サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      本田圭佑の決勝アシストでメルボルン・Vが今季初勝利!しかし、チームには少なくない課題が…

       メルボルン・ビクトリーが、今季初アウェーに乗り込んでのニューカッスル・ジェッツ戦で今季3戦目にして初勝利をあげた。
       
       昨季のグランド・ファイナルの再戦となった試合は、ケビン・マスカット監督が試合後に「勝ったのは良かったが、試合内容は決して見ていて面白いと思うものではなかった」と認めたように、お寒い内容に終始。強い風が舞うピッチ上で展開されたこの試合でのメルボルン・Vの収穫は「勝点3を上げたことだけ」と言えてしまうほどの凡戦。その結果は、なにかの拍子でまったく逆の結果に終わっても驚かない、メルボルン・Vにとってはラッキーな勝利だった。
       
       この日も中盤の右サイドで先発した本田の左腕には、この試合からキャプテンの元豪州代表カール・ヴァレリが先発復帰したことで、キャプテンマークが巻かれていなかった。この試合での本田の活躍だけを切り取って事足りるなら、「本田、2戦連続アシストで決勝点を演出。今季初勝利に大きく貢献」というような見出しで済むだろう。しかし、その肝心の本田の出来にしても、過去2戦に比べれば、お世辞にも良かったとは言えなかった。
        日本代表選手の”日常”をDAZNでチェック!
      欧州各国リーグやJリーグに加え
      CL&ELも見放題の「1か月無料体験」はこちら
       前半は、舞う風の風下に立たされたことで「プレーにためらいが見られた」(マスカット監督)メルボルン・Vは、ほとんど相手ゴールに迫れないままに受け身に終始する。後半に入って、風向きの不利が軽減されてから、次第にペースを掴む。
       
       そして、メルボルン・Vがひとつの交代でラッキーな勝利を掴む。68分、ほとんど仕事ができていなかったイングハムがベンチに退き、トップ下のジェームス・トロイジが代わりに前線に上がると、本田がトップ下に入った。そのポジションチェンジが、すぐに結果に繋がる。71分、本田からのパスをゴール前で受けたMFテリー・アントニウスが右足を振り抜いて、決勝点となるゴールを決めたのだ。
       
       試合が動いたこの後半を、監督自身が「勝点3を取るにはふさわしいパフォーマンス」と評したが、実際、後半の残り20分に本田がトップ下に入ってからは幾つかの良い形が見られた。このことは、次節以降の攻撃面の改善の大きな示唆となるだろう。
       

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカーダイジェストWeb
      URL:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=49822

      残り3分からの奇跡の逆転劇! メッシ抜きのバルサ、脅威の粘りで絶体絶命のピンチを切り抜ける

      残り3分からの奇跡の逆転劇! メッシ抜きのバルサ、脅威の粘りで絶体絶命のピンチを切り抜ける | サッカーダイジェストWebjQuery(function(){ $('#navi li').on({ 'mouseenter':function(){ $(this).children('div').show(); $('div',this).parent().addClass('current'); }, 'mouseleave':function(){ $(this).children('div').hide(); $('div',this).parent().removeClass('current'); } });}); var googletag = googletag || {}; googletag.cmd = googletag.cmd || []; var _gaq = _gaq || []; _gaq.push( ["_setAccount", "UA-47763969-1"], ["_setDomainName", "none"], ["_setAllowLinker", true], ["_setCustomVar", 1, "topics", "49828", 3], ["_setCustomVar", 3, "page_sysnm", "topics_detail2", 3], ["_setCustomVar", 4, "group_id", "2", 3], ["_trackPageview"] ); (function() { var ga = document.createElement("script"); ga.type = "text/javascript"; ga.async = true; ga.src = ("https:" == document.location.protocol ? "https://" : "http://") + "stats.g.doubleclick.net/dc.js"; var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })(); var _gaq = _gaq || []; _gaq.push( ["_setAccount", "UA-47763969-1"], ["_setDomainName", "none"], ["_setAllowLinker", true], ["_setCustomVar", 1, "topics", "49828", 3], ["_setCustomVar", 3, "page_sysnm", "topics_detail2", 3], ["_setCustomVar", 4, "group_id", "2", 3], ["_trackPageview"] ); (function() { var ga = document.createElement("script"); ga.type = "text/javascript"; ga.async = true; ga.src = ("https:" == document.location.protocol ? "https://" : "http://") + "stats.g.doubleclick.net/dc.js"; var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })();
      (function() { var sb = document.getElementById('srchBox'); if (sb && sb.className == 'watermark') { var si = document.getElementById('srchInput'); var f = function() { si.className = 'nomark'; }; var b = function() { if (si.value == '') { si.className = ''; } }; si.onfocus = f; si.onblur = b; if (!/[&?]p=[^&]/.test(location.search)) { b(); } else { f(); } } })(); var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || []; microadCompass.queue.push({ "spot": "826672028efc9121892b113319a401c3", "url": "${COMPASS_EXT_URL}", "referrer": "${COMPASS_EXT_REF}" }); メガクラブ ワールド 密着・香川 密着・武藤 密着・本田 プレミアリーグ リーガ・エスパニョーラ セリエA ブンデスリーガ チャンピオンズ・リーグ ヨーロッパリーグ その他の欧州リーグ 南米・その他 移籍マーケット 移籍専門記者コラム 日本代表 A代表 A代表日程・結果 五輪代表 U-20代表 U-17代表 なでしこジャパン Jリーグ・国内 ACL J1 J1日程・結果 J1順位表 川崎 鹿島 C大阪 柏 横浜 磐田 浦和 鳥栖 神戸 G大阪 札幌 仙台 FC東京 清水 広島 湘南 長崎 名古屋 J2 J2日程・結果 J2順位表 J3 J3日程・結果 天皇杯 ルヴァン杯 大学サッカー 高校・ユース タレントスカウト 全国高校選手権 全国高校総体 高円宮杯U-18サッカー 代表国際大会 ワールドカップ オリンピック EURO コパ・アメリカ 特集 セルジオ越後の天国と地獄 徹底解説!! 金田喜稔が斬る! 釜本邦茂のガマッチョ診断 松木安太郎のもう一点ほしいね! 藤田俊哉の目 Toshiya’s eye 橋本英郎の「現役の眼」 三浦泰年の情熱地泰 岩本輝雄のオタクも納得! 週刊サッカーダイジェスト誌アーカイブ ワールドサッカーダイジェスト誌アーカイブ 高校サッカーダイジェスト誌アーカイブ ファッション診断 PR|プレゼント エンタメ Photo メガクラブPhoto ワールドPhoto 日本代表Photo Jリーグ・国内Photo 高校・ユースPhoto 代表国際大会Photo 特集Photo
      日本の美女サポーターたち J1リーグ順位表 J2リーグ順位表 残り3分からの奇跡の逆転劇! メッシ抜きのバルサ、脅威の粘りで絶体絶命のピンチを切り抜ける カテゴリ:メガクラブ
      サッカーダイジェストWeb編集部
      2018年11月04日
      Tweet {lang: 'ja'} new jp.naver.line.media.LineButton({"pc":true,"lang":"ja","type":"a"}); googletag.cmd.push(function() { googletag.pubads().display('/62532913/p_soccerdigestweb_650x100_title_16587', [650, 100], 'div-gpt-ad-1488956903161-0'); }); 「メッシ依存からの脱却」を力強くアピールする勝利。  現地時間11月3日に開催されたラ・リーガ第11節、ラージョ・バジェカーノ対バルセロナの一戦は、3-2でアウェーのバルサが勝利した。

       前節ではリオネル・メッシの不在をまるで感じさせず、宿敵レアル・マドリーから5ゴールを奪って勝利したバルサ。しかし、この日は同じくマドリードに本拠地を置く昇格組のラージョに、おおいに苦しめられた。

       11分にジョルディ・アルバの折り返しを、ルイス・スアレスが難なく決めたときは、このあと何点入るのだろうかと、そんな余裕の展開さえ予感させた。

       だが試合は、予想外の方向に進む。熱狂的なサポーターの後押しを受けたホームチームは、25分をまわったあたりから徐々にペースをつかみはじめ、高い位置からのプレスでバルサを脅かし続ける。そして35分、クレマン・ラングレの中途半端なクリアをバイタルエリアで拾ったホセ・ポソが右足を一閃! 低い弾道の一撃は、右のポストをかすめてネットに突き刺さった。

       1-1。この時点でもまだ、バルサの快勝を疑う人は少なかっただろう。しかし、クラシコと同じスタメンでこの一戦に臨んだ首位チームは、同点に追いつき、さらに勢いづくラージョの執拗なプレスに苦しみ、身動きが取れなかった。
        プレミア、リーガ、セリエAに加え、
      世界最高峰のCL&ELを独占放映!
      DAZN「1か月無料体験」はこちら
       独力でも違いを創り出せるあの男がいれば――。そんな思いが脳裏をよぎった57分、ラージョがついに逆転に成功する。右からのクロスに、ニアサイドでジェラール・ピケに競り勝ったラウール・デ・トマスが頭で合わせる。このヘディングシュートはポストに防がれたものの、その跳ね返りを逆サイドから走り込んだアルバロ・ガルシアが、無人のゴールに流し込んだ。

       2-1。ラージョがついに逆転に成功する。沸き上がるスタンド、その大声援に応えてハードワークを見せるホームチーム、そして焦ってミスを連発する王者バルサ…。気づけば時計の針は87分を指していた。

       しかし、バルサは勝った。87分、ジョルディのアーリークロスを前線に残っていたピケが落とし、ウスマンヌ・デンベレが強烈な左足の一撃を叩き込むと、その3分後、セルジ・ロベルトの右からのクロスを、遠いサイドでスアレスがダイレクトで合わせ、ふたたび試合をひっくり返したのだ。

       試合終盤の逆転劇は、優勝した昨シーズンも何度かやってのけていたバルサだが、そこには決まって10番の神懸かり的なパフォーマンスがあった。だが今回、彼らはメッシ抜きでその快挙をやってのけたのだ。

      「メッシ依存からの脱却」

       バルサは長年叫ばれてきた課題を克服するとともに、首位の座を死守している。
       

      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:サッカーダイジェストWeb
      URL:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=49828

      「ゼルビアの未来に向けて」 町田最古参DFが語る福岡戦勝利と逆転優勝への“意義”

       町田ゼルビアは4日のJ2第40節で6位アビスパ福岡に2-1と勝利し、逆転でのリーグ優勝に向けて大きな勝ち点3を手にした。J1クラブライセンスがなく、2位以内に入ってもルール上は昇格できない状況のなか、チーム最古参のDF深津康太は「ゼルビアの来年に向けて良い意味での1勝になった」と思いを語った。
       2週間でアウェー4連戦の過密日程を終えた町田は、5試合ぶりのホーム戦で序盤から球際で戦い、ハードワークを徹底。後半25分に左サイドを崩されて先制を許したが、同29分後にMF平戸太貴のクロスをFW中島裕希が頭で仕留めて同点とすると、その6分後にはセットプレーから途中出場のFWドリアン・バブンスキーが決勝ヘッドをマークして鮮やかな逆転勝利を収めた。
       9月27日にクラブライセンス交付第一審機関(FIB)による審査の結果、町田は1万5000人収容のホームスタジアムと天然芝のグラウンドなどの必須条件を満たせず、J1クラブライセンスの取得は叶わなかった。しかし、10月1日にサイバーエージェントグループの傘下に入ることが発表され、自前の練習場や専用クラブハウスの整備に向けて大きく風向きが変わった。
       10月1日以降は2勝2分2敗とやや足踏みしていた町田だが、福岡戦の勝利で勝ち点を72に伸ばし、首位の松本山雅FCと勝ち点1差。2位大分トリニータとは勝ち点で並んだ(得失点差で3位)。最終ラインで体を張り、最少失点で切り抜けた深津は勝利の意味を口にする。
      「なかなかチームが勝てなかったなかで、今日の1勝は本当に大きい。この(佳境な)時期にこういう試合をできるという喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。ゼルビアの来年に向けて良い意味での一勝になったと思います」



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/145886
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ