サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      日本人所属チームが仰天イベント!なんとハーフタイムに「現金ばら撒く」

      元日本代表MF小林大悟や元アメリカ代表FWフレディ・アドゥが所属するラスベガス・ライツFC(実質北米2部)。
      昨年創設されたばかりの新規参入チームで、マリファナを処方する販売店であるマリファナ・ディスペンサリーとスポンサー契約を結んだことが話題になった(ネバダ州では医療用&嗜好用マリファナは合法)。
      そのラスベガス・ライツは、このほど行われたLAギャラクシーⅡ戦のハーフタイムにこんなイベントを行っていた。
      ICYMI ... 🤑#VivaCashDrop pic.twitter.com/lzQhUs29uL
      — Las Vegas Lights FC (@lvlightsfc) 2018年9月9日ピッチ上に現れたヘリコプターから、なんと現金がばら撒かれていたのだ!
      ONLY IN VEGAS, BABY
      🚁💸🚁💸🚁#VivaCashDrop pic.twitter.com/aBSPK3HjY8
      — Las Vegas Lights FC (@lvlightsfc) 2018年9月9日『Las Vegas Review-Journal』によれば、5000ドル(55.5万円)が200人ほどいたファンにばら撒かれたとのこと。
      参加したのはシーズンチケットホルダー、スポンサー、無作為に選ばれたファンたち(18歳以上)。
      なんでも3000ドル分は1ドル札で、残り2000ドル分は2ドル、5ドル、10ドル、20ドル、100ドル札だったとか。
      アメリカではこれまでもこういう企画が行われてきたが、子供が怪我をするケースもあったそう。今回は前日にリハーサルを行ったほか、見分けがつくように参加者にはピンクのグローブとジャージが支給されるなどしたことから怪我人は出なかったようだ。
      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/09/09/las-vegas-lights-fc-cash-drop-iks-1

      ユナイテッド移籍はない?マグワイア、レスターと契約更新!

      レスター・シティは、「イングランド代表DFハリー・マグワイアと契約更新した」と公式発表した。
      #lcfc's @HarryMaguire93 sits down with LCFC TV to explain why he has agreed a new deal and what the future holds for him at the Club. 💙

      Full video ➡️ https://t.co/tSYzxBT4uI pic.twitter.com/AqQEfuBzVR
      — Leicester City (@LCFC) 2018年9月9日昨季大ブレイクを果たしたセンターバックのマグワイア。ロシアW杯ではイングランドの3バックシステムでストッパーを務め、イメージにもない攻撃参加でも力を発揮した。
      今夏のマーケットではマンチェスター・ユナイテッドに狙われていたものの、最終的にはレスターに残留することに。
      そして今回レスターとの契約を2023年6月末まで延長することに合意し、サインが行われたという。
      これによって給与は週4万5000ポンド(およそ640万円)から8万ポンド(およそ1140万円)に上昇。年俸に直せばおよそ6億円となる。なお契約解除条項の額についてはいまのところ報道されていない。

      掲載元:Qoly
      URL:https://qoly.jp/2018/09/09/harry-maguire-signed-new-contract-with-leicester-kgn-1

      谷口彰悟と車屋紳太郎の“熊本兄弟”。川崎のCB物語は日本代表へと続く。

       現代サッカーを生き抜くセンターバックは、もっと評価されても良いのではないか。
       そんな風に思うことがある。
       まず、ひと昔前に比べると、求められる能力値が格段に高い。速さ、高さ、強さというトータルの守備力に加えて、ボールを保持したときの足元の技術も必要になっている。一定のビルドアップ能力がなければ、プレッシャーの的として相手に狙い撃ちされてしまうのが宿命だからだ。
       守備の万能性を兼ね備えていても、足元に不安を抱えたままではトップレベルで生きにくくなっている。クラシックなセンターバックにとっては、過酷な時代である。
       J1チャンピオンチームである川崎フロンターレは、昨年就任した鬼木達監督が率いてから失点の少ないチームとなった。今季は第25節を終えて19失点で、1試合平均の失点は1点以下だ。1試合未消化ではあるものの、首位・サンフレッチェと並んでリーグ最少失点を誇っている。いまや川崎は堅守を看板にできるチームなのである。
       その堅陣の中心にいるのが、谷口彰悟と車屋紳太郎のセンターバックコンビだ。車屋は左サイドバックのレギュラーだったが、第20節の横浜F・マリノス戦から主戦場をセンターバックに移した。
       車屋と谷口とのコンビ形成後の6試合で、無失点が3試合だ。車屋は対人守備に滅法強いというタイプではないが、チームの守備力は高いレベルで安定している。
      「川崎のCB」に必要な能力は? なぜか。
       それは、川崎のセンターバックに求められる資質が、簡単にボールを失わないことにあるからだ。スピードに秀でている谷口と車屋は高いディフェンスラインを強気に保ち、ボールを持って相手陣地まで運び、ハーフコートマッチで押し込み続ける。
       ビルドアップのやり直しも何度も繰り返し、中盤への出し入れをスムーズに行いながら、ゲームメークも担う。ボールを保持してイニシアチブを握って戦い続ければ、相手の攻撃を受ける回数自体を減らすことができる。
       そういう考えが、このスタイルの肝でもある。仮にボールロストしても、味方が素早い切り替えを徹底し、その場でボールを回収すれば大きな問題はない。

      掲載元:Jリーグ - Number Web
      URL:https://number.bunshun.jp/articles/-/831806
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ