サッカーニュースSTATION

サッカーに関する移籍・引退・試合結果など

      「フローニンゲンを離れる時」 堂安のビッグクラブ移籍を地元メディア推奨「出口へ」

       フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、目覚ましい活躍によりビッグクラブ移籍の可能性が取り沙汰されている。地元メディアも「ドウアンが出口へ」と、フローニンゲンを離れるタイミングが迫っていると指摘している。
       堂安は16日に行われた国際親善試合ベネズエラ戦(1-1)に先発出場。前半26分にペナルティーエリア内中央で巧みなターンを見せ、GKと1対1を迎える。相手が飛び出してきたのを見て右足のチップキックを選択するも、シュートはわずかに左へ逸れ、大きなチャンスを逸していた。得点こそ奪えなかったが、ひとたびボールを持てば、果敢に仕掛けて個で打開する能力を見せつけていた。
       オランダ2年目を迎えている堂安は、今季もリーグ戦で3得点1アシストをマーク。日本代表合流前には鮮やかな反転ボレーと技ありのコントロールショットで2試合連続ゴールを挙げ、国内外のビッグクラブからの関心が伝えられている。オランダメディア「FC Update」は「ドウアンが出口へ」と綴り、近い将来にフローニンゲンから旅立つ可能性が高いと指摘している。
      「それはもはや問題とはならない。ドウアンがフローニンゲンを離れる時だ。この日本人はフローニンゲンのレベルを明らかに凌駕している。報道によると、マンチェスター・シティ、ユベントス、ドルトムント、レバークーゼン、アトレチコ・マドリード、ガラタサライが動向を追っており、アヤックスとPSVも熱視線を送っている」
       クラブと日本代表で中心選手となっている20歳の堂安は、前途有望な存在として世界中から注目を集めているようだ。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/148759

      「フローニンゲンを離れる時」 堂安のビッグクラブ移籍を地元メディア推奨「出口へ」

       フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、目覚ましい活躍によりビッグクラブ移籍の可能性が取り沙汰されている。地元メディアも「ドウアンが出口へ」と、フローニンゲンを離れるタイミングが迫っていると指摘している。
       堂安は16日に行われた国際親善試合ベネズエラ戦(1-1)に先発出場。前半26分にペナルティーエリア内中央で巧みなターンを見せ、GKと1対1を迎える。相手が飛び出してきたのを見て右足のチップキックを選択するも、シュートはわずかに左へ逸れ、大きなチャンスを逸していた。得点こそ奪えなかったが、ひとたびボールを持てば、果敢に仕掛けて個で打開する能力を見せつけていた。
       オランダ2年目を迎えている堂安は、今季もリーグ戦で3得点1アシストをマーク。日本代表合流前には鮮やかな反転ボレーと技ありのコントロールショットで2試合連続ゴールを挙げ、国内外のビッグクラブからの関心が伝えられている。オランダメディア「FC Update」は「ドウアンが出口へ」と綴り、近い将来にフローニンゲンから旅立つ可能性が高いと指摘している。
      「それはもはや問題とはならない。ドウアンがフローニンゲンを離れる時だ。この日本人はフローニンゲンのレベルを明らかに凌駕している。報道によると、マンチェスター・シティ、ユベントス、ドルトムント、レバークーゼン、アトレチコ・マドリード、ガラタサライが動向を追っており、アヤックスとPSVも熱視線を送っている」
       クラブと日本代表で中心選手となっている20歳の堂安は、前途有望な存在として世界中から注目を集めているようだ。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/148759

      神戸ポドルスキ、魂のスライディング&ブロック動画披露 「守れないって誰が言った?」

       ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、自身のインスタグラムを更新。クラブの練習で鮮やかなループ弾を決めた動画に続き、魂のディフェンスを見せたシーンも公開。「僕が守れないって誰が言った?」と綴り、海外ファンを熱狂させている。

       神戸は8月26日のJ1リーグ第24節横浜F・マリノス戦(0-2)から5連敗を含む7戦未勝利と苦しんでいたが、11月3日の第31節名古屋グランパス戦(2-1)でポドルスキが2ゴールを決めて8試合ぶりの勝利。翌節には元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス率いる鳥栖と対戦し、スコアレスドローながら勝ち点1を積み上げた。一時は降格圏転落も危ぶまれたが、現在は12位につけ、次節(清水エスパルス)の結果次第ではJ1残留が決まる。
       ポドルスキは18日に自身の公式インスタグラムを更新。約4分の1の広さに設定されたピッチ内で攻撃の練習が行われるなか、ポドルスキは右サイドをドリブルで持ち上がり、迷わず左足のループシュートを選択。ボールは高い位置を取っていたGKの頭上を抜き、綺麗な弧を描いてネットを揺らし、「左足は良い感じ」と好調をアピールしていた。
       さらに、19日にもインスタグラムを更新。同じシチュエーションで今度は守備に回ったポドルスキだが、猛スピードでゴール前に戻り、無人となったゴール前にスタンバイする。GKが交わされ、相手が攻めてきたところにスライディングタックルを繰り出してボールを弾き、シュートも身を投げ出してブロックし、得点を許さなかった。
      「僕が守れないって誰が言った?」
       “俺は守備もできるぞ”と言わんばかりに綴った一言に、「ジャーマンウォール(ドイツの壁)」「完璧なディフェンス」「誰にも何も言わせないプレー」「史上最高」「神戸に幸あれ」と海外ファンも興奮気味にメッセージを書き込んでいた。
       リーグ戦残り2試合、ポドルスキはキャプテンとして攻守でチームを牽引するに違いない。



      ※海外サッカーのランキングをチェック♪

      掲載元:Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブFootball ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
      URL:https://www.football-zone.net/archives/148917
      最新記事(画像付)
      ブログランキング
      アクセスランキング
      • ライブドアブログ