タイ)にとどまる。
       誰よりも多い9ゴールをすでにマークし、セリエA得点ランクのトップを走っているのは誰なのか(得点ランク単独2位はナポリのロレンツォ・インシーニェで6ゴール)。
      W杯選外だったポーランドの23歳。 ポーランド人ストライカーだが、日本代表と同居し、グループリーグ敗退に終わったロシアW杯にはエントリーされていない。1995年7月1日生まれの23歳で、セリエAは今季が1年目という文字通りのニューフェイスだ。
       ほんの2カ月前までは無名で、今夏に加入したジェノアでも当初はジャンルカ・ラパドゥーラの控えという見立てだった。
       23歳のそのポーランド人ストライカーは、名前をクシュストフ・ピアテクという。
       セリエAのジェノアは1試合未消化なので、8試合出場4ゴールのC・ロナウドよりも1試合少ない7試合出場で倍以上の9ゴールを決めている。ジェノアがここまでの7試合を4勝3敗とし、暫定11位につける大健闘を牽引しているのがピアテクなのだ。
       ジェノアと言えば、かつてカズ(三浦知良)が所属したイタリアの古豪であり、当時のカズのチームメイトに“爆撃機”と称されたチェコ代表FWトマーシュ・スクラビーがいた。ピアテクもヘディングを得意としているが、ニックネームは“ピストル”だ。ゴール後のパフォーマンスでは、両腕を胸の前で交差させて、両手に握ったピストルを左右に向けて撃つ仕草をする。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:海外サッカー - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/832067
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ