サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      スアレスがメッシの“ベストパートナー”に。リーガでのメッシへのアシスト数最多記録

      リオネル・メッシとルイス・スアレス【写真:Getty Images】
       バルセロナのFWルイス・スアレスは、リーガエスパニョーラの試合でチームメートのFWリオネル・メッシに供給した通算アシスト数が最も多い選手となった。クラブ公式サイトが9日付で伝えている。
       バルサは現地時間7日に行われたリーガ第8節の試合でバレンシアと対戦。前半2分に失点したが、23分にスアレスとのワンツーからメッシがゴールを決めて同点とし、そのままドローに持ち込んだ。
       スアレスはこれでリーガでのメッシへのアシスト数が27回目。現パリ・サンジェルマンのDFダニエウ・アウベスが記録していた26回を上回り最多となった。アウベスはバルサで8年間メッシとともにプレーしたが、スアレスは約4年間でその数字を上回っている。
       ただし、リーガ以外の試合も含めた全公式戦でのメッシへのアシスト数はアウベスが42回で最多。スアレスは38回となっている。
       アウベスとスアレスに次いでメッシへのアシスト数が多いのはアンドレス・イニエスタとシャビ・エルナンデス。リーガではシャビが21回でイニエスタが19回、公式戦通算ではイニエスタが37回でシャビが31回を記録し、それぞれ3番目と4番目に多い。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/10/post292524/

      ボルト、豪クラブで親善試合先発へ。サッカーキャリアを左右する一戦か

      セントラルコースト・マリナーズの練習に参加しているウサイン・ボルト【写真:Getty Images】
       オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズで練習に参加している元陸上金メダリストのウサイン・ボルトは、12日に行われる親善試合で先発起用が見込まれている。サッカー選手としての本格的なキャリアを歩むことができるかどうかを左右する一戦になるかもしれない。『ロイター通信』などが伝えた。
       陸上競技からの引退後、本格的にプロサッカー選手を目指しているボルトは、8月からトライアルとしてマリナーズの練習に参加している。クラブは必ずしもプロ契約を保証してはいないが、サッカー選手としての能力を証明することができれば契約に至る可能性もあるかもしれない。
       今月開幕するAリーグに向けて準備を進めているマリナーズは、12日にマッカーサー・サウスウェスト・ユナイテッドとの親善試合を行う。ボルトはこの試合に向けて、FWで先発に起用される見通しであることを監督に告げられたという。
      「前線でプレーしてほしいと言われた。とにかく必死にプレーすることに集中し、チャンスがあれば活かすようにと言われたよ」とボルトはコメントしている。
       マリナーズと契約を交わし、正式にサッカー選手になれるかどうかを左右する一戦となりそうだ。「クラブが僕のキャリアをどうしたいのか、この試合が決めることになる。すごく大事な試合だ」とその意味を強調した。
      「動きもボールタッチも、前よりはるかに良くなっている。体の使い方やボールの置き方も。たくさんのことを学んだし、コンディションもはるかに良くなった」と自信を見せるボルト。プロサッカー選手という新たな夢を叶えることはできるだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/10/post292526/

      ボルト、豪クラブで親善試合先発へ。サッカーキャリアを左右する一戦か

      セントラルコースト・マリナーズの練習に参加しているウサイン・ボルト【写真:Getty Images】
       オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズで練習に参加している元陸上金メダリストのウサイン・ボルトは、12日に行われる親善試合で先発起用が見込まれている。サッカー選手としての本格的なキャリアを歩むことができるかどうかを左右する一戦になるかもしれない。『ロイター通信』などが伝えた。
       陸上競技からの引退後、本格的にプロサッカー選手を目指しているボルトは、8月からトライアルとしてマリナーズの練習に参加している。クラブは必ずしもプロ契約を保証してはいないが、サッカー選手としての能力を証明することができれば契約に至る可能性もあるかもしれない。
       今月開幕するAリーグに向けて準備を進めているマリナーズは、12日にマッカーサー・サウスウェスト・ユナイテッドとの親善試合を行う。ボルトはこの試合に向けて、FWで先発に起用される見通しであることを監督に告げられたという。
      「前線でプレーしてほしいと言われた。とにかく必死にプレーすることに集中し、チャンスがあれば活かすようにと言われたよ」とボルトはコメントしている。
       マリナーズと契約を交わし、正式にサッカー選手になれるかどうかを左右する一戦となりそうだ。「クラブが僕のキャリアをどうしたいのか、この試合が決めることになる。すごく大事な試合だ」とその意味を強調した。
      「動きもボールタッチも、前よりはるかに良くなっている。体の使い方やボールの置き方も。たくさんのことを学んだし、コンディションもはるかに良くなった」と自信を見せるボルト。プロサッカー選手という新たな夢を叶えることはできるだろうか。


      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:フットボールチャンネル
      URL:https://www.footballchannel.jp/2018/10/10/post292526/
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ